コールマンのサンシェードを春夏アウトドアに♪日差しを防ぐだけじゃないその魅力とは!?

hinata

>

ピクニック

>

コールマンのサンシェードを春夏アウトドアに♪日差しを防ぐだけじゃないその魅力とは!?

コールマンのサンシェードを春夏アウトドアに♪日差しを防ぐだけじゃないその魅力とは!?

 ピクニック

出典:MIKI Yoshihito / flickr

コールマンのサンシェードが春夏のアウトドアにはおすすめです!お花見やピクニック、フェスに海にも。ワンタッチやポップアップ式など簡単設営で、紫外線をシャットアウトできます。サンシェードの活用方法からコールマンのおすすめサンシェードまで一挙紹介します☆


 目次


サンシェードの活用方法

サンシェードはキャンプ用品だけど、キャンプ以外のシーンでも何かと重宝する便利なアイテムです。ここでは、コールマンのサンシェードでアウトドアを楽しんでいる人々にスポットを当てて、おすすめの活用方法を探ってみましょう!

お日様の下でパンピクニック♡

   

Instagram (@minaaa____37)

サンシェードは軽いので、近所の公園にも気軽にひょいと持っていけるのが良いところ。お気に入りのパンと、自分で淹れたお茶で一息♪サンシェードのおかげで、眩しい思いをせずに日差しの暖かさだけもらって、ゆったりとお茶を楽しむことができます!トンビやカラスからお食事を狙われてしまう危険もありません。公園だけでなく、自宅ガーデニングの休憩場所としてもおすすめです。

フェスや野外イベントなどの休憩スペース♡

   

Instagram (@n_ayaaaa21)

サンシェードの中は自分だけの基地。フェスやイベント会場でも大活躍です。フカフカのピクニックシートと組み合わせたら、ぽかぽかの日差しを感じながらお昼寝を満喫できます!サンシェードの中でゴロンと寝転がったら、地面が近いから芝生の良い香りもしてきそうなシチュエーション。束の間でも忙しい日常から離れてリラックスできそうですね。
ですが、フェスによってはサンシェードの使用を禁止している場合もあるので、事前にしっかり確認を!

お外で読書♡

   

Instagram (@memeko32)

好きな雑誌を持って家族と一緒に公園へ。子供たちが遊んでいる間、ママはサンシェードの中でゆったり読書タイム。

海で時間を忘れてまったり過ごす♡

   

Instagram (@campic_insta)

浜辺には日陰がありません。でも、サンシェードがあれば熱い浜辺でも快適な空間に変身しちゃいます!目の前には海、快適すぎて気がつけば夕方。そんな1日があってもイイですよね?

プールの強い日差しから肌を守る♡

   

Instagram (@038_papa)

夏のレジャーと言えば、やっぱりプール!プールと言えば、何も対策せずにいたらあっという間に日焼けしてしまいますよね…。プールサイドの屋根付きのベンチは、場所取り合戦で大変そう。そんな困難な状況もサンシェードを活用すれば、余裕でクリアできちゃいます!良い場所を見つけてサンシェードを設置したら、さあ水遊びスタート!

外での着替えにもサンシェードがあると安心♡

   

Instagram (@memeko32)

春夏レジャーで子供連れの場合、大抵は着替えが必要になってきます。赤ちゃんならそのまま外で裸になっても気にならないけど、大きくなってくると人目が気になることありますよね?コールマンのサンシェードは、開放部をチャックで閉じれば完全な個室になるので、着替えもラクラク。これくらいの広さなら大人の女性でも工夫して中で着替えられますね。

タープとサンシェードはどう違うの?

サンシェードと似たような役割をするのが、キャンプ道具のひとつであるタープです。どちらも日陰のない場所に屋根をつくって日差しを遮るという役割がありますが、どんな違いがあるのでしょう?

ポン、ポン、ポン!サンシェードは1人で簡単に組み立てられる!

   

出典:Pixabay

タープとサンシェード。一番の違いは、サンシェードの方がタープよりもとにかく簡単に設営できるという点です!なるべく簡単に設営できることを目的としているサンシェードは、構造が天井と4本の脚のみとシンプル。だから、1人でも手早く組み立てられます。日陰がほしいときにすぐ設置できるんです!
ただし、その手軽さゆえに風には弱いというデメリットもあります。

タープは設営にコツが必要

   

出典:MIKI Yoshihito / flickr

タープは生地が大きいほど日陰を大きくつくることができ、風や雨を避けるにも役立ちます。しかし、複数のポールと大きな布という構造のため、テントと同じくらい重く持ち運ぶ際は嵩張ってしまいます。また、ポールとロープのバランスを取りながらの設営にはややコツが必要で、特に1人での設営にはかなり苦労してしまいます。

ここまで読んで、やっぱり私はタープの方がいいかも?と思う方はこちらの記事もどうぞ♪

サンシェードを上手に活用したコーディネート例

とにかく簡単に日陰を作れるサンシェード。他のアイテムと組み合わせてみたり、サンシェードを2つ以上並べてみたりするとより効果的な使い方ができます◎

ベビーカーの日除けとして

   

Instagram (@mypaceking14)

コールマンのサンシェードMXの中にベビーカーを入れて、赤ちゃんはその中でお昼寝タイム。そのお隣にもう一つ同じサンシェードをつなげるように設置しています。ベビーカーの方にはビニール製のレジャーシート、もう一方には布製のピクニックシートとローテーブルを置いてリビング空間に。これなら赤ちゃんもママも快適に、程よい距離感で安心しながら休憩できそうですね!

サンシェードの中にテーブルとチェアをセッティング

   

Instagram (@atsfkw)

緑の上でのんびり。木陰が少ない広場でもサンシェードがあれば快適です!天井が高く大き目のサンシェードなら、その中にテーブルとチェアをセッティングしてみんなでくつろぐことができますね。公園の広場で思いきり体を動かして遊んだら、涼しいサンシェードの下で休憩。高さのあるサンシェードだからできるコーディネートです。

サンシェードを小さなリビングに

   

Instagram (@soro_soro___)

サンシェードの中にはお気に入りのクッションを置いて小さなリビングスペースに、外側はダイニングにと活用しているコーディネート例です。日向ぼっこをしながらランチ。ランチの後は日差しを避けつつお昼寝。そんな使い方ができそうです。パッと出してすぐ楽しめるのがサンシェードの良いところ。「お天気が良いからピクニックしよー」と思いたったら、お庭やベランダでも即楽しめちゃいます!

カンガルースタイルで快適おしゃれ!

   

Instagram (@katsuhiko2525)

ちょっとだけ上級テクニックを教えましょう!タープの中にサンシェードをイン!こちらはキャンプ用語で“カンガルースタイル”と呼ばれる設営方法です。スクリーンタープとヘキサタープを組み合わせて、その中にサンシェードを設置することで広々とした空間が作れ、日差しや雨も避けられます。特に暑さが気になる夏におすすめです。

コールマンのおすすめサンシェードをご紹介!

活用度大のサンシェード。なかでも、丈夫さと手軽さで人気の高いコールマンのサンシェードの中からおすすめ商品をピックアップ☆

サンシェードの組み立て方とたたみ方のポイント

ワンタッチ式やポップアップ式と言って、ポールをはめ込んでいくだけだったリ、収納袋から出してポンと地面に置くだけだったり、サンシェードの設営はとにかく驚くほど簡単です!でも、ポップアップ式のサンシェードはたたむときが慣れるまで少し難しく感じるかもしれません。

コールマンではポップアップ式サンシェードの組み立て方からたたみ方まで、一連の流れをわかりやすく動画で教えてくれているので、気になる方はこちらの動画をご覧ください。

まとめ

サンシェードでの過ごし方、活用シーン、おすすめアイテムまで紹介してきました。テントを張るキャンプはもちろん楽しいけれど、日常のふとした時間にアウトドアで使うなら断然サンシェードがいいですね!サッと広げて、パッと撤収!この手軽さが魅力。色柄も様々なコールマンサンシェードで、今年の春夏はアウトドアリビングを楽しんじゃいましょう!


あわせて読みたい記事



新着記事

  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪