【比較表付き】満足度◎ノースイーグルのサンシェード全8種を全比較

 キャンプ用品

出典:Amazon

ピクニックや海水浴など、ライトにアウトドアを楽しみたい方におすすめのノースイーグルのサンシェード。ただ、ノースイーグルのサンシェードは、見た目が同じようなモデルが多く、どのモデルを買えばいいのは困っている方も多いのでは?そこで今回は、ノースイーグルのサンシェードを比較表付きでご紹介します!


 目次


手軽さが売りのノースイーグルのサンシェード!

   

出典:Amazon

ノースイーグルのサンシェードは、リーズナブルでコスパ抜群!ピクニックや海水浴など、ライトにアウトドアを楽しむなら、何万円もするテントなどを買う必要はありません。あくまで、簡易の日除けとしてであれば、ノースイーグルのサンシェードは大活躍間違いなし。

利用者の口コミも上々!

縫製の方はまあまあですが、昔と比べるとずいぶんとよくなったものだなぁと思います。

収納時の大きさは直径約60cm、厚さはわずか6~7cmほどです。後でちゃんとこの大きさに戻せるのか不安ですが、広げたときの大きさが2m四方、高さ135cmと思うとコンパクトです。

SiSO-LAB

テント代わりにしてみた感想としては、「一定の環境下では問題なし」でした♪

居住性、寝心地ともに、テントで寝ているのと全く同じでした。

七夢日記

フルクローズで、上にクルクル巻いて留めるタイプ。
後ろも同じように巻いて留めるとメッシュになるので、通気もバッチリ!
サンシェード内にしっかり風が通れば、風の抵抗がないので吹っ飛ばされるリスクも減りますよね。
200cm×230cmなので大きさもバッチリ!
そしてお値段もお手頃でコスパもいいです!

アイラブ子育て〜今できること〜

中には、テントとして使用したツワモノも!しかし、気候など安定した環境下であれば、問題なしというのは安心できますね!もちろん、テントではないので、寝室としての利用はあまりおすすめしませんが、納得の品質であることがわかります。

各サンシェードの違いを一覧表でチェック

   

オープンタイプ or クローズタイプ

ノースイーグルのサンシェードの違いとして、第一に挙げられるのが、オープンタイプかクローズタイプかの違い。オープンタイプは、入り口が常時開いた状態になっているタイプのものです。同スペックのクローズタイプと比較すると、リーズナブルな点がメリット。最低限の機能性があれば、とにかく安いものでOKという方はこちらを。

一方クローズタイプは、入り口を開閉することができるようファスナーが付いています。そのため、中で着替えを行ったり、少し横になったりと、プライベート性を確保できるのがポイント。荷物を置いておいても雨風で荷物が汚れることもないので、より快適にアウトドアを楽しみたい方は、こちらがおすすめです。

延長フロアの有無

もう1つの違いは、延長フロアの有無。延長フロアがあるタイプの方が、足を伸ばしてくつろいだり、対応人数が増えたりと、使い勝手はよくなります。特にこだわりがないという方は、延長フロアがあるタイプを選ぶのがおすすめです。

あと、フロアの横幅サイズが大きい(200cm)か小さい(150cm)かの違いなので、使用人数や、開放感をどこまで求めるかで検討するようにしましょう。

ノースイーグルのサンシェード全8種を紹介

オープンタイプ5種

クローズタイプ3種

まとめ

いかがでしたか?一見同じような見た目のノースイーグルのテントですが、比べるポイントを明確にすれば、違いは一目瞭然!個人的には、より快適な「フルクローズワンタッチサンシェード200 グリーン」がおすすめです。自分の使い方を考えて、ぴったりのサンシェードを見つけてくださいね!


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪