ペットと過ごすキャンプ!注意すべき点や持ち物は?

ノウハウ

テントと走り回る犬

ペットと一緒にキャンプを過ごしている人も多いのではないでしょうか?筆者はシーズー1匹とあまり動かなくなった老犬のコーギー2匹の合計3匹でキャンプを楽しんでいます。今回はペットを連れていくうえで大切な持ち物や過ごし方などを紹介していきます。


 目次


1.キャンプとペット

ホテルなどに宿泊する普通の旅行などは、ペット禁止だったり頭数制限や大型犬などは泊まれないといったことがあります。筆者も3匹いるため旅行は躊躇することも多く、ペットホテルに預けるのも気が引けていました。キャンプを始めたのは気兼ねなく旅行が行きたいと思いがきっかけです。キャンプでは24時間ペットと過ごせて、日頃留守番をさせているペットたちのストレス解消にもなります。

2.ペットがいるうえでの注意点&楽しみ方

ペットがいると大変では?と思う人もいると思いますが、いつも以上に気を使うことでペットも人も楽しくキャンプができますから参考にしてください。
コットに座る犬
ペットがいる場合、特に注意したいことは「粗相」をすることと「吠える」ことですよね。

サイト内で粗相は厳禁なため、頻繁に散歩やペットシーツなどで片づけをするようにしてください。また吠えることは日常生活でもしつけることで最小限にできます。キャンプデビューしたばかりだと不安で泣いてしまうことも多いと思いますが、そんな時は散歩に連れ出したり、車の中に入れてクールダウンさせましょう。夏の場合はどの時間帯も車の中に入れるというのは熱中症の危険があるため、注意してください。

キャンプ場はペット禁止のところもありますが、サイトが柵で囲われてペットがフリーで遊べるキャンプ場やドッグランがあるキャンプ場、ペットを連れている人たちがキャンプを楽しめるサイトがあるキャンプ場があるため、リサーチしてみてください。また、ペット可のキャンプ場でも炊事場やトイレなど共有スペースや他のサイトにペットが入り込むのは厳禁なため、リードは必ずつけていましょう。もし入ってしまったりしたら、きちんと謝罪してお互いが嫌な気持ちにならないようにしましょう!

3.持ち物は?

人よりたくさんになってしまってもいいくらい持ち物はたくさん持って行くのをおすすめします。ウェットティッシュやトイレットペーパーなど道具によっては人と同じものを兼用できるため、いつもより多めに持っていきましょう。

まずはペットの定位置を作りましょう!

まず、ペットをサイトに出す時には設営が終了してからのほうがペットに気をつられずに設営ができます。その時に、ケージなどで雰囲気に慣れるようにしてあげましょう♪
テント内に置かれたケージ
ソフトゲージは上が開くため、ペットにとって飼い主さんとの距離が近く安心できます。タープ下などに置く時には下にペットシーツを敷いて周りはペグダウンをするといいですよ。
キャリーケージの中の犬
どのペットも、簡単にテントをすり抜けてしまったり破いてしまいます。朝起きたらいなくて大騒ぎになってしまうため、折りたためるキャリーケージを持っていきましょう。
キャンプチェアに座る犬たち
キャンプの雰囲気に慣れてきたらゲージから出してあげましょう。ドッグコットやチェアなどペットが過ごせる場所を設けることで、キャンプでのペットたちの定位置を決めておくこともポイントです。普段とは違ったキャンプ場では不安がるものなため、安心させることで吠えたり粗相をしたりすることも防げます。どの場所にもリードをつなげるのを忘れずにしてください。
カートの中に犬が入っている様子
キャンプ道具を運ぶのに使用しているカートも、設営&撤収時以外はペットが入るくつろぎスペースにすることも。この中にホッカイロや湯たんぽなどを入れておけば、飼い主たちよりあったかい空間の出来上がりです。

フードなどの小物類はまとめて1カ所に!

カゴにひとまとめに収納された犬のお世話用の小物類
こまごました小物類も一か所にまとめてすぐ出せるようにしておくのは重要です。地面に置くのではなく、ペットが届きにくい棚やコンテナの上に置いておくようにしましょう。

フードやペットシーツなどの消耗品は予定の泊数より余分に持っていくともしものトラブルの時に現地で追加購入することがありません。また、ペットシーツはガムテープを使うことで大きくすることができ、粗相した部分で切り取れるため、一番サイズが小さいものを持って行くのがおすすめです。
常備薬
普段使用している常備薬があれば、ペットも同じく持っていくようにしましょう。念のために動物病院がどこにあるのかもキャンプ場の受付やネットで調べておくことも忘れずに。

常備薬は温度が高くならないクーラーボックスなどに入れておくと安心です。ケガした時などは、軟膏や包帯があると応急処置ができるため準備しておきましょう。軟膏は獣医さんに相談すると処方してもらえます。
消臭剤、ホッカイロ、ブランケット
消臭剤、ホッカイロ、ブランケットも大切なアイテム。ペットは犬でも猫でも小動物でも寒さは苦手なため、天候に合わせて使い分けるのがおすすめです。

消臭剤は予想外の粗相にも大活躍するため、車に置いておくと便利に使えます。このほかにも夏ならペット用の蚊取り線香などの虫対策も忘れずに!

4.抜け毛にも細心の注意を!

コットに寝転がる犬
ペットの種類によっては抜け毛がすごいことも。筆者の飼っているコーギーはダブルコートといって特に抜け毛が多いため、キャンプに行く前にはブラッシングをして抜け毛を極力飛ばないようにしています。それでも、どうしても抜けやすいため、洋服を着せるなどの工夫をしています。

5.SNSでもペットとキャンプを楽しまれている方はたくさん

ペットだってキャンプデビューはドキドキします。でも日頃忙しい飼い主さんと24時間一緒にいられるキャンプは嬉しいですよね。

ペット同伴でのソロキャンプ。ソロキャンプは寂しいためやったことがないという方でも、愛犬が一緒ならソロキャンプに挑戦しやすいのではないでしょうか。

犬連れソロキャンパーさんたちによるグループキャンプ。ワンちゃんがたくさんで楽しそうです。もちろん、ワンちゃんだけでなくネコちゃんも!ネコ連れキャンパーさんに取材してきたので、こちらもチェックしてみてください!

6.帰る時にはちょっとした気づかいで

撤収後のキャンプ場
全てを撤収した後は抜け毛が塊で飛んでいないか、粗相の跡はないか確認しましょう。ふいに粗相をしている場合もあるため、その時は水をかけたりと後始末を忘れずに。「来た時よりもきれいに」を心がけることで、ペットが苦手な方に迷惑をかけることはなく、禁止エリアが多いキャンプ場でも、ペットエリアが拡大したりとペットにとってもいいことが増えます。

愛犬と一緒にキャンプを楽しもう!

散歩中の犬
いかがでしたか?これ以外にもペットの性格で持ち物は変わってくるとは思いますが、共通して注意したいことは「粗相」や「吠える」ということ。過去にはペット可だったキャンプ場もペットのトラブルが多くて禁止にせざるを得ないという残念な結果になったところも少なくありません。

また近年のマナーの向上で再びペット可にしてくれたキャンプ場もたくさんあります。ちょっとした気づかいでペットと楽しむキャンプが出来るため、ペットを飼っていない人飼っている人も、みんながキャンプを楽しめるようにしましょう!
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

キャンプマナー キャンプ初心者

おすすめのキーワード

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪