キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

ファイントラックのおすすめ人気アイテム18選をピックアップ!

雪山から日を眺める人

出典:Marina_Poushkina / ゲッティイメージズ

国産アウトドアブランド「ファイントラック」の魅力と、人気のおすすめアイテム18選を紹介します。あまり聞きなれないブランドかもしれませんが、実は他に類を見ない優秀なアイテムが豊富に揃っているんです!

運動後の「ゾクッ」を解消しよう

ジョギングする家族

出典:PIXTA

ジョギングや各種スポーツで汗をかいた後のあの「ゾクッ」とする感じ、経験がある方もいいうのではないでしょうか。これは、運動中に汗をかき、その汗がまわりの空気などによって冷えたことで生じる「汗戻り」という現象です。 ついついそのままにしてしまって風邪をひいてしまった、なんて経験はありませんか?空気と比べて汗は何倍も熱を奪う効果が強いため、放っておくと体温が奪われて風邪をひいてしまうんです。筆者も風邪をひいてしまった経験が何度かあります。しかし、たった1枚のウェアに出会ってから一変。あのゾクッとする嫌な感じを覚えなくて済む魔法のようなウェアがあったんです。

「冷え・臭い・ベタ付き」を1枚で解決

スキンメッシュロングスリーブ

出典:Amazon

見た目は透けてしまうくらいに薄い素材ですが、こんなに薄くても驚異の撥水性能が肌から出た汗をキュッと吸水速乾ウェアに吸収させてしまいます。 人に進められながらも最初は半信半疑でしたが騙されたと思って着たのがはじまり。とにかく汗をかいた後の水分が肌に戻ってこなくて肌は常にサラサラ消臭効果もありで最初ちょっと高くない?と思っていたのがむしろ安くない?と思ってしまうほどです。

思っていたのは自分だけではなかった!

虜になってしまったウェアがアンダーウェア部門の購買意向率で第1位繊研新聞 日本スポーツ用品大賞2015 最も売れた商品のアウトドア部門でこちらも1位。着た事がある人ならおそらく皆納得の結果ではないかと思います。

国産アウトドアブランド「ファイントラック」

このウェアを作っているのが兵庫県神戸市に本社を置く、数少ない日本の国産アウトドアブランド「ファイントラック」です。創業者の金山氏はアウトドアに興味がある人なら誰もが知る大出のブランドで、繊維のプロとして経験を積まれその後独立。サラリーマン時代には作れなかったものをファイントラックで形にしています。

ファイントラックの5レイヤリング(R)を解説

登山をする親子の様子

出典:PIXTA

5レイヤリングというのは、5枚のそれぞれ機能の異なるウェアを重ね着するという方法。一般的には3レイヤーがよく聞かれますが、ファイントラックは5レイヤーを提唱しています。 5レイヤリングの最大のメリットは、それぞれの機能に特化したウエアを重ねることで生まれる相乗効果です。「濡れ」を肌から遠ざけて急激な体温消失を防ぎ、快適なコンディションを維持することは、1枚のウエアでは実現が難しいもの。5枚重ねることによって、安全に行動のための準備が整うんです。
レイヤリングのイメージ画像

出典:PIXTA

登山やクライミングなどをしていると、天候の変化で雨が降ったり、運動による発汗で必ず体が濡れます。水の熱伝導率は空気の約25倍も高いと言われていて、 体が濡れると急速に体温は奪われ、体温を保つために体力を消耗します。 5レイヤリングは、体を濡らすことなくベストなコンディションを保つことを目的に開発されました。外界からの濡れを防ぎ、汗を効果的に排出すること。その答えが、特化した機能をもつ5つのレイヤーなんです。

ファイントラックの5枚のウェア(レイヤー)

レイヤー①〜⑤まで5種類ありますが、数字が小さいほど肌に近く、数字が大きくなるに連れて外側に着るウエアになります。 レイヤー①ドライレイヤー
パワーメッシュTシャツ

出典:Amazon

ファイントラックだけの特許技術で生まれた強力な撥水ウエア。吸汗拡散性を高めたベースレイヤーと組み合わせることで、革新的な快適さを手に入れられます。 レイヤー②ベースレイヤー
メリノスピンサーモジップネック

出典:Amazon

快適性に優れる天然繊維と、汗処理などの高機能を備える化学繊維をハイブリッドしたベースレイヤー。ドライレイヤーとのレイヤリング相性を計算した専用設計です。 レイヤー③ミッドレイヤー
ドラウト レイ フーディー

出典:Amazon

フリースでは成し得ない優れた汗処理性能を持つ中間保温着です。汗を素早く処理し、衣服内環境をコントロール。汗処理のレイヤリング相乗効果を最大限に高めるためのキーレイヤーです。 レイヤー④ミッドシェル
フロウラップフーディー

出典:Amazon

軽くしなやかな着心地で、高い防風性と透湿性を併せ持つミッドシェルウエア内のコンディションを常にベストな状態へと導き、ほぼすべての行動で着用が可能です。 レイヤー⑤アウターシェル
エバーブレスグライドジャケット

出典:Amazon

悪天候でも得られる快適さと運動追従性を備えたアウターシェル。雨や雪、風をシャットアウトしながら、汗の蒸気をスムーズに透過させ、衣服内のムレを軽減します。 この記事では、ファイントラックで特に人気の「①ドライレイヤー」と「⑤アウターシェル」をピックアップして紹介します。

ファイントラックの快適インナー「ドライレイヤー」

ファイントラックのドライレイヤーには、「スキンメッシュ」「ドライレイヤーウォーム」「パワーメッシュ」の3種類があります。それぞれの特徴は下記の通りです。 ■スキンメッシュ
スキンメッシュロングスリーブ

出典:Amazon

・汎用性が高いオールシーズン・オールラウンドタイプソフトで快適な着心地 ・適度な厚さ ・豊富なサイズ展開 ■ドライレイヤーウォーム
ドライレイヤーウォームロングスリーブ グラファイト

出典:Amazon

・あたたかいドライレイヤー ・汗や水・雪などの冷えから体を守る ・ストレスフリーな着心地 ・抗菌防臭静電気を抑制 ■パワーメッシュ
パワーメッシュTシャツ

出典:Amazon

アスリート志向者向け運動量の多いスポーツ、暑い季節に優れたストレッチ性とハリのある着心地 ・透けるほどの薄さ

おすすめインナーアイテム6選をご紹介!

ここからは、「スキンメッシュ」「ドライレイヤーウォーム」「パワーメッシュ」のメンズ・レデイースアイテムをそれぞれみていきましょう。 ちなみに、ドライレイヤーはレイヤリングによって優れた機能を発揮するものなので、ドライレイヤーの上には、必ずフィットする吸汗ウエアを着用するようにしましょう

ファイントラックのレインウェア!アウターシェル

山をのぼる男性

出典:Pixabay

アウターシェルというと、ガサガサと生地が硬く伸びない印象をお持ちではないでしょうか。防水や透湿のためにこういった仕様になっているのですが、やはり着心地が快適かと言われると頷けないものがあります。 ところが、ファイントラックの人気アウターシェル「エバーブレス」はなんと、そんなアウターシェルの弱点を克服。もも上げや腕ふり時に突っ張られることなく、岩場やクサリ場などでの大きな動きにも追従する圧倒的な動きやすさを備えているんです。これにより、身体にかかるストレスが軽減され、パフォーマンスを最大限に発揮することが可能。また、体のラインに沿ったシルエットで、裾のもたつきや風によるバタつきもないため、レインウェアとしてだけではなく、ウィンドシェルとしても活用できます。
エバーブレスバリオジャケット

出典:Amazon

その機能性の秘密は、エバーブレスが、ポリカーボネート系ポリウレタンの多孔質膜を採用し、最高レベルの防水透湿性と耐久性を兼ね備えた全く新しいオリジナル防水透湿素材であること。また、加水分解による劣化スピードが極めて遅く、高い性能を長く維持できるという特徴特長のある素材でもあります。 ファイントラックは、最先端の技術を用いて、高機能な防水透湿素材でありながら着続けられる快適性を追求しているのです。

アウターシェルのおすすめアイテム5選!

ファイントラックのアウターシェル「エバーブレス」シリーズから、おすすめの商品をご紹介します!

ファイントラックのキャンプギア

アウトドアウェアの他にも、ファイントラックには魅力的なキャンプギアがたくさん!おすすめアイテムをいくつかピックアップしてご紹介します。

ファイントラックのその他おすすめ小物

さまざまなアウトドアシーンで活躍しそうな便利なアイテムも必見です!

ファイントラックが買える店舗

店舗やWebを含め、ファイントラックのアイテムが手に入る場所と方法をまとめました。これまでご紹介した魅力あふれるアイテムが欲しくなった人は要チェック!

直営店は東京に1ヶ所

ファイントラックの直営店は、東京都渋谷区に1ヶ所「finetrack TOKYO BASE」という店舗があります。2019年10月で2周年を迎えた「finetrack TOKYO BASE」では、素材の知識、レイヤリング方法、フィールドでの使い方に至るまで、経験豊富なスタッフが案内してくれます。また、アウトドアアクティビティにおけるテクニックを身に着けられるように、安全技術やレイヤリングの講座、商品開発秘話、フィールドの最前線に立つプロたちのストーリーが聞けるイベントなども開催しています。近くに訪れた際は、ぜひ足を運んでみてくださいね。 詳しくはこちら:finetrack TOKYO BASE ファイントラックのアイテムは、直営店のほか、好日山荘や石井スポーツ、アルペンなどでも取り扱いがあります。東京以外にお住いの方は、スポーツショップ、アウトドアショップをチェックしてみてください。 詳しくはこちら:ファイントラック取扱店舗一覧

ファイントラックを安く買うには?

アパレルショップ店内の様子

出典:Tzido / ゲッティイメージズ

ファイントラックでは、公式HPにて、不定期、期間限定でアウトレットを開催しています。ファイントラックのアウトドアウエア&ギアのうち、生産が終了したものをおトクな価格で買えるチャンス。メルマガに登録すると、アウトレット情報やイベント情報などのお得な情報から、最新カタログもいち早く入手可能。気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。 公式はこちら:ファイントラック アウトレット情報&メルマガ登録

ファイントラックを試してみよう!

ファイントラックのおすすめアイテムを紹介しました。騙されたと思ってまずは使ってみてください!というのが本音です。使ったあとには、お友達に同じ商品を進めてい自分がいるかも!?汗冷え対策を万全にアウトドアをお楽しみくださいね。

今回紹介したアイテム

商品画像スキンメッシュ(メンズ)ドライレイヤーベーシックブラタンクトップ(レディース)ドライレイヤーウォーム(メンズ)ドライレイヤー(R)ウォームタイツ(レディース)パワーメッシュT (メンズ)パワーメッシュフィットブラ(レディース)エバーブレス アクロエバーブレス グライドエバーブレス フォトンエバーブレス レグンエバーブレス バリオファイントラック カミナドーム1ファイントラック ツエルト2ロングファイントラック ゴージュタープファイントラック ピコシェルターファイントラック 寝袋 ポリゴンネストバラクラバオールウォッシュ
商品名スキンメッシュ(メンズ)ドライレイヤーベーシックブラタンクトップ(レディース)ドライレイヤーウォーム(メンズ)ドライレイヤー(R)ウォームタイツ(レディース)パワーメッシュT (メンズ)パワーメッシュフィットブラ(レディース)エバーブレス アクロエバーブレス グライドエバーブレス フォトンエバーブレス レグンエバーブレス バリオファイントラック カミナドーム1ファイントラック ツエルト2ロングファイントラック ゴージュタープファイントラック ピコシェルターファイントラック 寝袋 ポリゴンネストバラクラバオールウォッシュ
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事