ファイントラックの魅力&人気アイテム18選をピックアップ!

 ファッション

雪山から日を眺める人

出典:Marina_Poushkina / ゲッティイメージズ

国産アウトドアブランド「ファイントラック」の魅力と、人気のおすすめアイテム18選を紹介します。あまり聞きなれないブランドかもしれませんが、実は他に類を見ない優秀なアイテムが豊富に揃っているんです!


 目次


運動後の「ゾクッ」を解消しよう

ジョギングする家族

出典:PIXTA

ジョギングや各種スポーツで汗をかいた後のあの「ゾクッ」とする感じ、経験がある方もいいうのではないでしょうか。これは、運動中に汗をかき、その汗がまわりの空気などによって冷えたことで生じる「汗戻り」という現象です。

ついついそのままにしてしまって風邪をひいてしまった、なんて経験はありませんか?空気と比べて汗は何倍も熱を奪う効果が強いため、放っておくと体温が奪われて風邪をひいてしまうんです。筆者も風邪をひいてしまった経験が何度かあります。しかし、たった1枚のウェアに出会ってから一変。あのゾクッとする嫌な感じを覚えなくて済む魔法のようなウェアがあったんです。

「冷え・臭い・ベタ付き」を1枚で解決

スキンメッシュロングスリーブ

出典:Amazon

見た目は透けてしまうくらいに薄い素材ですが、こんなに薄くても驚異の撥水性能が肌から出た汗をキュッと吸水速乾ウェアに吸収させてしまいます。

人に進められながらも最初は半信半疑でしたが騙されたと思って着たのがはじまり。とにかく汗をかいた後の水分が肌に戻ってこなくて肌は常にサラサラ!消臭効果もありで最初ちょっと高くない?と思っていたのがむしろ安くない?と思ってしまうほどです。

思っていたのは自分だけではなかった!

虜になってしまったウェアがアンダーウェア部門の購買意向率で第1位。繊研新聞 日本スポーツ用品大賞2015 最も売れた商品のアウトドア部門でこちらも1位。着た事がある人ならおそらく皆納得の結果ではないかと思います。

国産アウトドアブランド「ファイントラック」

出典:楽天

このウェアを作っているのが兵庫県神戸市に本社を置く、数少ない日本の国産アウトドアブランド「ファイントラック」です。創業者の金山氏はアウトドアに興味がある人なら誰もが知る大出のブランドで、繊維のプロとして経験を積まれその後独立。サラリーマン時代には作れなかったものをファイントラックで形にしています。

ファイントラックの5レイヤリング(R)を解説

登山をする親子の様子

出典:PIXTA

5レイヤリングというのは、5枚のそれぞれ機能の異なるウェアを重ね着するという方法。一般的には3レイヤーがよく聞かれますが、ファイントラックは5レイヤーを提唱しています。

5レイヤリングの最大のメリットは、それぞれの機能に特化したウエアを重ねることで生まれる相乗効果です。「濡れ」を肌から遠ざけて急激な体温消失を防ぎ、快適なコンディションを維持することは、1枚のウエアでは実現が難しいもの。5枚重ねることによって、安全に行動のための準備が整うんです。

レイヤリングのイメージ画像

出典:PIXTA

登山やクライミングなどをしていると、天候の変化で雨が降ったり、運動による発汗で必ず体が濡れます。水の熱伝導率は空気の約25倍も高いと言われていて、 体が濡れると急速に体温は奪われ、体温を保つために体力をを消耗します。

5レイヤリングは、体を濡らすことなくベストなコンディションを保つことを目的に開発されました。外界からの濡れを防ぎ、汗を効果的に排出すること。その答えが、特化した機能をもつ5つのレイヤーなんです。

ファイントラックの5枚のウェア(レイヤー)

レイヤー①〜⑤まで5種類ありますが、数字が小さいほど肌に近く、数字が大きくなるに連れて外側に着るウエアになります。

レイヤー①ドライレイヤー

パワーメッシュTシャツ

出典:Amazon

ファイントラックだけの特許技術で生まれた強力な撥水ウエア。吸汗拡散性を高めたベースレイヤーと組み合わせることで、革新的な快適さを手に入れられます。

レイヤー②ベースレイヤー

メリノスピンサーモジップネック

出典:Amazon

快適性に優れる天然繊維と、汗処理などの高機能を備える化学繊維をハイブリッドしたベースレイヤー。ドライレイヤーとのレイヤリング相性を計算した専用設計です。

レイヤー③ミッドレイヤー

ドラウト レイ フーディー

出典:Amazon

フリースでは成し得ない優れた汗処理性能を持つ中間保温着です。汗を素早く処理し、衣服内環境をコントロール。汗処理のレイヤリング相乗効果を最大限に高めるためのキーレイヤーです。

レイヤー④ミッドシェル

フロウラップフーディー

出典:Amazon

軽くしなやかな着心地で、高い防風性と透湿性を併せ持つミッドシェル。ウエア内のコンディションを常にベストな状態へと導き、ほぼすべての行動で着用が可能です。

レイヤー⑤アウターシェル

エバーブレスグライドジャケット

出典:Amazon

悪天候でも得られる快適さと運動追従性を備えたアウターシェル。雨や雪、風をシャットアウトしながら、汗の蒸気をスムーズに透過させ、衣服内のムレを軽減します。

この記事では、ファイントラックで特に人気の「①ドライレイヤー」と「⑤アウターシェル」をピックアップして紹介します。

ファイントラックの快適インナー「ドライレイヤー」

ファイントラックのドライレイヤーには、「スキンメッシュ」「ドライレイヤーウォーム」「パワーメッシュ」の3種類があります。それぞれの特徴は下記の通りです。

■スキンメッシュ

スキンメッシュロングスリーブ

出典:Amazon

・汎用性が高いオールシーズン・オールラウンドタイプ
・ソフトで快適な着心地
・適度な厚さ
・豊富なサイズ展開

■ドライレイヤーウォーム

ドライレイヤーウォームロングスリーブ グラファイト

出典:Amazon

・あたたかいドライレイヤー
・汗や水・雪などの冷えから体を守る
・ストレスフリーな着心地
・抗菌防臭
・静電気を抑制

■パワーメッシュ

パワーメッシュTシャツ

出典:Amazon

・アスリート志向者向け
・運動量の多いスポーツ、暑い季節に
・優れたストレッチ性とハリのある着心地
・透けるほどの薄さ

ここからは、「スキンメッシュ」「ドライレイヤーウォーム」「パワーメッシュ」のメンズ・レデイースアイテムをそれぞれみていきましょう。

ちなみに、ドライレイヤーはレイヤリングによって優れた機能を発揮するものなので、ドライレイヤーの上には、必ずフィットする吸汗ウエアを着用するようにしましょう。

スキンメッシュ(メンズ)

肌に直接着用することで、濡れを肌から離すドライレイヤー。優れた耐久撥水性を備えていて、汗や雨でずぶ濡れになったとしても、これを着用していれば肌が濡れ続けるのを防げ、低体温症などのリスクを大幅に軽減できます。スキンメッシュは、適度な保温力と汗抜けスピードのバランスに優れ、季節を選ばず、初めてのドライレイヤーとしても使いやすいオールラウンドタイプです。

スキンメッシュブラタンクトップ(レディース)

こちらは、レディースのブラタンクトップタイプのスキンメッシュです。先述のロングスリーブのスキンメッシュと同様に、肌に直接着用することで、濡れを肌から離してくれます。

ドライレイヤーウォーム(メンズ)

ドライレイヤーシリーズ史上最高の保温性を備えたあたたかい「ドライレイヤーウォーム」。 寒い時期やウォーターアクティビティで活躍します。 かさ高ニットメッシュ構造によって空気層を保持しやすいため、レイヤリング時の保温性を向上させ、スキンメッシュの1.5倍の保温性を実現。また繊維1本1本の再設計により生地の肌当たりが柔らかく、長期山行でも着用ストレスが少なく、快適に着用し続けられます。

ドライレイヤー(R)ウォームタイツ(レディース)

先述のドライレイヤー(R)ウォーム同様の機能を持った、ドライレイヤー(R)ウォームタイツ。秋・冬期の登山やクライミング、バックカントリースキーや沢登り、パドルスポー最適です。抗菌防臭や、静電気を抑制する機能も備えているので、季節を問わず快適に着用できますよ。

パワーメッシュT (メンズ)

パワーメッシュは、スピードを意識した発汗の多いスポーツに活躍するドライレイヤー。無駄な体温の上昇を抑え、汗冷えも同時に防ぎたいトレイルランニングや自転車、マラソンなどにおすすめめです。ダイナミックな動きにも追従する優れたストレッチ性と高いフィット感により、サポートウエアとも相性抜群です。

パワーメッシュフィットブラ(レディース)

先述のパワーメッシュと同様の機能を備えた、レディース用のスポーツブラ。肌面でバストをホールドする左右一体型のノンゆれパッドを採用することで、バストの揺れを効果的に抑制可能バストが揺れやすいランニングなどのスポーツにもおすすめです。

ファイントラックのレインウェア!アウターシェル

山をのぼる男性

出典:Pixabay

アウターシェルというと、ガサガサと生地が硬く伸びない印象をお持ちではないでしょうか。防水や透湿のためにこういった仕様になっているのですが、やはり着心地が快適かと言われると頷けないものがあります。

ところが、ファイントラックの人気アウターシェル「エバーブレス」はなんと、そんなアウターシェルの弱点を克服。もも上げや腕ふり時に突っ張られることなく、岩場やクサリ場などでの大きな動きにも追従する圧倒的な動きやすさを備えているんです。これにより、身体にかかるストレスが軽減され、パフォーマンスを最大限に発揮することが可能。また、体のラインに沿ったシルエットで、裾のもたつきや風によるバタつきもないため、レインウェアとしてだけではなく、ウィンドシェルとしても活用できます。

エバーブレスバリオジャケット

出典:Amazon

その機能性の秘密は、エバーブレスが、ポリカーボネート系ポリウレタンの多孔質膜を採用し、最高レベルの防水透湿性と耐久性を兼ね備えた全く新しいオリジナル防水透湿素材であること。また、加水分解による劣化スピードが極めて遅く、高い性能を長く維持できるという特徴特長のある素材でもあります。

ファイントラックは、最先端の技術を用いて、高機能な防水透湿素材でありながら着続けられる快適性を追求しているのです。

エバーブレス アクロ

異次元のストレッチ性を備えた強靭な生地に、高い運動性が必要なジャケットの背面やパンツの腰回りには、よりストレッチ性に優れた新素材「エバーブレスニット」を採用したアウターシェル。アイスアックスの打ち込みや、深雪ラッセルなどの大きな動きでもストレスフリーの動きやすさを実現してくれます。

また、顔周りに沿って十分な高さに立つフェイスガードと、呼気の結露発生を抑制するために備えた大きなブレスベンチレーターによって、荒天下でも風雪から顔面を保護しつつ、呼吸を容易にしてくれるのも嬉しい機能。「ストレスなく冬期登山ができる」ことを追求して作られた、フルスペックハードシェルに仕上がっています。

エバーブレスグライド

バックカントリーシーンを知り尽くした、「滑り手」仕様のモデル。L5(レイヤー⑤)のアウターシェルシリーズの中でも最高レベルの異次元ストレッチ性を備えた、滑降系最強のアウターシェルです。

生地表面構造による雪面に対する摩擦力・アンチグリース性を備え、雪面で滑りにくいようになっているので、滑落時の安全性も万全。また、音抜き穴がフード後方に装備されていることで、後方からの音の聞こえも良好です。

エバーブレス フォトン

非常に動きやすく、しなやかで快適な着心地の防水透湿アウターシェル。エバーブレスフォトンは、レインウエアという枠を越え、行動中のレイヤリングの1枚として、防雨、防風、防寒など、シーンを選ばずマルチに活躍してくれます。

さらに、防水透湿3層生地のレインウエアとして最高レベルに軽量な点も魅力。重量わずか280gで、コンパクトに収納できるので、バッグに入れて気軽に持ち運ぶことができますよ。

エバーブレス レグン

「エバーブレス レグン」は、無駄を削ぎ落としたシンプルなコンパクトな超軽量防水透湿マルチシェル。特殊2.5レイヤー構造の防水透湿素材「エバーブレス3D」でできています。「エバーブレス3D」というのは、エバーブレスコーティングの裏面に特殊な配合で立体化した3Dドットを配したもの。3レイヤー構造に比べて軽くコンパクトで、十分な強度も備えています。

3Dドットを配した裏面は肌離れが良く、水を含みにくいので、濡れても重たくなりません。そのため、沢登りやクライミングなどのハードなアクティビティから、登山やファストハイクでも活躍してくれます。

エバーブレス バリオ

「エバーブレス バリオ」は、雪山でクライミングから滑りまで幅広く楽しみたい場合や、軽量化重視のミニマリストに最適なシンプル&軽量アルパインシェル。ザックのウエストベルトなどに干渉しにくい大型ポケットやヘルメット対応のフード、リンクベント(R)など、雪山で必要とされる機能だけに絞ったシンプルなデザインです。

ジャケット20デニール、パンツ50デニールと生地厚を抑えることで、冬期用としては最軽量クラスのジャケット370g、パンツ400gという仕上がり。脇下にはマチがあり、立体デザイン仕様にもなっていことで動きやすいのも嬉しいポイントです

ファイントラックのキャンプギア

ファイントラック カミナドーム1

蓄積してきたノウハウと日本の最先端の繊維技術をフルに活かした、フルスペック、4シーズン対応の山岳テントです。優れた強度と耐久性、広く快適な居住空間を兼ね備えた仕様でありながら、群を抜くコンパクト性と最高レベルの軽量性を実現。「日本の山岳環境で思う存分に使い倒せるテントが欲しい」という方に最適なテントです。

本体は片手でラクにつかめる大きさで、クックウエアなどと同等の容積でバックパックの中へ収まります。また、円筒形でなく、弁当箱型の四角い収納形状なので、パッキングの際にデッドスペースができにくく省スペースに収納可能。収納袋の口も長方形なので、テントを折り畳んだだけでサッと収納でき、撤収時もストレスフリーです。

ファイントラック ツエルト2ロング

2~3人用のツエルトです。ツェルトとは、登山用の小型軽量テントのこと。多人数パーティーでのビバーク(登山やキャンプなどで、緊急的に野営すること。不時泊とも言う。)に適しています。ツエルトとして十分な耐水圧と、不快な結露を軽減する優れた透湿性を両立。横幅が220cmと居住性も高いため、テント代わりとしても便利に使えます。1gでも軽くしたいUL志向の方にもおすすめです。

ダイニーマ(R)テープを用いたファイントラック独自のテンションスリング(R)システムを採用していることで、しっかりとテンションを掛けてツエルトを張ることが可能。また、サイドリフターも付いているので、広い居住空間を確保できます。入口は2箇所、フラップ式のフロアーも付いて、便利に使えるアイテムです。

ファイントラック ゴージュタープ

2~4人程度の使用に適した大型サイズながら、490gという群を抜く軽さのタープ。沢登りのビバーク装備、キャンプのリビングスペースなど、広く活用できます。ダイニーマテープが田の字型に配されていることで、テンションをしっかり掛けて張ることができ、濡れや時間経過によるたるみを軽減。また、天頂部含む合計17ヶ所にループを備えていて、オーソドックスな屋根型はもちろんのこと、小屋掛け、シェルター型など多彩な張り方ができるのも魅力です。

ファイントラック ピコシェルター

気軽にバックパックに入れられる超軽量コンパクトなお守りシェルター。成人2人が座って待避・休憩できるサイズ感で、急激な天候悪化などの非常時に素早く取り出して危険回避するセイフティーツールとしておすすめです。連結可能なアジャスターコードがついていて、2マイを繋げて使うこともできます。

シェルターとしてだけでなく、ポンチョのようにかぶることも可能。雨具を忘れたときの代わりのほか、プラス1枚の防寒着にもなります。下開きのオープンファスナーやベンチレーター部に調節機能を装備することで、ポンチョとして使用する時の利便性を備えています。

ファイントラック 寝袋 ポリゴンネスト

世界初のシート状立体保温素材ファインポリゴン(R)を使用した、冬期用ウィンターモデルのスリーピングバッグ。独特なシート状保温素材の構造で、防寒性能が著しく低下するコールドスポットが発生せず、効率的な保温効果を発揮してくれます。

また、テント内の結露や身体からの湿気による濡れ、またテント内で起こる不意の水濡れに対応でき、連泊の縦走などで想定される保温力低下によるリスクを軽減可能。さらに、低温時でも乾きやすい特長を持つため、濡れてしまった場合の機能の回復力に優れ、就寝時の安心感も高いです。

ファイントラックのその他おすすめ小物

バラクラバ

バラクラバ=目出し帽のこと。ファイントラックのバラクラバは、天然メリノウールとポリエステルをハイブリッドした「メリノスピン(R)」糸を使用して作られています。スムーズな呼吸を可能にしながら、濡れと凍り付きを軽減する「ブレスルーター」を装備し、大量の汗にも対応できて驚きの快適さ。冬山に挑戦するなら絶対持っておきたいアイテムです。

オールウォッシュ

オールウォッシュは、ファイントラックが手がけるホームケアブランド「ケアファイン」のアイテム。ファイントラックが独自処方で開発した、高機能なアウトドアウエアを長く快適に着続けるための洗濯洗剤です。ドライレイヤー(R)から防水透湿素材のアウターシェルまで、すべてのファイントラックウエア(メリノスピン(R)、シルクスピン(R)、ラミースピン(R)含む)に安心して使えます。

「撥水」や「吸汗」といったアウトドアウエアの機能を損なわず、汚れ落としに特化。パンツの裾のしつこい泥汚れ、袖口や襟元にこびりついた皮脂やニオイもすっきり落とせますよ。

ファイントラックが買える店舗

直営店は東京に1ヶ所

出典:楽天

ファイントラックの直営店は、東京都渋谷区に1ヶ所「finetrack TOKYO BASE」という店舗があります。2019年10月で2周年を迎えた「finetrack TOKYO BASE」では、素材の知識、レイヤリング方法、フィールドでの使い方に至るまで、経験豊富なスタッフが案内してくれます。また、アウトドアアクティビティにおけるテクニックを身に着けられるように、安全技術やレイヤリングの講座、商品開発秘話、フィールドの最前線に立つプロたちのストーリーが聞けるイベントなども開催しています。近くに訪れた際は、ぜひ足を運んでみてくださいね。

詳しくはこちら:finetrack TOKYO BASE

ファイントラックのアイテムは、直営店のほか、好日山荘や石井スポーツ、アルペンなどでも取り扱いがあります。東京以外にお住いの方は、スポーツショップ、アウトドアショップをチェックしてみてください。

詳しくはこちら:ファイントラック取扱店舗一覧

ファイントラックを安く買うには?

アパレルショップ店内の様子

出典:Tzido / ゲッティイメージズ

ファイントラックでは、公式HPにて、不定期、期間限定でアウトレットを開催しています。ファイントラックのアウトドアウエア&ギアのうち、生産が終了したものをおトクな価格で買えるチャンス。メルマガに登録すると、アウトレット情報イベント情報などのお得な情報から、最新カタログもいち早く入手可能。気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

公式はこちら:ファイントラック アウトレット情報&メルマガ登録

ファイントラックを試してみよう!

ファイントラックのおすすめアイテムを紹介しました。騙されたと思ってまずは使ってみてください!というのが本音です。使ったあとには、お友達に同じ商品を進めてい自分がいるかも!?汗冷え対策を万全にアウトドアをお楽しみくださいね。

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪