キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

登山のときタイツってはいたほうがいいの?知られざるタイツの効果とは

山の岩肌を列になって登る人々

最近、タイツをはいている山ガールが急増中!カラフルでキュートなものからシンプルなモノまで色々あってほしくなりませんか?実は、タイツにはいろんな役割があります。タイツを履くことでどんな効果があるのでしょうか?登山のマストアイテムともいえるタイツについて、知っておくと便利なことをまとめて紹介します!

タイツの効果

女性の場合、登山のときは専らスカートやショートパンツ、キュロットスカートと合わせることが多いタイツ。男性も、ショートパンツとタイツを合わせて登山しているのをよく見かけます。タイツの効果は保湿だけではなく、実は虫刺されや転んだときの傷も防いでくれるため、とても優秀なアイテムです。
登山中は、ひざや腰を痛めてしまったり、疲れから足がガクガクして動けなくなることもあります。そんな事態を防ぐためにも、最近の登山用タイツはとても機能的にできています。では、どんな機能があるのでしょうか?

タイツの種類

まずタイツには高機能タイプと保温タイプがあります。高機能タイプは、ランニングやスポーツでも大人気。いわば、スポーツタイツです。それぞれどんな特徴があるか知っておくことで、タイツを選ぶときの参考にしてくださいね。

高機能タイプ

高機能というだけあって、テーピング効果や着圧効果などさまざまな効果があります。テーピング効果のあるタイツは筋肉や関節の動きをサポートする働きがあり、登山中の行動を楽にしてくれます。一方、着圧効果のあるタイツは、血流を良くするので疲れをとってくれる働きがあります。思ったより締め付けられる感じがするため、最初は驚くかも。 例えば、登山中のあらゆる行動をサポートしてくれつつも、吸汗速乾性に優れたタイツや、保湿性・伸縮性どちらも備えたタイツ、動きやすさを追求したタイツ、体幹が安定するタイツなどさまざま。各ブランドからいろんなタイツが出ているため、自分のニーズに合わせて選ぶことでより効果を感じることでしょう。

保温タイプ

保温タイツはウールや化繊素材のものが多く、高機能タイプに重ね履きしたり、山小屋でリラックスしたいときにぴったりです。できるだけ締め付けないタイプのものを選んだらいいでしょう。 高機能タイプと保温タイプどちらも持っておくと安心です。下山用や予備用として、1足は多めにバックパックに入れておくことをオススメします。

タイツをどう着こなす?

タイツが登山中の行動にプラスになることはわかったものの、どう着こなしたらいいの?と思う方もいるのではないでしょうか。タイツはスカートやキュロットと重ね着がメインですが、雨のときはタイツの上に直接レインパンツをはくのもオススメです。タイツ&ロングパンツの重ね履きは登山中行動しにくくなるため、やめましょう。

重ね履きの方法

寒いときは、高機能タイツと保温タイツを重ね履きしてもOK。このとき保温タイツは、できるだけ締め付けないものがオススメ。途中で脱ぐ可能性があるときは、高機能タイツにニーハイソックスを重ね履きするのもおすすめです。暑くなってきたら、ロングソックスを折り曲げて、普通丈にアレンジできるため、便利に着用できます。

タイツでオシャレ

せっかくタイツを買うのだから、色合わせも楽しんでみては?タイツをシンプルな黒やグレーにするならば、スカートやショートパンツをビビッドなカラーにするとか、ニーハイソックスをアクセントにするのも素敵です。女性にとって、オシャレは気分を上げるもの。疲れたときも、自分の好きな色を身に付けていたら、それだけでも気持ちが違うかも?

出発前に

登山で突然タイツをはくのでなく、日常生活で一度慣れておくとスムーズに履けます。意外と日常生活の中でも使いやすく、疲れを防ぐだけでなくむくみ防止になるため、むくみで悩んでいる方はぜひ使ってみてください。登山に向けての体力づくりを兼ねて、機能性タイツを履いてウォーキングしてみたら、どんな感じか掴めること間違いなしです。

タイツを履くときの注意点

タイツを履くときは、どうしても熱が体の内部にこもりやすくなります。下着も通気性の良い蒸れにくい素材にするのがおすすめです。せっかくタイツを履くのですから、タイツで蒸れた、なんてことだけは防ぎたいもの。

タイツを履いて快適に登山をしよう!

タイツは、登山中の行動をサポートしてくれます。ただ、着圧効果のタイツが人気だからといって着圧効果にしよう、と安易に決めるのはやめましょう。もし自分に合わないのに無理に履いていたら、それこそ登山中の行動がしづらくなってしまいます。
何より、自分にとって「快適」なものを選ぶのが一番です。違和感があるときは、きっと自分には合わないということ。最近はいろんなアイテムが揃っているので、自分にぴったりのタイツを見つけたいですね。お店のスタッフに、こういうタイツがほしいと相談してみても。お気に入りのタイツが見つかったら、いざ登山へ!
 最終更新日:

あわせて読みたい記事