hinata

>

キャンプ

>

ストーブ

>

人気すぎて生産が追いつかない!?かわいすぎる「バンファイヤーストーブ」は要チェック☆

人気すぎて生産が追いつかない!?かわいすぎる「バンファイヤーストーブ」は要チェック☆

 キャンプ

バンファイヤーストーブ

出典:TO THE FINISH

「バンファイヤーストーブ」をご存知ですか?可愛らしい見た目と調理に最適な高機能を兼ね備えたバンファイヤーストーブは、予約が始まるとその日のうちに予約分が完売してしまうほどの超人気アイテム。今回はそんなバンファイヤーストーブの魅力を紹介していきます!


 目次


そもそもバンファイヤーストーブって?

キノコとバンファイヤーストーブ    

出典:TO THE FINISH

バンファイヤーストーブは、2013年に立ち上げられたアウトドアブランド「TO THE FINISH」のメインアイテム。TO THE FINISHでは、そのブランド名の通り「とことんまで、徹底的に」アウトドアを楽しむためのアイテムを開発しています。バンファイヤーストーブも、「そと」での食事やリラックスタイムを満喫するための特徴がいくつもあります♪

特徴①アルコールストーブでの調理のために開発された焚き火台

バンファイヤーストーブ    

出典:TO THE FINISH

バンファイヤーストーブは、アルコールストーブとの併用を考えてデザインされています。というのも、開発者自身が既存の小型焚き火台とアルコールストーブを使っての調理にいつも煩わしさを感じていたそう。実際、火力調整などの際にいちいち火傷に注意しないといけなかったり、ゴトクを外してまたセットして…と面倒なものです。しかしバンファイヤーストーブなら、顔のようになっているドアから、アルコールストーブだけを取り出して火力調整などができるんです♪

火が焚かれたバンファイヤーストーブ    

出典:TO THE FINISH

上部についている十字型のゴトクは、少し内側に向かって傾斜しています。そのため、少し小さめの調理器具でも安定して使えます◎それだけでなく、対荷重もバッチリ。25kgの鉄球を1時間乗せるテストもクリアしているので、単なる加熱だけでなく、重たいダッチオーブンを使ったこだわりの調理まで楽しめちゃうんです。

バンファイヤーストーブの保温性    

出典:TO THE FINISH

バンファイヤーストーブは、アルコールストーブでの調理に最適化するための工夫がなされています。炎の強い部分がよく当たるような高さに設計されているだけでなく、底板に設けられた無数の穴が、煙突効果により火力の上昇を助けています。30℃の水300ccを95℃まで温める実験をしたところ、他社の小型焚き火台よりも約1分早い3分6秒という結果が出ました。また、沸騰スピードを上げるための機能「ヒートエクスチェンジャー」を採用したDUG社のDUG HEAT-1を使用したところ、さらに早い1分50秒という結果が出ました!

較実験動画はこちら↓

特徴②超軽量!超コンパクト!

折りたたまれたバンファイヤーストーブ    

出典:TO THE FINISH

バンファイヤーストーブはいつでもどこにでも持っていきたくなるその軽さ・収納性が最大の魅力です。本体のサイズは13cm×13cm×14cmですが、収納時はなんと厚さ3mm(一部突起部分は6mm)、重量198gにまでなります。正直、登山やツーリングといった荷物に制限のかかるアウトドアでは、荷物が必要な焚き火などのリラックスタイムも諦めがち。でもバンファイヤーストーブがあれば、アルコールストーブを使った調理ものんびりとした焚き火も、どちらも楽しめます◎

特徴③使い勝手のいいチタン製☆

水にぬれたバンファイヤーストーブ    

出典:TO THE FINISH

バンファイヤーストーブはハンドル以外の部分は全てチタンでできています。チタンの主な特徴は「サビに強い」「熱伝導率が小さい」という2点があります。一般的にサビに強いと言われているステンレスよりもさらにサビに強く、外に放置して夜露や朝露に濡れても、焚き火に使った後にジャバジャバ洗っても全く心配いりません。海水でサビることもないので、海辺のキャンプでも気にせず使えます♪

バンファイヤーストーブの放熱性    

出典:TO THE FINISH

また、熱伝導率が小さいということは、温まりやすく冷めやすいということ。重要なのはその「冷めやすさ」で、使用後に冷めるまで片付けられない!という煩わしさを感じずにササっと片付けが始められます。特に寒い時期はギリギリまで火をつけていられるので嬉しいですね♪

特徴④メイドインジャパンという信頼◎

バンファイヤーストーブ    

出典:TO THE FINISH

バンファイヤーストーブは全て日本製の純チタンを使用し、日本国内の工場で加工・製造されています。単にチタンといってもどこの国で製造されたチタンかわからないと少し信頼感にかけますよね。シビアな品質が問われる航空機などでも採用されている純チタンを採用し、確かな技術でチタンの板厚も均一に加工されているので、強度もバッチリです。

肝心の購入方法は??

芝生の上に置かれたバンファイヤーストーブ    

出典:TO THE FINISH

今すぐにでもバンファイヤーストーブが欲しいところですが、残念ながら予約制で、現状2016年12月20日発送予定の予約分も完売しています…。次の販売予定も未定…。
ですが諦めないでください!前回は8月10日発送、その前は5月30日発送と1年に3回程度購入のチャンスは訪れます!公式のストアに問い合わせることで、次回の予約開始時にメールが届くようになっています。予約が開始するとその日のうちに完売してしまうほどの人気なので、欲しい方はメールを待ち、すぐにでも購入してください!!

問い合わせは コチラ
(「Contact」から購入希望の連絡をしましょう!)

まとめ

火が焚かれたバンファイヤーストーブ    

出典:TO THE FINISH

可愛らしいデザインだけでなく機能面での魅力もたっぷり詰まったバンファイヤーストーブ。予約開始当日に完売してしまうのも納得ですよね。ぜひゲットして、新しいキャンプのお供にしてみてはいかがですか?


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

焚き火台 ストーブ


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪