必ず用意したいランタンスタンド(ランタンポール)。おすすめ6選と自作方法も紹介

 キャンプ用品

ランタンスタンドを用いた夕暮れ後の浜辺

出典:ユニフレーム

キャンプ必須アイテムのランタンですが「ランタンスタンドは荷物になるし…」と買うこと断念していませんか?実はキャンプ場に持って行けば色々と役立つアイテムなんです。ランタンの良さをしっかりと活かすことができるランタンスタンド(ランタンポール)のメリットとおすすめアイテムをご紹介します。


 目次


ランタンスタンド(ランタンポール)が必要なワケ

ランタンスタンドを用いた夕暮れ後の浜辺

出典:ユニフレーム

日が暮れてからのキャンプに欠かせないランタン。温かく柔らかで心も癒す明かりはキャンプの夜をより良いものにしてくれます。そんなランタン、せっかくなら効果的に使いたいもの。

テーブルの上に置いて使ってももちろんOKですが、せっかくならキャンプサイト全体を明るく照らしてほしいピンポイントに必要な場所を照らしてほしい。そんな時にうれしいアイテム「ランタンスタンド」を紹介していきます。

ベストな位置から照らせる

出典:kazhiya / ゲッティイメージズ

ランタンスタンド最大の効果は必要な場所を確実に照らせること。スタンドが無い場合、ランタンはテーブル直置きになってしまいます。これでは手元しか照らせず、せっかくの団欒を台無しにしてしまいます。タープやテントのポールに引っ掛けることもできますが、生地への燃え移りが心配ですし、程よい高さにならず今度は座っているテーブル周辺が暗くなってしまったり。

そんなときはランタンスタンド!どの製品も簡単に高さを調節できるので、ロースタイルのテーブルセッティングでも、調理中の目線の高さでもベストな位置にランタンをセットすることができます。ランタンスタンドはしっかりとした造りなのでうっかり倒したり、落としたりの心配もありませんので調理や作業を安心してスムーズに行えます。

虫を引き付けてくれる

キャンプの夜、ランタンの温かい明かりは欠かせないもの。しかし困るのが虫!羽虫や蛾など大小さまざまなが昆虫が、月明りと間違えて明るいランタンに釣られて、どうしても寄ってきてしまいます。LEDランタンなら虫も寄りにくいのですがガス・ガソリンランタンをお使いの方も多いでしょう。

そんな時は明るさの違うランタンを持って行くこと!虫は明るさの強い方に寄って行く習性がありますので、ランタンスタンドを使って少し離れたところに光量のあるランタンを吊るしておけば、サイト全体を照らしつつ誘蛾灯としても利用できます。

テーブルには少し明かりの弱いランタンを設置して手元だけを照らせば、虫に団欒や食事の邪魔をされることもありません。

子供の手が届かなくて安全

青のウッドデッキの上に置かれたランプ

出典:FotoMaximum / ゲッティイメージズ

お子さんと過ごすキャンプはとても楽しいものですが、危険性を知らない小さなお子さんはふとした拍子に高温になったランタンに触れてしまうことや、うっかり倒してしまうことも。そうなってしまうと大けがの危険性があります。更にランタンの位置が悪いと足元が暗くなりお子さんが転んでしまう危険性もあります。

安全で安心なキャンプにするため、スタンドでランタンを高い位置に固定しておけば、お子さんの手に触れることない位置で全体を照らしてくれるので安心です

※3本脚のランタンスタンドは、脚が横に張り出しています。お子さんがつまづかないように足元を派手に飾り付ける、派手なペグで固定するなど目立つ工夫が必要です。

昼間も使える便利なスタンド応用

出典:Karla Ferro / ゲッティイメージズ

ランタンが倒れないようしっかりとした造りのスタンドは、昼間ランタンを使わない時間帯でもさまざまな使い方ができます。

1.洗い物干しに便利!
3kg程度の耐荷重があるので、食器干しのドライネットを吊るしてちょっとした食器を乾かすのに便利。あまり重くならない様に注意が必要です。

2.自分のキャンプサイトを見つけやすく!
たくさんのテントが立ち並ぶキャンプオンシーズンやイベント時には、目印の飾りやフラッグを立てて自分のサイトを分かりやすくかわいくデザインしてみましょう。ランタンスタンドを使えばオシャレなフラッグがより一層引き立ちます。

3.ハンガーやロープを張ってちょっとした洗濯物干しに
タオルや雑巾など、ちょっとしたものを干すのにベストなのがランタンスタンド!数人分の水着などちょっと多めに干したい時はタープや近くの木(木を使う際には許可を取ってから)にロープを張れば立派な物干しざおに変わりします。

ランタンスタンドの選び方

ランタンスタンドを買う際にはいくつか確認しなければいけないポイントがあります。ここではランタンスタンドの選び方について紹介していきます。

ランタンスタンドのタイプ

ランタンスタンドは設営の方法によってタイプが分かれます。設営の手間や、立てた時の安定感などどうしたいかによってタイプを選んでください。

打ち込み式タイプ
ランタンスタンド自体の先端が杭のようになっており、地面に突き刺すことで自立します。特徴としては、安定していて、高い位置まで伸ばすことができるものが多いです。キャンプ場の地面が硬い場合は設営が少し手間取ることも。重いものが多いので持ち運びも少し面倒です。

折りたたみ脚タイプ
折りたたみの脚が広がって、スタンドを支えて立つタイプ。どんな場所でも設営でき、設営の手間も少ないです。何かにぶつかると倒れますが、脚の先端をペグで固定できるものも多いので転倒の対策も可能。脚が広がる分設営場所を広くとる必要があることが難点。

自分のランタンがかけられるかどうか

ランタンスタンドを買っても自分の持っているランタンをかけることができなければ意味がありません。ランタンスタンドにはかけられるものの耐荷重やフック部分の形状によって、かけられないランタンもあるので、自分のもつランタンとランタンスタンドの相性を確認しておく必要があります

定番ブランドのランタンスタンド(ランタンポール)おすすめ6選

ここでは、人気アウトドアメーカーが販売するおすすめランタンスタンド6選をご紹介。どのメーカーの商品もランタンを効果的に使えるようになり、キャンプの快適性を向上させます。

ランタンスタンド(ランタンポール)を自作してみよう!

ここまで、ランタンスタンドはキャンプに持っていきたいギアであると紹介してきましたが、「市販品で気にいるものがない!」という方はぜひ、自作にトライしてみては?お手本として、キャンパーさんたちの自作ランタンスタンドをいくつかご紹介します。

角材でDIY!木製ランタンスタンド

Makoto Onoさん(@lovefan7)が投稿した写真 -

こちらは、角材をサンダーで面取りして、穴空け・塗装してボルト止めしただけの、シンプルでとてもおしゃれなランタンスタンドです。たたんでしまえば横幅も薄くなるので、収納も邪魔になりません。

現地で材料調達!三脚スタイルのランタンスタンド

Go Hatayamaさん(@50grm)が投稿した写真 -

こちらは、現地で拾った流木を組んで結ぶだけでもランタンスタンド。帰りも元の場所に戻して帰れるため、荷物が増えず、また現地を楽しむサバイバル感が、子どもにも喜ばれます。

材料は、木を3本拾い、ロープを2本用意(麻縄や柔らかい針金がおすすめ)します。そして、まず2本の上部を括りしっかりと固定、2本を開いてその間にもう1本をはめ込み更にロープでしっかり縛ります。この時綺麗な三角形でしっかりバランスがとれており、地面にしっかり着くよう組んでください。

シンプルな作りですが、形が揃わない流木ですのでバランスがとりづらいのが難しいところ。しかし自然なおしゃれ感でサイトの雰囲気をより良くしてくれます。

拾った木1本とペグとロープで作る簡単ランタンスタンド(ランタンポール)

出典:TonyYao / ゲッティイメージズ

即席ランタンスタンドの作り方
拾ってきたのは上部と下部にそれぞれ枝分かれがある長い枝。

3点で引っ張るため、3カ所を予めペグダウンしておいて、そこに紐をひっかけます。
(中略)
ロープで3方向、下に引っ張る事でどの方向にも倒れなくなってるんですね。
ちゃんと自立して、バーベキューの網の上を照らしてくれました!
ちょうどいい木がおちててくれて助かりました。

工夫する楽しさもキャンプの楽しみのひとつですねー!

おれがキャンプ用品を買いまくってレビューするブログ
テントを設営の際に使うペグやロープなどを少し余分に持っていれば、現地で調達した枝付きの木1本で簡単にランタンスタンドが作れちゃいます。木が拾えるキャンプ場などで、ぜひ試してみたいですね!

詳しい作り方はこちらをチェック:拾った木とペグとロープで即席ランタンスタンド

テーブルにくっつけて使える!磁石を利用した100均ランタンスタンド(ランタンポール)

こちらは100均アイテムで作られたランタンスタンド。100均アイテムでランタンスタンドが作れたらお手軽でうれしいですよね。必要なアイテムも少なく、数百円程できてしまうようなので、動画をチェックしてぜひ自作に挑戦してみてください。

【番外編】カメラの三脚をランタンスタンド(ランタンポール)に代用!

カメラと三脚

出典:mkos83 / ゲッティイメージズ

カメラの三脚をランタンスタンドに使うという手もあります。昨今のカメラブームもあり、キャンプの際にカメラや三脚を持って行かれる方も多いはず。「ランタンスタンドを忘れてしまった...」というときは、カメラの三脚をスタンドがわりに使ってみてはいかがでしょうか?LEDランタンなら、高温の熱が生じることもないので、三脚に傷をつけることなく、ランタンスタンドとして利用できます。

ランタンスタンドでよりキャンプを快適に

ランタンスタンドに吊るされたランタン

出典:photo-ac.com

ランタンスタンドはお持ちのランタンをより効果的に使い、少ないランタンでもサイトを明るくするのに便利なアイテムです。ランタンを吊るす以外にも、工夫次第でさまざまなことに使えるので、ぜひ検討してみては?

初心者必読!快適にキャンプが楽しめるキャンプ用品特集はこちら▽
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪