ケリーケトルはただのケトルにあらず!?比較で見えるその魅力

キャンプ用品

岩の上に並べられた大きさの違うケリーケトル

出典:ケリーケトル

キャンプの必需品と言っても過言ではないケリーケトル。一般家庭で使用されるケトルとは構造も使い方も全く異なる、アイルランド生まれのケトルです。化学燃料は全く使わず、自然の燃料のみでお湯を沸かせるキャンプ用品として、100年以上にわたり愛されています。今回はキャンパーにとって、必須アイテムのケリーケトルの魅力について紹介します。


 目次


キャンプに必須のケリーケトル

二重構造になった湯沸かし器

岩の上に並べられた大きさの違うケリーケトル

出典:ケリーケトル

ケリーケトルの特徴はお湯を沸かす部分と火を焚く部分が分かれている点にあります。ボディはステンレス製で直火のため、熱伝導率が高く、短時間でお湯を沸かすことができる利点があります。ガスバーナーでもお湯を沸かすことができますが、ケリーケトルの場合、落ち葉や小枝といった身近な燃料で焚き付けを行えるため、化学燃料を持ち歩く必要がありません。

簡単な料理も可能

ケリーケトルのポットサポート

出典:amazon.co.jp

お湯を沸かす部分と火を焚く部分が分かれており、分離も可能なため、調理のための火元としても使用できます。小さなフライパンや鍋であれば、ケリーケトルの上に直接置くことも可能です(ほとんどの場合、切り離さずにケトルの煙突部分に調理器具を直接乗せて、使用します)。メーカーによっては、煙突部分に調理器具を置くことができるパーツを販売しています。

ケリーケトルでの注意点!

ケリーケトルのファイアーベースの炎

出典:ケリーケトル

便利で短期間でお湯を沸かすことができる優れもの、ケリーケトル。しかし、いくつか注意点があります。一つは水の量です。注ぎ口ぎりぎりまで水を入れてしまうと沸騰時に注ぎ口からお湯が漏れてしまう可能性があるので、余裕を持った容量にしましょう。お湯がこぼれると下部の焚き火が消えてしまう恐れがあります。

そして、もう1点。空焚きはNGです。素材にもよりますが、アルミなどは空焚きをすることで変形などが生じる恐れがあります。最後に移動時は気をつけましょう。ケリーケトルの注ぎ口は大きめに確保してある製品が多いので、移動時に沸騰したお湯がこぼれる危険があります。火傷や焚き火を消してしまうことがないように、移動させる時は細心の注意を払いましょう。

やかん型ケトルとどう違う?

やかん型ケトルは容量が違う

焚き火とやかん

出典:pixabay.com

では、ケリーケトルとやかん型ケトルとの違いはどこにあるのでしょうか。まずやかん型ケトルはケトルにいられる水の容量がケリーケトルよりも多いということです。やかんの大きさだけお湯を沸かせるので大人数でのキャンプでは便利です。しかし、沸かせるお湯が多い分、沸騰するまで時間がかかります。また、やかん型ケトルは高さもしくは幅を取りやすいので、持ち運びに不便、沸騰させるのにスペースを取るといったデメリットがあります。そのため、バーベキューなど大規模な焚き付けが必要となることもあります。

ケリーケトルは魔法瓶の構造

ケリーケトルの魔法瓶の構造を描いたイラスト

出典:amazon.co.jp

ケリーケトルとやかん型ケトルの決定的な違いはその構造にあります。先にご説明したとおり、やかん型ケトルはやかん全体に水を入れることができますが、ケリーケトルは中央部分がぽっかりと空いている煙突のような構造になっています。水自体は魔法瓶の外側部分に入れることができ、中央からダイレクトに熱が伝わるため、やかん型ケトルよりも短時間で沸騰させることができます。

しかし、やかん型ケトルと比べて、沸かすことができる水の量が少ないため、大人数でのキャンプには相応しくありません。ソロキャンプや少人数でのキャンプでは短時間にお湯を沸かすことができるので、おすすめです。

また、ケトルの上部に調理器具を置くことで簡単な料理を楽しむこともできます。やかん型では水に全ての熱が伝わるため、ケリーケトルのように調理用として転用することができません。

寸胴型ケトルとどう違う?

スノーピークの寸胴型ケトル

出典:amazon.co.jp

主にキャンプで愛用されるケトルはケリーケトルやかん型ケトル、そして寸胴型ケトルの3つがあります。ではこの寸胴型ケトルはどのような特徴を持つのでしょうか。寸胴型ケトルの特徴はその注ぎ口にあります。元々、寸胴型ケトルはコーヒーをドリップするために造られたため、キャンプ用寸胴ケトルも飲み物を注ぐために使用されます。キャンプで使用される寸胴型ケトルはお湯も沸かせますが、煮込み料理など調理器具としても代用できる点がケリーケトルとの違いです。

寸胴型ケトルを使用する際はやかん型ケトル同様に焚き火が必要となりますが、お湯沸かし用と料理用と兼用できるため、荷物がかさばらなくて済みます。また寸胴ケトルは口が広く、中に食材や調理用具など他の荷物を収納することもできるので、1拍以上のキャンプをする際にはおすすめのケトルです。しかし、やかん型ケトル同様に沸かせるお湯の量が多いため、お湯が沸くまで時間がかかります。

こんなシーンにおすすめ

ゆったりとキャンプを楽しみたい時におすすめ

アウトドアクッキングの様子

出典:pixabay.com

ケリーケトルはアイルランドで生まれ、100年以上も愛され続けているキャンプ用品です。形状もやかん型ケトルや寸胴型ケトルと違い、どこかレトロな雰囲気を感じます。そのため、ゆっくりと自然を味わいながら、レトロなキャンプの雰囲気を楽しみたい場合にはケリーケトルはおすすめです。

燃料もガスバーナーなどの化学燃料を必要とせず、松ぼっくりや落ち葉、小枝といった自然燃料を使うので、本格的なキャンプを楽しむことができます。ゆっくりとコーヒーを飲みながら、軽食を調理するなど時間を気にしない過ごし方が好きなキャンパーにはおすすめです。

早朝の釣りのお供に!

釣りをする子供の後ろ姿

出典:pixabay.com

キャンプ用品として重宝されるケリーケトルですが、キャンプ以外にも活用できます。早朝や深夜での釣りを趣味としている方にもケリーケトルはおすすめです。小枝や落ち葉で焚き付けが可能なので、場所を選ばずに短時間でお湯を沸かすことができます。荷物にもなりにくいので、大荷物になりがちな釣りには打ってつけと言えるでしょう。

ピクニックや登山のお供に!

ピクニックをする女性

出典:pixabay.com

ケリーケトルは登山やピクニックにもおすすめです。セッティング・焚き付け・後片付けも簡単なので、キャンプ初心者でも安心して使えるのがケリーケトルの魅力でもあります。そのため、本格的なキャンプの経験がない方や登山、ピクニックが好きな方にとっても頼もしいアイテムです。休憩時間やランチなどに温かい飲み物を用意するのに最適です。

ケリーケトルを持ってアウトドアへ!

簡単で短時間にお湯を沸かすことができる、愛用者が多いケリーケトル。100年以上愛されているレトロな雰囲気を持ったデザインも人気で、キャンパーにとっては必需品となっています。直焚き禁止の場所でも安心して使用できるので、コーヒー好きな方や簡単な料理をしたい方にはおすすめの道具と言ます。これからキャンプを始めようと考えている方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

今回紹介したアイテム

商品画像 ケリーケトル(Kelly Kettle) スカウト1.2L ステンレス Kelly Kettle (ケリーケトル) トレッカー ステンレス 0.6L
商品名 ケリーケトル スカウト1.2L ケリーケトル トレッカー0.6L
商品リンク Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

食器 キッチン用品 コーヒードリップ

おすすめのキーワード

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪