hinata

>

キャンプ

>

はじめてのテントを選ぶなら!コールマン「BCクロスドーム」の魅力にせまる!

はじめてのテントを選ぶなら!コールマン「BCクロスドーム」の魅力にせまる!

 キャンプ

焚き火の上で火にかけられたキャンプのクッキングよ用品

出典:pixabay.com

キャンプ場でよく見かけるアウトドアブランドと言えば、必ずその名が上がるのが「コールマン」。最高峰モデルのウェザーマスターシリーズから、スタンダードモデル、人気のティピー型まで、さまざまな種類のテントを揃えています。今回は、エントリーモデルの「BCクロスドーム270」にスポットライトをあてて、特長と魅力に迫ります!


 目次


キャンプ初心者向けのシリーズ「BCシリーズ」

FAMILY CAMPINGROUNDと書かれた看板    

出典:pixabay.com

コールマンが販売している数あるテントの中でも、BCシリーズはもっとも基本的なキャンプに向いている商品。BCシリーズのBCとは、“ベーシックキャンプ”という意味です。つまり、BCシリーズは、キャンプ初心者向けのシリーズということ。現在、発表されているBCシリーズの「BCクロスドーム270」は、初心者がキャンプをする上で、シンプルかつ十分な機能を備えた商品と言えます。

「BCクロスドーム270」とはどんなテント?

初心者向けのベーシックなモデルとあって、フォルムは設営しやすくシンプル、風に強いドーム型のテントです。

「BCクロスドーム270」は、定員が4~5人のファミリータイプのテントですが、荷物をテント内に置くことを考えても、多少ゆとりのある広さを選びたいもの。4人だと余裕をもって寝ることができます。また、耐水圧は1,500mmと、十分に雨がしのげる数値。付属のポールはグラスファイバー製で、ジュラルミン製と比べると耐久性は低いですが、かなり強い力がかからないと折れることはありません。

シンプルかつ必要な機能を備える

コールマンのBCクロスドーム/270    

出典:コールマン

初心者向けのベーシックモデルとあって、設営も超シンプル。メインポール2本でインナーテントを立ち上げることができ、あとはフロントポールをセットすれば、骨組みは完了。フライシートとインナーテントはリングでつなぐだけと、とても簡単にできるので初心者も迷いません。

ほかにもインナーテントの上部のベンチレーションが、中が蒸れやすい夏場のキャンプには活躍。付属のポールを使って、入口部分をキャノピーにすることもできます。他にもランタンハンガーやストームガードなど、基本的な機能が揃っていながら、手が届きやすい低価格の商品なので、設営から撤収まで自分のテントで行ってみたいと考える、キャンプビギナーにおすすめです!

リビングになるタープとの連結も簡単!

コールマンのスクリーンキャノピージョイントタープⅢ    

出典:コールマン

同じ「コールマン」のタープであれば、テントとの連結も簡単にできます。手順はタープの出入口にテントを挿し入れするだけ。雨の日もタープからそのままテントに出入りでき、アウトドアにいながらプライベートも確保できる、リビング+寝室という空間ができます。

「BCクロスドーム270」に連結できる、コールマンが推奨するタープは、「スクリーンキャノピージョイントタープIII」をはじめ、バリエーションもいろいろあります。中にはサイズがうまく合わないタープもあるので、タープも同時に購入したい場合は適合性を調べてから、をおすすめします。

テントとタープの適合性はこちら:テントとタープの連結

コールマン「タフドーム/3025」との違いは?

スペックはよく似ていますが、「タフドーム/3025」は、テント内の空気循環を考えた“サークルベンチレーションシステム”を採用。テント下部と上部にベンチレーションを設けることで、テント内部をより涼しくする工夫がされています。また、メインポールはアルミ合金製。悪天候でもキャンプができるよう、より丈夫な素材を使っているものを選びたい場合には、「タフドーム/3025」がおすすめです。

他社エントリーモデルとの違いからみる「BCクロスドーム270」の特長は?

他社のエントリーモデルと比べるとどんな特長があるのでしょうか?「ロゴス」「スノーピーク」の4~5人用のエントリーモデルと比べてみました。

上記2つのテントと比べた結果、見えてきた「BCクロスドーム270」の特長は…
価格は低めで、お財布に優しい
着替えなども苦にならないゆとりの天井高
キャノピーとしても使えるフライシート&ポールは標準仕様

キャンプをするには一通りの道具を揃えなくてはいけないので、買いやすい値段であることは初心者には必須条件。そしてテント泊の経験が少ない人だからこそ、ゆとりをもって過ごせる室内であることも大事なことですね。

さいごに

コールマン「BCクロスドーム270」の徹底研究はいかがでしたか?まさに、テント泊初心者にぴったりだから、初めてのテントに選んでほしいこの商品。やはり注目すべきはコストパフォーマンスの良さです!ベーシックモデルとはいえ「コールマン」というアウトドア一大ブランドの名に恥じない品質、初心者にも手を出しやすい抑え目の価格は、キャンプを愛する人々の層をより広げてくれるものですよね♪あなたも「BCクロスドーム270」を持って、大切な人と一緒にアウトドアの時間をゆっくり過ごしてみませんか?


あわせて読みたい記事



新着記事


  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪