ハクキンカイロは冬のアウトドアで大活躍!使い方・種類・注意点を徹底紹介

 キャンプ用品

最近では人気が出てきている冬キャンプ。朝方や夜の寒さはどうしても慣れないという方も多いでしょう。大好きなアウトドアで、寒さを心配することなく楽しむことができたら最高ですよね!今回は、そんな冬のアウトドアで大活躍の「ハクキンカイロ」を紹介します。これで今年の冬は寒さを気にすることなくアウトドアを楽しむことができるはず!


 目次


使い捨てカイロよりエコで温かいハクキンカイロとは?

ハクキンカイロとは?

ハクキンカイロ

出典:楽天

ハクキンカイロは従来の使い切りカイロと違い、繰り返し何回でも使用できるカイロです。素材はプラチナを採用しており、熱も逃げにくく長時間の利用が可能です。キャンプや登山、ウィンタースポーツなどのアウトドアアクティビティーを楽しむ方にはおすすめのアイテムです!

ハクキンカイロの発熱の仕組みとは?

ハクキンカイロの発熱の仕組みは、燃料となる炭化水素「ベンジン」と呼ばれる液体です。このベンジンから生み出される気体がハクキンのプラチナ部分と接触することで、ベンジンが炭酸と水に分解され、その際に発生する酸化熱が温かさの源となっています。媒作用の熱なので、炎が出るわけではなく安全面も高く評価されています。

24時間温かさを持続

通常の火を用いた燃焼だと数分で燃焼し切ってしまいますが、ハクキンカイロはプラチナ触媒を用いることで24時間持続ができます。またフタの部分には通気孔を採用、大きさや位置によってカイロの温度や持続時間が調整されます。

パワーは使い捨てカイロの約13倍

パワーは使い捨てカイロの約13倍。一方熱量消費はほんのわずかです。たった25ccのべンジンで最大約24時間保温できる燃費の低さです。発熱温度も一定しており、寒冷地や冬の野外のレジャー時に威力を発揮します。

環境にも優しいクリーンエネルギー

ハクキンカイロ

出典:楽天

また環境に優しいのもハクキンカイロの魅力のひとつ。ハクキンカイロは直接火をつけているわけではありません。気化したベンジンがプラチナの接触作用により「炭酸ガスと水」に分解され、そのとき発生する酸化熱を応用した、環境にとても優しいハイテクカイロです。今までにない発熱システムと省エネが注目され、80年もロングセラーを保っているハクキンは世界各国から注目されており、現在では海外へも広く輸出され多くの人々に愛されています!

ハクキンカイロの種類は2つ

ハクキンカイロの燃料「ベンジン」について

ベンジンとは

ハクキンカイロの燃料ベンジン

出典:Amazon

ベンジンは2種類あり、カイロ用のベンジンと染み抜きなどに用いるベンジンがあります。ともに原油から精製された無色透明で芳香がある液体です。ハクキンカイロで用いるベンジンは、石油を蒸留精製した揮発性の高い可燃性の液体を使用します。

ベンジンの代用品はあるのか?

ベンジンは昔ながらの薬局や大型のホームセンターなどで販売されておりましたが、最近では見かけなくなってきました。ネットで購入する手間を省くために、比較的手に入りやすいzippoのオイルやホワイトガソリンを使用する方もいます。しかし本来は純正のベンジンを使用するよう作られているため、正規品を使うのをおすすめします。

ハクキンカイロの使い方

まず用意するもの

ハクキンカイロの準備一覧

用意するものはこちら!
・ハクキンカイロ本体
・カイロ用ベンジン
・ライターかマッチ
・付属のベンジン専用カップ
・専用ケース

火口の金属部分を取り外し、専用カップをセットする

ハクキンカイロ本体の金属部分を取り外す

まずは本体から火口部分を取り外し、専用の注入カップを本体の燃料タンクにしっかりと取り付けます。完全にはまっていないと漏れてしまう可能性があるので、必ずぴったりとはまるように取り付けましょう!

燃料のベンジンを注入

エビスベンジン注入

次にハクキンカイロ専用のベンジンを注入します。注入する量は本体の容量、そして持続させたい時間数によっても異なるのためあらかじめ確認しておきましょう。

カップを90度に回転させる

専用カップを90度に回転させる

カップの線まで注入したらゆっくり90度に回転させます。カップ2杯で24時間使用できるため2杯以上は注がないようご注意ください!

専用カップを取り、本体をさかさまにしてカイロを軽く押す

ハクキンカイロを逆にし燃料漏れを確認する

ベンジンを注入し終わったら専用カップを外し、本体をさかさまにして本体を軽く押し出します。内部の脱脂綿が吸収しきれなかった余分な燃料がないか確認する作業のため忘れず行ってください。

火口のプラチナ触媒に熱を加える

ハクキンカイロに火をつける

燃料の漏れがないのを確認したらタンクに火口を取り付け、ライターかマッチを火口に3~5秒あてます。長時間当てると火口が傷んでしまうので、一瞬だけ火を近づけるようにしましょう!

カイロを逆さまにして着火すると、火口(触媒部分のフワフワ)にススがついて火口が黒くなり、劣化して性能が悪くなりますのでご注意ください。また火口が濡れていると使えなくなることがありますので、ドライヤーなどの温風で乾かしてから使用してください。

備える.jp

ふたをして専用の袋に収納する

ハクキンカイロの完成

ふたをし、しばらくすると少しずつ燃焼が始まります。本体のまま持っていると低音やけどをおこす可能性があるため、専用の袋に収納しましょう。これでハクキンカイロの完成です。

ハクキンカイロの注意点

ハクキンカイロ

出典:Amazon

燃料の入れすぎに注意

燃料を入れすぎると燃焼が途中で消えてしまったり、着火時に燃え出す恐れもあり非常に危険です。専用カップにはメモリがかいてあるのでそこを目安にベンジンを注入してください。

ベンジンを入れる時は火気に気を付ける

燃料のベンジンを注入する際、専用カップからあふれるなどしてこぼれた場合はすぐ拭き取ってください。そのままにしておくと着火時に一瞬ボワっと燃え上がる恐れがあります。またハクキンカイロを準備の際には、周囲に火の気のないところで作業してください。

火口の交換について

直接火を当てる火口は純正のベンジンを使用したとしても、1〜2シーズンで交換するのが好ましいです。火口が老化してしまうと、火が温まりづらく、本体の温度もぬるくなってしまいます。目では老化を感じづらいため、シーズンごとに定期的に交換しましょう。

専用袋に入れないと低音火傷する可能性も

ハクキンカイロの本体は大体40〜45度をキープします。一瞬持っているだけなら低温火傷にはなりませんが、何時間も同じポケットに入れておくと低温火傷をおこしてしまいます。火傷しないためにも本体をセットした後は、専用のケースに入れ保持してください。

飛行機の持ち込み禁止

海の上を飛ぶ飛行機

手軽に持ち運びができる点、注意したいのが飛行機に乗る際は持ち込みができないところ。ハクキンカイロはベンジンを燃料とするため「引火性液体の危険物」と認識され飛行機に持ち込めません。

※新品のものは危険物には該当しないため、機内への持ち込みが可能の場合もあります。詳しくは各空港会社にお問い合わせください。

ハクキンカイロのデメリットはベンジンの匂い

発熱中、ちょいっとベンジンのシンナーのような匂いがしますが、
これが気になるかどうかは個人差だと思います。

いただきます――。北海道で自然観察してる人のブログ。

ハクキンカイロのデメリットとしてあげられるのが、ベンジンの匂い。感じ方には個人差があり、全ての人という訳ではありませんが、ベンジンの匂いを感じてしまい不快と思う人もいるので、その点はご注意ください。

カイロベルトで腰もお腹もポカポカ

ハクキンカイロに似たカイロたち

こんなシーンにぴったり!

ウィンタースポーツに

ゲレンデの様子

出典:PIXTA

ハクキンカイロは持続力と低燃費で人気を集めウィンタースポーツで大活躍します。スキーやスノボーなどは専用のウェアを着用し身体を動かしているため寒さをそこまで感じません。しかし休憩時間や身体を動かしていない時は、ウェアを着ていても冷えを感じます。そんなときはハクキンカイロの出番です!ハクキンカイロは赤外線効果で体全体を温められるため、身体全体が温まります。

キャンプや登山などにも

カップルがキャンプ場で過ごす様子

出典:PIXTA

またキャンプや登山など長時間外にいるようなイベントでも活躍します。キャンプなど外で宿泊する際には、ハクキンカイロを寝袋に入れておくだけで布団の中が温まり、安心して眠りにつけます。ポケットサイズのため手軽に持ち運ぶことができ、女性にもお子様にも使いやすくなっています。

エコで温かいハクキンカイロで快適に冬を過ごそう

ハクキン カイロ

出典:Amazon

ハクキンカイロがあれば冬の寒い時期に家にこもりがち方も、アクティブになれるはず。専用の袋にワッペンを縫うなどちょっとした工夫を加えれば、自分だけのオリジナルカイロになります。使用方法をよく確認して、あなただけのハクキンカイロと一緒に冬のアウトドアを楽しんでください!

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪