hinata

>

バーベキュー

>

バーベキューにこんな服装はNG!男子ウケするBBQコーディネートを事前にチェック!

バーベキューにこんな服装はNG!男子ウケするBBQコーディネートを事前にチェック!

 バーベキュー

ピクニックをする女性

出典:コールマン

アウトドアの定番といえばバーベキュー!初心者だけでもわいわい楽しめるのが魅力ですよね。でも全く経験のない人は、どんな服装をすればよく分からない人も多いはず。今回は、バーベキューに合わせ、男子受けすること間違いないなしのBBQコーデをご紹介します!


 目次


周りがびっくり!バーベキューでひかれるNGファッションとは!?

水着は行き過ぎ!虫や日焼けに気をつけて!

青空    

出典:pixabay.com

自然のなかのバーベキューでは、気分も開放的になりますね!でも、ファッションまですっかり開放的にしてしまうのはちょっと考えもの。水辺や草のなかには、蚊やブヨなどがいる場合もあるからです。水着やキャミソールなど露出の多いファッションだと、それだけで虫に狙われやすくなります。そして炭火でのバーベキューなら、火の粉が飛んで火傷の可能性も…。

さらに一日外にいて紫外線を浴びてしまうと肌への影響も心配です。せっかくのバーベキューがイタ~イ思い出にならないよう、露出の多い服はさけましょうね!

ミニスカートとハイヒールでは“手伝う気ゼロ”に思われる!

スニーカー    

出典:pixabay.com

街では女子力の高いファッションだけど、アウトドアでバーベキューをする時には絶対やめてほしいのが、ミニスカート×ピンヒールの組み合わせ。ヒラヒラした軽い素材のスカートは、風でめくれたり、バーベキューのギアにちょっとひっかけてしまったり、バーベキューの油ハネなどの可能性もあるので、アウトドアに着ていくには不向きです。

ピンヒールは足元が不安定で動きづらさこの上なし。砂利ではうまく歩けないし、土の上ではヒールがめりこんでボコボコ穴を開けてしまうこともあります。せっかくバーベキューをするからには、準備や片付けなどでテキパキ動けるよう、底がフラットなスニーカーやデッキシューズがおすすめですよ!

ロングネックレスやフリンジ…長すぎるアイテムにも注意!

ロングネックレス    

出典:pixabay.com

どんな時にもおしゃれに気を抜かないのが女子だけど、バーベキューでは“長い”アイテムは時に邪魔になることもあるので注意してくださいね。たとえばロングネックレスや、袖や手首に長いフリンジがついたトップスなどは、かわいいけれど残念ながらあまりバーベキューには向いていなアイテム。肉を取り分けるのに下を向いたり、洗いものでかがんだりした時に、うっかり小皿のソースに浸してしまったり、汚してしまうなどの失敗は、なるべく避けたいですよね!

ここに気をつければ◎押さえておくべき5つのポイント

ポイント1. 暑くても寒くても大丈夫!脱ぎ着できる上着を選ぼう!

バーベキューファッションをした女性    

出典:チャムス

バーベキューファッションの基本は、動きやすく、脱ぎ着ができるものがおすすめです!場所によっては、朝肌寒くても日中ぐんと気温が上がり、夜にはまた冷えてくる、といった気温の変化もあるので、羽織りものは必須。日焼け対策にはUV加工のパーカー長袖シャツなどがいいでしょう。暑い時には腰にさっとまいておけば、こなれた感じが出るし、肌のちら見えも防いで好感度がアップします。首元の日焼けが気になる場合は、バンダナを巻いてキュートな感じに演出するのもアリですね!

ポイント2. ボトムスを選ぶなら、動きやすさと機能性をチェック!

ボトムスは足さばきがよく、ラクに動けるストレッチ素材のアイテムなら動きやすさも抜群です!素材は汚れにくいデニムはもちろん、はっ水加工をしたナイロンやポリウレタン製のボトムスもおすすめ。ラップスカート×レギンスに代表されるような山ガールのファッションも参考になりますよ!
ショートボトムスを選ぶなら、いつもより丈が気持ち長めなものを選ぶと“アウトドアをわかっている!”と周りからのポイントが高くなりそうですね。

ボトムスを履いた女性    

出典:パタゴニア

パタゴニア ウィメンズ ハッピー・ハイク・カプリ
参考価格:7,560円(税込)
購入はこちら:パタゴニア ウィメンズ ハッピー・ハイク・カプリ

ポイント3. しっかり洗える綿素材や、はっ水加工のボトムスが◎

バーベキューを楽しんだあとの服には煙や食べ物の匂い、汗など、汚れもいっぱいたまっています。洗濯機でガラガラ洗える綿素材やポリエステル素材の服なら、文句なしですね。もしも油の汚れがついてしまった時には、洗濯表示をよく見てからおしゃれ着洗い用の洗剤で洗ってくださいね。

ポイント4. ショルダーバッグorボディバッグ?サブバッグ使いで貴重品も安心!

アウトドアでのバーベキュー、バッグはどこに置いておきますか?大きいバッグならば、荷物は何人かでまとめて、レジャーシートやイスなどの上に置いておくのがおすすめです。それでもおサイフやスマホなどは自分で持っておきたいですよね。そんな時は、必要最小限のものをショルダーバッグやボディバッグに入れて身に着けておけば安心。余計な荷物を持つことなく、バーベキューを思いっきり楽しめます♪

グレゴリーのクイックポケットS    

出典:amazon.co.jp

GREGORY(グレゴリー) クイックポケットS
参考価格:4,320円(税別)
購入はこちら:グレゴリー クイックポケットS

ポイント5. アウトドアならではの悩み…虫対策もしっかりと!

服の色が黒だとハチが寄ってきやすい、という話を聞いたことがあるでしょうか?ハチが好むのは黒色だそうなので、気になる人は白っぽい色を着ておくといいかもしれません。ただ、虫を予防するなら、やはり肌を露出しすぎず、虫よけスプレーをするなどの対策も必要。

スノーピークの Insect Shield Parka    

出典:スノーピーク

蚊やダニが寄ってこない新素材を使用したパーカー。フードのファスナーをあげれば顔全体を覆うことができ、風通しのよいメッシュ素材を使っています。まさに、着る”蚊帳”のようですね!
snow peak(スノーピーク) Insect Shield Parka(Women’s)
参考価格:16,000円(税別)
購入はこちら: スノーピーク Insect Shield Parka(Women’s)

バーベキューで女子力を発揮できるファッション!

川原を歩く女性    

出典:DESCENTE

女性らしさを残しつつ、アウトドアのカッコよさも取り入れたいバーベキューでのファッション。ミリタリーで全身をまとめていたり、リゾート地のようなファッションをしていたりすると、周りもひいてしまうかも。そんな失敗をしないために、アウトドアでお手本にしたいコーディネートをピックアップしてみたので、ぜひ参考にしてください!

カジュアルTシャツ×バンダナ

カジュアルTシャツ×バンダナのコーディネート    

出典:チャムス

カジュアルTシャツは元気な女子にはハズレなしのアイテムだけど、女子力を高めるならちょっとゆとりがあるサイズを選ぶのがおすすめ。首にバンダナを巻けばアウトドアの雰囲気もたっぷり、個性的に着こなせます♪

Tシャツ×ショートデニム×サンダル

Tシャツ×ショートデニム×サンダルのコーディネート    

出典:テバ

動きやすいラフなTシャツとショートデニムに合わせたのは、スポーツサンダルとして若者に人気の「Teva」。足にしっかりフィットするアウトソール仕様で、水場でもOK。ナイロン製のストラップは、ベーシックカラーから柄の入ったものまであるので、ファッションに合わせて選べます。アウトドアでの靴下をはいてのコーディネートもおすすめです♪

Tシャツ×オーバーオール

Tシャツ×オーバーオールのコーディネート    

出典:rakuten.co.jp

ベーシックな白いTシャツに、淡いブルーのオーバーオールの組み合わせは、女性らしく清潔感のあるスタイル。スキニーシルエットのオーバーオールはストレッチが効いているので着心地が良く、動きやすいのも特徴です♪

半袖シャツ×レースアップショートパンツ

さりげなく女子力をアップする、フロントのレースアップが特徴のショートパンツ。適度なゆとりがあるつくりだから、動きやすいし、トップスをインしてももたつきません。アースカラーのオリーブ色は人気なので、まわりからも注目間違いなし!

キュロット×ミドルシューズ

キュロット×ミドルシューズのコーディネート    

出典:rakuten.co.jp

裾に向かってフレアーになっているのがかわいい、通気性のよいナイロン素材を使ったキュロット。どんなトップスとも相性がいいので、コーディネートに悩みません。はっ水性に優れ、飲み物をちょっとこぼしたくらいでは染み込まないので、バーベキューにはぴったり。ちょっとごつい印象のシューズが、キュロットの甘さを引きたてます♪

長袖シャツ×ロングボトムス

長袖シャツ×ロングボトムスのコーディネート    

出典:amazon.co.jp

チェックの柄が女の子らしい長袖シャツは、羽織りものとしても活躍。暑くなったら袖をロールアップできるようにベルト&ボタンがついています。コロンビア独自の吸湿速乾機能がある素材で、汗が中にこもりません。首を日焼けから守ってくれるサンプロテクトカラーは、アウトドアブランドならではのうれしい工夫です!

まとめ

今回ご紹介しきれなかったほかのアウトドアブランドにも、街着からバーベキュー、山の中にまで、幅広く活躍するおしゃれアイテムがいろいろありました!今度のバーベキューでは、TPOを考えつつ、人とちょっと差がついちゃうファッションコーディネートにぜひチャレンジしてくださいね♪


あわせて読みたい記事



新着記事



おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪