バーベキューでスカートはNG?男女別服装・コーデおすすめ42選!

 ファッション

バーベキューをしている人達の画像

出典:PIXTA

アウトドアの定番といえばバーベキュー。初心者でも楽しめるのがバーベキューの魅力。でも全く経験のない人は、「どんな服装で行けば浮かないか?」「スカートで行ってもOK?」など、悩む人も多いと思います。そこで今回は、男女別、年代別の季節に合わせたおすすめのコーデを紹介します。


 目次


バーベキューでNGファッションを解説

水着は行き過ぎ!虫や日焼けに気をつけて

太陽が照っている青空の写真

出典:Pixabay

自然のなかのバーベキューでは、気分も開放的になります。でも、ファッションまですっかり開放的にしてしまうのはちょっと考えもの。水辺や草のなかには、蚊やブヨなどがいる場合もあるからです。水着やキャミソールなど露出の多いファッションだと、それだけで虫に狙われやすくなります。そして炭火でのバーベキューなら、火の粉が飛んで火傷の可能性も。

さらに一日外にいて紫外線を浴びてしまうと肌への影響も心配です。せっかくのバーベキューが苦い思い出にならないよう、露出の多い服は避けましょう。

ミニスカートとハイヒールでは「手伝う気ゼロ」に思われる?

赤いスニーカーの写真

出典:Pixabay

街では女子力の高いファッションだけど、アウトドアでバーベキューをする時には絶対避けたい服装が、ミニスカート×ピンヒールの組み合わせ。ヒラヒラした軽い素材のスカートは、風でめくれたり、バーベキューのギアにちょっとひっかけてしまったり、バーベキューの油ハネなどの可能性もあるため、アウトドアに着ていくには不向きです。

ピンヒールは足元が不安定で動きづらさこの上なし。砂利ではうまく歩けないですし、土の上ではヒールがめりこんでボコボコ穴を開けてしまうこともあります。せっかくバーベキューをするからには、準備や片付けなどでテキパキ動けるよう、底がフラットなスニーカーやデッキシューズがおすすめです。

ロングネックレスやフリンジ…長すぎるアイテムにも注意

ロングネックレス

出典:Pixabay

バーベキューでは「長い」アイテムは時に邪魔になることもあるため、注意が必要です。たとえばロングネックレスや、袖や手首に長いフリンジがついたトップスなどは、かわいいですが残念ながらあまりバーベキューには向いていなアイテム。

肉を取り分けるのに下を向いたり、洗いものでかがんだりした時に、うっかり小皿のソースに浸してしまったり、汚してしまうなどの失敗は、なるべく避けたいところ。そのため、バーベキューの際には引っ掛かるような長いアイテムは避けるようにしましょう。

ここに気をつければOK!押さえておくべき5つのポイント

ポイント1. 暑くても寒くても大丈夫!脱ぎ着できる上着を選ぼう

チャムスのアウトドアジャケットの画像

出典:楽天

バーベキューファッションの基本は、動きやすく、脱ぎ着ができるものがおすすめです。場所によっては、朝肌寒くても日中ぐんと気温が上がり、夜にはまた冷えてくる、といった気温の変化もあるため、羽織りものは必須。日焼け対策にはUV加工のパーカーや長袖シャツなどがおすすめです。

暑い時には腰にさっと巻いておけば、こなれた感じが出るし、肌のちら見えも防いで好感度がアップします。首元の日焼けが気になる場合は、バンダナを巻いてキュートに演出するのもおすすめ。

ポイント2. ボトムスを選ぶなら、動きやすさと機能性をチェック

ザ・ノース・フェイスのアウトドアパンツの画像

出典:楽天

ボトムスは足さばきがよく、楽に動けるストレッチ素材のアイテムなら動きやすさも抜群です。素材は汚れにくいデニムはもちろん、ナイロンやポリウレタン製のボトムスもおすすめ。「ラップスカート×レギンス」に代表されるような山ガールのファッションも参考になります。

ショートボトムスを選ぶなら、いつもより丈が気持ち長めなものを選ぶと「アウトドアをわかっている!」と周りからのポイントが高くなることも。

ポイント3. しっかり洗える綿素材や、撥水加工のボトムスもおすすめ

パタゴニアのショーツの画像

出典:楽天

バーベキューを楽しんだあとの服には煙や食べ物の匂い、汗など、汚れもいっぱい溜まっています。洗濯機でガラガラ洗える綿素材やポリエステル素材の服が便利に使えます。もしも油の汚れがついてしまった時には、洗濯表示をよく見てからおしゃれ着洗い用の洗剤で洗うようにしましょう。

また、撥水加工が施してあるボトムスもおすすめです。撥水加工があると、バーベキューの際に謝って水をこぼしてしまっても水を弾いてくれますし、急な天候変化で小雨が降ってきた時も安心です。

ポイント4. ショルダーバッグorボディバッグ?サブバッグ使いで貴重品も安心

ザ・ノース・フェイスのショルダーバッグの画像

出典:Amazon

アウトドアでのバーベキュー、バッグはどこに置いておきますか?大きいバッグならば、荷物は何人かでまとめて、レジャーシートやイスなどの上に置いておくのがおすすめです。それでも財布やスマホなどの貴重品は自分で持っておきたいのではないでしょうか。そんな時は、必要最小限のものをショルダーバッグやボディバッグに入れて身に着けておけば安心。余計な荷物を持つことなく、バーベキューを思いっきり楽しめます。

ポイント5. アウトドアならではの悩み、虫対策もしっかりと

(スノーピーク) Snow Peak KIDS PRINTED INSECT SHIELD PARKA サイズ/S

出典:Amazon

服の色が黒だとハチが寄ってきやすい、という話を聞いたことがあるでしょうか?ハチが好むのは黒色。黒以外を着ていれば虫が寄ってこないというわけではありませんが、気になる人は白っぽい色を着ておくといいかもしれません。ただ、虫を予防するなら、やはり肌を露出しすぎず、虫よけスプレーをするなどの対策がおすすめです。

バーベキューでのおしゃれについてより詳細な情報を知りたい方は以下のページのご覧ください。

【レディース(10代20代)・春】最新のトレンドファッション バーベキューの服装おすすめ3選

川コーデ

シンプルで何を着ても合わせやすいデニムコーデ。デニムのカジュアルさと、抜群の動きやすさで足場の悪い川の近くでもアクティブに動けます。

山コーデ

ネルシャツを着た女性の写真

出典:Amazon

少しづつ暖かくなってくる春におすすめなのはチェックシャツコーデ。暑い時は腰に巻いて、寒くなったら着れるため、温度調節も簡単。中に着るシャツをシンプルにすることで腰に巻いた時のチェックシャツが引き立ちます。

アーバンコーデ

半袖Tシャツにベストを重ね着した女性

出典:Amazon

半袖や長袖のシャツの上に着るだけで、おしゃれに着こなせちゃうベストコーデもおすすめです。温度調節の難しい春にはもってこいのアイテム。

【レディース(10代20代)・夏】最新のトレンドファッション バーベキューの服装おすすめ4選

海コーデ

夏らしい麦わら帽子の海コーデの女性

出典:Amazon

涼しげなスカートとトップスに夏らしい麦わら帽子を合わせた夏の海を連想させるコーデ。サンダルでもスニーカーでも合わせやすい。また、麦わら帽子のような、つばが広めの帽子は日焼け対策にもなるため、夏には必須アイテムになること間違いなしです。

山コーデ

キュロット×ミドルシューズのコーディネート

出典:Amazon

裾に向かってフレアになっているのがかわいい、通気性のよいナイロン素材を使ったキュロット。どんなトップスとも相性が良いため、コーディネートに悩みません。撥水性に優れ、飲み物をちょっとこぼしたくらいでは染み込まないため、バーベキューにはぴったり。ちょっとごつごつした印象のシューズが、キュロットの甘さを引きたててくれます。

アーバンコーデ

夏らしい柄の靴とホットパンツでアクティブなコーディネートの女性

出典:Amazon

ボーダー柄のスリッポン

出典:Amazon

夏らしい柄のスリッポンとシンプルなTシャツを合わせたコーデ。軽快なイメージのスリッポンなら、アクティブな印象を与えつつも、都会の垢抜けた雰囲気も出せるため、おすすめです。

ガーリーコーデ

チャムスのロングワンピースの画像

出典:Amazon

夏のアウトドアでのバーベキューで、ガーリーなコーデをするのもおすすめです。柄の入ったかわいらしいロングワンピースなどを着れば、夏の強い日差しの下でも爽やかな雰囲気でバーベキューを楽しめます。

【レディース(10代20代)・秋】最新のトレンドファッション バーベキューの服装おすすめ3選

川コーデ

バーベキューでの服装(川コーデ)

出典:Instagram(@niconico_hanico)

秋の川では、動きやすさと防寒力をキープ。ガウチョパンツなら、単調になりがちなアウトドアシーンでも緩急をつけられます。また、1枚は羽織れるように、デニムシャツなどにしておくと温度変化にも対応できて安心。

山コーデ

レギンスとマウンテンパーカーで山コーデの女性

出典:Amazon

川よりも、さらに朝晩の冷え込みがすごい山では、少し本格的なマウンテンパーカーを用意しておくと安心です。レギンスなどと合わせて、秋ファッションを楽しめます。

アーバンコーデ

バーベキューでの服装(アーバンコーデ)

出典:Instagram(@niconico_hanico)

都市型のバーベキューを楽しむなら思いっきりおしゃれを。ベロアのパンツに、ゆるいスウェットのトレーナーで今時のBIGシルエットに挑戦してみてください。

【レディース(10代20代)・冬】最新のトレンドファッション バーベキューの服装おすすめ2選

山コーデ

バーベキューでの服装(山コーデ)

出典:Instagram(@niconico_hanico)

冬の山では、できるだけアウターにこだわるのがおすすめ。ただし、1枚脱いだときにもおしゃれなコーデに。そんな方には、思い切って明るい色のパンツをチョイスするのがおすすめ。暗くなりがちな冬山コーデですが、明るい色は、目を引きますし、夏場ほど汗などかかないため、多少注意しておけば、汚れてしまうことも少なくできます。

アーバンコーデ

モッズコートで街を歩く女性

出典:Amazon

都市型バーベキュースポットでバーベキューを楽しむなら、防寒性の高いアイテムがおすすめ。また、実際には都会でバーベキューをするとしても、バーベキューをすると自然とアウトドアの雰囲気が出てくるため、浮かないように、モッズコートなど、アクティブな印象の服で行くのがおすすめ。

【ママ(30代40代)・春】バーベキューの服装おすすめ4選

山コーデ

長袖シャツ×ロングボトムスのコーディネート

出典:Amazon

チェックの柄がかわいい長袖シャツは、羽織ものとしても活躍。暑くなったら袖をロールアップしてもおしゃに着こなせます。無地のTシャツの上にチェックシャツを羽織るだけで、アウトドアのおしゃれな雰囲気を出せるため、一枚で色んなコーデが可能な便利なアイテムです。

川コーデ

Tシャツ×オーバーオールのコーディネート

出典:Amazon

ベーシックなTシャツに、淡いブルーのオーバーオールの組み合わせは、女性らしく清潔感のあるスタイル。スキニーシルエットのオーバーオールはストレッチが効いているため着心地が良く、動きやすいのも特徴です。

アーバンコーデ

ロングデニムスカートをはいた女性

出典:楽天

肌の露出を抑えつつも、ゆったり動きやすいデニムスカートのコーデ。都会でのおしゃれなバーベキューにぴったりの上品な服装です。また、ゆったりした服装を着ることでぽっちゃり体型をカバーできます。

子どもとオソロコーデ

オーバーオールを着ている親子の写真

出典:Instagram(@___icchan0716___)

白のスウェットに青いオーバーオールで爽やかな春をイメージ。スニーカー・サンダルどちらも似合うオーバーオールは親子コーデもおすすめです。

【ママ(30代40代)・夏】バーベキューの服装おすすめ4選

海コーデ

ロングスカートをお揃いで着ている親子の写真

出典:Amazon

海らしいスカートで涼しげな海コーデを演出。海コーデに欠かせない麦わら帽子で日焼け対策もできます。親子ペアルックの海コーデバーベキューはこれで決まり。

川コーデ

Tシャツ×ショートデニム×サンダルのコーディネート

出典:テバ

動きやすいラフなTシャツとショートデニムに合わせたのは、スポーツサンダルとして若者に人気の「Teva」。足にしっかりフィットするアウトソール仕様で、水場でもOK。ナイロン製のストラップは、ベーシックカラーから柄の入ったものまであるため、ファッションに合わせて選べます。アウトドアでの靴下をはいてのコーディネートもおすすめです。

アーバンコーデ

カジュアルTシャツ×バンダナのコーディネート

出典:チャムス

カジュアルTシャツは元気な女子にはハズレなしのアイテム。ちょっとゆとりがあるサイズを選ぶと流行のオーバーシルエットになりつつ、体型もカバーしてくれます。首にバンダナを巻けばアウトドアの雰囲気もたっぷり、個性的に着こなせます。

子どもとオソロコーデ

ボーダーシャツを着た親子コーデ

出典:Instagram(@aoaoao.0424)

夏に着用することで涼しさを表現することが可能なライトカラーのショートパンツ。ペアルックコーデもしやすいですし、使い勝手抜群でバーベキューではもちろん、普段着でも使えるため、ぜひお試しを。

【ママ(30代40代)・秋】バーベキューの服装おすすめ4選

川コーデ

ガウチョパンツ×薄手のマウンテンパーカーのコーディネート

出典:Amazon

秋の川バーベキューに出かけるママさん。意識すべきは、ゆるく暖かく。ガウチョパンツでゆるいシルエットを作りながらも、薄手のマウンテンパーカーで上を引き締めれば、Aシルエットでかわいさもキープ。

山コーデ

バーベキューでの服装(山コーデ)

出典:Instagram(@niconico_hanico)

山バーベキューをするなら、厚手のコートを1枚は持っておきたいもの。厚手のメルトンコートなら、保温性に優れつつ、防風性もある程度あるため、おすすめ。シンプルなコーデで使いやすいため、便利なアイテムです。

アーバンコーデ

チェックのロングスカートとベストのコーディネート

出典:Amazon

秋のアーバンママコーデ。頑張りすぎず、ベストを1枚用意しておくと、室内・室外の移動の際もスムーズ。モコモコのベストも、ワンスポットだけならかわいくなりすぎずちょうど良く使えます。

子どもとオソロコーデ

茶色のパンツとジージャンを着た親子コーデ

出典:Instagram(@___icchan0716___)

茶色のパンツと黒いシャツで落ち着きを見せつつ、青いジャケットと白いスニーカーで若さを演出。シンプルなのにかっこいい、秋のおすすめ親子コーデです。

【ママ(30代40代)・冬】バーベキューの服装おすすめ2選

山コーデ

タートルネックを着た女性の写真

出典:Amazon

冬の山は非常に寒いです。ジャケットやダウンを羽織るだけでなく、首元まで暖まる服装が基本。身体が冷えてしまってはせっかくの楽しいバーベキューも楽しめないため、冬のバーベキューこそ「暖かさ」を意識した服装で。

アーバンコーデ

マフラーを巻いた冬コーデ

出典:Instagram(niconico_hanico)

冬の都市型バーベキューを楽しむなら、ニットアイテムがおすすめ。ゆるいシルエットを出しつつ、防寒性にも優れています。冬のアウトドアでは風で首元が冷えると、体自体も冷えてしまうため、マフラーなどのニットアイテムで首を暖めてバーベキューを楽しむのがおすすめです。

【メンズ・春】バーベキューの服装おすすめ3選

海コーデ

デニムと長袖ボーダーTシャツのコーディネートの男性

出典:Amazon

デニムを使ったシンプルなコーデながら、ボーダーTが海の雰囲気を出しているコーデ。カジュアルな服装にしつつも、春の海は紫外線も強いため、肌の露出を抑えたロングスリーブがおすすめです。

アーバンコーデ

白Tに青チェックシャツを羽織るクールなコーディネートの男性

出典:Amazon

クールな青のチェックシャツが特徴のコーデです。もちろん脱ぎ着で温度調節は簡単。シンプルな白Tシャツとマッチしているため、腰に巻いてもかっこよく着こなせます。

子どもとオソロコーデ

黒のパンツにジージャンを合わせた親子コーデ

出典:Instagram(@___icchan0716___)

青は春の象徴とも言える鉄板のコーデ。黒のパンツで大人らしさを演出しても良いし、明るい色のパンツで爽やかさを出すのもおすすめ。ぜひ、春に青を取り入れたコーデを試してみてください。

【メンズ・夏】バーベキューの服装おすすめ3選

海コーデ

ボーダーのサーフパンツで海コーデの男性

出典:Amazon

マリンな印象を与えるクールな海コーデ。夏の海で行うバーベキューなら、海に入って遊べる海パンや速乾性の短パンがおすすめです。

山コーデ

半袖Tシャツにベストを羽織った男性

出典:Amazon

夏といえども、場所によっては夕方から寒くなるのが山でのバーベキュー。Tシャツ一枚にならずに、軽く羽織れる薄手のベストを用意しておくと便利に使えます。

子どもとオソロコーデ

プリントTシャツのおそろコーデ

出典:Instagram(@tomo_09.02)

元気な男子にはキャラクターTシャツを着させて、よりワンパクさを。子どもも大人も着れるかわいいキャラクターシャツは親子コーデに最適です。

【メンズ・秋】バーベキューの服装おすすめ3選

川コーデ

オーバーオールを肩にかけたり外したりでアレンジする男性

出典:Amazon

川で挑戦したいのが、オーバーオール。アクティブな印象になるため、カバーオールを肩にかけたり、外したりと柔軟に対応できます。

山コーデ

ワークブーツとワークパンツにベストを合わせたダンディな山コーデ

出典:Amazon

秋の山バーベキューには、シックでダンディーなファッションがおすすめ。ワークブーツにワークパンツに、ベストをまとえば、秋冬のアウトドアでも頼れる男風に。

子どもとオソロコーデ

子供とレザーを着たおそろコーデ

出典:Instagram(@tomo_09.02)

黒のレザージャケットにカーキ色のパンツで全体的にシックな雰囲気を出しつつも赤や橙色で明るさを演出。ベレー帽をかぶることでさらに大人らしいコーデになります。

【メンズ・冬】バーベキューの服装おすすめ2選

山コーデ①

フリースベストを着た男性

冬なのにこんな格好で平気なの?と思ってしまう方もいらっしゃいますが、防風性に優れたベストのため少し暑がりの方に非常におすすめ。焚き火をしているとちょうどいい温度感になります。

山コ−デ②

モッズコートで暗くなりがちな冬ファッションに色味を加えるコーディネート

出典:Amazon

冬の山コーデは、防寒性を第一に。モッズコートであれば、暗くなりがちな冬ファッションも色味を入れてカジュアルえおしゃれにコーデを楽しめます。

アウトドアはこの服装で楽しもう!

今回紹介しきれなかったほかのアウトドアブランドにも、街着からバーベキュー、山の中にまで、幅広く活躍するおしゃれアイテムがいろいろありました。今度のバーベキューでは、TPOを考えつつ、人と少し差がつくファッションコーディネートにぜひチャレンジしてみてください。

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪