【トレッキング初心者必見】服装から気をつけるポイントまでトレッキング知識総まとめ☆

hinata

>

アクティビティ

>

登山

>

【トレッキング初心者必見】服装から気をつけるポイントまでトレッキング知識総まとめ☆

【トレッキング初心者必見】服装から気をつけるポイントまでトレッキング知識総まとめ☆

 アクティビティ

出典:lzf / ゲッティイメージズ

トレッキングを始めようと思っている皆さん!トレッキングは男性も女性も、年齢も関係なく楽しめるアクティビティです。今回は、そんなトレッキングに必要なものは何か、それをどう選ぶのか、またトレッキング初心者の山での気を付けるポイントまで、詳しくご紹介します!


 目次


トレッキングを始めるまえに

トレッキングを始める前に、ほとんどの方が「どれくらい体力が必要なのかな・・・」と不安になると思います。一般的には、初心者用の山で1日に徒歩2キロ以上歩ける程度の体力があれば大丈夫だと言われていて、瞬発的な体力はそれほど必要ありません。

   

出典:lzf / ゲッティイメージズ

トレッキングは若い方はもちろんお年を召した方も楽しめるスポーツなので、体力と言うよりは「持久力」がポイントとなるスポーツです。体力に自信が無い方でも、「ペース配分」がしっかりしていれば登頂することも十分可能ですよ。

トレッキングに必要なアイテム

ウェア

トレッキングでは体温コントロールしやすい重ね着が基本で、アウターウェア、ミッドウェア、アンダーウェアが必要になります。真夏のアンダーウェア(肌着)は半袖でも良いですが、その他のウェアは紫外線や虫などから肌を守れるように長袖が良いです。ミッドウェアとはアウターと肌着の間に切る服で、春夏は透湿性のあるシャツがおすすめです。

レインウェア

山の天気は変わりやすく、日本は雨が降りやすい気候です。そのためレインウェアはトレッキングには欠かせないアイテムで、たとえ雨が降らなくても山頂付近では防寒着として、下山時には砂よけとして大活躍してくれます。素材は化学繊維が良く、吸湿速乾性が高いものを選びましょう。春夏のトレッキングではアウターウェアとして着ても良いですよ。

トレッキングシューズ

山道は普段使用する道路のように舗装されていません。石が転がったでこぼこ道を歩くためにはトレッキングシューズは必ず必要になります。足を守ってくれる丈夫な作りで防水効果の高い、足にぴったり合うトレッキングシューズを選びましょう。

   

出典:lzf / ゲッティイメージズ

アンダーウェア

トレッキングは体温の変化が高いスポーツです。汗をかいた後、風が出てきて急に冷えてくると、体温が奪われてしまい、血行不良による疲れや体調不良の原因になってしまいます。トレッキングで使用するアンダーウェアは汗をかいてもすぐに吸収し、速乾性に優れたポリプロピレンやポリエステルなどの素材のものを選びましょう。

トレッキングパンツ

歩行にストレスをかけないためにも、ストレッチ機能が高いロングパンツがおすすめです。また歩行中に擦れたり汚れたりするので、すぐに破けない丈夫なパンツが良いです。またロングパンツの下に着圧機能のついたタイツやサポーターを履くと、疲労軽減につながります。

帽子

標高の高い山に登るトレッキングでは紫外線に注意。日焼けは疲労を増加させますので、帽子は必ず着用するようにしましょう。大きなつばで直射日光を防ぎ、通気性が良い素材の帽子が春夏のトレッキングには最適です。帽子の色は、太陽の光を吸収しにくい薄いカラーが良いですよ。

ザック

ザックは普通のリュクと違い、肩や背中への負担を軽減するため、肩ひも部分や胸ベルトに工夫がされています。また背中にメッシュパネルが付いているタイプもあり、長時間のトレッキングも快適に歩くことができます。飲み物や食べ物、防寒着やゴミ袋などが入る30リットルサイズを基準に選びましょう。ザックカバーもあると突然の雨でも安心です。

着替え

初心者の方は普段よりも汗をかくことが多いので、アンダーウェアの着替えを持って行きましょう。また、長時間休憩すると真夏でも汗が冷えて寒く感じます。薄手のフリースなどの保温着を持っていくのも良いですね。

トレッキングを始めるための資金は?

   

出典:pixabay.com

・レインウェア(1万円~)
・トレッキングシューズ(1.5万円~)
・アンダーウェア(3千円~)
・ミッドウェア(5千円~)
・パンツ(1万円~)
・帽子(3千円~)
・ザック(1万円~)

必要最低限のアイテムでも全部揃えると、最初はいくらかお金がかかります。トレッキングを何度か楽しむうちに、必要な持ち物や便利な道具など他にもたくさん出ててくるので、まずは家にあるもので代用して後から買い足していく方法をおすすめします。

初級者向け♪関東近辺でトレッキングができるスポット

御岳山

   

出典:mitaketozan.co.jp

東京都青梅市、奥多摩にある「御岳山」。ケーブルカーで自然の風景を楽しむことができる観光スポットです。標高は929mで、ケーブルカー御岳山駅から歩いて約35分の場所にある「長尾平」はお弁当や休憩ポイントとしても最適です。少し距離を伸ばすと「大岳山」も楽しむことができます。
詳細はこちら:みたけ山観光協会

日の出山

   

出典:hinodekanko.jp

「初日の出」を見るメッカとなっている「日の出山」。御岳山の東に連なり、御岳山よりも少し低い標高902mの山です。四季折々の自然の風景、里山ならではの素朴さを楽しむことができるトレッキング初心者に人気の高いスポットです。
詳細はこちら :東京都日の出町公式サイト

大山

   

出典:ooyama-cable.co.jp

都心から約90分の場所にある神奈川県伊勢原市の「大山」。標高1252mでピラミッド型の美しい形が魅力の山です。神奈川県相模原市緑区と愛甲郡清川村、足柄上郡山北町の境界に位置する「丹沢山」などと共に「丹沢大山国定公園」に属していて、神奈川県有数の観光地となっています。
詳細はこちら:大山ケーブルカー

トレッキングで気をつけるポイント

計画の重要性

   

出典:Kohei Uesaka / flickr

最初から高い山にチャレンジするのではなく、まずは起伏の少ない里山や、ハイキング程度から始めていきましょう。無理をせずペース配分を考えながら歩くことが大切です。歩行時間3時間ぐらいのコースから、徐々に5時間程度の山歩きができるようになると良いですね。慣れてきたら山小屋で一泊するなど長時間コースにチャレンジしてみましょう。

歩き方のコツ

   

出典:pixabay.com

まずは経験者と一緒に登ることをお勧めします。1人で登ったり、経験が無い初心者同士だとペース配分が分からず、想像以上に疲れてしまうことがよくあります。スピードの目安は「会話を楽しむことができるスピード」です。最初に飛ばしすぎると、徐々に息切れして会話ができなくなります。そんな時はスピードを緩めて歩きましょう。

最適な休憩の取り方

たくさん歩いたからといって長時間休憩をとっても疲れはとれません。30分~1時間間隔で休憩をとるようにしましょう。またトレッキングをする1日の水分量は2~3リットル必要です。休憩の度に水分を補給するようにして、出た汗を上回る水分を体内に取り込む必要があります。ポカリのような電解質を含んだスポーツ飲料もおすすめです。

   

出典:pixabay.com

トレッキングを始めたうちは短時間の日帰りコースが良いので、食事は昼休憩の時に好きなお弁当やカップラーメンなどを食べるスタイルで良いと思います。徐々に山に慣れてきて、長時間コースや2泊3日のトレッキングになると、食事にも制約が出てきて素早く食べることのできる「行動食」になります。

まとめ

初心者の方におすすめのトレッキングに必要なアイテムや、トレッキングで気をつけるポイントについてまとめてみました。出発する前に持ち物チェックリストを作って、確認しながら準備をすると良いですね。山の魅力を存分に味わうことができるトレッキング。まずは気軽に景色を見ながら楽しんでください!


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

キャンプ初心者 登山 ハイキング
  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪