町田リス園は小動物とのふれあいパラダイス!【実際に行ってきた!】

 おでかけ

町田リス園のリスが餌を食べている写真

東京都町田市の鎌倉街道沿いにある町田リス園は、リスやモルモット、ウサギや陸ガメなど沢山の小動物たちとエサやり・ふれあいが楽しめる小さな動物園です。今回はそんな町田リス園に行ってきました!リス園の様子、混雑状況、マイカーやバスでのアクセスも解説します!


 目次


海外でも話題!町田リス園とは

障害者の雇用の場としてオープン

町田リス園の入り口

町田リス園は、「障がいのある子どもたちに働く場を作りたい」という願いに、町田市と伊豆大島「りす村」が応え、1988年にオープンした施設です。大変人気があり、来園者数は毎年増加しています。

外国人観光客に人気

特に英語圏旅行者コミュニティで「癒しの動物園」として話題になり、外国人観光客にも大変人気のあるスポットです。かわいらしい小動物の駆け回る園内で、スタッフの方々が仲良く楽しく仕事をしている「空間」が癒しを創っています。

広場を駆け回るリスにエサをあげよう!「放し飼い広場」

町田リス園のリス放し飼い広場

放し飼い広場の入り口は2重ドアになっていて、リスが外に出ないよう開閉をスタッフの方がしています。

町田リス園のリスが放し飼いにされている広場

フェンスでぐるりと囲まれた外周200mの広場には、約200匹のリスが放し飼いにされています。小枝を山のように組んだ場所や手作りの巣箱がいくつもあり、その周辺をリスたちが自由に駆け回っています。

歩道やベンチなどにも飛び出してくるので注意して歩く必要があります。よく見ると巣箱の穴からしっぽが飛び出すものや、小枝の下で目を開けながら寝ているリスがいるなど、見ているだけで十分楽しめますね。

町田リス園では、タイワンリス、シマリス、ニホンリス、アカリスを見ることができますよ!

町田リス園の放し飼いにされているリス

タイワンリスはニホンリスより一回り大きく、体重は360 gほど。植物性のエサを主体とした雑食性のリスです。園内のリスたちは人慣れしていて餌を持っているのが分かると近づいてきます。

町田リス園で売られているリスのエサ

広場内のワゴンで販売されているひまわりの種を直接リスに餌付けできます。ひまわりの種は一袋100円、エサの持ち込みは禁止です。

町田リス園でリスに餌を与えるときのミトン

リスの爪で肌を痛めたり、エサを与える時に間違って噛まれないように、ミトンの貸し出しをしています

町田リス園でリスに餌を与える様子

平日は餌をあげているとリスが群がってきますが、休日の混雑時は餌をあげるお客さんも多く、リスたちもお腹がいっぱいです。休日の夕方頃は食いしん坊のリスを探してエサをあげましょう。

私が行ったのは5月の日曜日で、広場には沢山の人がいました。エサを差し出しても見向きもしないリスや、木陰で寝ているリスもいましたが、30分程で購入したエサを全て与えきりました。

お腹の空いたリスと沢山触れ合いたいのなら、開園直後の10時前後がおすすめ!小さい子供は、沢山のリスに囲まれると怖いと感じてしまうこともあるので、その場合は、リスたちのお腹がふくれた夕方以降を見計らって行くのをおすすめします。

エサを持っていくリスの小さな手の感触と、両手で上手にひまわりの種を持って食べるしぐさが最高にキュートです。驚かせたらどこかに行ってしまうので、心の中で何度もかわいい!と思いました。

朝と夕方のリスは活発!厚手のジーンズがおすすめ

町田リス園のリス

出典:PIXTA

リスは朝と夕方になると活発に動く傾向があり、爪も長いため触れ合った際に思わぬ形で傷を負ってしまう危険も。怪我に繋がらないよう、リス園に遊びに行く際は厚手の服やジーンズなどを着ていくことをおすすめします。

リス以外の動物とも触れ合える!

町田リス園で餌を与えられるケヅメ陸ガメ

ケヅメリクガメのサチコとジュンコも歩き回っています。(推定13才と15才・体重約60キロ)時間は決まっていませんがリクガメの餌やりタイムもあり、キャベツやリンゴをバリバリと食べる姿を間近に見れます。

モルモットやウサギにもエサをあげてみよう。

町田リス園のモルモット

モルモットスペースには約200匹のモルモットがいます。生後1ヶ月の小さなモルモットもいて、とてもかわいらしいです。

町田リス園のモルモットとうさぎとかめ

モルモットとは別の柵にはさまざまな毛質のウサギがいます。フレミッシュジャイアントという通常の5倍程の大きさのウサギや、モルモットとカメと一緒に仲良く同居しているウサギもいました。この3匹、とっても仲良しでいつもくっついていました。

餌を与えられる町田リス園のモルモット

大人のモルモットやウサギにはエサを与える事が出来ます。リスやウサギは午後になるとお腹がいっぱいで食べない子もいるのですが、モルモットは食べる量が多いのかみんなムシャムシャ食べます。そのせいかどの子も丸々と太っていました。

町田リス園で売られている動物のエサ

場内ワゴンで販売されいているエサはニンジン/レタス(キャベツ)で一皿100円です。

この他にも、鳴き声が犬に似ていることからその名がついたプレーリードッグや、知能の高いテグー、挨拶ができるムシボウシインコなど、実にさまざまな動物と出会えます。

ふわふわを抱っこしてみよう!

町田リス園のふれあい広場

土日祝日はふれあい広場でモルモットやウサギを抱っこできます。
開催時間:10:30〜12:00、13:00〜15:00
料金:10分100円

ふれあいタイムが大人気

町田リス園のふれあい広場で動物と触れ合う子供

おとなしいモルモットは小さい子どもに大変人気。一方、ちょっと太めのウサギは大人に大人気でした。抱っこ出来るモルモットやウサギは選べませんが、係員の方が膝の上に乗せてくれるので安心です。ふれあいタイムは10分間、かわいくて時間があっという間に過ぎてしまいました。延長して20分間も抱っこしちゃいました。

服装にも注意が必要!

動物と近い距離で触れ合える町田リス園ですが、人に馴れたリスは飛びついてくることもあります。爪が食い込んだり、引っかかったりしてしまうニットやカーディガンなどは傷がついてしまいます。ふれあいを思いっきり楽しむためにも服装には注意を払いましょう。

町田リス園のその他の施設

リスは意外と怖い!?名物看板をチェックしよう!

町田リス園にいるリス

出典:PIXTA

実は、町田リス園の看板がツイッターなどのSNSで話題になっています。園内には、立ち上がって襲い掛かってきそうなリスの絵や、オオカミのような凶暴なリスが描かれている看板が。

かわいいイメージのあるリスですが、かまれたりすると大けがにつながることもあり、これに対する注意喚起です。興味のある方は是非チェックしてみては?

お土産にはぬいぐるみがおすすめ

町田リス園の売店内観

売店にはリスやウサギ、モルモットやプレーリードックなど場内にいる動物を中心にしたぬいぐるみが販売しています。エサやふれあいに必要な小銭の両替などもこちらでできますよ!

ランチはお弁当を持ってとなりの公園で!

町田リス園の隣の薬師池公園

町田リス園の中にはアイスやジュースの自動販売機はありますが、軽食コーナーなどはありません。園内でもリスの放し飼いエリア以外は飲食禁止ではありませんが、昼食スペースが限られているため園内での飲食はおすすめできません。我が家は入園前に隣接する薬師台はにわ公園で遊び、レジャーシートを敷いてピクニック気分でお弁当を食べました。

他にも周辺には、信号を渡って数分歩いた所に薬師池公園やぼたん園など、近くに遊び場がいくつかあります。リス園はゆっくり回っても、滞在時間2時間程で回りきれる広さですので薬師池公園などと合わせて楽しむと一日中遊べますよ。

町田リス園の施設詳細

基本情報はこちら

町田リス園でひまわりの種を与えられるリス

【基本情報】
住所:東京都町田市金井町733-1
電話番号:042-734-1001
営業期間:通年
営業時間:
 月〜土:10:00〜16:00(火曜日は定休日)
 日:10:00〜17:00
入園料:子供(3歳以上小学生)・・・200円、大人(中学生)・・・400円
※団体・シルバー・障がい者割引あり
※入園券の販売は閉園時間の30分前で終了します。

アクセス・駐車場について

町田リス園の駐車場

  • 【アクセス】
  • 高速道路:中央高速の稲城インターから約14km 東名自動車道横浜・町田ICから13km
    電車&バス:小田急町田駅北口(第一踏み切り50m先)21番バス乗り場より「本町田経由野津田車庫行(55系統)」、または「鶴川駅行(53系統)」で約20分「薬師池」下車。前方右側。

  • 【駐車場】
  • 町田リス園は、鎌倉街道沿いにあります。リス園の駐車場はありませんが、隣接する薬師寺公園の駐車場に車を停める事が出来ます。うれしい事に平日は無料で土日祝日でも1時間30分まで無料、2時間まで50円、2時間半150円と格安です。障害者手帳をお持ちの方等は、駐車場料金が免除になります。ご利用時にご提示ください。

冬場も遊びに行ける!

枝を渡るリス

出典:PIXTA

町田リス園は通年営業のため、冬場も遊びに行くことが出来ます。リスは冬眠するというイメージを持っている方も多いと思いますが、町田リス園で冬眠するのはシマリスだけなので、その他のリスは冬でも会うことができます。いつでも気軽に遊びに行けるのはありがたいです。

混雑を避けるなら夕方がおすすめ

晴れた日の町田リス園

出典:PIXTA

親子連れに人気の高い町田リス園は、休日の朝一番に行っても混雑していて、お昼過ぎから夕方にかけては空いています。リス園の広さからして2時間ほどでまわることができるため、混雑を避けたい方はお昼過ぎから夕方にかけて滞在すると良いでしょう。もちろんゆったりと楽しみたいという方は午前中からじっくり遊び尽くすのも良いと思います。お昼過ぎから遊びに行く方は終園時間が早いので、事前に確認した上で遊びに行ってくださいね。(月〜土曜日:16時終園、日曜日:17時終園)

雨が降っても楽しめる?

雨の雫と枝

出典:PIXTA

町田リス園には、屋根のある箇所もたくさんあるので雨の日でも十分楽しめます。むしろ、雨が降った方が人が少なくてゆったり楽しめるかも!?とはいえ、服装なども考慮するために、事前に天気をチェックしていきましょうね。

ついでに遊びに行きたい周辺スポット!

薬師池公園

町田市の薬師池公園

出典:PIXTA

薬師池公園は町田市を代表する公園で、中心部にある池とともに梅、椿、桜など季節の花や野鳥を楽しむことが出来ます。近隣住民だけでなく町田市外からも多くの人が訪れる人気スポット。1982年に「新東京百景」、1998年には「東京都指定名勝」に指定されています。

住所:東京都町田市野津田町3270
電話:042-724-4399
アクセス:町田リス園から徒歩約5分
料金:無料(駐車場は平日原則無料)

町田市立国際版画美術館

町田市立国際版画美術館の外観

出典:PIXTA

1987年より開館している世界でも数少ない版画美術館の一つ。古い作品だと奈良時代のものから現代のものまで、世界各地から集められた作品が収蔵されていて、その数はなんと3万点にのぼります。

住所:東京都町田市原町田4-28-1
電話:042-726-2771
アクセス:町田リス園から車で約15分
営業時間:平日/10:00〜17:00(最終入場16:30まで)
土日祝日/0:00〜17:30(最終入場17:00まで)
定休日:毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)、12月28日~1月4日
料金:ミニ企画展(常設展示室):無料
企画展示は展覧会によって料金が変動します。

公式はこちら

町田ダリア園

町田市にあるダリア園

出典:PIXTA

町田市にある関東最大級のダリア園で、障害を持った方の働く場として開設した施設です。1万5000平方メートルの広大な土地に、約500種4000株ものダリアが咲き誇ります。ひまわり畑の公開やブルベリーのつかみ取りなどイベントも積極的に開催していて、子ども連れの親子でも十分楽しむことができます。

住所:東京都町田市山崎町1213-1
電話:042-722-0538
アクセス:町田リス園から車で約5分
営業時間:9:30〜16:30(最終入園16:00)
営業期間:7月1日~11月3日
定休日:無休
料金:大人500円、中学生以下無料

公式はこちら

湯河原温泉 万葉の湯

風呂に置いてあるオケの写真

出典:gyro / ゲッティイメージズ

町田リス園を満喫して疲れた身体を癒すならここがおすすめ。露天風呂や水素風呂、足湯庭園などさまざまなタイプの温泉を楽しむことができ、さらに8種類のリラクゼーションメニューがあるという充実した設備が魅力。宿泊施設もあるため、東京にいながら温泉気分を満喫できます!

住所:東京都町田市鶴間7-3-1
電話:042-788-4126
アクセス:町田リス園から車で約25分
営業時間:24時間(施設によって異なる)
定休日:年中無休
料金:【マル得セット】
大人(中学生以上):2,300円
子供(小学生):1,200円
幼児(3才~未就学児):900円

公式ページはこちら

休日は町田リス園で癒されよう!

立って餌を食べる町田リス園のリス

町田リス園は休日の日帰りお出かけスポットとして、子ども連れからカップルまで幅広い層に楽しめる場所です。屋根付きのスペースもあるので、これから梅雨入りしても沢山の動物たちと触れ合う事が出来ますよ!

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

公園 キャンプ場 旅行

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪