hinata

>

キャンプ

>

【体験レポ】グランピングデビューは初島アイランドリゾートで決まり!!その理由とは!?

【体験レポ】グランピングデビューは初島アイランドリゾートで決まり!!その理由とは!?

 キャンプ

ウッドデッキのあるコテージ

グランピングが浸透してきたこともあり、「今年こそはグランピングデビューするぞ!」と意気込んでいる人も多いのでは?筆者もその1人でしたが、ついに念願叶って「初島アイランドリゾート」でグランピングデビューを果たしました!体感して言えることは、「グランピングデビューは初島アイランドリゾートで決まり!」だということ。グランピングデビューに初島アイランドリゾートを選んだ理由と、みなさんにどうしても知ってもらいたい初島の魅力を教えちゃいます♪


 目次


グランピングを知らない方は、こちらを必読。日本にあるグランピングを網羅しています。

初めてのグランピングに求める要素

みなさんは、初めてのグランピングにどんな要素を求めますか?筆者がグランピングスポットを決める際に考えた要素は以下の3つ。

1. 快適性とアウトドア感の両立

   

グランピングデビューなどと言っていますが、通常のキャンプも実はあまり経験したことがない筆者。頼れる人がいない中、いきなりTHE・アウトドアに放り込まれるのは少々不安だったので、まずは初心者でも快適に過ごせるスポットを探しました。

ただし、グランピングはあくまでキャンプの延長。快適性は確保しながらも「アウトドアに来たぞ!」と思える場所がベストだったので、快適性とアウトドア感が両立しているかを重視しました!

2. 東京から近場

1泊2日の日程だったので、できるだけ遊ぶ時間を増やしたいですし、あまりに遠いと「よし、行くぞ!」という気持ちを作らないとなかなか行動に移せませんよね。なので、東京からのアクセスが2~3時間で、気軽に行けるスポットを探しました。

3. お手頃価格

グランピングというと豪華なイメージですが、まず初めはお手頃価格で行けるグランピングスポットにお試し感覚で行きたいですよね!なので、できるだけ低価格で、初めてでも行きやすいグランピングスポットを探しました。

グランピングデビューに「初島アイランドリゾート」を選んだ3つの理由

初島アイランドキャンプヴィラの看板    

上記の3つの観点でグランピングスポットを探したら、初島アイランドリゾートがベスト、もやはここしかないレベルに感じたのでその理由を教えますね♪筆者と同じような観点でグランピングスポットを探している人は、初島アイランドリゾートが絶対おすすめです!!

1. 島の中でもとにかく快適!冷暖房、電源完備のテント

初島アイランドキャンプヴィラのコテージ    

初島アイランドリゾートは、「初島」というように離島なのでアウトドア感は満載!加えて、宿泊するテントヴィラの中には、エアコンや電源も完備されているとのこと!また、絶景の温泉やハンモックでゆらゆらできるアジアンガーデンというスペースもあるので、快適なキャンプができるという確信が持てました!!

2. とにかく近い!フェリーを使っても東京駅からわずか2時間

   

出典:初島アイランドリゾート

初島は伊豆の離島なのですが、なんと東京から2時間という抜群のアクセス!調べてみたところ、筆者が行く予定の日は8:26東京発の新幹線に乗れば、10:30には初島に到着できるとのことでした。

たったの2時間で離島の大自然の中でキャンプができるなんて、きっと初島だけなのではないでしょうか?(天候や曜日によっては、運行状況が変わる場合があるので注意してください。)

3. とにかく安い!他のグランピングスポットと比較してみました

筆者がグランピングに行く予定の日の、主要なグランピングスポットとの価格を比較したところ、下記の通りでした。

【主要なグランピングスポットの1泊2日2人分料金(税込)】
星のや富士:75,000円伊勢志摩エバーグレイズ:45,100円
北軽井沢スウィートグラス:25,000円
初島アイランドリゾート:19,800円
(曜日やシーズン、人数、プランによって変動するので注意。)

初島アイランドリゾートは、他のグランピングスポットと比較しても、ダントツに安くグランピングを楽しむことができるんです!!

体感した初島アイランドリゾートの3つの魅力

   

上記3つの理由から実際に初島アイランドリゾートに行ってきたので、筆者が体感してきた3つの魅力をお伝えします♪

1. 自然に囲まれてまったり♪

   

見渡す限りの海!はたまた、テントヴィラに向かう最中はジャングルのような庭園!ハイビスカスやチューリップ、菜の花などの花が咲いているスポットもあるので、島中飽きません♪

   

また、初島自体は1周約1時間程度で歩くことができる大きさですし、人も住んでいるので、気軽に島の中を冒険できます♪筆者は、自分だけのまったりスポットを見つけに冒険に出かけたのですが、格段に楽しかったのでおすすめです♪(詳細は別記事にて!!)

2. 海の幸がうまい!

海鮮丼    

港のすぐ横の堤防沿いに、ごはん処が一列に並んでいます。どのお店も海鮮料理を扱っておりおいしそうなのですが、今回筆者が選んだお店は「木村屋」。いかやあわびをふんだんに使用した海鮮丼ぶりが絶品です♪

【基本情報】
名称:木村屋
所在地:〒413-0004 静岡県熱海市初島
TEL:0557-67-1476
営業時間:11:00頃~19:00(夏期は11:30頃OPEN)
公式HPはこちら:木村屋

   

また、夜は宿泊するテントヴィラで、初島アイランドリゾートのプランである海鮮バーベキューを頂きました。手軽に新鮮な海鮮バーベキューが楽しめるのも初島アイランドリゾートならでは!

3. 絶景温泉「島の湯」に入り放題!!

   

出典:初島アイランドリゾート

水平線を一望できる絶景の温泉「島の湯」が魅力である初島アイランドリゾート!なんと、初島アイランドリゾートの宿泊料にこの温泉の入浴料が含まれているので、宿泊者はこの絶景温泉に入り放題なんです♪筆者も着いてすぐ、夜、朝と3回も利用してしまいました。

   

景色が開けているので開放感抜群で、海が近いので波の音を聞きながらゆっくり浸かることができる温泉です♪この温泉でゆっくりくつろぐだけでも初島に行く価値あり☆

アクセス・チェックインまでの流れを確認!

   

筆者が実際に東京駅から初島まで2時間で行ったタイムスケジュールを大公開!新幹線とバス、フェリーの時間が合わないとスムーズに初島まで行けないので、参考にしてください♪(天候や曜日によっても変動があるので、必ず各自で時間を確認してください。)

【8:26】新幹線で東京駅発
【9:14】熱海駅下車
【9:20】熱海駅バス乗り場7番線より、熱海港・後楽園行きのバスに乗車
【9:40】熱海港下車
【10:00】初島行のフェリーに乗船
【10:30】初島着、港のゲートを出たら左の海岸沿いを歩く
【10:45】初島アイランドリゾートに到着!

チェックイン前でも荷物はフロントで預かってもらえますし、温泉やアジアンガーデンというバーなどがある広場には入場可能なので、早く着いてしまっても問題ありません!

【基本情報】
名称:初島アイランドリゾート (静岡)
住所:〒413-0004 静岡県熱海市初島
営業期間:通年営業
TEL:0557-67-2151
公式HPはこちら:初島アイランドリゾート

まとめ

   

「グランピングデビューに初島アイランドリゾートがおすすめ」な理由がわかっていただけましたでしょうか?これからどんどんキャンプシーズンになっていくので、グランピングを通してアウトドアに触れ合う楽しさを実感していただければ幸いです♪♪

  人気のグランピング施設空き状況をお届け  

週に1〜2度、人気グランピ施設の空き状況をお届けします。
お友だちと、恋人と、ご家族と、贅沢な時間をお過ごしください。

メールで受け取る
無料会員登録
LINE@で受け取る
  • QRコードで友だちを追加 LINE アプリの「その他」タブの「友だち追加」でQRコードをスキャン
  • IDで検索して友だち追加 「友だち追加」で ID「@hinata_outdoor」を検索

あわせて読みたい記事



新着記事

人気のグランピング施設空き状況をお届け

hinataに会員登録して、メールを受け取るにチェックを入れてください。

メールで受け取る

LINE@でも受け取れます!

週に1〜2度、人気グランピ施設の空き状況をお届けします。

  • QRコードで友だちを追加 LINE アプリの「その他」タブの「友だち追加」でQRコードをスキャン
  • IDで検索して友だち追加 「友だち追加」で ID「@hinata_outdoor」を検索
  • hinata trunk banner

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪