ブッシュクラフトのはじめ方!持ち物はナイフのみ?究極の野遊びを楽しもう!

 ノウハウ

火を起こす様子

出典:zlikovec / ゲッティイメージズ

ブッシュ(bush)とは英語で茂み、クラフト(craft)は英語で工作という意味があります。これらの単語を組み合わせて生まれたブッシュクラフトは森などの自然環境の中における「生活の知恵」の総称で、自然の中で生活していく行為そのものや生活に必要な技術のことを指します。今回はそんなブッシュクラフトの魅力や、必需品であるナイフをはじめとするブッシュクラフトの道具の選び方を紹介します!


 目次


ブッシュクラフトとは?

飯盒炊飯

出典:Instagram(@oganori)

ブッシュクラフトとサバイバルと似ていますが、サバイバルの目的が「生還」であるのに対して、ブッシュクラフトは「生活」であるところで、違いがあります。アウトドアのスタイルの一つとされていて、中でも「より自然を身近に感じることのできるスタイル」といったポジションになります。

林業と木工文化が盛んだった北欧が発祥の地とされていて、昔の木こりはなるべく軽い荷物で森に入り、森での生活に知恵や技術を活用していたことから現在のブッシュクラフトのスタイルも「荷物は最小限」がモットーとなっています。

現代人が失ってしまった先人たちの「生活の知恵」を学び直し、知恵や技術を生かすことで、より自然を身近に感じることができます!ブッシュクラフトを通して、普段感じることのできない自然と向き合って、日頃の雑念を洗い流してみませんか?

ブッシュクラフトの楽しみ方とは?

ブッシュクラフトは最小限の道具しか持たないため、すべて現地調達や自分が現地で作った道具で生活します。普通のアウトドアならガスコンロを使って料理をしたり、お湯を沸かしたりしますが、ブッシュクラフトなら焚き火です!お箸やスプーン、カップなどもナイフを使って自分で作ります!焚き火で暖をとりながら、自分で作った食器で食事するなんてなんだかほっこりします。

焚き火

たき火

出典:den-belitsky / ゲッティイメージズ

ナイフで木を削る様子

出典:Instagram(@shunty_g)

ブッシュクラフトではキャンプのように、炭を買ってきて、着火剤を使って火をつけることはもちろんしません。薪は自分で調達し着火剤は自分で作り、薪には枯れた小枝等を使い、着火には火口を枝から作ります。火口にはススキの穂や枯れ草などの乾燥した植物性の繊維を使うか、ナイフを使って薪を細かく裂いてフェザースティック状にしたものを使用。自分でいちから作って火がついた時の感動は大きいです!

自給自足

焼かれた魚

出典:Fumihiko Uda / flickr

もちろんブッシュクラフトに食料は持って行きません!食べられる野草やきのこ、木の実を探したり、魚を釣ったり自分で調達します。自分で調達した食材を使い作った料理の味は格別でしょう!

ブッシュクラフトの必需品!ナイフ選びのポイント

岩の上に置かれたナイフ

出典:Amazon

ブッシュクラフトには必要最低限の道具しか使いません!必要最小限のナイフや着火道具、調理道具を持って自然の中に飛び込みます。ここではブッシュクラフター必需品のナイフについて紹介します!

ナイフと言っても食事用のものから、多機能なアーミーナイフまで種類はさまざま。どれを選べばいいか分からない!そんな方も多いのではないでしょうか?ナイフを購入する前に、ブッシュクラフト用のナイフを選ぶ際の重要なポイントを知っておきましょう!

ポイント1. 身幅の広さ

ナイフの身幅

ナイフを選ぶときに注意しないといけないのが、ナイフの身幅です!日本のキャンプでは薪を割ったりしないため、また薪を割る際にナイフを使うことがないため、日本のキャンプ用ナイフの身幅は狭く作られています。

キャンプと違ってブッシュクラフトでは木を切ったり、削ったり、割ったりと使う用途は多岐にわたるので、アメリカのキャンプで使われるような身幅の広いナイフを選ばなければなりません!

ポイント2. 扱いやすさ

刃物を選ぶときにはいつも当てはまりますが、扱いやすさはとても重要!扱いにくいナイフを無理に扱おうとすると重大な事故につながる恐れがあります。ナイフでよく使う部分は柄を握って人差し指を伸ばした指先に位置する部分です。あまりに刃が長いと扱いづらいので短い刃のものがおすすめです!

特に確認するべきポイントは、柄の部分。自分の手に馴染む大きさや形状のものを選びましょう!プラスチック製の柄がついたナイフもありますが、簡単に壊れてしまうことが多いので、木製の柄がついたナイフを選ぶのがおすすめです。

ポイント3. 切れ味

ナイフの切れ味

切れ味の良いナイフは扱いやすいだけでなく、重大な事故を防げます。切れ味の悪いナイフを無理して使ったために、無理な力がかかって事故につながるケースが実は多いです。切れ味の良いナイフを選ぶのはもちろんですが、切れ味を保つために、きちんとメンテナンスすることが大事になってきます。

ポイント4. ブレードの素材

ナイフのブレードの素材

ナイフの切れ味やメンテナンス製に関わってくるポイントが、ナイフのブレード部分の素材です。主な素材は鉄と、ステンレスの2種類です。

鉄製のナイフに関しては、カーボンスチールと呼ばれる、炭素を含んだ強度の高い鋼材を使用したものが主流です。切れ味が鋭い反面、さびやすいので、定期的なメンテナンスが必要です。中には黒錆でコーティング加工したさびに強いタイプもあり、自分で黒錆加工を施す楽しみもあります。

ステンレスのナイフに関しては、さびない分メンテナンスには優れますが、一般的には切れ味は鉄製のものに劣ります。濡れた食材などをカットする料理におすすめです。

ブッシュクラフトにおすすめのナイフ

モーラナイフ

出典:楽天

キャンプ用ナイフはたくさんありますが、その中でもブッシュクラフトに特におすすめのナイフを紹介します!

ブッシュクラフトの究極の姿はナイフ一本でも生活していけることですが、実際にナイフ一本で生活するのは相当な知恵と技術が必要です。ブッシュクラフト上級者でも、ナイフの他にアイテムを持参することが多いです。ここから先はナイフの他にもあったら便利なアイテムを紹介します!

ブッシュクラフト向けナイフの取り扱いのテクニックの紹介はこちら!

ブッシュクラフトにおすすめの焚き火アイテム

ブッシュクラフトでの焚き火の様子

出典:Pixabay

ブッシュクラフトににおすすめのクッキングアイテム

アウトドアクッキングの様子

出典:pixabay

クッカーは自然の中で調達することができせん。食料を調理するために最低限クッカーは必要になるでしょう!ブッシュクラフトでは薄くて荷物にならないフライパンの方が多く使われています。北欧では現地調達不可能な本体だけ持参し、取っ手は現地調達するという本格派!

ブッシュクラフトにおすすめのテント・タープ

寝泊まりまでするならテントは必須です。ブッシュクラフト上級者の中にはテントの生地だけ持参して、フレームは現地調達する方もいるみたいです!初心者の方はソロキャンプ用のテントを持参するのがおすすめです!

ブッシュクラフトにぴったりのソロテントの選び方はこちら!

ブッシュクラフトの前に、ソロキャンプが人気になっている理由とマストアイテムは、こちらでご覧になってください。

ブッシュクラフトにおすすめのバックパック

荷物が少し多くなるなら、しっかりとした上部で背負いやすいリュックは必要です。登山用のリュックなら長時間の移動にも疲れることなく、必要な荷物をしっかりと収納してくれます。

ブッシュクラフトにおすすめの装備その他

どこでできるの?ブッシュクラフト

太陽の光が差す林

出典:llvllagic / ゲッティイメージズ

ブッシュクラフトは通常、山や森などの人気のない自然の中で行います。日本の土地はすべて所有者がいるため、残念ながら無断で侵入してブッシュクラフトすることはできません。

自分の所有する裏庭などの土地でブッシュクラフトする方もおります。土地を所有していなくとも、大自然のある土地を保有しているお知り合いがいれば、交渉して許可をもらいましょう。いなければ、人気の少ないキャンプ場を探すことをおすすめします!木を切ったりするときは必ず所有者の許可をとりましょう。

まずは知識を揃えてブッシュクラフトに挑戦しよう!

火を起こす様子

出典:zlikovec / ゲッティイメージズ

究極の野遊びと言えるブッシュクラフトについてご紹介しました!自然の中で生活しようと思うと難しいことばかりですが、逆に普段の生活のありがたみに気づくことができます!ブッシュクラフトを通して、自然の素晴らしさと、普段の生活のありがたみを同時に感じちゃいましょう!

▼「ブッシュクラフト株式会社」というブランドもあります。気になる方はこちらの記事もチェック

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪