hinata

>

キャンプ用品

>

キャンプ初心者

>

1万円以下⁉いくらでキャンプ道具を揃えられるかブランド毎に計算してみた!

1万円以下⁉いくらでキャンプ道具を揃えられるかブランド毎に計算してみた!

 キャンプ用品

青空とキャンプ場

出典:takenobu / ゲッティイメージズ

アウトドアの季節がやってきましたね♪今年はキャンプに行ってみたいけどキャンプ道具って1から揃えるのにいくらかかるの?そんな疑問を解消するために今回はロゴス、スノーピークなどブランド毎にキャンプ道具を1から揃えたらいくらかかるか、実際に計算してみました!


 目次


[前提条件]

人数

キャンプは家族や友達といくことが多いと思うので、人数設定は4人とします。テントの大きさは4人がゆったりと寝ることのできる物を選ぶことにしました。

揃えるべきキャンプグッズ

今回は初心者キャンパーさんが初めてキャンプにいく時に持っていくものとして、最低限のアイテムを考えることにします!

・テント(4人用以上)
・シュラフ×4
・LEDランタン
・イス×4
・テーブル
・BBQコンロ

テントの中で燃料系のランタンを使うのは危険!すべての場所で使えるランタンがいいので、使用するランタンはLEDランタンとします。

予算・ブランド

キャンプグッズブランドの種類はたくさんあり、価格帯も性能もバラバラです!今回はキャンプグッズブランドとして有名なロゴス、コールマン、スノーピークの三ブランドをピックアップ。番外編としてブランドを考えず、超リッチキャンプアイテムセットと超安上がりキャンプセットの5通りを考えてみたいと思います!

グッズ選択の基準

同じブランドの中でも様々なシリーズが出ています。デザイン性に優れた物を選ぶと値段はいくらでも上がってしまいます。今回はキャンプ初心者さんが初めてキャンプをすることを想定して、安くて使い勝手の良い物をピックアップしました!

実際に計算してみた☆[ロゴス編]

ロゴスの特徴は初心者さんでも買いやすい手頃な価格とコストパフォーマンスの良さです。もともとは帆布の卸問屋だったので、テントやタープの性能が特に優れています!色は淡いグリーンと黄色で統一されており、発色は綺麗ですがカラーバリエーションは少ないです。ロゴスの中でも初心者向けに作られているROSYシリーズが扱いやすく安価なのでROSYシリーズメインで考えてみます♪

〜計算してみた!〜

テント+シュラフ×4+ランタン+テーブルセット+BBQコンロ
=17,928+ 3,996×4+3,996+20,520+6,254
=64,682円

一人当たり 約16,170円

実際に計算してみた☆[コールマン編]

ロゴスよりも少し高いイメージがあるコールマン。どのキャンプ場に行ってもコールマンのテントをよく見かけます。安定のコールマンという感じですね!コールマンはもともとランタンの製造メーカーだったのでガソリン燃焼製品が得意です♪ロゴスよりも商品の価格の幅が広く、商品数も多いのが特徴です!

〜計算してみた!〜

テント+シュラフ×4+ランタン+テーブルセット+BBQコンロ
=26,780+ 2,786×4+1,598+14,364+5,918
=59,804

一人当たり 14,951円

結果としては意外にもロゴスよりも安く済むとわかりました!

実際に計算してみた☆[スノーピーク編]

性能の高さとデザイン性に優れているスノーピーク。せっかくキャンプを始めるならおしゃれでずっと使えるものがいいという方にオススメのブランドです。スノーピークは性能が高いものが多く、すべてのシーズンを快適に過ごしたい方におすすめです。

〜計算してみた!〜

テント+シュラフ×4+ランタン+テーブル+チェア×2+コンロ
=35,424+19,224×4+10,584+34,344 +8,424 ×2+19,224
=193,310円

一人当たり48,328円

やっぱり高い、、これからずっとキャンプに行くという人には性能や快適さからオススメのブランドと言えますが、初めてのお試しキャンプという方には向いていないですね。スノーピークは使えるシーズンが長いので、夏だけでなく秋から冬にかけてもキャンプがしたいという方にはオススメです!

おまけ [贅の限りを尽くしてみた編]

予算とか気にしなくて良くない?というリッチな方のために、グランピングを楽しめるような高級品ばかりを集めた贅沢キャンプを考えてみました。

〜計算してみた!〜

テント+シュラフ×4+ランタン+テーブル+チェア×2+BBQコンロ
=17,180+63,504×4+9,504+24,300+29,160×4+ 36,980
=613,620円

一人当たり 153,405円

グランピングのようにおしゃれにキャンプを楽しもうとすると、高額な金額になります。しかし、毎回おしゃれキャンプができると思うと胸が高鳴りますよね♪

おまけ [ホームセンター編]

今度は逆に見た目もブランドもどうでもいい!とりあえずキャンプができたらいいという方のためにホームセンターで買えるキャンプグッズでもシミュレーションしてみました。今回は家電からインテリアまでなんでもそろうケイヨーデーツーのオンラインストアで激安アイテムを探してみました!

※2018年2月18日にオンラインストアを閉店しています。

テント

テント    

出典:keiyo-online.com

テント内は広々としているファミリーにおすすめのテント。UVカット機能もついているので子どもも安心して使えます。

購入はこちら:keiyo-online.com

シュラフ

ケイヨーデーツーのシュラフ    

出典:keiyo-online.com

ケイヨーデーツーで一番安いシュラフです。15度以上の環境なら快適に過ごせます。3シーズン用なので冬には使用しないことをおすすめします。

購入はこちら:keiyo-online.com

LEDランタン

テーブル&チェア

テーブル&チェア    

出典:keiyo-online.com

4人で使うには十分な大きさのテーブル&チェア。ファミリーやグループで使う際に大活躍間違いなしです!収納時もコンパクトに収まるので持ち運びも簡単です。


購入はこちら:keiyo-online.com

BBQコンロ

BBQコンロ    

出典:keiyo-online.com

リーズナブルでありながら、丈夫で頑丈なBBQコンロ。

購入はこちら:keiyo-online.com

〜計算してみた!〜

テント+シュラフ×4+ランタン+テーブル&チェア+コンロ
=16,800+1,380×4+1,598+7980 +3,480
=35,378円

一人当たり 8,845円

ついに一人当たり1万円をきることに成功しました!!!ブランドにこだわりさえしなければいくらでも安く道具を揃えることができそうです。工夫次第でもっと安く済ますことができるかもしれません♪

実際に計算してみた☆キャンプツーリング[DOD編]

リーズナブルな価格でありながら、機能性抜群のDOD。ソロキャンプで活躍するアイテムやワンタッチテントなど一人でも簡単に利用することができるアイテムを多く発売しています♪

〜計算してみた!〜

テント+シュラフ+ランタン+チェア+テーブル+BBQグリル
=17,000+3,980+2,002+7,500+4,650+4,980
=40,112円

一人当たり 40,112円

ツーリングキャンプの場合、コンパクトで軽いものが必要になってくるので、少し値段が高くなってしまいます。しかし、機能性は抜群なのでいつでもどこでも活躍するアイテムばかりです♪

キャンプ用品をレンタルしよう!

hinata trunk!の箱が受付に置かれている様子    

1年に何回もキャンプに行かない方にとって、キャンプ道具を買おうと考えている方は少ないですよね...。そんな方に、hinata trunk!レンタルサービスをおすすめします!手ぶらでキャンプに行くことができるのが特徴。キャンプアイテムをキャンプ場まで配送するので、受け取るだけです!また、返却するときも、キャンプ場に預けるだけ。荷物を持たずにキャンプに行けるので非常に便利です♪キャンプアイテムのバリエーションも豊富ですよ◎

詳細はこちら▶hinata trunk!レンタル

まとめ

初めてキャンプに行く人がみんな抱くであろう疑問、キャンプ道具って揃えるのにいくらかかるの?という疑問に答えてみましたがいかがでしたでしょうか?ブランド物で一人当たり1万6千円〜、ノーブランドで一人当たり1万円〜が相場だとわかりましたね♪自分にあったキャンプグッズを選んでキャンプを始めましょう☆


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • LINE@ 友だち追加! 新商品や役立ちワザ、最新のアウトドアスポットまで毎日hinataから厳選した情報をお届けします。
  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner

 人気の
アウトドアスポット

森と星空のキャンプヴィレッジ

 キャンプ場,栃木県

森と星空のキャンプヴィレッジは、栃木県の東端に位置するキャンプ場です...

1

北軽井沢スウィートグラス

 キャンプ場,群馬県

「北軽井沢スウィートグラス」は、アメリカの国立公園をモチーフに作られ...

2

森のまきばオートキャンプ場

 キャンプ場,千葉県

「森のまきばオートキャンプ場」は、都心からわずか60分で行くことので...

3

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

 キャンプ場,群馬県

「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」は群馬県吾妻郡嬬恋村にあります...

4

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base)

 キャンプ場,神奈川県

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base...

5
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪