奥多摩の大自然を満喫!「氷川キャンプ場」の魅力をご紹介☆

 キャンプ場

氷川キャンプ場のキャンプの様子

出典:Kentaro Ohno / flickr

「氷川キャンプ場」で、河川ならではのキャンプを楽しもう!「氷川キャンプ場」では、河川でバーベキューやカヤックなどのアクティビティを体験できます。また、キャンプだけでなく、バンガローに宿泊もできる!近くには奥多摩温泉も♬今回はそんな「氷川キャンプ場」についてご紹介します!


 目次


大自然を満喫!「氷川キャンプ場」

氷川キャンプ場で川に入る人    

出典:Héctor García / flickr

「氷川キャンプ場」は、東京都奥多摩にある、大自然を満喫できるキャンプ場です!都心から2時間半でアクセスでき、JR奥多摩駅から徒歩5分という好立地!

季節を問わず楽しめ、気の合う仲間やご家族と一緒に、気軽にアウトドアライフが楽めちゃいます☆河原の近くでバーベキューや、釣りなどのデイキャンプも人気があります♪

魅力1. 河川の近くでバーベキューを堪能☆

色鮮やかなBBQ串をバーベキューで焼いている写真    

出典:Pixabay

河川の近くでバーベキューを楽しめる点も、「氷川キャンプ場」の魅力の一つです!自然の中で、川のせせらぎの音を聞きながらまったりバーベキューするのもいいですね♪ 芝生でするバーベキューとは一味違った感じですよ☆

燃えている焚き火の写真    

出典:Pixabay

河原に位置しているので、場内は直火可!石と薪で焚き火の準備をして、夜を楽しみましょう♪薪は場内か、多摩川駅前の売店で購入できます!

魅力2.バンガローに宿泊できる♪

氷川キャンプ場のバンガローの写真    

出典:氷川キャンプ場

氷川キャンプ場の魅力は、キャンプだけじゃない!なんと綺麗で、使いやすいバンガローに宿泊もできます♪コンセント付きの部屋なので、寒い冬でも安心です。テントサイトと共同のトイレは、衛生面に配慮された水洗トイレ!綺麗に清掃がされているので、安心して使えます。

バーベキューの食材    

出典:氷川キャンプ場

また、ロッジ/バンガロー宿泊者限定で、お手軽なバーベキューセットを予約できます!こだわりの大きなお肉とカット野菜、焼きそばのセットに、 焼肉のたれ、油、紙皿、割り箸が付いているので便利ですよ♪

価格:1人前 1,550円
セット内容:
牛肉・豚肉各100g・野菜5~6種類・焼きそば・焼きそば用肉30g・焼きそば用ソース(焼肉のタレ・油・割り箸・紙皿)

魅力3. 多摩川でカヤック体験☆

カヤックをしている写真    

出典:molchanovdmitry / ゲッティーイメージズ

多摩川でカヤックを体験しよう!未経験者や初心者の方を対象としたカヤック体験教室もあるので、気軽に参加できます♪子どもから大人まで楽しめること間違いなしのアクティビティなので、興味ある方は、ぜひ参加してみてはいかがでしょう?

氷川キャンプ場カヤック体験
お問い合わせ: 090-6118-1528(担当:羽尾)
開催期間:4月1日~11月末日(無休)
通常料金:
・大人4,500円
・子供(小学生以下)3,000円
タイムスケジュール:
・午前の部 集合/10:00 レクチャー・体験/10:15~12:15
・午後の部 集合/13:15 レクチャー・体験/13:30~15:30
公式はこちら:氷川キャンプ場カヤック体験

魅力4. 氷川国際ます釣場で釣り体験!

氷川キャンプ場の川    

出典:Kentaro Ohno / flickr

キャンプ場のすぐ近くにはマス釣りのできるスポットが!釣り道具はレンタルできるので、手ぶらで訪れてもOK♪また、初心者にはうれしい魚のハラワタの処理もやってもらえます。キャンプついでにフラッと立ち寄っても楽しめますし、釣った魚でバーベキューをするのも楽しいですよ♪

氷川国際ます釣場
住所:東京都西多摩郡奥多摩町 氷川397-1
電話:0428-83-2147
営業時間:
・3月〜11月/8:00〜16:00
・12月〜2月/9:30〜15:00
料金:1,900円〜
公式はこちら:氷川国際ます釣場

周辺施設も合わせてチェック

「奥多摩温泉」で身も心もまったり♪

もえぎの湯」は、奥多摩温泉の源泉100%の温泉です!奥多摩の地下深く、日本最古の地層といわれる古生層より湧き出る源泉に浸れます。JR奥多摩駅から歩いて10分のところにあるので、気軽に行けます♪キャンプを楽しみつつ、奥多摩で温泉も満喫しちゃおう!

もえぎの湯
住所:東京都西多摩郡奥多摩町氷川119-1
電話:0428-82-7770
営業時間:9:30~21:30
受付終了:20:30
入場料:
・大人780円/2時間
・小学生410円/2時間
定休日:月曜日
※月曜が祝日の場合は翌日
公式はこちら:もえぎの湯

周辺に大きなスーパーはないので注意!

スーパーでカートを押している写真    

出典:Kwangmoozaa/ゲッティイメージズ

買い出しスポットを探すにあたって、キャンプ場周辺は、大きなスーパーがないため、買い出しは事前に済ませておくことをおすすめします。ちょっとした買い物であれば、近くのコンビニを利用するようにしましょう!コンビニといっても24時間営業ではないので注意!

ニューヤマザキデイリーストアー 奥多摩店
住所:〒198-0212 東京都西多摩郡奥多摩町氷川1415
電話:0428-83-2402
営業時間:7:00-21:30
アクセス:キャンプ場から徒歩6分

エコスたいらや
住所:〒198-0063 東京都青梅市梅郷5丁目1111
電話:0428-76-1521
営業時間:9:00-21:30
アクセス:キャンプ場から車で25分

ブログの口コミも高評価!

料金はテント泊であればなんと驚きの一人800円!!
安い!安すぎる!!

しかも今時珍しく直火OKなキャンプ場なんです(´∀`)

ゆーじろーのぶろぐ

他のキャンプ場と比較しても明らかに安い料金設定でありながら、河原サイトで直火OKなので他のキャンプ場とは違った楽しみ方ができるのが魅力的です!

氷川キャンプ場のテントサイトは予約ができないので満員を危惧していましたが、10時半ぐらいの入りだったものの大丈夫でした。テントサイトは1人1日700円。受付でお金を払うと針金の付いた札をもらえるので、それを自分のテントにくくり付けます。

ひとりぶろぐ

9:50に奥多摩駅に到着し、まずは受付。
キャンプ代一人800円を払いました。受付のオバちゃん曰く「混んでるから頑張って場所探してね」との事。

(中略)ここ氷川キャンプ場は直火での焚き火がOKになっていて、それが良い所でもあるんですけど、同時にテントのスペースを小さくしてます。

camperz

認知度も人気も高いので、繁忙期は特に早めに入場する必要があります。GWなどは、遅くとも10時前には現地に到着するようにしましょう。テントサイトは予約ができませんし、入場制限がかかることもあるので注意が必要です!

訪問前のチェック事項

林の中にあるテントサイトの写真    

出典: zimindmitry / iStock / Getty Images Plus / ゲッティーイメージズ

混雑情報をチェック!

氷川キャンプ場は、都会からのアクセスもよく、レンタル品も充実しているので、時期によっては非常に混雑します!GWや連休前などは、入場制限がかかることがほとんど!

テントサイトは事前予約制でないので、当日受付開始時刻になると長蛇の列ができます。「ロッジ・バンガロー」も夏休みはすぐに埋まってしまうので、早めのご予約を!

ご予約はこちら:氷川キャンプ場

現地の気温・天気をチェック!

訪問する前に、現地の気温は必ずチェックしましょう!平地では暖かくなってきた春先でも、氷川キャンプ場のある奥多摩では、冬の気温になることも多くあります。

詳しくはこちら:奥多摩(氷川キャンプ場)の天気

基本情報

住所:東京都西多摩郡奥多摩町氷川702
電話:0428-83-2134
営業期間:通年営業
料金:[フリーサイト]800円 /大人 [バンガロー]5,500円〜/一棟
チェックイン / チェックアウト:14:00 / 10:00
公式はこちら:氷川キャンプ場

氷川キャンプ場のマップ    

出典:氷川キャンプ場

氷川キャンプ場で河川キャンプを堪能しよう!

いかがでしたか?河原でバーベキューや、カヤックなど、河原キャンプならではの楽しみ方ができる「氷川キャンプ場」で、お友達やご家族と一緒に訪れてみてはいかがでしょうか?

▼【全国版】キャンプ初心者にもおすすめの厳選コテージ特集!こちらもあわせてチェック!


この記事で紹介したスポット


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪