キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

キャンプには必須かも!?見た目も機能もうれしい、マスクストラップのススメ

マスクをする女性

出典:PIXTA

みなさん、一旦外したマスクは、どのように管理していますか?そのへんにポイっと置いたり、ポケットやバッグに直接しまったりするのは手間もかからず楽なのですが、衛生面では気になるところ。それに、いざ使う時にくしゃくしゃだったり、すぐに見つからなかったりするとちょっと残念な気分になりますよね。そんな場面で活躍してくれるのが、マスクストラップです。今回は、アウトドアシーンにピッタリな便利でオシャレな逸品を集めてみました。

マスクストラップの本領発揮は、キャンプシーン!

マスクを外してキャンプする画像

出典:PIXTA

マスクストラップのメリットは、マスクをつけたり外したりがスムーズにできるうえ、保管場所にも困らないこと。食事や設営など、ソーシャルディスタンスを保てる時とそうでない時が頻繁におとずれるキャンプシーンでは、大活躍のアイテムです。 自分たちだけでのびのびキャンプを満喫しているときには首にかけて携帯し、ソーシャルディスタンスを保てない時には、サッと着用するだけと動作もスムーズでストレスフリー。 最近では、機能性だけでなく、デザインにも趣向を凝らしたものが数多く出回っています。おしゃれを楽しみながら衛生管理できるのがうれしいですね。

マスクストラップの使い方は2パターン!

マスクストラップの画像

出典:PIXTA

マスクストラップとは、マスクを外した時もネックレスのように首から下げられて、保管の手間と紛失のリスクを少なくするアイテム。マスクのゴム紐に取り付けます。

パターン1:首掛け

マスクの両サイドのゴム紐部分は、首後ろにあるストラップで繋がれているので、マスクを外しても、ネックレスのように首から下げられるのが首掛けパターン。通常通りマスク紐を耳に着用する一番オーソドックスなパターンです。

パターン2:耳にかけない

耳にかけるはずのゴム紐部分を耳タブの下を沿わせ、後頭部のアジャスターで長さ調節して止めるパターン。マスクバンドとも呼ばれています。伸縮性が高いゴム紐を長時間耳につけていると痛くなってしまう人に最適。コード式のイヤホンを使う人にもゴムと絡まる心配もないのでおすすめできます。 ストラップによっては、2パターン対応していないものがあるので要チェック。自分に合ったシチュエーションを想定して選びましょう。

1、スタイリッシュなストライプ柄、ストラップの収納に使えるメッシュポーチ付き

ストラップ入門には、使う人を選ばないストライプ柄がおすすめ。モノトーンのブラック、差し色になりそうなパープルやイエロー、かわいらしいローズなどカラー豊富なので、ペアやファミリーで揃えるのもすてき。 購入時に付いてくるメッシュポーチには、ストラップ本体やマスクの替えを入れれば収納上手に。

2、軽量、細身のテントガイドロープを使用

マスクストラップもキャンプ仕様で統一したい人は、軽量テント用の張り綱(ガイラインコード)で作られたマスクストラップはいかが? 直径2ミリのナイロン紐を採用しているので、「マスクストラップだけ目立って違和感が...」なんて心配もありません。さりげなく、それでいてスタイリッシュに決まります。

3、ハットストラップにもなる2WAYタイプ

同じくナイロン製のパラコードで作られたマスクストラップ。こちらは、鮮やかな原色カラーが目を引きます。 マスク紐を耳の下から引っ張りドローコード(留め具)をきゅっとしめれば、耳にかけないパターン2にも対応!内側にループの付いているCHUMSの帽子をお持ちなら、ハットストラップとしても使用可能とマルチに使えて便利です。

4、ネックレスのような見た目、野外にもなじむネイティブアメリカン風ビーズ

なんとこちらは、ビーズネックレスとしても楽しめる2WAY仕様。ネイティブアメリカン風なビーズはカントリー調のファッションからシンプルなウエアまで幅広くなじむ優秀アイテム。マスクストラップにみえない見た目もうれしいポイントです。

5、衛生面バッチリ!マスクを閉じた状態でかけられる

直接肌に触れるマスクの内側は、なるべく外気にさらさず、菌がつくリスクから守りたいもの。それに、他人にマスクの内側を見せるのはエチケット的にもあまりよいものではありません。 そんな時はマスクを閉じた状態でかけられるストラップをチョイス!見た目も衛生面にも気を使えるスマートな人になれちゃいます。

6、洗えて速乾性、抗菌、脱臭、消臭効果も期待できる

マスクをしているときに顔回りの汗が気になる人は多いのでは?繰り返し使うマスクストラップは洗えるものを選んで、清潔感を保ちたいですよね。そんな時はこちらがおすすめ。 速乾性、抗菌、脱臭といった性能が期待できる素材で作られているので、気になる汚れや臭いの心配もなし。ゴキゲンな気分が続きます。

7、使うほど味が出るカウレザーストラップ

使用感を楽しみたい人には、使うほどに味が出る牛皮のマスクストラップを。丈夫な素材なので、色合いや質感を長きに渡って育てられるはず。 マスク紐を引っ掛けるパーツ部分は、プラスチックではなく、金属フックを採用しているのもポイント。日焼けしても、長持ちを期待できそう。

マスクストラップを使って衛生面に気を使いつつ、おしゃれにキャンプを楽しもう

たかがマスクストラップ、されどマスクストラップ。改めて着目してみると、機能もデザインも「これ!」というお気に入りが見つかるかもしれません。

今回紹介したアイテム

商品画像Columbia(コロンビア)ナイオストリーム フェイスカバー ストラップYETI DESIGN(イエティーデザイン)MASK KEEPERCHUMS(チャムス) ロープマルチユースストラップ(マスク/ストラップ)SHIPS(シップス) 2WAY マスク ビーズ ストラップMASSCOOL(マスクール)MASSCODELeMASKA(ルマスカ)マスクストラップhobo(ホーボー) マスクコード カウレザー
商品名Columbia(コロンビア)ナイオストリーム フェイスカバー ストラップYETI DESIGN(イエティーデザイン)MASK KEEPERCHUMS(チャムス) ロープマルチユースストラップ(マスク/ストラップ)SHIPS(シップス) 2WAY マスク ビーズ ストラップMASSCOOL(マスクール)MASSCODELeMASKA(ルマスカ)マスクストラップhobo(ホーボー) マスクコード カウレザー
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事