キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

折りたためる焚き火台!ファミリー向けからコンパクトなソロ向けまで紹介!

焚き火台の上で薪が燃えている様子

出典:PIXTA

キャンプの楽しみである焚き火。そんな焚き火を楽しむには焚き火台が必須です。特に折りたためる焚き火台はコンパクトに収納でき運搬も楽になります。今回はそんな折りたためる焚き火台をファミリー向けとソロ向けに分けて紹介します!

折りたたみ焚き火台の選び方

焚き火台ぼ上で薪が燃えている様子
折りたためる焚き火台の種類が多くてどれを選べば良いか悩んだ方も多いと思います。ここでは、これから焚き火台の購入を考えている方向けに焚き火台の選び方を解説!

用途で選ぶ

折りたたみ焚き火台にはファミリーやグループで使えるサイズの大きい焚き火台とソロキャンプで使いやすいコンパクトなサイズの焚き火台があります。ファミリーやグループで使う場合は、複数人で焚き火台を囲んでも暖を取れ、約40cm程度の薪をそのまま入れられる焚き火台がおすすめ!ソロキャンプで使う場合は、バックパックに入る大きさで1kg以下の焚き火台がおすすめです!

素材で選ぶ

焚き火台は主にステンレス・鉄・チタン製のものがあります。ステンレス製は安価で手に入り、さびにくく耐久性に優れています鉄製は安価で手に入り、無骨なデザインが特徴的。チタン製は軽量で持ち運びに便利なのでソロキャンプにおすすめです!

重さで選ぶ

焚き火台を選ぶ際は重量を確認しましょう!重い焚き火台だと5kg程度、軽量タイプは200g〜2kgの焚き火台があります。車でサイトに入れるキャンプ場か、車を使わないでキャンプ場で行くかなど自分のキャンプスタイルを考えて選びましょう!

折りたためる焚き火台【ファミリーキャンプ向け】

焚き火台を囲んでゆっくり団らんを楽しむのもキャンプの楽しみです。そんな場面で使える、ファミリー・グループ向けの折りたたみ焚き火台を紹介していきます!

折りたためる焚き火台 【ソロキャンプ向け】

ソロキャンプで使う焚き火台はコンパクトで軽量なものがおすすめ!特に持ち運び時に負担がかからないものを選びましょう。ここではソロキャンプ向けの折りたためる焚き火台を紹介します!

コンパクトで折りたためる焚き火台で焚き火を快適に!

今回はファミリー向けとソロ向けの折りたためる焚き火台を紹介しました!折りたたみ可能な焚き火台であればコンパクトで持ち運びやすく、運搬時のストレスが減ります。焚き火台を選ぶ際は折りたためるか、用途に合っているかを確認し選びましょう!是非コンパクトに折りたためる焚き火台で焚き火を楽しんでみてください!

今回紹介したアイテム

商品画像ユニフレーム ファイヤグリルスノーピーク 焚き火台LOGOS the ピラミッドTAKIBIキャプテンスタッグ  ヘキサステンレスDOD ライダーズファイアクレードルピコグリル ピコグリル398ユニフレーム ファイアスタンドDOD めちゃもえファイヤーキャプテンスタッグ スマートグリル B6型TOMSHOO チタン ウッドストーブヨーラー ファイアスタンド SOTO ミニ焚き火台 ヘキサ 笑's コンパクト焚き火グリルB-6君キャンピングムーン 焚き火台
商品名ユニフレーム ファイヤグリルスノーピーク 焚き火台LOGOS the ピラミッドTAKIBIキャプテンスタッグ ヘキサステンレスDOD ライダーズファイアクレードルピコグリル ピコグリル398ユニフレーム ファイアスタンドDOD めちゃもえファイヤーキャプテンスタッグ スマートグリル B6型TOMSHOO チタン ウッドストーブヨーラー ファイアスタンド SOTO ミニ焚き火台 ヘキサ 笑's コンパクト焚き火グリルB-6君キャンピングムーン 焚き火台
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事