キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

屋外でも室内でも!おしゃれなアウトドアクッションおすすめ15選

コールマンのアウトドアクッション

出典:Amazon 

アウトドアシーンではもちろん室内でも快適レベルをぐっと引き上げてくれる便利アイテム、アウトドアクッションの詳しい選び方やおすすめを紹介します。持ち運びができるタイプや防水タイプなどの中から、自分にぴったりのアウトドアクッションを見つけましょう!

手軽さが魅力!アウトドアクッションとは?

アントレックスのアウトドアクッション

出典:楽天

アウトドアクッションとは、その名の通りアウトドアシーンで使えるクッションです。座布団のようにおしりの下に敷いて使うのはもちろん、枕にしたり椅子の背もたれに敷いたりと、使い方はアイデア次第でさまざま。最近では、より使いやすいように機能性も高くなっています。アウトドアクッションの魅力を知ったら、欲しくなること間違いなしです! ▼おすすめアウトドアチェアを知りたい方はこちらの記事をチェック!

コンパクトで持ち運び簡単!

アントレックスのアウトドアクッション

出典:楽天

アウトドアクッションは、コンパクトに折りたためたりとても軽量であったりと、室内インテリアでおなじみのクッションとは違い、持ち運びしやすいように作られています。お出かけ用のバッグの中にひとつ忍ばせておけば、アウトドア先など自分のお部屋以外の場所でも気軽に快適に過ごせる便利なアイテムです。

屋外と室内両方で重宝

RockCloudのアウトドアクッション

出典:Amazon

アウトドアクッションの活躍シーンは必ずしも屋外だけとは限りません。たとえばカフェで仕事をしていて椅子が固いなと感じたとき、さっとバッグからアウトドアクッションを取り出して椅子の上に敷けば、より快適に仕事に取り組めます。アウトドアクッションは、屋外ではもちろん室内でも重宝されるアイテムなのです!

アウトドアクッションの選び方

アウトドアクッションを選ぶときに特に注意してほしいポイントは以下の3点。ニーズと照らし合わせて、自分にぴったりのアウトドアクッションを手に入れましょう!

持ち運び方は?

ATEPAのアウトドアクッション

出典:Amazon

持ち運び方は主に3種類あり、パタパタと折りたたむタイプと、その場で膨らませるタイプそのまますぐに使えるタイプがあります。 物によって多少の差はありますが、やはりその場で膨らませるタイプの方が収納時はよりコンパクト。折りたたむタイプは比較的かさばりますが、空気の漏れや穴が空いたことによる破損の心配はありません。そのまますぐに使えるタイプは、かさばりますが時間がないときも手軽に使えるので便利です。自分のバッグの大きさと相談しましょう!

おしゃれさ重視!デザイン性は?

Asahiko-houのアウトドアクッション

出典:Amazon

アウトドアクッションは、柄ものよりもシンプルなものが多いようです。ただしカラー展開は豊富で、アウトドアシーンのアクセントになるビビットカラーもあれば、タウンシーンに溶け込むシックなカラーもあります。正方形のものや長方形のもの、丸形のものなど形もさまざま。複数所持し、その日の気分で持ち歩くものを選ぶのもおすすめです。

汚れを気にせず使いたい!防水性は?

アントレックスのアウトドアクッション

出典:楽天

アウトドアクッションを選ぶ際に注目したいのが、防水加工が施されているかどうかという点。お出かけ先でクッションが汚れてしまったときにさっと水で洗い流せると、汚れを気にせず使えます。クッションを敷いた場所が濡れていても安心。アウトドアクッションを長く使うための重要なポイントです!

折りたためるタイプのおすすめアウトドアクッション7選

インターフォルムのアウトドアクッション

出典:Amazon

先ほど説明した3種類のうち、折りたたんで持ち運べるタイプから紹介します。収納時のサイズや、重さなどを勘案して持ち運びやすいものを選んでみてください!

その場で膨らませるタイプおすすめアウトドアクッション5選!

その場で膨らませるもののほとんどは、バルブを捻ると自動で空気が入っていくので好みの硬さまで膨らませ、収納するときはバルブを緩めてくるくると折りたたみながら空気を抜くだけ!口から空気を吹き入れるタイプのものもありますが、4〜5回で膨らませられるものがほとんどです。好みのタイプを選びましょう。

すぐに使える!おすすめのアウトドアクッション3選

収納性や携行性にそこまでこだわらないのであれば、膨らます必要のないすぐに使えるタイプもおすすめです。折りたたみ式ではないとは言え収納性を意識した商品もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

アウトドアクッションで屋外も室内ももっと快適に!

アウトドアクッションは、なくても困りはしないけれど、一度手にすればもう手放せないぐっと生活の質が上がる画期的なアイテムです。ぜひ自分にぴったりのアウトドアクッションを手に入れてください!

今回紹介したアイテム

商品画像モンベル アウトドアクッション眠り姫 アウトドアクッションFuliLie アウトドアクッションアサヒ興洋 携帯クッションNEIGHBOR CLOWN どこでもマルチクッションキャプテンスタッグ アウトドアクッションマット サーマレスト アウトドアキャンプシートFIELDOOR アウトドアクッションワンダライズ アウトドアクッションキャプテンスタッグ アウトドアクッションmoz アウトドアクッションロゴス アウトドアクッションオーランド アウトドアクッションインターフォルム アウトドアクッションラウコード アウトドアクッション
商品名モンベル アウトドアクッション眠り姫 アウトドアクッションFuliLie アウトドアクッションアサヒ興洋 携帯クッションNEIGHBOR CLOWN どこでもマルチクッションキャプテンスタッグ アウトドアクッションマット サーマレスト アウトドアキャンプシートFIELDOOR アウトドアクッションワンダライズ アウトドアクッションキャプテンスタッグ アウトドアクッションmoz アウトドアクッションロゴス アウトドアクッションオーランド アウトドアクッションインターフォルム アウトドアクッションラウコード アウトドアクッション
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事