hinata

>

キャンプ用品

>

キャンプ小物

>

「キャンプ×ピザ」で見つけた新たな楽しみ。個性派アイテムでキャンプの食卓を華やかに

「キャンプ×ピザ」で見つけた新たな楽しみ。個性派アイテムでキャンプの食卓を華やかに

キャンプ用品

ピザポット

マンネリしがちなキャンプ料理も、アウトドア専用の調理器具を使ってみると、いつもと違う感動があります。特に、人気アウトドアクックウェアブランドであるAPELUCA(アペルカ)のピザポットは、キャンプの醍醐味を感じさせてくれるアイテムの一つ。キャンプの食卓を華やかに彩り、友人や家族を驚かせる新しいキャンプの楽しみが見つかるかもしれません。

目 次

キャンプでおいしいマルゲリータとワインを。

乾杯の様子
「キャンプ料理といえば」と聞かれ、まず想像するのが大きなステーキ肉やバーベキュー。確かに、炭火を使った肉料理は今も昔もキャンプの定番です。しかし、近頃はSNSやレシピサイトを参考に、多様なクッカーを駆使すればなんでも作れるようになり、アウトドアで作れないものの方が少ないぐらい。「キャンプ料理といえばこれ」というものは、レシピの多様化でなくなりつつあります。

最近は「キャンプ×ピザ」が定着

道具の進歩でさまざまなキャンプ料理が作れるようになった中で、最近のダントツの人気はピザ。生地から自分で作ったり、家族で好きな具材をのせたりしながら、ダッチオーブンや薪ストーブをピザ窯代わりに焼きあげる人が多くいます。そこで今回は、今注目の「キャンプ×ピザ」を楽しむ方法を、専用のアイテムとともに紹介します。

ピザ職人の身だしなみ

エプロンを締めて気持ちからピザ職人に

エプロン着用
身なりを整えれば、それらしい気分になるもの。普段は家でエプロンをしなくても、キャンプで着てみると、より料理が楽しめます。キャンプでエプロンをすると、ポケットに道具を入れたり、火の粉から服を守ったりと、調理以外にも、役割を果たしてくれます。
エプロン 収納
かさばらないエプロンは、キャンプ道具にひとつ忍ばせておきたいアイテム。広げたときには腹部のポケットになる収納袋。よく見ると「AND PACKABLE」と分かりやすく機能が記
載されています。

購入はこちら

ANDPACKABLE APRON

ピザ窯を熱する薪の準備もこだわりのギアで。

なた 使用
至極の一枚のため、火の準備にこだわってこその「キャンプ×ピザ」。焚き付け用の薪はバトニングでさらに細くしてから使います。そこで使用するのはナイフでも、ナタでもありません。
たきびなた
日本が誇るものづくりの街、新潟・燕三条にある老舗の金物卸問屋「馬場長金物」。その審美眼を生かしてリリースしたのが「多喜火鉈」です。アウトドアでの薪割りを想定して作られた焚き火専用のナタ。バトニングができる耐久性を持ちながらも、フェザースティックづくりもこなせる切れ味。ナタとナイフのいいとこ取りをしたキャンパー待望の1本です。

購入はこちら

BABACHO 多喜火鉈

ピザポットでおいしいピザを焼く

炭火で調理できる専用ピザ窯

ピザポット
APELUCAのオーブンピザポットはアウトドア用のピザ窯。内部のピザプレートに生地を置き、炭火や2バーナーでピザを焼くだけ。冷凍食品のピザを温めるのにも使えます。

ピザオーブンポットの下部には穴が空いており、下から熱が入ってポット内の上部を温め、ピザを上下から加熱。ダッチオーブンでフタの上に炭を置き、苦労しながら焼く手間もかかりません。
ピザ完成
中のピザプレートは取り外しができるので、ポット本体は別の場所に置いたままでもOK。ピザプレートのサイズは小さめなので、ピザ生地を作ったり、加熱用のピザを買ったりするときも、大きすぎるサイズにならないよう気をつけましょう。

購入はこちら

PIZZA OVEN POT

ピザと一緒に乾杯しよう。

乾杯の様子
ピザができたらあとはワインで乾杯。一緒にキャンプに来た家族や友人も、いつもとは違う食卓に喜んでくれるでしょう。一味違うキャンプギアは、それだけでキャンプに新しい楽しみをもたらしてくれます。

キャンプをより楽しくする個性派アイテムは他にも多数

個性派キャンプギア
キャンプの食卓を彩るピザポット。ぜひ、人とは一味違った個性派のギアで、キャンプの新たな楽しみを見つけてみてください。

\キャンプをより楽しくするアイテムはこちら/

hinataストアを見る

お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


関連するキーワード

キャンプ小物 便利グッズ

おすすめのキーワード