俺のかまどはキャンプ料理を変えた優れもの!おすすめアイテム3選

 キャンプ料理

俺のかまど

出典:楽天

キャンプの楽しみの一つといえば料理です。自然の中でワイワイと調理して、料理をみんなで食べるのは至福の時。「俺のかまど」は、アウトドアで釜焚きご飯が作れる優れものです。ご飯だけでなくさまざまな調理ができます。「俺のかまど」をはじめ、アウトドアでおすすめのアイテムを3つ紹介します。


 目次


俺のかまどのすごさと魅力

ご飯を焚く様子

出典:楽天

「俺のかまど」のすごさはアウトドアで本格的な料理ができること。しかもお釜でご飯が炊けて天板を外せば、焼き鳥も網の上で焼いて調理ができます。昔ながらのかまどのデザインと、持ち運べるように軽量化したアイデアには脱帽。実際に料理を作って食べてみたくなる人もいるのではないでしょうか。

俺のかまどを開発したMOKIブランド

「俺のかまど」はアウトドアアイテムで注目されている「MOKI」ブランドの製品で、製造・販売はモキ製作所。明治41年に鍛冶屋を創業し、4代目が職人技を引き継いで世界初の「無煙薪ストーブ」を発明した会社です。

世界で特許を取得した「茂木プレート」は800度の高温燃焼を成功させ、薪ストーブには適していなかった針葉樹・廃材・竹なども燃料にできるようになりました。この発明によって資源をムダにしないで、一年中暖房やクッキングができるようになったのです。

こうした技術を背景にして、アウトドア用に開発された組立式無煙かまどが「俺のかまど」。携帯できる自分だけのかまどが誕生したことは画期的な出来事といえるでしょう。

1合は余裕です…白ごはんなら1.5合は炊けそうです♪
混ぜご飯なら1合で丁度良い感じです

うなぎの寝床

キャンプで食べるご飯はアウトドアならではのおいしさですね。

アウトドアで使いたいMOKIブランドのアイテム3選

モキ製作所 俺のかまど MK6K

俺のかまどで調理をする様子

出典:楽天

1.特徴について
組立式の無煙かまど。重量が6.6kgと軽量なので、車に積んでアウトドアレジャーやキャンプ場へ持ち運べます。羽釜セットがついているので、キャンプをしながら昔ながらのお釜でごはんが炊ける優れたアイテムです。

ステンレス製の煙突もついており、アウトドアでも本格的なかまどで料理ができます。本体は、鉄製なので使い込むほどに味が出て、この世に2つとない「俺のかまど」になることでしょう。また、耐熱塗料を使って自分流にカスタマイズするのも自由自在。

燃料は、使い捨ての割り箸やキャンプ場で拾い集めた小枝です。子どもと一緒に小枝集めをするのもキャンプの楽しさ。かまどで火をおこし、火加減を見ながら調理して、料理ができあがるまでを体験できるのが「俺のかまど」です。

メンテナンスを施し、丁寧に扱えばファミリーの大切な宝物になるアイテムといえるでしょう。

2.セット内容
「俺のかまど」一式が箱詰めになっています。煙突、本体パーツ、羽釜、スパナがワンセットになっており、取扱説明書の図面を見ながら組み立てます。カスタマイズのオプションとして耐熱スプレーがあると便利です。キャンプへ出かける前にお手入れをすると楽しみが倍加します。子どもと一緒にカスタマイズすると良い思い出に。

3.ごはんの炊き方
付属の羽釜に研いだお米を入れます。羽釜は1合釜なので、米1カップに対して水2カップが目安です。研ぎ終わったお米を羽釜に入れたら、「俺のかまど」にセットします。焚き口に拾い集めた小枝を入れて、着火用のボール紙を入れて着火。そのまま湯気が出るまで炊きます。

湯気が出てから約12分待ってできあがり。お焦げが好みの方は13分待つようにしてください。

4.天板を外すと色々な焼き料理ができる
「俺のかまど」は、ごはんだけでなく天板を外せば色々な焼き物ができます。まず、かまどの中に十分におき火を作ってください。コツは、焼き網に食材を乗せてから、かまどの上に置きます。例えば、輪切りにしたトウモロコシを乗せると、おいしい焼きトウモロコシのできあがり。

バーベキューのコツは、食材を串に刺して橋をかける要領でかまどの上に並べてることです。美味しい焼き物ができあがります。

モキ製作所 火焔モ器 KM-13

土器の形をしたはんごう

出典:楽天

太古から伝わる「火炎土器」をモチーフに、その美しさとロマンを現代の技術でよみがえらせたアイテム。高温燃焼と無煙化を実現しており、アウトドアレジャー用に使えるあたらしいかまどです。付属の羽釜でごはんが炊けるだけでなく、網を乗せれば焼き物、やかんを乗せればお湯を沸かせる万能火器。

燃料は、広葉樹や針葉樹、竹、炭などで、キャンプ場で拾い集めた小枝などを使って火をおこせます。キャンプファイヤーとしても使えるので、アウトドアを盛り上げるのにも重宝するでしょう。みんなで火を囲んで太古のロマンに浸ってみるのもおすすめです。

モキ製作所 焚き火どんどん M60Fz

焚き火どんどん

出典:楽天

枯れ木や枯れ草、紙くずなどを燃料にして焚き火ができるアイテムです。800度の高温燃焼が可能で、燃焼後の燃え残りはゼロ。白い灰だけになります。女性でも持ち運べるほどコンパクトで軽量のためで、アウトドアレジャー用としても使用可能。

キャンプ生活で出たゴミを焼却処分できるだけでなく、焚き火を囲んでキャンプライフの楽しみにも応用できるでしょう。クッキングスタンドや、クックパンなどのグッズを使えばキャンプ料理もオーケーです。

まとめ

「俺のかまど」をはじめ、MOKIブランドのキャンプに使えるアイテムをご紹介しました。特に、優れているのは「俺のかまど」です。1度使えば、キャンプ料理に欠かせない道具だとわかります。その他のアイテムもキャンプライフを盛り上げ、楽しめる逸品ばかりです。ご紹介した商品は火の大切さを教えてくれるので、子どもの教育にも役立ちます。

お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

キャンプ料理

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪