キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

クロスバイクにおすすめのタイヤ15選!サイクリング、街乗りなど用途ごとに紹介!

タイヤ

出典:PIXTA

いざクロスバイクのタイヤを交換するとなると、どんなタイヤを選べばいいかわからない方も多いのではないでしょうか?実はクロスバイクのタイヤも用途によって向き不向きがあります。今回は各用途に適したタイヤを紹介します!

【32c〜】街乗りにおすすめのクロスバイクタイヤ5選

商品名[ヴィットリア] ランドナー[パナレーサー] グラベルキング [マキシス] デトネイターフォルダブル[ブリヂストン] アンカー[サーファス] シェリフ ワイヤービード
画像
サイズ28C、32C、35C、40C、48C23C、25C、28C32C23C、25C2.2
重量520g、560g、640g、730g410g、460g、500g320g205g650g
タイヤのパターンクリンチャーチューブラーチューブラーチューブラーブロック

【26c〜28c】通勤通学におすすめのクロスバイクタイヤ5選

商品名[パナレーサー] グラベルキング プラス[パナレーサー] パセラ[シュワルベ] マラソン[サーファス] セカ[パナレーサー] リブモ
画像
サイズ26C、30C28C28C23C、25C、28C28C
重量260g400g560g300g、315g、330g420g
タイヤのパターンクリンチャークリンチャークリンチャークリンチャークリンチャー

【〜25c】スピード重視におすすめのクロスバイクタイヤ5選

商品名[コンチネンタル] ウルトラスポーツ3[ヴィットリア] ザフィーロプロ[ミシュラン] リチオン3[パナレーサー] レース A エボ4[パナレーサー] エリートプラス
画像
サイズ23C、25C、28C25C、30C23C、25C27C23C、30C
重量250g、260g、290g280g、320g220g、250g290g257g
タイヤのパターンクリンチャークリンチャークリンチャーチューブラークリンチャー

クロスバイクのタイヤの選び方

クロスバイクのタイヤを選ぶ時いくつか気にしなければいけないポイントがあります。そのポイントを間違えてしまうと、タイヤが装着できないことも。そうならないために、タイヤを買う際に必ず見なければいけないポイント3つを紹介します。

1.車輪の大きさ

クロスバイクのタイヤの大きさ

出典:Amazon

タイヤに記載のある「700×26C」の部分が車輪の大きさです。 タイヤは車輪に取り付けるものなので、当然、現在乗っているクロスバイクと同じサイズでなければいけません。多くのサイズは700cというサイズですが、油断は禁物です。時々650cや、29erなど違うホイールの場合もあるので、初めてタイヤを買う際には必ずサイズを確かめましょう。

2.タイヤの太さ

クロスバイクタイヤの太さ

出典:Amazon

タイヤに記載のある「700×26C」の部分が車輪の大きさです。 タイヤを変えるときは、必ずしも元のタイヤ幅と同じにする必要はなく、使うシーンや好みによって、太さを変えられます。 確認するのは、タイヤがはまっている部分の幅であるリム幅。狭いリムに太すぎるタイヤは入らず、太いリムにも細いタイヤをはめることはできません。また、クロスバイクのフレームに太いタイヤをはめた時は、フレームと擦らないかどうかも要確認しましょう!
タイヤの太さ特徴
25Cロードバイクレベル。スピード抜群!
28Cスピード重視
32Cスピードと安定性の両立
35C安定性を重視
38C安定性を重視し、初心者におすすめ
2.1マウンテンバイクレベル。安定性抜群!

3.用途

最後に確認するのは、自分がどう自転車を使うか。サイクリングで軽快に走りたいなら、細めで軽量、転がり抵抗の少ないスリックタイヤが適切です。通勤通学で使うならパンクなどのトラブルに強いタイヤ。使い道によって向いているタイヤの種類が違うので、タイヤを選ぶ際には、自分がどういった用途で自転車に乗りたいか、よく考えた上で購入しましょう

4.タイヤ表面の形状

タイヤの形状が粗いほど、泥や岩などの悪路でのグリップ力が高く、溝がないほど舗装路で抵抗が少ないため、走りが軽快になります。
  • クリンチャータイヤ…乾いた舗装路を走るのに最適!ロードバイクやクロスバイク、街乗り用のモデルにおすすめ。
  • チューブラータイヤ…MTBや通常のクロスバイク、ツーリング用におすすめ。
  • ブロックタイプ…クロスカントリーや土や砂利が敷かれた路面、急坂を上るときなどにおすすめ。

クロスバイクのタイヤを交換して、より一層サイクリングを楽しもう

タイヤ交換

出典:PIXTA

今回はクロスバイクにおすすめなタイヤを紹介してきましたが、タイヤもメーカーや種類が変われば、乗り心地や走りが変わります。タイヤを交換する際には、自転車屋さんになんでもいいとお任せするのではなく、自分の自転車の特徴や、自分の使い道など、自転車屋さんと相談して適したタイヤを選びましょう! 初心者向けのクロスバイクについて知りたい方はこちら▽

今回紹介したアイテム

商品画像ヴィットリア ランドナーパナレーサー グラベルキングマキシス デトネイターフォルダブルブリヂストン アンカーサーファス シェリフ ワイヤービードパナレーサー グラベルキング プラスパナレーサーパセラシュワルベ マラソンサーファス セカパナレーサー リブモコンチネンタル ウルトラスポーツ3ヴィットリア ザフィーロプロミシュラン リチオン3パナレーサー レース A エボ4パナレーサー エリートプラス
商品名ヴィットリア ランドナーパナレーサー グラベルキングマキシス デトネイターフォルダブルブリヂストン アンカーサーファス シェリフ ワイヤービードパナレーサー グラベルキング プラスパナレーサーパセラシュワルベ マラソンサーファス セカパナレーサー リブモコンチネンタル ウルトラスポーツ3ヴィットリア ザフィーロプロミシュラン リチオン3パナレーサー レース A エボ4パナレーサー エリートプラス
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事