hinata

>

キャンプ用品

>

キャンプテーブル

>

コンパクトなアウトドアテーブルを紹介!魅力や選び方も解説

コンパクトなアウトドアテーブルを紹介!魅力や選び方も解説

キャンプ用品

キャプテンスタッグのコンパクトテーブル

出典:Amazon

持ち運びに便利なアウトドア用のコンパクトテーブル。ソロキャンプやツーリングキャンプなど、荷物が制限されるキャンプで活躍します。コンパクトテーブルといっても種類はさまざま。今回はコンパクトテーブルの魅力と選び方を解説します。

目 次

コンパクトなテーブルの魅力

コンパクトなアウトドアテーブルの魅力は持ち運びやすさにあります。荷物を出来るだけ少なくしたいソロキャンプや、バイクで移動するツーリングキャンプではいかに持ち物を減らせるかが重要なポイントです。

コンパクトサイズのアウトドアテーブルであれば、荷物がかさばらず、さらに収納や組み立てが楽なものが多いため、キャンプ時に準備等でかかる手間を減らせます。そのため、ソロキャンプやツーリングキャンプを計画している方に特におすすめのアイテムです。

コンパクトテーブルの選び方

キャプテンスタッグのコンパクトテーブル

出典:Amazon

コンパクトテーブルは主に、金属製(アルミやステンレス)と木製のテーブルがあります。それぞれ特徴があり、特徴によって使用用途が変わってくるため、アルミ、ステンレス、木製のコンパクトテーブルについて詳しく解説していきます。

アルミのテーブルは軽くて持ち運びやすく、耐久性能が高いという特徴があります。熱にも強いため、コンロを置くためのテーブルとして使えます。

ステンレスのテーブルはアルミと比較すると少し重たいですが、アルミと同様に耐久性能が高く、熱伝導率が低いです。そのため、アルミのテーブルと同じ使い方ができます。ただし、アルミと違う点として、サビに強いという特徴があります。サビに弱いアルミテーブルよりも長く使えるのも特徴の一つです。

木製のテーブルは重く、アルミやステンレスと違い火に弱いため、火元の近くでは使いづらいです。一方で、見た目がキャンプとマッチしやすいという特徴があります。そのため雰囲気を重視したい方は木製のテーブルを選びましょう。

コンパクトなアウトドアテーブル4選

用途に合ったテーブルを選んでキャンプを楽しく!

アウトドアで欠かせないテーブル。大人数であれば役割分担をして大きめのテーブルを持ち込みやすいですが、ソロキャンプなどの荷物に制限がかかる状況ではコンパクトなアウトドアテーブルが活躍します。とにかく軽量でコンパクトなテーブルを求める方にはアルミ製のテーブルがおすすめ。ぜひご自身の使用用途にあわせて最適なテーブルを選びましょう!

▼こちらも読まれています。

今回紹介したアイテム

商品画像 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミ ロールテーブル ケース付 M-3713 アウトドア用 折りたたみ式 ソト(SOTO) ポップアップソロテーブル フィールドホッパー ST-630 アルミ ロールテーブル ケース付 アウトドア用 折りたたみ式 ソロキャンプに最適 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) テーブル CSクラシックス FDパークテーブル 45 UP-1006 コールマン(Coleman) テーブル ナチュラルモザイクミニテーブルプラス ベージュ 約10kg 2000026756
商品名 キャプテンスタッグ アルミローテーブル SOTO フィールドホッパー キャプテンスタッグ FDパークテーブル コールマン ナチュラルモザイクミニテーブルプラス
商品リンク Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


関連するキーワード

キャンプテーブル

おすすめのキーワード