hinata

>

キャンプ用品

>

LEDランタン

>

充電式LEDランタンの魅力と選び方を解説!

充電式LEDランタンの魅力と選び方を解説!

キャンプ用品

LEDランタン

出典:PIXTA

夜のキャンプに必須のランタン。ランタンの燃料はガスや灯油、ガソリンが主流ですが、電気で動くランタンもあります。さらに電球を耐久性の高いLEDにしたものも。今回は充電式でバッテリー交換をせずに繰り返し使えるLEDランタンの魅力や選び方を紹介します。

目 次

充電式LEDランタンの魅力

LEDの魅力

LEDの魅力は寿命が長く、約40,000時間とかなり長いことです。これは大体4.5年つけっぱなしで寿命を迎える計算になります。また、従来の電球と比較すると紫外線の量が少なく、虫が寄ってきにくいという性質が。そのため、夜のキャンプでトイレに行きたくなったときも虫が寄ってきにくいため、最適です。

充電式バッテリーの魅力

バッテリーが充電式であれば繰り返し使用できます。乾電池式やガスなどの燃料の場合、使い切ったら処分する必要がありますが、充電式であればバッテリーを繰り返し使用するため、余分なゴミを出さずに済む、というメリットが。

充電式LEDランタンの選び方

ロゴスのLEDランタン

出典:Amazon

充電方法

充電式LEDランタンの充電方法は主にUSBなどで電源から直接充電するタイプや太陽光で充電するタイプなどがあります。また、逆にスマートフォンのモバイルバッテリーとして使用できるLEDランタンも。充電方法については、ご自身の利用シーンに合わせて最適なものを選んでください。

ランタンの用途

ランタンの用途はLEDに限らず、その他のランタンと同様で、ランタンの明るさを表す単位のルーメンを基準に選びます。メインランタンとして使用したい場合はテントサイト全体を照らす必要があるため、明るさが1,000ルーメン以上のものを選びましょう。

サブランタンはテント内で使用するランタンなので、明るさは100〜300ルーメン程度で十分です。最後に持ち歩き用のランタンですが、こちらも周囲を照らすだけなので、100ルーメンあれば足ります。

充電式製品の注意点

リチウムイオン電池

出典:PIXTA

充電式製品に採用されているリチウムイオン電池は、繰り返し使えるというメリットがあり、スマートフォンやモバイルPCと生活に必要なものによく使用されています。しかし、リチウムイオン電池は消耗品で、使用する度に徐々にバッテリーが劣化してきます。バッテリーが劣化するとバッテリーの使用時間が減少するという特徴が。

さらにリチウムイオン電池は、充電せずに長期間放置しすぎると、過放電状態になり、バッテリーが膨張し、最悪爆発する危険があります。そのため、使用しなくなったら適切に廃棄してください。リチウムイオン電池は一般ゴミでは捨てられません。家電量販店などに設置してあるリサイクルボックスを活用することをおすすめします。

おすすめ充電式LEDランタン3選

繰り返し使える充電式LEDランタンでキャンプを!

充電式のLEDランタンは従来のランタンと違い、スマートフォンなどの電子機器の充電が可能だったり、太陽光で充電できたりと充電式ならではの特徴があります。また、LEDライトを採用することで、電球の持ちもよく、虫を寄せつけないという特徴も。気になった方はぜひ購入を検討してみてください。

▼こちらの記事も読まれています。

今回紹介したアイテム

商品画像 コールマン(Coleman) ランタン サウンドアンドライトランタン 360 2000034246 ロゴス(LOGOS) パワーストックランタン2300・フルコンプリート 74176026 GENTOS(ジェントス) LED ランタン 充電式 【明るさ1000ルーメン/実用点灯3-300時間/3色切替/防水】 パワーバンク EX-000R 防災 あかり 停電時用 ANSI規格準拠
商品名 コールマン サウンドアンドライトランタン360 ロゴス パワーストックランタン2300 ジェントス パワーバンク EX-000R
商品リンク 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


関連するキーワード

LEDランタン ランタン

おすすめのキーワード