みの石滝キャンプ場&相模湖カヌースクールを解説!

 キャンプ場

湖のコテージイメージ

出典:Pixabay

神奈川県相模原市にある「みの石滝キャンプ場」は、渡り船でのみ行くことが可能な珍しいキャンプ場です。湖畔に建つバンガローからの眺めは絶景!テントサイトは「石老山」の大自然の中にあり、森林浴で癒されます。相模湖で行われるカヌー体験教室や釣り、魚のつかみ取りなどイベント盛り沢山です。

LINEの友だちを追加

 目次


相模湖を船で渡る、みの石滝キャンプ場

渡り船イメージ

出典:Pixabay

神奈川県相模原市の相模湖にある「みの石滝キャンプ場」は、大きな入り江の奥にある大自然に囲まれたキャンプ場です。道路や鉄道でのアクセスはできず、交通手段は船のみ。街中から離れた特別な空間を宿泊できます。キャンプ場内の施設は、管理棟、バンガロー24棟、トイレ3カ所、シャワー室4カ所、炊事場、テントサイトです。炊事場や広場には自由に使えるテーブルとイスが豊富に配置されています。

散策スポットとして定員5名の「みの石橋」と名の吊り橋や、山の中の少し険しい道を歩くと幻想的な「みの石滝」、相模湖でカヌー体験などアクティビティも豊富です。

ブログの口コミレビューをチェック!

さてここはバンガロー中心のキャンプ場で、テントサイトはあまり多く無いようです。案内された場所は吊り橋を渡った所のスペースでした。

うきふかせのアウトドアで行こう!

「みの石滝キャンプ場」は、バンガローが24棟と充実しています。テントサイトは管理棟からやや離れた場所にあり、木々に囲まれたスペースでテント設営が可能です。場内マップを参考にテントの設営場所をあらかじめ決めておくと良いでしょう。

入江の奥に作られた 超素朴なキャンプ場。メインはバンガローでしょうかね・・。テントサイトとして使えるエリアは少なめです。

ちーすけ日記

「みの石滝キャンプ場」はバンガローが充実していますが、口コミはテントサイトでの利用が多いです。テントサイトは大きな広場で多数のテントが建ち並ぶのではなく、森の中に点々としてテント設営スペースがあります。他の利用者との距離が離れるので、プライベート空間も確保されていて安心です。静かでのんびりとしたキャンプを楽しめるでしょう。

台風19号による被害からの復旧支援ボランティア・募金について

2019年10月に日本列島に上陸した台風19号の影響で「みの石滝キャンプ場」は、壊滅的な被害を受けました。大量の土砂によって管理棟やトイレ、バンガローといった施設がほぼ埋まっている状態です。「みの石滝キャンプ場」を復活させるべく、復旧ボランティアや募金を募っています。詳しくは公式ホームページを参照してください。

詳しくはこちら:みの石滝キャンプ場

みの石滝キャンプ場での宿泊スタイル

持込テントサイト

テントサイトイメージ

出典:Pixabay

すぐ後ろにバンガローがありますが、奥まっていて荷運びもしにくい場所なので、混雑期以外はあんまり使わないんじゃないかな?と思う。たぶんだけど。木のベンチ2つ、丸型かまどあり。長い木の枝多数あり。地面はやや硬めの土サイト。トイレに行くのはちょっと大変。水も遠い。けれど落ち着くぼっちなサイト。

母子キャンプGO!GO!

「みの石滝キャンプ場」のテントサイトは小さなスペースが点々と森の中にあります。管理棟から少し離れた場所にもあるため、荷物を運んだりするのは不便でしょう。その反面、森の中の小さなスペースを独占でき、静かな空間でキャンプができます。ガヤガヤとした広場でのキャンプも良いですが、心落ち着くキャンプも癒されます。

宿泊客はバンガローにはいたがテントを張っていたのは彼女たちだけで、貸し切り状態で静かな夜をすごしたとのこと。車は入ってこないし、道からは離れている、川の流れは穏やか。まさに外界から切り離されているってことか。

ヘタレキャンパーが行く

「みの石滝キャンプ場」は、バンガローを利用してキャンプを楽しむ方が多いです。テントサイトは静かなキャンプを楽しむことができます。交通手段が船のみのため、キャンプ場内に車が入ってくることがありません。街中の騒々しい音は聞こえず、聞こえてくるのは緩やかな川のせせらぎだけです。

ログバンガロー

バンガローイメージ

出典:Pixabay

「みの石滝キャンプ場」のログハウス調のバンガローは全部で24棟あります。大きさが分かれており、12畳が18棟、15畳が1棟、20畳が2棟、30畳が3棟です。それぞれ利用人数によって分かれていますが、少ない人数でも大きなバンガローを利用できます。

湖水を見下ろす最高のロケーション。清潔で大きなバンガローです。ファニチャーを持ち込まなくて済むってのも良いですね。

滝汗な毎日

相模湖のほとりに建つバンガローからの眺めは絶景です。利用するバンガローによって、木々の中にあるバンガローもあるため事前に場所を調べておくと良いでしょう。たくさんのバンガローがありますが、どれもきっちり整備されており、とてもきれいです。寝具などのレンタル品も充実しているので、安心して利用できます。

みの石滝キャンプ場の魅力

カヌースクールあり

カヌーイメージ

出典:Pixabay

「みの石滝キャンプ場」では、カヌースクールを開催しています。JSCA公認スクールに指定されており、小学生から大人まで初心者を対象とした2時間のプログラムです。料金は3,000円 / 大人・小人で、キャンプ場を利用の場合は2,500円に割引されます。

スクールの内容は、基本的なパドリングだけでなく、カヌーの運搬や浅橋上での移動や取り扱い方法まで学べます。モーターボートでの伴走もあり、疲れたら船上で休憩することも可能。乗っていることさえ難しいレーシング艇もあります。

釣りやつかみ取りなど、水遊びが楽しめる

「みの石滝キャンプ場」を流れる小川で釣りや魚のつかみ取りが楽しめます。なんと自然にいる魚を捕まえるのは無料!団体での利用の場合は、ニジマスを川に放流し、つかみ取りをするサービスも利用可能です。季節によってつかみ取りの開催が可能な条件(小川の水位など)が異なるため、利用できない場合があります。

栗拾いや登山など、山遊びが楽しめる

「みの石滝キャンプ場」の裏山である「石老山」では、くるみ拾いや観光農園で栗拾い、サツマイモ掘りが楽しめます。小さい子どもも気軽に参加できるイベントです。登山にチャレンジしたい方は「石老山」を1周する約3時間~6時間のコースがあります。

他にもクラフト教室、板はがき教室、ドラム缶風呂、けもの道探索など、さまざまなイベントが季節に合わせて開催されています。キャンプの思い出作りとして参加してみてはいかがでしょうか。

みの石滝キャンプ場の周辺施設

キャンプ場周辺のスーパー

スーパーマーケットイメージ

出典:Pixabay

「みの石滝キャンプ場」から車で約10分の場所に「株式会社桝屋商店」があります。相模湖駅近くの商店街にあり、お酒の種類が豊富です。バーベキューで使用する紙皿や紙コップなども販売しており、キャンプ場へ訪れる前に立ち寄ると良いでしょう。また、量や種類は少ないですが地元で採れた野菜なども販売しています。

「みの石滝キャンプ場」から一番近いコンビニエンスストアは「ファミリーマート・相模湖町店」です。車で約5分でアクセスでき、買い忘れや不足した食材など購入する際に便利でしょう。渡り船の営業時間の関係上、夜遅い時間には行けないので注意が必要です。

キャンプ場周辺のお風呂・温泉

藤野やまなみ温泉

出典:相模原市緑区

「みの石滝キャンプ場」から相模湖を渡ってすぐの場所に体験型アウトドア複合リゾート「さがみ湖リゾート・プレジャーフォレスト」があります。その中に「さがみ湖温泉・うるり」があり、日帰り入浴が可能です。源泉岩風呂、高濃度炭酸泉、寝ころび湯、サウナなど設備は充実しています。

詳しくはこちら:さがみ湖温泉・うるり

「みの石滝キャンプ場」から車で約20分の場所に「藤野やまなみ温泉」があります。源泉水100%使用しており、水を一切加えない良質な泉質の温泉です。内風呂2種、露天風呂があり、内風呂の2種は男湯と女湯で毎週入れ替わります。泉質はナトリウム・カルシウムー塩化物・硫酸塩線です。営業時間は10:00~21:00で、休館日は水曜日、入館料は750円~ / 大人・380円~ / 小人、レンタル品はバスタオルのみです。

詳しくはこちら:藤野やまなみ温泉

料金や天気など、予約前のチェック項目

直火について

焚き火イメージ

出典:Pixabay

「みの石滝キャンプ場」では、直火に制限がある場所が指定されています。基本的にはバーベキューコンロや焚き火台を使用して火を扱いますが、テントサイトの一部では直火が可能です。直火の場合、残った炭をきれいに掃除する必要があるため、後片付けに少々手間がかかります。バーベキューコンロや焚き火台はレンタルできるので、直火ではなく道具を使って火を扱いましょう。

駐車場について

駐車場イメージ

出典:Pixabay

「みの石滝キャンプ場」は、渡り船で行く必要があります。車で訪れる場合はどうすればよいのか?と感じる方が多いでしょう。渡り船の船着き場には、駐車場が用意されています。駐車可能な場所は「山口ボート場・五宝亭駐車場」と「資材運搬用・関川船着き場」の2カ所です。駐車場までの細かい地図や利用料金は公式ホームページをチェックしましょう。

詳しくはこちら:山口ボート場・五宝亭駐車場 / 資材運搬用・関川船着き場

みの石滝キャンプ場周辺の天気や気温をチェック

「みの石滝キャンプ場」のある神奈川県相模原市の気候は、湿気のある亜熱帯の気候に影響されます。夏は湿気が多く、暑い日が多く、冬は雪が降ることは少ないです。キャンプ場は「石老山」の自然豊かな場所にあるため、夏でも涼しく快適に過ごせるでしょう。相模湖の入り江の奥にあるので、湿度は高いです。

詳しくはこちら:みの石滝キャンプ場の天気

みの石滝キャンプ場の基本情報

住所:神奈川県相模原市緑区若柳1628
電話:042ー685ー0330
営業期間:
3月~11月(台風19号での影響により現在臨時休業中です。再開時期は未定。ホームページ上でお知らせとのこと)
料金:
[渡船(往復)]:1200円 / 大人・600円 / 小人
[バンガロー]:6500円~ / 人
[持込テントサイト]:1200円 / 大人・900円 / 小人
[日帰り入場料]:700円 / 人
チェックイン / チェックアウト: 14:00 / 10:00
公式はこちら:みの石滝キャンプ場

みの石滝キャンプ場で自然を満喫

相模湖を船で渡って訪れる珍しい「みの石滝キャンプ場」は、自然あふれる空間を満喫できます。バンガローを中心としたキャンプサイトはしっかりと手が行き届いており、管理人や従業員の方は気さくで話しやすいと評判です。相模湖でのカヌー体験を主に、季節に合わせたさまざまなイベントが開催されています。現在は台風19号の影響で復旧作業中ですが、リニューアルオープンが待ち遠しいキャンプ場です。

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪