兵庫県朝来市にある「緑ヶ丘キャンプ場」を解説!

 キャンプ場

緑ヶ丘キャンプ場

出典:朝来市

静かにゆっくりと過ごすキャンプが好きな方におすすめのキャンプ場が、兵庫県朝来市にある「緑ヶ丘キャンプ場」です。常設テントハウスがありキャンプ初心者にも最適。自然豊かで周囲に観光スポットも点在するこちらのキャンプ場について、ブログの口コミも交えながら解説します。


 目次


兵庫県朝来市にある、緑ヶ丘キャンプ場

緑ヶ丘キャンプ場

出典:朝来市

兵庫県朝来市にある「緑ヶ丘キャンプ場」は緑豊かな森の中にあるキャンプ場。「千本桜」で有名な多々良木ダム湖のそばに位置し、ダムの周回道路のサイクリングや散歩が楽しめます。「あさごエコパーク」や「あさご芸術の森」も近くに。観光スポットとして人気の「竹田城跡」までも車で40分程度なので、観光拠点としての宿泊もおすすめです。

場内にはフリーサイトのほか、AC電源と炊事場完備のテントハウスやオートサイトがあり、快適に過ごせることもこちらのキャンプ場の魅力です。テントハウスの室内以外はペットの同伴も可能。ワンちゃん連れのキャンプや観光旅行にも最適です。ただし、こちらのキャンプ場が営業しているのは、4月下旬から9月下旬の週末や祝日、お盆シーズンなどの限られた期間。営業期間内でも予約が入っていない日はクローズするので、事前予約が必須です。

場内設備は水洗トイレやシャワー、炊事場、コインランドリーや冷蔵庫、避難小屋など。売店や自動販売機はないので、必要なものは忘れずに持参しましょう。キャンプ場でゴミの収集はしていないので持ち帰る必要があります。ゴミ袋を多めに持っていくと安心ですが、足りなくなった時には受付で1枚100円で購入できるのでそちらを利用しましょう。

ブログの口コミレビューをチェック!

夜、テント前のタープの下で椅子に座っている2人

出典:Pixabay

寒さは想像を超えるもので参りましたが管理人さんは親切だしニコニコ、設備も整ってるし合格 良いキャンプ場だと思いますにこっ ウッドデッキでテントが張りにくい、若干傾斜がある、夜12時前に『ピンポンパンポ~ン』とお隣の関西電力の放送(今から水が増えるから川に近づくな、みたいな内容)が大音量で流れるガーン、位がマイナスポイントでしょうか・・・。(私は疲れてたので一瞬目が覚めた程度で気になりませんでした)

Summer Cherry

9月下旬にファミリーキャンプを楽しんだ方の口コミです。トレーナーやニット、寝袋や毛布を併用しても寒さに耐えきれず管理人さんから毛布を借りた、とのこと。秋は日によって気温がぐっと下がることもあるので、防寒具や暖房器具などの準備をしていきましょう。

フリーサイトとして使用する自由広場は地面が斜め、オートサイトはウッドデッキが使いにくい、との意見もちらほらみかけますが、「地形に合わせたテント設営」もキャンプならではの楽しみの一つと言えます。

ダムの放流は毎日行われるものではないので、さほど気にすることはないですが、不安を感じる場合は管理人さんに問い合わせてみましょう。宿泊者がいる時は、夜間も管理人さんが滞在しており安心です。

緑ヶ丘キャンプ場での宿泊スタイル

「緑ヶ丘キャンプ場」での宿泊スタイルは、オートサイト、テントハウス、フリーサイトの3種類。それぞれのサイトについてブログの口コミとあわせて解説していきます。

オートキャンプ場

湖畔のデッキに張られたオレンジ色のテント

出典:Pixabay

区画の広さはまずまず。<我が家はトイレに一番近い⑤を使用>でもウッドデッキ?がある為狭く感じましたねDASH!ウッドデッキがある為今回はテントとタープを別々に設営。デッキは充分広いのでうちの3m×3mのデカテントでも充分に張れましたが、オットは『木の上はやりづらいガーン』と言ってました。

Summer Cherry

オートサイトの各サイトはAC電源と流し台が完備されているほか、テント設営スペースにウッドデッキが備え付けられています。雨で地面がぬかるんでもテントが汚れにくく通気性が良い、というメリットがありますが、その反面、前室付きテントは設営しにくい、ワンポールテントは設営が難しいという一面も。オートサイトを使用する際にはウッドデッキとテントのサイズを事前に確認しましょう。

テントハウス

テントハウスは固定式の常設テントといった感じです。

まだかのブログ

こちらのキャンプ場には常設のテントハウスがあり、テントを持っていなくてもテント泊が楽しめます。テントハウス内部は約6畳の広さでスノコが敷かれており、通気性は抜群。ただし、直接寝袋を敷くと寝心地が固いのでキャンプマットなどがあると快適です。

テントハウス横にはウッドデッキが備え付けで、テーブルやイスをセッティングしてリビングとして使用可能。炊事場とAC電源完備なので、快適に過ごせます。

自由広場

周囲を木に囲まれた芝の上に白いテントが数張り

出典:Pixabay

この日はうちを含めて2組だけ。フリーサイトは私たちだけだったので、管理人さんの許可を得て、広場に車を横付けして利用させてもらいました。自由広場は少し傾斜がありましたが、芝生に覆われていて設営は楽でした。

父ちゃん キャンプに行きたいんだってさ

ゴールデンウィーク後半に子どもとのデュオキャンプを楽しんだパパの口コミです。こちらのキャンプ場は自由広場がフリーサイトとして利用可能。基本的には車は駐車場に止めますが、サイトの利用状況に応じて車の横付けが可能なことも。ただし、事前に管理人さんの許可を得ることは必須です。

緑ヶ丘キャンプ場の魅力

川遊びや水遊びが楽しめる

噴水で遊ぶ子どもたち

出典:Pixabay

キャンプ場に隣接する「あさごエコパーク」では「多々良木ダム湖」を一望できるほか、春の千本桜、秋の紅葉など四季折々の風景が楽しめます。また、場内には噴水広場があり、夏場はこちらでの水遊びも可能。キャンプ場のすぐ横を流れている小川での水遊びもおすすめです。深さは足首程度の小川で、夏でもひんやりと冷たく心地良いですよ。

周辺に観光スポットが豊富

「緑ヶ丘キャンプ場」周辺にはぜひ立ち寄りたい観光スポットがいくつかあります。

一つ目は、キャンプ場から車で40分の距離にある「竹田城跡」です。「日本の百名城」にも選ばれており、標高353.7mに位置する城跡は別名「天空の城」とも呼ばれるほど。秋の朝霧が多い日に、朝霧の中に城跡がぽっかりと浮いているように見えることから、このように呼ばれるようになりました。城跡までは石段や坂道を登っていくので、歩きやすい服装や靴が必須。登り切った城跡からは、絶景が眼下に広がります。

二つ目は、キャンプ場から車で15分の距離にある「あさご芸術の森美術館」。自然の中に野外彫刻が点在する野外彫刻公園と屋内の美術館で構成されており、子ども連れで楽しく芸術に触れられます。四季折々で異なる自然の風景と彫刻のコラボレーションで、季節ごとに違った楽しみ方をできる美術館です。

三つ目は「道の駅 フレッシュあさご」。キャンプ場からは車で25分の距離にあり、播磨連絡道と一般道の両方からのアクセスが可能な便利な立地にあります。地元農家の直売場や、特産品の岩津ネギ、鹿肉グルメなどおいしいものが沢山。また、眺望の良いレストランでは対馬牛の料理が味わえますよ。

森に囲まれた静かな穴場

木々の上に広がる星空

出典:Pixabay

周囲を森に囲まれたこちらのキャンプ場は、営業日も限定されており「予約がない日はクローズする」というスタンス。キャンプ場の周りには民家やお店もなく、とても静かで穴場のキャンプ場といえます。野生のタヌキやシカに遭遇することも!夜でも灯りが少ないので、天気が良ければ満天の星が広がります。自然を満喫して静かなキャンプ時間を楽しみたい方におすすめのキャンプ場ですよ。

緑ヶ丘キャンプ場の周辺スポット

緑ヶ丘キャンプ場周辺の温泉

キャンプ場から車で30分の距離にあるのが日帰り温泉の「よふど温泉」。周囲を緑に囲まれた温泉で、山々を眺めながら入る露天風呂では心も体も癒やされます。温泉は新陳代謝を良くするラドンを多く含み、筋肉痛や冷え性に期待が。観光やキャンプの後に最適な温泉です。

施設内には休憩室やレストラン、売店があり、お風呂あがりもゆっくりと過ごせます。入浴料は大人700円、3歳以上の子ども350円。営業時間は11:00から21:00です。以前はキャンプ場から車で5分の距離に「播磨ふれあいの家」があり、こちらのお風呂が日帰り入浴できましたが、2020年3月末で閉鎖しているので注意しましょう。

緑ヶ丘キャンプ場周辺のスーパー

スーパーのドア付き商品棚の前にあるカート

出典:Pixabay

キャンプ場の徒歩圏内にスーパーやコンビニはありませんが、車で20分弱の距離に「ショッピングセンターアルバ」があります。食料品やお酒など一通りのものを取りそろえているスーパーで、キャンプ場へ行く前に立ち寄ると便利です。

キャンプ場から車で15分の距離にはホームセンターの「コメリ朝来店」があります。薪や炭などキャンプアイテムの購入はこちらのお店が便利。「ショッピングセンターアルバ」とは車で2分の距離にあるので、スーパーで取り扱いがない物は「コメリ」でチェックしてみましょう。

料金や天気など、予約前のチェック項目!

緑ヶ丘キャンプ場周辺の天気や気温をチェック

枝に付いている紅葉したもみじの葉

出典:Pixabay

「緑ヶ丘キャンプ場」が位置する朝来市は、日本海側気候と内陸性気候で、寒暖差が激しい豪雪地帯です。東京の平均気温と比べると、冬から春は朝来市の方が2~3度低く、夏も1~2度朝来市の方が低くなっています。夏休み期間のキャンプでは防寒具を用意する必要はありませんが、雨具を兼ねたアウターや虫対策として長袖長ズボンがあると安心。春秋キャンプは、朝晩の気温がぐっと下がるので防寒着や防寒具が必須です。

詳しくはこちら:緑ヶ丘キャンプ場周辺の天気

緑ヶ丘キャンプ場の基本情報

住所:兵庫県朝来市多々良木153番地2
電話: 079-672-4003(朝来市観光交流課) ※平日のみ
営業期間:4月25日~9月30日までの土日祝・ゴールデンウイーク・お盆・シルバーウイークなど
料金:
[オートサイト] 4,860円 / 1泊1棟
[テントハウス] 8,640円 / 1泊1棟
[自由広場] 1,620円 / 1張1泊
[自由広場使用料] 430円 / 1人1泊
チェックイン / チェックアウト: 13:00 / 11:00
※利用日の1週間前までに要予約
公式はこちら:朝来市

緑ヶ丘キャンプ場で自然を満喫

林道に置かれた一台の黒いマウンテンバイク

出典:Pixabay

兵庫県朝来市の「緑ヶ丘キャンプ場」は周囲を山に囲まれた豊かな自然が魅力的。多々良木ダム湖がすぐそばにあり、ダム周辺の散歩や美術館の散策など、静かにのんびりとしたキャンプ時間を過ごしたい方におすすめの穴場キャンプ場です。日常から離れて「緑ヶ丘キャンプ場」で自然を満喫するキャンプはいかがでしょうか。

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪