前坂キャンプ場を解説!川遊びやお花見、紅葉も楽しめる!

 キャンプ場

紅葉したもみじの枝

出典:Pixabay

川遊びや豊富な体験プログラムが楽しめる福井県高山市の「前坂キャンプ場」。春の桜や初夏のホタル、秋の紅葉など季節を感じるキャンプが満喫できます。ケビンサイトもあり、キャンプ初心者や子ども連れにもおすすめ。キャンプ場施設や周辺の天気、温泉情報など詳しく紹介します!


 目次


四季の自然を感じられる、前坂キャンプ場

チェーンソーアートでフクロウを彫刻する男性

出典:前坂キャンプ場

前坂キャンプ場は山に囲まれた自然豊かなキャンプ場です。場内には清流「石徹白(いとしろ)川」が流れており、水遊びを楽しめるほか、春には500本もの花桃や桜が咲き誇り、秋には鮮やかな紅葉を見せてくれます。また、初夏のホタルが飛び交い幻想的な光景は忘れられない思い出になりますよ。

前坂キャンプ場の大きな特徴は、体験プログラムや季節のイベントが豊富なこと。何度訪れても飽きることなく楽しめるのはうれしいポイントです。また、チェーンソーアートも盛んで場内には丸太に彫刻を施した作品が飾られており、タイミングが合えば迫力ある作業風景も見られますよ。

ブログの口コミレビューをチェック!

丸太をチェンソーで彫刻した動物7体が外に置かれている

出典:前坂キャンプ場 / Facebook

食後場内を散歩 橋を渡って管理棟方面へ 川も近くにあって夏はもっと楽しそうです 管理棟横の釣堀で釣りに挑戦です えさをつけて糸をたらすと直ぐに食いつきますww チェーンソーアートをちょっと見学 すごいびっくりアップ かっこいいですね~キラキラ

キャンプをはじめることにした

前坂キャンプ場には釣り堀があり、川遊びができない季節でも釣りを楽しめます。また、丸太をチェーンソーで彫刻する「チェーンソーアート」も盛ん。場内にも色々なところに作品が置かれているので、探してみるのも楽しいですよ。

黄色い花にとまるアブ

出典:Pixabay

キャンプで困ったこと。夏場で川の側だから仕方ないのかもしれませんが、アブはすごかったOrz タープの内側にびっしり10匹とか張り付いていました。何匹もやっつけたのですが、叩けば叩くほど増える気が、、、こういうのは気にしないのが一番なのでしょうね。

浪漫自走

8月中旬に宿泊した方のブログです。自然豊かなキャンプ場なので、ある程度の虫は覚悟しなければなりません。虫よけスプレーは忘れずに準備しましょう。刺された場合を考えて、応急処置できるアイテムも持参すると安心。虫の毒を吸引するポイズンリムーバーや炎症や化膿を防ぐ外用薬を救急箱に用意しましょう。

前坂キャンプ場の宿泊施設&共有施設

キャンプ場内のイラスト地図

出典:前坂キャンプ場

前坂キャンプ場の各サイトや施設について解説します。オートサイトやテントサイトは管理棟から橋を渡ったところにあります。実際に宿泊した方のブログから口コミも紹介するので参考にしてください。

オートサイト

オートサイトに駐車してる白い車とテント

出典:前坂キャンプ場

道路はアスファルト、縁石でサイトが区切られ、手入れされた草地となります。だいたい平です。道に沿ってところどころライトも付いています。(中略)私達は一番奥の木の下。ランドロックの大型テントでも余るほどの広さのサイトです。こちらは電源サイト。5区画あります。キャンピングカー向けのようですが、普通の車の人も利用していました。

agrin-life outdoor

オートサイトはAC電源付きと電源なしの2タイプがあります。AC電源付きは駐車スペースが広くトレーラーやキャンピングカーに最適。駐車スペースが広い分、テントスペースは狭くなっています。電源なしサイトは場所によって広さに若干の違いがあり、目安としては8m×8m~10m×10m。テントとタープの設営が可能です。ハイシーズン以外のレギュラーシーズンはサイトを下見してからサイト指定もできますよ。

テントサイト

林間に立つ数棟のドーム型テント

出典:前坂キャンプ場

林間サイトは木立が多く、夏はこちらが涼しいようです。また直火ができるとのことで、すぐ横に川も流れていて、野趣あふれる自然のサイトが好みでしたら断然こちらです。

agrin-life outdoor

テントサイトはフリーサイトで川沿いにあります。サイト内には炊事場と汲み取りトイレがありますが、シャワー施設はケビンサイトまで歩く必要があります。必要最低限の設備でシンプルキャンプを楽しみたい方におすすめのサイト。川が近く虫が多いので虫対策をしていきましょう。

テントサイトが利用できるのは7月と8月のハイシーズンだけです。

ログケビン

床と壁が木で窓があるログケビン室内

出典:前坂キャンプ場

ケビンには扇風機がついてましたが、涼しいので不要です。何も着ずに寝てると寒いので、寝袋に入って寝るぐらい。(中略)大変だったのが、私の確認不足だったんですが、このケビン、オートじゃない!

わいわいすの~ねっと【SNOW&CAMP】

ケビン室内には室内灯と扇風機が備え付けられていて、ケビンの周りにはタープを張れるスペースがあります。焼き台を持参すればバーベキューも可能。車は駐車場に停めることになりますが、ケビンサイトの道路に車で入っていけるので、そこで荷物の積み下ろしができます。

管理事務所の近くには、ログケビンサイトがあります。樹木に囲まれており、夏場でも木陰で涼しくキャンプが楽しめる造りになっています。ケビン周りの空いているところには、タープ等を設営してもよいとのことでした。

インドア家族がキャンプを始めた物語

ケビンサイトは木陰にあるので、日中でも快適に過ごせます。日差しや急な雨など、天気を気にせず過ごせるケビンは、キャンプ初心者や小さな子連れキャンプにも最適。管理棟が近く、売店やシャワーが近いのも便利です。

お風呂やトイレ、炊事場

1人用のシャワールーム

出典:前坂キャンプ場

それぞれのサイトにはシャワーハウスが設けられており、なんと●1人1日300円で何度でも使い放題となっています!これは凄いですね!シャワーは綺麗なユニットタイプで、脱衣スペースもじゅうぶんな広さがあります。夏場を中心に、これは嬉しい設備です!

インドア家族がキャンプを始めた物語

チェックイン時にシャワー代を支払えば、1泊2日でシャワーが使い放題。川遊びの後や就寝前など、心おきなく汗を流せます。シャワールームと脱衣所が別なので、着替えやバスタオルが濡れる心配なし。子どもとを着替えさせるのにも便利です。

オートサイトの炊事場。ここだけなので、混雑時はいっぱいかもしれません。オートサイトのシャワー棟。6部屋くらいあったかな。シャワー室。コイン式ではないので、ストレスが無いと思います。きれいです。オートサイト側のトイレ。男性大便器は和式のみ。水洗。

agrin-life outodoor

キャンプ場内のトイレは、テントサイトが汲み取り式トイレ、オートサイトとケビンサイトが水洗トイレです。また炊事場は、屋根付きで調理台備え付けの炊事場が各サイトにありますが、ハイシーズンには混み合うので、譲り合いとマナーを守って利用しましょう。

前坂キャンプ場の魅力

体験プログラムが豊富

竹を流し台にした流しそうめん

出典:前坂キャンプ場

前坂キャンプ場では、子どもも大人も楽しめる体験プログラムが豊富。予約なしで当日受付に対応しているのもうれしいポイントです。流しそうめん1人500円、バームクーヘン作り1個1,000円、化石発掘500円など。夏休みの自由研究にも役立ちますよ。

清流・石徹白川で川遊び

川遊びする子どもたち

出典:前坂キャンプ場 / Facebook

キャンプ場中央を流れる石徹白(いとしろ)川では水遊びや釣りを楽しめます。テントサイト側のスポットはカヌーや浮き輪遊びにおすすめ。オートサイトのつり橋付近は子どもでも遊びやすい浅瀬です。詳しい川遊びスポットはキャンプ場スタッフが教えてくれますよ。

子どもが川遊びをする際には必ず大人が付き添って安全に遊びましょう。

季節の自然を楽しめる

桜咲く桜の木とテント

出典:前坂キャンプ場

オートサイトやバーベキュー広場には500本の花桃や桜があり、春にはお花見気分でキャンプが楽しめます。秋にはこれらの葉が紅く色づき、春とは違う景色に一変。サイトにも紅葉した葉が絨毯のように積もります。

暗闇に光る多数のホタル

出典:前坂キャンプ場

また、キャンプ場前には姫ホタルや源氏ホタルの生息エリアが広がっており、6月から7月にはホタルの幻想的な姿が見られます。常設テント宿泊とバーベキューがセットになった「ホタル鑑賞プラン」もあるので、気になる方はキャンプ場に問い合わせてみましょう。

ホタル生息エリアへの侵入は禁止されているので、適度な距離を保ってホタル鑑賞を楽しんでください。

前坂キャンプ場の周辺スポット

前坂キャンプ場周辺の温泉

温泉の露天風呂

出典:ayaka_photo / ゲッティイメージズ

キャンプ場から車で約20分のところに九頭竜温泉があります。自噴100%のアルカリ性単純温泉で疲労回復や冷え性に効果的。しっとりとしたお湯が体の疲れをリフレッシュしてくれます。営業時間は10:00~21:00まで。入浴料は中学生以上600円、4歳以上300円。内風呂、露天風呂ともに解放感にあふれ、周囲の山並みをみ眺めながら温泉を楽しめます。

詳しくはこちら:九頭竜温泉

左側にシャワー付き洗い場が並び右側に大浴場の内風呂

出典:大野市観光協会

キャンプ場から車で約15分のところにあるのが「国民宿舎 パークホテル九頭竜」。こちらは温泉ではありませんが、内風呂に大浴場がありハーブ湯を楽しめます。入浴料は大人300円、子ども100円とリーズナブル。入浴時間が16:00から21:00までで、日中の日帰り入浴は営業していないので注意しましょう。

詳しくはこちら:国民宿舎 パークホテル九頭竜

前坂キャンプ場周辺のスーパー

キャンプ場の近くにはスーパーがありません。一番近いのは「かじ惣 リブレ店」。大野市内にあり、キャンプ場からは車で約45分。食品やお酒、日用品まで幅広い品ぞろえと安さが地元住民に人気のスーパーです。

詳しくはこちら:かじ惣

道の駅

出典:大野市観光協会

ちょっとした買い出しに便利なのが、キャンプ場から車で10分のところにあり、道の駅に併設している「ファミリーマート道の駅九頭竜店」です。営業時間は6:00~22:00。24時間営業ではないので気をつけてください。

詳しくはこちら:ファミリーマート

前坂キャンプ場周辺の観光スポット

紅葉に囲まれたダムと橋

出典:福井県観光連盟

前坂キャンプ場に行った際にぜひ立ち寄りたいのが、車で20分のところにある「九頭竜湖」。春には万本桜、秋には紅葉と、雄大な自然を感じられます。九頭竜湖にかかるつり橋は、瀬戸大橋の試作として掛けられた「夢の大橋」。つり橋から眺める景色も絶景です。

詳しくはこちら:九頭竜湖

かつやまディノパーク

出典:あわら市観光協会

キャンプ場から185号線経由で車で1時間のところにある「かつやま恐竜の森」。広い園内には、全長40mのターザンロープや遊具、等身大の恐竜43頭のオブジェが並ぶディノパークなどがあり、化石発掘といった体験プログラムも楽しめます。

園内にはレストランや屋台も豊富に並び、恐竜モチーフのフライドポテトやナゲットも。恐竜のテーマパークで大人も子どもも楽しめますよ。

詳しくはこちら:かつやま恐竜の森

料金や天気など、予約前のチェック項目

前坂キャンプ場周辺の天気や気温をチェック!

星空の下の建物と木

出典:大野市観光協会

四方を山で囲まれた大野市は季節風や地形の影響で、冬の降雪量が多く気温が低い地帯。ですが、夏の気温や降水量は東京と大差ありません。ゆえに、夏休み期間は防寒の必要がありませんが、5月、10月になると最低気温が一桁代になることも。日中は30度前後まであがることもあり、朝晩で寒暖差が大きいので防寒着を用意する必要があります。

詳しくはこちら:前坂キャンプ場周辺の天気

前坂キャンプ場の基本情報

住所:福井県大野市朝日前坂6-23
電話: 0779-78-2248
営業期間:4月20日から10月31日
料金:
[ログケビンサイト] 8,000円 / 棟
[テントサイト] 3,500 / 泊
[オートサイト(AC電源付)] 5,500円 / 泊
[デイキャンプ(AC電源付)] 2,000円 / 日
[オートサイト] 4,500円 / 泊
[デイキャンプ] 1,500円 / 日
[バーベキューハウス(七輪・アミ付き)] 1,500円 / 台
[清掃協力費(入村料含)] 300円 / 人
チェックイン / チェックアウト: 12:00 / 10:00  ※オンシーズン(GW、夏休み期間)以外は9:00~翌15:00の30時間滞在可能
公式はこちら:前坂キャンプ場

前坂キャンプ場でアウトドアを満喫

キャンプ場看板と木彫りの熊

出典:前坂キャンプ場

四季折々の風景と豊富な体験プログラムで、何度訪れても楽しめる「前坂キャンプ場」。リピーターが多いのも納得です。売店では、アウトドアで役立つモーラナイフの取り扱いがあるので、興味のある方はチェックしてみてください!

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪