キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

石川県輪島市のキャンプ場全4スポットを解説!能登の魅力を満喫

砂浜海岸より一段高い芝地のテント

能登半島の北部に位置する石川県輪島市には自然豊かな3つのキャンプ場があります。この記事では、海水浴、オーシャンビュー、朝市グルメなど、能登半島の魅力を満喫できる輪島市のキャンプ場全3スポットを解説。シーズンオフには無料で宿泊できるキャンプ場もあります!

輪島市のキャンプ場の魅力

輪島市は能登半島の北部、「奥能登」に位置します。輪島市といえば「輪島塗」を思い浮かべる方も多いと思いますが、日本三大朝市の一つである「輪島朝市」、急斜面に水田が並ぶ「白米千枚田」、山から海へと流れ落ちる「垂水の滝」などの人気観光スポットも沢山あります。 そんな輪島市にあるキャンプ場は全部で3つ。朝市にも近く日本海での海水浴を満喫できる「袖が浜キャンプ場」、高台から日本海の絶景を眺める「輪島エコロジーキャンプ場」、遊具やバーベキュー施設を備え、山キャンプできる「石川県健康の森オートキャンプ場」。それぞれにタイプが異なるキャンプ場なので、自分の好みに合わせたキャンプ場が選べるのはうれしいポイントです。 「袖が浜キャンプ場」と「輪島エコロジーキャンプ場」は海岸沿いに位置し、サイトはテントサイトのみ。海風の影響を受けやすくテント設営が難しい一面もあります。キャンプ初心者の場合は山の林間に位置する「石川県健康の森オートキャンプ場」がおすすめ。コテージやバンガロー施設も備えており、雨が降っても安心です。

輪島市の天気や気温

日本海に突き出した形の能登半島。輪島はその北端近くに位置している、季節風の影響を受けやすく寒暖差の大きい地域です。年間の平均気温は東京よりも2~3度低く、春から秋の日照時間は東京よりも長くなっています。8月の最高平均気温は30度、最低平均気温は21度なので、夏のキャンプで防寒対策は必要ありません。 海沿いのキャンプ場は年間を通じて強風になる日もあるので、テント設営の際にはペグダウンをしっかりとすることが重要です。日中は風を感じなくても、「夜間の強風でテントが揺れた」との口コミも。どのキャンプ場も柔らかな芝地のため、頑丈かつ長めのペグを多めに持っていくことをおすすめします。

珠洲市のキャンプ場①鉢ヶ崎オートキャンプ場

鉢ヶ崎オートキャンプ場

鉢ヶ崎オートキャンプ場での宿泊スタイル

電源・流し台付きオートサイトや車の乗り入れ可能なフリーサイト、冷房完備のトレーラーハウスといったさまざまなキャンプスタイルから選べます。フリーサイトは1泊2,800円で利用できます。また、温水シャワーやコインランドリーといった有料設備があるもの魅力。

鉢ヶ崎オートキャンプ場の魅力

能登半島の先端石川県珠洲市に位置し、青い海、白い砂浜、緑の松林に囲まれながら別荘気分を満喫できるオートキャンプ場。3月初めから11月末の期間のみ利用できます。キャンプ・バーベキュー用品がレンタルできるので、手ぶらで訪れてアウトドアを楽しめること間違いなし!

鉢ヶ崎オートキャンプ場の基本情報

住所:石川県珠洲市蛸島町鉢ヶ崎36-2 電話:0768-82-7300 営業期間:3月1日~11月30日 チェックイン / チェックアウト: [個別サイト・フリーサイト] 11:00 ~ 19:00 / 10:00 [キャンピングトレーラーハウス] 14:00 ~ 19:00 / 10:00 公式はこちら:鉢ヶ崎オートキャンプ場
▼hinata spotでは、鉢ヶ崎オートキャンプ場の予約ができます!

輪島市のキャンプ場②輪島エコロジーキャンプ場

「輪島エコロジーキャンプ場」は能登半島国定公園の中にある自然豊かなキャンプ場。海を見下ろす高台に位置し、海の波音が気にならず静かでゆったりとした時間が過ごせます。 キャンプ場は林に囲まれているため、すべてのサイトから海を眺めることはできませんが、高台に設置されたデッキサイトからの眺望は格別。さらに、全部のオートサイトにAC電源が完備されており、とても便利です。サイト全体はコンパクトにまとまっていますが、場内は広く散策路での散歩も楽しめます。ペットは無料で宿泊できるので、ワンちゃんを連れてのキャンプにもおすすめです。
場内には屋根付き炊事場1カ所、男女水洗トイレ、障害者用トイレ、コインシャワーやコインランドリーなど一通りの設備が整っています。ゴミは分別して炊事場に置いてあるごみ箱へ捨てられます。 キャンプ場内に売店はなく、自動販売機のみ。周囲にはスーパーやコンビニがないので、出発前に忘れ物がないかのチェックを確実にしましょう。炭や薪の販売もありません。

輪島エコロジーキャンプ場での宿泊スタイル

こちらのキャンプ場は芝生のオートサイトが14区画、木製のデッキオートサイトが6区画の計20サイトがあります。 芝生サイトにはAC電源、U字溝、テーブルとイスが備え付け。タープとテントを設営しても十分な広さが確保されています。AC電源に延長コードは付いていないので、電化製品を利用する方は延長コードを忘れずに持っていきましょう。オフシーズンは電源付きの芝生サイトに2,040円で宿泊できるため、ソロキャンパーやバイクツーリングの方にも人気です。
高台に設置されているデッキサイトはキャンプ場と日本海を一望できる眺望の良さ。こちらもAC電源完備でテーブルとイス備え付けです。ただし、デッキサイトの場所によっては車の乗り入れができず、階段を使って荷物を運ぶ必要があるサイトも。荷物が多い場合や荷物運びの体力に自信がない方は、サイト近くまで車が入れるサイトを借りられないか相談してみましょう。

輪島エコロジーキャンプ場の魅力

「輪島エコロジーキャンプ場」最大の魅力は、デッキサイトから見下ろす日本海の絶景。海水浴場キャンプとは違う形で海を楽しめ、ゆったりとした時間が過ごせます。サイトのすべてにAC電源が完備されており、使用の有無にかかわらずオフシーズンは2,040円とリーズナブルな料金で宿泊できるのも魅力の一つです。 キャンプ場周囲の海岸線には漁港の数も多く、釣りスポットが点在。釣り好きな方は管理人さんに釣り情報を聞いてみましょう。気さくで親切な管理人さんに関しては口コミでも好意的な意見が多く、リピーターとなるキャンパーが多いのも納得です。

輪島エコロジーキャンプ場の口コミをブログでチェック!

こちらのキャンプ場に宿泊した方のブログから口コミを紹介します。口コミで多いのが、「静かでのんびり過ごせる、自然を感じられるキャンプ場」ということ。アクティビティや体験プログラムなどはありませんが、のんびりと自分のペースでキャンプを楽しみたい方におすすめのキャンプ場です。

海沿いのキャンプ場だけど海は木々の間からしか見えず波の音は聞こえない。でも眺望を遮る林は防風林としてなくすワケにはいかないのだろう。事実、風はだいぶ軽減されていた。

面白かったのがこのキャンプ場のすぐ近くに輪島漁港事務所があり朝にはそこから海上・陸上の風速や波の状態などが拡声器で近隣住民に案内されていてキャンプ場にいながら「あ〜風速9m/秒ってこんな感じか〜」とリアルに感覚をつかむことができた。こういう案内なら朝の放送でも歓迎できる。

「輪島エコロジーキャンプ場」は海岸沿いに位置しますが、海とキャンプ場の間には防風林があります。防風林がある影響で、海が見えないサイトもありますが、海風を和らげてくれるのはうれしいところ。さらに、キャンプ場そばに漁港があるため、早朝から色々な音や声が聞こえます。その一つが、天気情報を教えてくれる拡声器。キャンプの行動予定を立てるのに役立ちます。

輪島エコロジーキャンプ場の基本情報

住所:石川県輪島市赤崎町へ部33 電話:0768-36-2065 営業期間:4月1日~10月31日 料金: [木製デッキ] 2,550円〜 / 泊 [芝生サイト] 2,040円〜 / 泊 [フリーサイト] 1,020円 / 泊 [日帰り]1,770円 / 日 チェックイン / チェックアウト:13:00 / 11:00 公式はこちら:輪島エコロジーキャンプ場

輪島市のキャンプ場③輪島袖ヶ浜キャンプ場

快水浴場百選にも選ばれた、海の透明度抜群の袖ヶ浜海水浴場。そのすぐ隣でキャンプが楽しめるのが「袖が浜キャンプ場」です。夏には海水浴目当てのファミリーキャンパーで賑わいを見せます。予約不要なので、思い立ったときにキャンプに行けるのはうれしいところです。 場内施設は管理棟と水洗トイレ、温水シャワー、炊事場、と必要最低限ですが、どれも清潔に維持されており不便を感じることはありません。海水浴シーズンは海の家もオープンし食事や休憩に役立ちます。こちらのキャンプ場は通年営業ですが、オフシーズンは管理人不在でシャワー施設は使用不可。オフシーズンは比較的空いていることが多く、無料で宿泊できるため、ソロキャンパーやツーリングキャンパーの姿が多くみられます。 ペットの同伴可能なキャンプ場ですが、ハイシーズンの混雑時はリードの着用や鳴き声など、マナー面で近隣キャンパーに配慮するようにしましょう。

輪島袖ヶ浜キャンプ場での宿泊スタイル

こちらのキャンプ場は区画分けされた芝地のフリーサイトのみ。サイト数は119区画ありますが、ハイシーズンには満杯になる日も多く、サイト選びは先着順です。サイトを選びたい場合には早めに到着して、お好みのサイトを確保しましょう。オフシーズンは比較的空いているので、区画にこだわらず広く利用できます。 サイトへの車の乗り入れはできないので、駐車場からサイトまで荷物を運ぶ必要があります。サイトの場所によっては駐車場から遠く感じることがあるので、荷物運び用のワゴンなどを持っていくと便利です。

輪島袖ヶ浜キャンプ場の魅力

「輪島袖が浜キャンプ場」の最大の魅力は透明度抜群の透明な海!遠浅なので子どもでも遊びやすいです。夕暮れ時に日本海に沈む夕日は絶景の一言。波の音を聞きながら、夕日を眺める時間はキャンプの醍醐味といえるのではないでしょうか。 こちらのキャンプ場のもう一つの魅力は、輪島市街地へのアクセスの良さ。日本三大朝市の一つである「輪島の朝市」までは徒歩15分、銭湯「常盤湯」までは徒歩10分の距離です。 朝市では、海の幸だけでなくお菓子や雑貨、工芸品など、輪島の魅力がギュッと詰まった露天が並びます。朝市で朝ごはんを仕入れてくるキャンパーや、朝市への拠点としてキャンプ場を利用する人など、そのスタイルはさまざまです。さらに、徒歩圏内に銭湯があることで、シャワーが使えないオフシーズンのキャンプでも、お風呂に困ることがありません。

輪島袖ヶ浜キャンプ場の口コミをブログでチェック!

「輪島袖が浜キャンプ場」に実際に宿泊した方のブログから口コミを紹介します。口コミで多いのが、「ソロキャンプやツーリングにはオフシーズンがおすすめ」というもの。「波の音が大きいので気になる人は眠れないかも」、という口コミも数件ありました。ハイシーズンはファミリーやグループがメインで、オフシーズンはソロやバイカーの利用が多いです。

目の前はこの景色です。それでいながら輪島の市街地がすぐ近くなので、最寄りの銭湯までバイクなら二分、大きなスーパーまでも五分で着きます。諸設備は清潔に管理されていて、夏場以外は無料。まさに死角のない秀逸なキャンプ場です。(中略)

日曜の夜にもかかわらず私の他にライダー五人、チャリダー一人、むろん全員が一人旅です。小さなテントが七つあったわけですが、このキャンプ場なら旅人に人気なのも当然です。そして車は入れませんがバイクは横付け出来るのも嬉しいところです。

こちらのキャンプ場、オフシーズンは無料で宿泊できトイレもきれいに管理されているので、ソロやツーリングキャンパーにとても人気があります。空いていればサイトまでバイクの乗り入れも可能。立地条件が良く買い物やお風呂にも不自由しないキャンプ場で、海を眺めながらのキャンプ時間は最高のひと時ではないでしょうか。

輪島袖ヶ浜キャンプ場の基本情報

住所:石川県輪島市鳳至町袖ケ浜 電話:0768-23-11468(輪島市観光課) 営業期間:7月中旬~8月下旬(それ以外の期間も無料で利用可能だが、一部施設の使用不可) 料金: [宿泊] 1,030円 / 大人 [休憩] 510円 / 大人 [第一駐車場] 500円 / 日 [第二駐車場] 無料 チェックイン / チェックアウト:16:00 / 9:00 詳細はこちら:袖が浜海水浴場キャンプ場

輪島市のキャンプ場④石川県健康の森

輪島市で山キャンプを楽しめるのが「石川県健康の森」です。敷地が広大で、交流センターや科学館、遊具広場や親水広場、林の中の遊歩道などがあり、1日では遊びきれない充実したキャンプ場。ファミリーでの利用者が多く、ペットの同伴も可能です。宿泊施設はコテージやバンガロー、フリーサイトとオートサイトと4タイプから選択可能。キャンプ初心者、ベテランキャンパーのどちらでも快適なキャンプが楽しめます。 総合交流センター内にはコインシャワーや水洗トイレ、食堂など一通りの設備が整っており、ゴミ袋を購入すればゴミステーションで回収してくれます。コインシャワーは使用時間が8:30~17:00までと管理人さんが滞在している時間帯に限られるので注意が必要です。

石川県健康の森キャンプ場での宿泊スタイル

こちらのキャンプ場にはバンガロー、ログハウス、オートテントサイトがあります。ハイシーズンの混雑でオートサイトが不足したときは、芝生広場を臨時のフリーサイトとして使用するスタイル。オートサイト、フリーサイトともに電源設備はありません。オートサイトの1区画の広さは7m×7m。テントとタープを張れますが、大型テントやタープになると、両方は設営できないことがあるので、事前にサイズの確認をしておくと安心です。
定員4~6名のバンガローはAC電源完備ですが、5アンペアなので大きな電化製品ではなく携帯やスマホの充電に使える程度。室内はフローリング床に室内照明が付いただけのシンプルな作りです。室外にはバーベキュー用のU字溝とテーブルが設置されているので、焼き台やテーブルを持って行く必要がありません。少ない荷物で気軽にキャンプを楽しめるのはバンガローならではの魅力です。 バンガローよりもさらに少ない荷物で気軽にキャンプを楽しめるのがログハウス。4人用、7人用、10人用の3タイプがあり、10人用は和風と洋風の2タイプがあります。どれもトイレ、お風呂、流し台、炊飯器などの調理器具やストーブ、扇風機などが備え付け。寝具は持参するか布団リース業者へ事前に予約する必要があります。

石川県健康の森キャンプ場の魅力

こちらのキャンプ場の魅力は、遊具や親水広場などの子どもが遊べる場所が多いこと。周囲には何もない山の中にあるキャンプ場なので、夜には満天の星が眺められるほか、カブトムシやクワガタなどの昆虫採取も楽しめます。総合交流センターでは体験教室や塗り絵が楽しめるので、雨が降っても楽しく気分転換ができます。 もう一つの魅力は屋根付きのバーベキュー舎があり、雨が降ってもバーベキューできること。バーベキュー舎にはテーブル型の焼き台とイスが備え付けで、気軽にバーベキューが楽しめます。使用料は1炉940円。焼き網や鉄板がレンタルでき、炭と薪も購入が可能。ただし、着火剤や食材は販売していないので持参する必要があります。

石川県健康の森キャンプ場の口コミをブログでチェック!

「石川県健康の森オートキャンプ場」に宿泊した方のブログ口コミで多いのは「遊べる設備が沢山あるので子どもが退屈しない」ということ。また、テントサイトの宿泊料が640円とリーズナブルなので、ソロキャンパーからも高評価を得ています。

受付の近くが遊び場で、竹製のとても大きなブランコがあります。これのためだけにわざわざ抱っこ紐持参。キャンプサイトから受付まで、歩いて行きましたが、案外しんどかった。さて、ブランコを堪能。ハイジの気分。これだけ大きいブランコは珍しい。貴重な体験でした。砂場もあります。砂場用おもちゃやソリなど、無料で借りれます。アスレチック的な遊具は2歳の娘ちゃんには厳しい内容でした。

小さな子ども連れキャンプの場合、遊具などの遊べるスペースがあると子どもが飽きることなくキャンプを楽しめます。大きな竹を組み合わせて作られた通称「ハイジのブランコ」や、木製のアスレチック遊具、芝生広場があり、思う存分体を動かして遊ぶことが可能。「ハイジのブランコ」は大人が乗っても楽しめるので、ぜひ体験してみましょう。

石川県健康の森キャンプ場の基本情報

住所:石川県輪島市三井町中長谷12 電話:0768-26-1413 営業期間:4月1日~11月31日 料金: [ログハウス] 12,810円~ / 棟 [バンガロー宿泊] 3,520円 / 棟 [バンガロー日帰り] 1,810 / 棟 [テントサイト宿泊/日帰り] 640円 / 区画 [レンガ炉使用料] 380円 / 炉 [バーベキュー舎] 940円 / 炉 チェックイン / チェックアウト: [宿泊] 14:00 / 10:00 [日帰り] 9:00 / 16:30 [バーベキュー舎] 9:00~20:00 公式はこちら:石川県健康の森キャンプ場

輪島市のキャンプ場で能登を満喫しよう

海の幸や農産物などおいしいものが目白押しの石川県輪島市。観光拠点としてキャンプ場を利用する人も多いです。朝市や道の駅などで地元グルメを仕入れて、キャンプで味わう楽しみもあります。海キャンプが好きな人、山キャンプが好きな人、どちらにも対応している輪島市の3つのキャンプ場を利用して能登を満喫しましょう!
 最終更新日:

あわせて読みたい記事