hinata

>

キャンプ用品

>

リュック・ザック

>

オスプレーの人気モデル「ケストレル」の使い方と魅力を新作モデルと共に紹介!

オスプレーの人気モデル「ケストレル」の使い方と魅力を新作モデルと共に紹介!

キャンプ用品

OSPREY ケストレル 38

出典:Amazon

人気バックパックブランド「オスプレー」。その中でもユーザーからの評価が高い「ケストレル」シリーズ。2019年に入り新作モデルも発表したケストレルの魅力や使い方、28、38、48と展開されるサイズに合わせたレビューまで!ザックの購入を検討しているユーザー必見です!

目 次

オスプレー・ケストレルの特徴・魅力

オスプレーのケストレルの魅力を紹介します。コストパフォーマンスの高さも魅力的なオスプレーは、これから登山を始めたいというザップ初心者や、初めてザックを買いたいと思っている方に最適なブランドです。その中でも機能性や耐久性で特に定評があり、オスプレーの中でも代表的なザックがケストレルです!

ザックは、登山やハイキング、バックパックまで、アウトドアにおいて重い荷物を背負って長い距離や時間を移動する時に欠かせないアイテム。重さや機能性、快適性、デザインなど気になることがあると思いますので、購入する前に知っておいた方がいいポイントを紹介します。

機能的

OSPREY ケストレル 48

出典:楽天

細かい部分までユーザーにとっての使い心地を重視しているオスプレー。荷物を下ろさずにザックの中の物を取り出せるような構造になっていたり、ザックの側面にトレッキングポールを固定するためのストラップが付いていたりと便利な機能が満載です。

背中にあたる面はメッシュパネルで熱を逃がす構造になっており、長時間背負っても背中が蒸れることがありません。また、ウェストハーネスの安定性を高めるベルトも兼ね備えています。ヒップベルトやショルダーベルトは幅と厚みがあるため、つけたときに感じるフィット感が抜群。重量のあるものを支える時にはショルダーベルトやヒップベルトのクオリティーは重要視したいポイントです。

背負い心地がいい

OSPREYのリュック

出典:楽天

オスプレー・ケストレルの魅力は何と言っても背負い心地のよさ!それなりに重さのあるザックですが、フレームは背面にしっかりと沿うように作られている構造です。また、背面長には2種類があります。背面長とは、第七頚椎骨(首の後ろの1番大きく出っ張る骨)から腰骨の上端部分の長さのことです。自分に合ったザックを購入しましょう!

ストラトスとの違いは?

OSPREY ストラトス 36

出典:楽天

同じくオスプレーのシリーズの一つでもある「ストラトス」。ストラストの特徴は軽さとデザイン性です。通気性の良さや体へのフィット感については、ケストレルとストラトスのどちらのシリーズにも定評があります。上記でも紹介してきたような機能性や実用性を重視して選ぶのであれば、ケストレルがおすすめですが、通勤通学用としても使えるザックを探していたり、デザイン性や持ち運びに便利な手軽さを重視したいのであればストラストをおすすめします。

ストラストはバックパックや登山でも使用できる大容量サイズから、ハイキング、タウンユースでも使用できるコンパクトサイズまで幅広いサイズ展開をしていますので、使用用途に合わせて選択してみてください。

容量は38Lと48Lの2種類

OSPREY オスプレー ケストレル 28

出典:Amazon

  • 38L…小屋で1泊する登山や荷物を多く持参したい時の日帰り登山、またハイキングに適応したサイズ。ケストレル38くらいの容量があると、テントを持参できます
  • 48L…山小屋などの2~3泊登山や旅行などで荷物が少し多くなるユーザー向きのサイズ。ケストレル48になると大きな荷物も気にせずに、どんどんと簡単に詰め込めます。テントを持参したり、荷物が多い人には最適な大きさです。

山小屋1泊登山に適したケストレル38はテント泊に使えます。38Lもあれば持ち運ぶ荷物の内容次第でテント泊も可能です!今まで小屋へ宿泊していたユーザーもテント泊が可能になることで、アタックする山の幅が広がります。

女性モデルは「カイト」

 OSPREY オスプレー カイト 46

出典:Amazon

カイトとはケストレルに女性専用設計のショルダー/ヒップベルトを採用したモデルです。38Lと48Lの2種類から販売しています。下部アクセスジッパーや着脱式スリーピングバッグストラップも追加しているため、細かい機能が増えてとても便利。背負うと、頭が少し隠れる程度の大きさです。

オスプレー・ケストレルの使い方

OSPREY ケストレル38

出典:楽天

ケストレルには様々な機能が隠れています。あったら便利だな、、、と思う機能がたくさんあるケストレルの上手な使い方を教えます。

フロント

まずは、フロントメッシュポケット。登山やハイキングの際、天候や気温が目まぐるしく変化していく中で、上着や着替えをザックの中から取り出すのは面倒な作業です。ザックを下ろしたり背負ったりすることは想像以上に体力を消耗します。その手間を防げるのが、このフロントメッシュポケット。大型のメッシュポケットで伸縮性もあるため上着を入れておいたり、汚れた服を入れたりすることが可能です。

フロントメッシュポケットの脇のあたりにはデイジーチェーン、反対側にはバンジーコードとループが付いています。デイジーチェーンはナイロンでできた輪っかのようなもの。ここにカラビナやベルトを付けることでギアを、バンジーコードを利用してピッケルなどのツールを持ち運ぶことができます。そしてフロント部分の底の方にあるポケットにレインカバーが内蔵されているところも見逃せないポイント!

サイド

1つ目は大きなメッシュポケット。このポケットの上部にはストラップも付いています。テント用のポールをストラップに固定してメッシュポケットに差し込むことで安全に持ち運ぶことができます。メッシュポケットは大きさもあるので、タンブラーに入れた飲み物を入れておいても便利です。

背面

ハイドレーションパックを入れるスリーブ付きなので、ハイドレーションを出し入れすることで、背負ったときの重量バランスを保てます。

その他

何かと便利なのがヒップベルトに付いているポケット。邪魔にならない適度な大きさです。休憩の時に食べるようなお菓子や小物の収納に使うことができます。そして、オスプレー独自の「ストウオンザゴー」。肩ベルトのところに付いている輪っかです。見逃してしまいそうなポイントですが、実はこの輪っかがあることで、ザックを背負ったまま一時的にトレッキングポールを取り付けることが可能。

オスプレー・ケストレルを紹介

2019年に入りオスプレーからケストレルの新作モデルが発表されました。今回は38と48の2サイズのみで、28は販売されていません。

商品名ケストレル38ケストレル48カイト36カイト46
写真
容量S/M=36L
M/L=38L
S/M=46L
M/L=48L
S/M=34L
M/L=36L
S/M=44L
M/L=46L

オスプレーのケストレルでアウトドアに出かけよう!

出典:Pixabay

使用シーンに合わせてサイズを選択することができるケストレル。今まで大きなバッグを抱えてキャンプへ行っていたユーザーも、オスプレーのケストレルに荷物を詰めて快適なキャンプや登山へ出かけてみてはいかがでしょうか。今までのアウトドアスタイルがまた一つ広がるかもしれませんよ。

今回紹介したアイテム

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事