デザインや種類が豊富!JanSportリュックの特徴や魅力を解説

 ファッション

リュックと小物

出典:Pixabay

通学や通勤、さらにはプライベートなどで、リュックサックを利用する人は多いのではないでしょうか。リュックと一言で言ってもさまざまなブランドがあり、価格やデザイン、大きさは多岐にわたります。今回は、数あるリュックの中でもJanSportのリュックの特徴や魅力について解説します。


 目次


JanSportの人気の秘密

ジャンスポーツのリュック    

出典:楽天

JanSport(ジャンスポーツ)は、アメリカ発のキャンプ用品ブランド。1967年にシアトルで誕生しました。デイパックやアウトドアバッグ、ビジネスバッグなどのリュックサックが有名です。そんなJanSportのリュックサックの特徴としては、以下のような3つのポイントが挙げられます。

・種類の豊富さ
・コストパフォーマンスの良さ
・デザインの豊富さ

【種類の豊富さ】
JanSportのリュックは、日本だと学生や若い人が使っているイメージがあるかもしれません。しかし、タウンユースに向いている商品やコーディネートに合わせやすい商品もあります。また、高品質なリュックはビジネスパーソンが利用しても全く違和感なし。また、耐久性と機能性を備えたアウトドア用のリュックも展開しています。このように、JanSportのリュックは、ビジネスからアウトドアまで幅広い用途に対応したリュックを展開しているのが特徴です。

【コストパフォーマンスの良さ】
JanSportのリュックは、安いものだと5,000円台で購入できるものもあるため、学生をはじめとして若い人でも購入しやすいのが特徴。高いものでも1万円台が中心となっているため、決して手が届かないわけではありません。リーズナブルな価格である一方で、A4サイズの書類やパソコンが収納できる収納力の高さを備えています。また、商品によってはポケットが複数個ついているものもあるなど、コストパフォーマンスが非常に高くなっています。

【デザインの豊富さ】
JanSportのリュックは無地のシンプルなものから柄物、さらにはセレクトショップとのコラボ商品など、デザインの数が非常に多いのが特徴です。また、同じデザインのものでもカラーバリエーションが豊富なため、自分の好みのリュックを見つけることができます。デザインやカラー次第で、大人っぽいコーディネートからカジュアルなコーディネートまで幅広く対応可能。そのため、学生だけでなく大人が購入しても十分に活躍してくれるでしょう。リュックの場合、街中で同じデザイン、同じカラーのものを見かけることがありますが、JanSportはその可能性がほかのブランドに比べても低いと言えます。

JanSportのリュックの豆知識

ジャンスポーツのリュックを背負った人    

出典:Pixabay

JanSportのリュックには、さまざまな種類があり、種類によってデザインや機能が異なります。ここでは代表的な種類として以下の6つについて紹介します。

・スーパーブレイク
・ライトパック
・ビッグスチューデント
・クールスチューデント
・バーグマン
・デジタルコレクション

【スーパーブレイク】
スーパーブレイクはJanSportの中でも最もポピュラーなリュックの1つ。このスーパーブレイクは、スクールバッグの革命児としてアメリカをはじめとして世界中で売れています。リュックは、軽めでA4サイズの書類をすっぽりと収納することがで可能。デザインはシンプルですが、カラーバリエーションも豊富で、柄物などもあるのも特徴です。

【ライトパック】
ライトパックはリュックの底面にスウェードレザーを採用しているタイプの商品です。底面は負担がかかる部分なので、そこをレザーにすることで耐久性を高めています。さらに、底面以外の部分もナイロンよりも高強度のコーデュラという素材を使っているため、たくさんの荷物を持ち運ぶ人、屋外で使用する機会の多い人にもぴったりです。

【ビッグステューデント】
「ビッグ」という名前の通り、高い収納力を有している大容量リュック。教科書やお弁当など荷物の多い学生さんでもしっかりと収納できます。また、開口部分が大きいため、荷物を取り出しやすいのも大きなポイント。カラー次第でビジネスパーソンでも利用できます。1泊2日などのちょっとした旅行などにも対応できるので、さまざまな場面で役立つことでしょう。

【クールスチューデント】
大容量のビッグスチューデントに対して、クールスチューデントはドローコードやフェイクレザーを使っており、よりクラシックな印象のアイテムです。ちなみに、収納力はビッグスチューデントと同程度ですが、価格はクールスチューデントの方が若干高くなっています。

【バーグマン】
ここまで紹介した4種はいずれもファスナータイプのリュックでしたが、バーグマンはフラップ型(ふたがついている)タイプのリュック。フラップ部分はマグネットになっています。取り外し可能なポーチがついていたり、15インチまでのパソコンが収納できたりと機能性も十分です。

【デジタルコレクション】
デジタルコレクションは、スマートフォンやタブレット端末、パソコンなどのデジタル機器を持ち歩く人が多くなっていることから作られたリュック。デジタル機器の収納機能と保護性能を備えています。また、商品によっては電源コードの収納スペースも用意されています。

使い勝手抜群!オススメのJanSportのリュック3選

まとめ

この記事では、JanSportのリュックが人気の秘密から豆知識、おすすめの商品などについて解説しました。JanSportのリュックは、種類が豊富でカラーバリエーションも豊富ながら、高い収納力や機能性を備えるなどコストパフォーマンスにも優れています。コーディネートにも取り入れることができるので、学生の方をはじめとして社会人の方にもおすすめです。


あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪