自然でリアル!臨場感があるニコンの双眼鏡おすすめ5選

 キャンプ用品

紅葉した秋の木々

出典:kanegen / flickr

カメラや双眼鏡で有名な「ニコン」は、日本を代表する光学機メーカー。高い光学性を備え、自然でリアルな世界を切り取ってくれるレンズが人気です。ここでは、世界にファンが多い「ニコン」の双眼鏡に焦点をあて、その魅力を解説します。アウトドアファンにおすすめの双眼鏡5選も紹介しますよ。


 目次


「ニコン」ってどんなブランド?

スタジアムの写真    

出典:kanegen / flickr

「ニコン」は三菱グループの一角をなす大企業であり、光学機器メーカーの代表格の一つです。創業から1世紀以上にわたって光学系一筋にしぼって続けられた研究は、高度な技術を生み出し、世界的な評価へとつながっています。

「ニコン」の企業理念は「信頼と創造」。光学技術を通して社会に邁進しようという思いから、光の可能性に挑み続けてきた歴史が、今の「ニコン」の製品を作り上げてきたのです。現在では、一眼レフカメラやフルサイズミラーレスカメラ、光学医療機器などでも名を馳せている「ニコン」ですが、1917年の創業時に初めて手がけたのは、双眼鏡でした。

創業時の社名は、「日本光学工業」。ドイツ人技師を招いて生み出した超小型双眼鏡「ミクロン4x」「ミクロン6x」は今もなお愛され続けています。1946年、小型カメラに「ニコン」と名付け、これがのちのブランド名となりました。

「ニコン」ブランドへの信頼感を裏切らない品質の高さが、世界各地に「ニコン」ファンを増やしている理由です。

「ニコン」の双眼鏡の特徴

「ニコン」の双眼鏡は、さまざまな用途に合わせて幅広い製品の中から選べることが特徴です。ラインナップが充実しており、「天体観測」「バードウォッチング」「スポーツ観戦」「航海や研究向け」など、多種多様な双眼鏡が用意されています。

コンパクトさが魅力の「スポーツスター」や「トラベルライト」、高性能・高耐久でハードな使用にも耐えられる「モナーク」「プロスタッフ」など、さまざまな製品の中から、これといった一品を選びだすのも、楽しみのひとつです。

価格もさまざまで、5千円から1万円ほどのコンパクトタイプ、2万円以下のバードウォッチング向け、3万~5万円ほどの天体観測向け、20万円を超えるようなフラッグシップモデルなどがあります。ただし、各用途でハイグレードモデルも用意されており、お財布と目的に合わせて選択できます。ここで挙げた価格はあくまで目安ですので、ご注意ください。

「ニコン」の双眼鏡が世界的なシェアを誇るのは、「ニコン」独自の多層膜コーティングレンズがあるから。「ニコン」のレンズは、レンズに光が入る際の反射を防止するため、何層にもわたってコーティングが施されており、反射光が減少しているのです。

これによって透過率が上がり、明るさが生まれているわけです。対象物が自然でリアルに見えるのは、こうしたレンズのおかげなのですね。眼で見たままを双眼鏡の中に実現できる「ニコン」の双眼鏡の強みを、ぜひ実感してみてください。

「ニコン」ブランドの質の高さを実感できる双眼鏡5選

ニコンの双眼鏡で綺麗な景色を眺めよう!

「ニコン」の双眼鏡は、バリエーションが豊かで、用途に合わせて選べるのがメリットです。カメラメーカーならではの質の高さで、視界が明るくクリアなため、アウトドアでもいろいろな楽しみ方ができます。

登山やキャンプなどに持参すれば、よりいっそう美しく明るい世界が広がることでしょう。遠くで揺れている高山植物や満天の星などを眺めるのにぴったりの「ニコン」の双眼鏡を、ぜひ手に入れてください。

「ニコン」の双眼鏡のラインナップは、国産メーカーとしては群を抜いた充実ぶり。あなたの「ほしい」に応えられる機種が必ず見つかるはずです。


あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

キャンプ小物

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪