キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

ガーデンパラソルのおすすめ5選!広い庭で優雅に過ごせる!

ガーデンチェアとパラソル

出典:Pixabay

ガーデンパラソルは、自宅の庭でティータイムを楽しむとき、キャンプで日陰を作るときなどに便利なアイテムです。倒れないよう、ベースにはある程度の重さが必要。また、本体の重量もそれなりにあるため、大きさなどと合わせてチェックしましょう。今回は、おすすめのガーデンパラソルをご紹介します。

気持ち良い日陰を作ってくれる、ガーデンパラソルの魅力

バルコニーに設置されたパラソル

出典:Amazon

広い庭に大きく優雅なガーデンパラソル。日陰でゆっくりとティータイム。心休まり、気持ちの良いひとときですよね。ガーデンパラソルの多くは、傘の部分の角度が変えられるようになっているので、日の傾きに合わせて少しずつ角度を変えながら、常にちょうどいい日陰を作ることができる点が特徴です。

パラソルの下は涼しいですね
木はオーク材を使っていて
がっしりとしています
パラソルの布地は
防水加工がされていますので
少しくらいの雨でも平気です。

強い日差しや小雨などを遮ってくれるパラソル、屋根がない場所でもアウトドアを快適にしてくれますね!

お家だけでなくアウトドアでも活躍!

名前の通り、庭で使うことの多いガーデンパラソルですが、アウトドアやビーチでの日よけとしても使用できます。小型のサンシェードにプラスしてガーデンパラソルもあると、直射日光にさらされず、サンシェードの中も涼しくなるので荷台に余裕があれば一緒に積んでいきたいアイテムです。

遮光もパラソルが大きく
遮る範囲が多いので快適です。

ガーデンパラソルは、傘の部分が大きく遮光の範囲が広いのも大きな魅力ですね。この方は釣りで使用されていたそうですが、釣りのように長い間同じ場所にいる場面でも、ガーデンパラソルがあるとずいぶん身体が楽になります。

ガーデンパラソルを選ぶ時の5つのチェックポイント

庭に設置されたガーデンチェアとパラソル

出典:Amazon

日差しの強い時期にあると心強いガーデンパラソルですが、選ぶポイントは5つあります。 ①大きさ アウトドアに持ち運ぶものは小さめのサイズがおすすめ ②本体重量 本体もある程度重みがある方が安定する、持ち運びたい場合はどこまでの重量なら許容できるか考える ③ベースのタイプ ベースそのものに重みがあるタイプか、砂利などを詰めるタイプか ④ベースとセットの商品にするかどうか ベースにこだわりがなければセットでも問題なし ⑤柄の場所 端にあるタイプの方が使い勝手がいいが重量が重くなる傾向に

口コミをチェック!

希望通りの物が届きました。重りの小石入れるのが大変なので2人作業をオススメします。

大型のガーデンパラソルは、ベース部分に水や石などを詰めて重みを出す製品と、ベースそのものがある程度重みのあるタイプがあります。アウトドアで持ち運びを前提とする場合は、本体重量が軽く、ベースは後から水や砂利を詰めて重みを増すタイプが扱いやすくおすすめです。また、傘の柄が真ん中にあるより端にある方が使い勝手はよいのですが、重量が許容範囲かどうかは必ず確認しましょう。

ガーデンパラソルのおすすめ5選!アウトドア向きの物を中心に厳選!

ここからは、ガーデンパラソルのおすすめ商品を紹介します。サイズは200~300cmまで、アウトドア向きのものを選んでいますので、自分の用途に合いそうな商品をチェックしてください!

ガーデンパラソルで日差しから守る夏に

ガーデンパラソルのおすすめ商品をご紹介しました。どのガーデンパラソルも、設置するときはベースをしっかり重くして、安定するように注意してください。笠の部分が直径3mあれば十分な広さですが、重くて本体の持ち歩きが大変という場合は、重量の比較的軽いガーデンパラソルを選ぶようにしましょう。
こちらの記事もチェック!▼

今回紹介したアイテム

商品画像キャプテンスタッグ ガーデン UVカット2段パラソルタカショー ハンギングパラソル 2.5m クールベージュFIELDOOR アルミ製 ガーデンパラソル東谷 AZUMAYA ガーデンパラソル不二貿易 ハンギングパラソル
商品名キャプテンスタッグ ガーデン UVカット2段パラソルタカショー ハンギングパラソル 2.5m クールベージュFIELDOOR アルミ製 ガーデンパラソル東谷 AZUMAYA ガーデンパラソル不二貿易 ハンギングパラソル
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事