ターボライターはキャンプの必需品!アウトドアにおすすめの6選

 キャンプ用品

枯れ葉に火を起こそうとしている様子

出典: Thomas_Zsebok_Images / ゲッティーイメージズ

屋外で火をつけるシーンは、キャンプや花火など意外にあります。風にあおられて消えてしまい、なかなかつけられないと楽しい気分も台なしです。そんなシーンに最適なのが、風の影響を受けにくいターボライター。その仕組みやおすすめのアイテムをご紹介していきます。


 目次


ターボライターを使うメリット

ターボライターの魅力は、何といってもその高い着火性能・耐風性能です。強い風の中でも確実に火がつけられるため、屋外の過酷な環境の中でも目的を果たすことができます。そして、燃焼効率が良いので、一度燃料を充填すると比較的長く使用することが可能です。また、炎が高温なので燃焼力が強く燃やしたいものにすぐに火がつきます。

さらに、ターボライターの中には気圧の変化に強いタイプも多くあります。登山など標高の高い場所での着火でも、気圧や風の影響を受けずに火がつけられるのは頼もしい限りです。メンテナンスにもさほど手間がかからず、扱いやすいといえます。

ただ、耐久性については外側の材質にもよるため、よりハードな状況で使用する場合には、選び方に注意が必要です。

ターボライターの仕組みと注意点

ターボライターは、内燃式ガスライターとも呼ばれ、その名称のとおり燃焼筒内部でガスを燃焼させる仕組みです。内部で燃焼率の高い混合ガスとなるため、完全燃焼が起こることで消えにくい炎が生まれます。燃焼力が強いため、ライターを横にすると炎もそのまま放出されます。キャンプなどで火おこしをする際、横向きに火をつけたいときでも便利です。

ターボライターの炎には、細長いニードル状と幅広いフラット状があります。用途に従って選ぶと使い勝手が良く、よりストレスがありません。ターボライターの炎は温度が高いため、明るい日ざしの中では見えづらくなります。燃焼温度が高いので、かする程度でも延焼してしまいます。扱いには注意をはらい、やけどなどには十分に気を付けなければなりません。

アウトドアを快適に過ごすためのターボライター6選

風の影響を受けづらいターボライターをキャンプで使おう!

ターボライターはその構造上、燃焼率が高く高温の炎が噴き出す仕様となっています。アウトドアや登山などの過酷な自然環境の中でも、しっかりと点火ができ、非常に頼りになる一品です。電子式など新しいタイプが増えてきており、ターボライターの種類にも進化が見られます。

スタイリッシュなデザインを選べば、日常とキャンプといった両方のシーンで使えるので、愛煙家もきっと満足できるでしょう。


あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

キャンプ小物

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪