キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜もっとそとが好きになる〜
プラズマライターの着火シーン

プラズマライターおすすめ20選|USB充電式の便利なキャンプギア

※本記事には一部プロモーションが含まれます

風が強い日にライターを使いたいけど、火が安定しなくて使いにくい!そんなときは、電気の力で着火する電子ライター「プラズマライター」がおすすめ。USB充電式で繰り返し使える、環境にやさしいアイテムです。この記事では、プラズマライターの選び方やおすすめを紹介。メリットデメリット、使用上の注意点を知りたい人はチェックしてみましょう。

プラズマライターとは?

プラズマライターとは、電気を使用して火を付ける、炎が立たないライター。USBで充電して使えるため、USBライターとも呼ばれることも。安全に着火できるエコでスマートなライターとして近年注目を集めています。

メリットとデメリット

プラズマライターには、ガスやオイルを使用したライターやマッチにはないメリットがあります。まず挙げられるのは充電することで繰り返し使えるところ。一般的なライターと比べても圧倒的に長持ちするので、長く愛用できます。 風や湿気の影響を受けにくいので、アウトドアで使いやすいのもうれしいポイント。ガスやオイルを使わない安全性の高さも魅力といえるでしょう。 一方、充電式は便利な反面、手間がかかるところがデメリット。外出先で充電が切れると使えなくなってしまうので、小まめに電池残量を確認しなければなりません。また、火力は弱めでバーナーのようには使えない点や、放電部分に触れると感電の恐れがある点も覚えておきましょう。
メリット・充電することで繰り返し使える ・ガス、オイル不要のため安全性が高い ・操作が簡単 ・ゴミが出ないので環境にやさしい ・風や湿気の影響を受けにくい
デメリット・充電の手間がかかる ・感電のおそれがある ・火力が弱い

プラズマ式と電熱式の着火方法の違い

プラズマライターは、高電圧スパークによって着火される仕組みを採用しています。着火まで時間がかからず、手早く火をつけられるのが魅力です。 プラズマライターとよく似た電子ライターに「電熱式」の製品もあります。これは電熱コイルを用いて火を着ける仕組みを採用しており、着火まで1〜2秒ほど時間がかかります。 アウトドアシーンではよりスムーズに着火できるプラズマライターがおすすめ!ランタンへの点火や薪の火起こしで活躍すること間違いなしです。

プラズマライターの選び方

プラズマライターの選び方を3つのポイントにわけて解説します。

充電時間と使用可能回数をチェック

充電にかかる時間も確認しましょう!短時間で充電できるもののほうが使いやすく便利です。また、プラズマライターは充電することで半永久的に使用できますが、1回の充電でどれだけ使用できるかは商品によって異なります。 電源がすぐに確保できる場所で使用する場合はあまり心配しなくても良いですが、バーベキューやキャンプなどのアウトドアで使用する場合は、1回の充電で着火できる回数が多いものが好ましいです。

大きさや形は使用シーンに合わせて

プラズマライターはスリムタイプやジッポ風のものなどさまざまな形状があります。キャンプやバーベキューではトーチ型のライターがおすすめ!持ち手が長いので、着火剤や蚊取り線香などにも点火しやすいです。 持ち運びやすさを重視するならキーホルダータイプも便利。プラズマライターは使い捨てライターに比べて形やカラーが豊富なので、好きなデザインの製品が見つかるはずです。

電池残量が表示されるタイプは便利

プラズマライターを選ぶときは、機能面もチェックしましょう。 電池残量が表示されるものなら、急な電池切れを防げます。プラズマライターの表面・側面で確認できるモデルが多く、充電タイミングを考えながら使用可能です!

コンパクトでおしゃれ!ジッポ型のおすすめプラズマライター

コンロに火をつけやすい!トーチ型のおすすめプラズマライター

プラズマライター使用上の注意点

充電式で繰り返し使える便利なプラズマライターですが、注意しなければいけないポイントがあります。万が一の事故を防ぐためにも、注意点や危険性について知っておきましょう。

感電のおそれがある使用方法は?

プラズマライターの着火口から出る光は、高電圧の電気のため、絶対に触れてはいけません。スタンガンと同じ原理で、強烈な痛みを伴います! 取扱説明書に沿って使用し、事故や危険につながる行為を控えてください。 下記に該当する行為は、非常に危険なのでやめましょう。
  • 電着部や光源に触れる
  • 濡れた手でプラズマライターを使用する
  • 光源を体に押し当てる
  • 電着部に指を挟む

平均的な使用寿命は?

プラズマライターの寿命は商品や使用方法によって異なりますが、一般的に30,000回程度の着火が可能です。 長期間に渡って使用することができますが、充電方法や頻度によって、内応バッテリーの寿命は変わります。あくまで目安として考え、アウトドアシーンなどで使用する際は、作動状況を事前に確認しておきましょう!

おしゃれで機能的なプラズマライターを見つけよう

電子ライター

出典:PIXTA

手軽で安全なだけでなくプラズマライター!おしゃれなデザインのものも多く、所有欲も満たしてくれます。長く使えるので、この記事を参考にお気に入りのアイテムを見つけてみてくださいね。

今回紹介したアイテム

商品画像カーリ LOIMU XPOWERGORMOLO 電子ターボライター USB充電式マクロス USBチャージライター Coonorse プラズマ ライターlucarko プラズマ ライターusb GORMLHO USBプラズマライター 第二代充電式USBTenfel 電子ライターGORMLHO プラズマライター USB充電式BABOBIU ターボライターTIKIUKI プラズマライターカーリ LOIMU X2GORMLHO プラズマ ライターレイディア キャンドルライター アレクテック キャンドルライターレビール オブ リバー プラズマトーチANCL プラズマライターJielimei プラズマライターUSK ストア プラズマライタークロノワールド プラズマライターサファイア 電子ライター
商品名カーリ LOIMU XPOWERGORMOLO 電子ターボライター USB充電式マクロス USBチャージライター Coonorse プラズマ ライターlucarko プラズマ ライターusb GORMLHO USBプラズマライター 第二代充電式USBTenfel 電子ライターGORMLHO プラズマライター USB充電式BABOBIU ターボライターTIKIUKI プラズマライターカーリ LOIMU X2GORMLHO プラズマ ライターレイディア キャンドルライター アレクテック キャンドルライターレビール オブ リバー プラズマトーチANCL プラズマライターJielimei プラズマライターUSK ストア プラズマライタークロノワールド プラズマライターサファイア 電子ライター
商品リンク


あわせて読みたい記事