愛され続けるモスのテント、MOMAも認めたそのデザイン性

 キャンプ用品

テントで寛いでいる様子

出典:ronstik / ゲッティーイメージズ

アウトドア好きやキャンプ好きの方は多くいますが、そうしたアウトドアファンやキャンパーの心をとらえて離さないモスのテント。残念ながら現在では手に入れにくい貴重品となっています。なぜ、そこまで人気があるのか、モスの人気の秘密に迫ります。


 目次


モステント人気の秘密

朝焼けに照らされたテントの写真    

出典:Pixabay

モスのテントというと、多くのアウトドアファン垂涎のアイテムといわれています。もちろんテント自体の良さは語るまでもないのですが、人気に拍車をかけているのが、そのレア加減でもあるのです。なぜなら、モスのテントは現在では入手困難な貴重品となっているからです。モスのテント部門は2001年に買収され現在では販売されていません。

しかし、その機能性やデザイン性から欲しがるキャンパーが多く、いまなお注目されています。「スーパードーム」や「スターレット」「オリンピック」など、その美しいフォルムが夜景にも映え、独特の景色を作り出します。

また、ベージュや赤といった暖色系の色合いが多く使われていますが、暖色は精神的にも安定する色といわれています。心地よい色に包まれることで、そこにいる人たちの心を落ち着かせてくれるのです。

美術界にも認められたMossのテント

草原に張ってあるオレンジ色のテントの写真    

出典: andreusK / ゲッティーイメージズ

Bill Moss といえばテントデザイナーの神ともいえる人物です。レイトン学校でアートを学び、クランブルックアカデミーでもまたアートを学びました。そして、フォードへの在籍中は「ステーションワゴンリビング」という名のポップテントの設計などを手がけました。当時、Mossのデザインをきっかけにキャンプブームが巻き起こり、1960年にはデザイン事務所を設立。1975年にはMoss tent worksを設立します。

かつてないような先進的なデザインのテントを考えたMoss、ドーム型テントを初めて作ったのも彼と言われています。アートを学んだMossならではのアーティスティックなテントはMOMA(ニューヨーク近代美術館)にも収蔵されたことで、美術界でもデザイン性を認められました。

今なお愛され続けるモスのテント

山の中に一つ張ってあるテントの写真    

出典: EduardSV / ゲッティーイメージズ

愛され続けるモスのテントを2点ご紹介しましょう。

・MOSS BIG DIPPER
ビッグディッパーは20年前でも国内では入手困難と言われたテントです。風に強い独自の構造を持ち、単にアウトドアというよりはむしろ山で利用することを想定したといわれています。前室があるものとないものがありますが、前室があるものは、調理をしたり荷物を置いたりするスペースもあり、使い勝手は抜群です。もちろんなくてもその人気は変わらずです。

ビッグディッパーの特徴はなんといってもデザイン性でしょう。大きな花が開いたようなデザインは開放感を味合わせてくれます。メッシュ付きの天窓もより開放感を演出してくれるでしょう。

・オリンピック
1983年に発売された、やはり花のようなデザインのテントです。前後に一つずつ付いたドアが開放感を感じさせてくれます。居住空間は広く快適に過ごすことができるでしょう。モスならではのデザイン性に富んだ独特のフォルムは大自然の景色と軽妙にマッチします。

さまざまなシーンにマッチする美しいデザイン。女性にも好まれるわけですね。

モスのテントはどうやって手に入れる?

貴重品ゆえに余計に欲しがるキャンパーも多いであろうモスのテント。それではどうやって手に入れたらよいのでしょうか?モスの熱烈なファンは、今なお入手方法を模索しています。いくつか入手方法をご案内します。

1.ネットで購入
Amazonでも中古品として売られていることもあるのですが、こうしたアイテムはどちらかというとメルカリやヤフオクといったところで出回ることが多いようです。5万前後の品が多く、高いものでは20万ほどで売られています。モスのテント部門が売却されてからすでに20年近くが経過していますので、新品の入手はさすがに困難ですが、どうしても欲しいという方はチェックしてみましょう。

2.アウトドア専門店で購入
大手というよりは地域に密着した店舗に出回ることが多いようです。ショップの経営者やスタッフと親しくなっておくことで、入荷情報を手に入れることができるかもしれません。

まとめ

デザイン性・機能性に富み、MOMAの永久収蔵品にまでなったモスのテント。アウトドアファンやキャンパーの心をとらえて離しません。現在では入手困難なモスのテントですが、どうしても欲しいという方はネットなどで購入する方法もあります。絶対手に入れたいという方はぜひともチェックしてみてください。


あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

アウトドアブランド テント

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪