ザ・ノース・フェイスのヌプシ・ブーティーおすすめ6選【おしゃれ】

 ファッション

雪の中を歩くブーツ

出典: Vaivirga / ゲッティイメージズ

ザ・ノースフェイスのヌプシ・ブーティーシリーズ。足元を暖かく保ってくれるブーツです。さまざまなバリエーションがあり、タウンユースもOKなおしゃれなデザインで人気を集めています。今回は、そんなヌプシ・ブーティーシリーズの魅力とおすすめの商品をまとめました。


 目次


ザ・ノースフェイスのヌプシ・ブーティーシリーズの魅力

ヒマラヤ山脈のエベレスト西南にある山の名前が由来の「ヌプシ」シリーズは、「ザ・ノースフェイスの代表的なモデルのひとつです。暖かいブーツやダウン類が多くラインナップされていますが、その中でもブーティー(ブーツ)はさまざまな種類があり、デザインや機能性を自分の好きに選べる点が魅力です。

とても軽い履き心地で、雪の中を歩いていても中まで水が入ってこず保温性も高い、という機能性の高さは、さすがノースフェイスといえます。機能性の高さだけでなく、タウンユースでもまったく問題ないおしゃれなデザインも見事です。

メンズ・レディースだけでなくキッズ用もあり、家族全員でおそろいにできますので、アウトドア好きのファミリーにもおすすめします。

履いて歩けるこたつです!
本当に感動もの。
軽くてあったかくて羽毛ぶとんを足にまとってる感覚。
ふわっふわで包まれてる感がすごい。
中綿でボアじゃないから超軽い。(中略)
雪の日・雨の日に使って染みてきたことありませんっ(中略)
全然ヘタレないし、破れもしないよ。(中略)1万5千円ぐらいしたけど完全に元とってる。

BUBBLISM BLOG.

「丈夫でいつまでも履ける」という高品質な作りは、とても魅力的ですね!軽い履き心地だと、アウトドアで動き回っても疲れにくくなります。冬もアクティブにアウトドアを楽しむ方にとって、ヌプシのブーティーシリーズは非常に頼りになる存在です。

ヌプシ・ブーティーの特徴と選び方

落ち葉の中のヌプシブーツ    

出典:mitsu ue / flickr

ヌプシのブーティーシリーズには、さまざまな種類があります。「WP」と記載があるものはウォータープルーフ機能があり、中に水を通さないという特徴を持っているので、冬のアウトドアに最適です。

ウールなどWPと書かれていないタイプは、防水性能がそこまで高くないため、冬場のテント内で履く部屋履きとして利用するという人もいます。また、タウンユース用として利用するのもいいでしょう。

ヌプシのブーティーシリーズ全体にいえますが、「普段履いているサイズよりもひと回り大きめのサイズを選ぶとちょうど良かった」という評判も散見されます。サイズをどれにするか迷ったときの参考にしてくださいね。

サイズは一回り大きいものを。(中略)
つま先に空間が生まれますが、足を入れる際はそこそこギリギリだったので、ワンサイズ上にして正解でした。
歩きやすさでは問題なく、逆に脱げることもありませんでした。

しーノート

ワンサイズ上の商品を選ぶと、つま先に少し空間ができてしまいますが、履くときはちょうど良いとのこと。注意しないといけない部分です。ワンサイズ上にしても歩きやすいそうなので、サイズを選ぶ際は、念頭に置いておくといいでしょう。

かわいく機能的なザ・ノースフェイスのヌプシ・ブーティーおすすめ6選

ここからは、ザ・ノースフェイスのヌプシ・ブーティーおすすめ商品を6つ紹介します。自分の用途に合った商品を選んで、ウィンターシーズンのアウトドアでも、足元を快適にしてくださいね。

まとめ

ザ・ノースフェイスのヌプシ・ブーティーシリーズは、冬のアウトドアや街歩きで、足元を暖かく保ってくれる魅力的なブーツです。ウォータープルーフ仕様ならどのようなシーンでもOKですが、ウールなどウォータープルーフ対応のない製品も、街歩きで大活躍してくれます。この冬は、ヌプシのブーティーで足元あったかなお出かけを楽しみませんか?


あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪