防水スプレーおすすめ20選!雨の日をもっと快適に!

 ファッション

防水スプレーの画像

出典:Amazon

雨の日を快適に過ごすために、靴やスニーカー、衣類に防水スプレーを使用する人も多いでしょう。どんな防水スプレーが効果的なのか?素材との相性は?防水と撥水の違いは?今回は、防水スプレーの選び方や正しい使い方、アメダスなどのおすすめの防水スプレーをご紹介します!


 目次


防水スプレーの選び方

靴に防水スプレーをする様子

出典:Amazon

防水スプレーは大きく2種類!

防水スプレーは、大きく分けて2種類あることをご存じでしょうか?一般的に多く使われているのは「フッ素系スプレー」で、繊維の一本ずつをコーティングして、素材の通気性を損なわずに防水するもの。そのため対応できる素材も多く、大体のものに使えますが、持続力が少し弱いのがデメリットとも言えます。

もうひとつの「シリコン系スプレー」は、持続力が高く、素材の表面に被膜を作って、全体にシールドを張ることで防水します。スプレーをかけることで、表面の艶や滑りが良くなる効果もありますが、素材の通気性を塞いでしまうため、皮革製品などには使わないようにしましょう。

防水スプレーと撥水スプレーに違いはある?

「防水」とは、水を裏側まで通さないことで、水の通り道を塞いで生地への水の浸透を防ぎます。対して「撥水」とは、生地の表面で水を弾くことで、コロコロとした粒状の水となって弾きます。しかし、一般的に普及しているスプレーは、防水と撥水にそれほど違いがないという情報もあります。それぞれの成分を理解し、素材や用途に合わせて使い分けることが大事です!

革靴向け!防水スプレーおすすめ5選

ここでは、革靴に使える防水スプレーおすすめ5選を紹介します!

撥水している革靴の様子

出典:Amazon

皮革を傷めない!

革靴も起毛皮革もOK!

革のツヤを出すなら!

スエードやヌバックなどの起毛革専用!

スエードの質感キープも叶う!

スニーカー向け!防水スプレーおすすめ3選

ナイキのシューズ

出典:楽天

スニーカーに特化した防水スプレー

スタイリッシュなデザインが特徴的!

シューズ用防水スプレー!

革靴、スニーカー両方に使える!防水スプレー2選

革靴とスニーカーの両方を持っている方ならまず、どちらのタイプも使える1本を持っていると安心です。雨のときのために備えておきましょう!

アメダスの防水スプレーと靴

出典:楽天

人気のアメダス!

万能な靴用防水スプレー

ゴアテックスに使用できる!防水スプレーおすすめ3選

高い防水透湿機能を持つゴアテックスですが、経年劣化によりどうしても防水機能が落ちてきてしまうこともあります。機能性を復活させるには防水スプレーを使うのも手ですが、ゴアテックスに使えるスプレーは限られています。そんなゴアテックスでも使える防水スプレーを紹介!

安定した噴霧が可能

コロニルの上位モデル

風合いを保てるオールマイティーなアイテム

長年使用してても復活!傘向けの防水スプレー2選

お気に入りの傘も長年使用していると、防水性能が弱くなってきたことを感じると思います。そんな傘を復活させるのにおすすめなアイテムを2つ紹介します!

傘が水滴を弾いている様子

出典:Pixabay

水性タイプの防水スプレー

人と環境にも優しい!

服向けの防水スプレーおすすめ3選

雨が降りそうな日は、出発前に服にも防水スプレーをかけておくと安心です。しかし、肌に身に付けるものにかけるので、透湿性も大事。そんな両方を兼ね備えたアイテムはこちらです!

雨の中歩く人

出典:PIXTA

即効性がポイント!

コスパで選ぶならこれ!

持続力で選ぶならこれ!

テントなどのアウトドアアイテムにも使える!防水スプレーおすすめ3選

水や汚れを防ぎ、アウトドアシーンでも活躍してくれるアイテムはこちら!

テントの外は雨

出典:PIXTA

アウトドアシーン全般で活躍

独自のテクノロジーで持続効果の高い防水性を発揮

アウトドアブランドからも登場!

【番外編】洗濯機で撥水加工できる!

防水スプレーの効果的な使い方

綺麗な状態でスプレーしよう

スプレーを噴射している様子

出典:楽天

防水スプレーを使用する際は、新品かキレイな状態でするのがベストです。表面に汚れが付着してしまうとスプレーの効果が長持ちしません。新品は購入後すぐ、手持ちの洋服やスニーカーは洗った後に、革靴は靴用のブラシで丁寧にブラッシングして汚れを落としてからスプレーをかけましょう!

革靴の事前クリーニング方法

クレッププロテクトのシューケアキット

出典:Amazon

お気に入りの革靴なら、できるだけきれいに長く履きたいものです。雨が降りそうな日には防水スプレーをさっと吹きかけて出かけたいですが、防水スプレーは前準備が大切。そこで、前項にある事前のクリーニング方法についても詳しく紹介します!

①靴紐を取る

②馬毛のブラシを使い、丁寧に前から後ろに向かってブラッシング。このとき、シューホール付近などの細かい部分は特に丁寧にブラッシングしてあげましょう。

③リムーバーを清潔な布にとり、布同士に付けて薄く伸ばします。直接塗ったり、量が多いとシミになる可能性があるので注意です。できれば、この作業を2回行ってください。より汚れが落ちます。

④布のきれいな面でしっかり汚れを拭き取る。

⑤シューラスターやシュークリームと呼ばれるクリームを薄く塗ります。色は同じ色のものか、少し薄いくらいの色味の物を使用しましょう。

⑥豚毛のブラシでブラッシングし、余分なクリームを落とし、靴に色を馴染ませます。

⑦最後に布のきれいな面でしっかり磨き、その後防水スプレーをまんべんなく吹きかけます。

ムラなくコーティングしよう

防水スプレーを施したシューズの画像

出典:Amazon

防水スプレーは、たくさんかければ効果があるというわけではありません。20~30センチほど離して2~3秒、全体をムラなくコーティングし、少し湿るくらいにスプレーします。2回に分けてかけるなど、何度か繰り返して防水処理を施した方が効果的ですよ。

スプレーした後は完全に乾燥させよう

乾燥中のスニーカー

出典:PIXTA

防水スプレーは、完全に乾燥させていないと定着が弱く、防水効果が薄れる原因になります。即効性のものもありますが、乾くまでには意外と時間がかかるため、できれば8時間以上は必要。服や靴などを使用する日の前日の夜には防水スプレーをして、きちんと乾燥させてから着用しましょう!

傘ならドライヤーを活用するのも手

ドライヤーの画像

出典:PIXTA

フッ素系の撥水、防水スプレーをかけた傘なら、ドライヤーで仕上げをしてあげるのがおすすめです。もともと、傘にはフッ素系の防水加工が施されています。そこに追加でフッ素系の防水スプレーをかけるだけでもちろん効果はありますが、より防水効果を発揮させたいなら最後にドライヤーのひと手間を。ただし、過度に熱風を当てすぎないように注意しておこないましょう。

防水スプレーには防汚効果も

防水スプレーとスニーカー

出典:Amazon

防水スプレーは、素材に栄養や柔軟性を与え、色あせを抑え、埃やゴミなどの汚れを防ぐ効果のあるものもあります。防水スプレーをかけることで、製品の保護効果も上がり、寿命が長くなるというメリットも。スプレー選びの際は、防水効果はもちろん、防汚効果にも注目してみると良いです。

防水スプレーを使うときは使用上の注意を確認

ノティスの看板を掲げる人

出典:PIXTA

防水スプレーには、フッ素やシリコン、定着剤など、さまざまな薬剤が使われているため、かなり刺激が強く、屋内や密閉された空間での使用は、体調を崩す危険を伴います。事前に使用上の注意をよく読んで、なるべく晴れた日の屋外で使用することを心がけましょう!

防水スプレーを使うときの注意点

必ず屋外で行う

スプレー缶

出典:Pixabay

防水スプレーにはさまざまな薬剤が使われています。そのため、体内に入ってしまうと悪影響を及ぼすことも。スプレーをかける際は必ず屋外で、またできるだけ風上を背にして吹きかけるようにしましょう。風向きが適切でないと、屋外であっても誤って吸い込んでしまうこともあるので注意です。マスクを付けてから行うとより安心です!

スプレーを使用するときは周りを確認!

お母さんと子ども

出典:PIXTA

前項でも触れましたが、防水スプレーには人体に有害な物質も含まれています。屋外で使用するのは原則ですが、周りにも気を使いましょう。場合によっては近くに人がいると、その周りの人が誤って吸い込んでしまう可能性もあります。特に小さな子どもや動物は影響が出やすいので、スプレーをする際は周りの状況を確認しましょう。便利なアイテムですが、体に良くないものが使われていることを意識し取り扱いに注意してください。

防水スプレーを使用する距離と時間は守る

しっかりかけた方が効果がありそうなので、つい近い距離でやってしまいたくなります。しかし、スプレーを使う距離が近すぎると、シミのようになってしまうこともあります。そのため、スプレーは25〜30cm離し、5秒程度でまんべんなくかけるように意識しましょう。

防水スプレーが向かないアイテムも…

エナメルシューズ

出典:PIXTA

靴などに使われることが多いエナメル素材ですが、防水スプレーの使用には向きません。誤ってかけてしまうと、エナメル独特の美しい光沢が失われ、曇ったような質感に変わってしまいます。くれぐれも使用しないように注意です!

【まとめ】防水スプレーで雨の日をもっと快適に!

防水スプレーと小物の画像

出典:Amazon

防水スプレーは、防水や撥水の効果だけでなく、スプレーを使用することで汚れを防ぎ、製品の保護にも役立つもの。新品のうちに防水スプレーをすれば、製品の長持ちにもつながります。梅雨どきや台風シーズンのみならず、防水スプレーを上手に活用して、雨の日を快適に過ごしましょう!

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

ファッション小物 特集
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪