キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜もっとそとが好きになる〜
ヘッドライト

出典:PIXTA

【用途別】Ledlenser(レッドレンザー)のおすすめヘッドライト21選!

※本記事には一部プロモーションが含まれます

世界トップクラスのLEDライトを販売するメーカー「レッドレンザー」。キャンプ、釣り、登山で両手を開けて作業したいときに便利なヘッドライトも数多く展開しています。シリーズだけで、なんと6種類も!ここでは、シーン別にレッドレンザーのヘッドライトを紹介!世界から人気を集めている理由が分かります。高性能ヘッドライトが欲しい人、必見です。

Ledlenser(レッドレンザー)はポータブルライトの専門ブランド

Ledlenser(レッドレンザー)は、ポータブルライトの専門ブランド。デザインやテクノロジー性が評価され過去70以上のモデルが200件以上の表彰を受けています。また、ランニングやMTBなどのプロスポーツでも活用されるほど高性能です。 ライト類は乾電池タイプが多いですが、レッドレンザーはリチウムイオン電池を使用したモデルが豊富!充電式であれば電池の買い置きの手間が削減できるので、乾電池をたくさん持って歩かなくても済みます。

レッドレンザーのヘッドライトの特徴と人気の秘密

光の中心から端まで明るい

光の分散ロスを抑える技術「アドバンスフォーカス」を開発したおかげで、光の中心から端まで明るいのが特徴です。ヘッドライトの明るさは「ルーメン」で示されます。数値が大きくなればなるほど光が強く、アウトドアで使う場合は100ルーメン以上がおすすめ!レッドレンザーのヘッドライトには300ルーメン以上も高性能タイプも展開しているので、野外活動で重宝する方が多いです。

保護等級が高い(防水性が高い)

ヘッドライトは砂や小石などの汚れや雨などで濡れるなど、厳しい環境下で使うこともしばしば。レッドレンザーは保護機能が盛り込まれており、保護機能の表示はIP+数字の形式で表示されます。2桁の数字のうち、10の位はほこりに対する耐性で、1の位は水濡れに対する耐性です。数字が大きいほど、より保護性能が高いということを示します。 「Ledlenser MH10」は、保護レベルが「IP57」。その性能は、雨が降っている間に使い続けても故障しなかったというレビューもあるほど!一般的なアウトドア用途であれば問題なく性能を発揮してくれます。

軽い

レッドレンザーには予備ヘッドライトとして使えるNEOシリーズがあります。重量50g以下と、軽量かつコンパクトなデザインながら、最大光量が250ルーメンもあるので夜間に移動する際、防犯用として使いやすいです。高性能だけど、頭にずっと装着していると重くて邪魔なんてこともありません。ハードな動きにも対応する軽さも備えたレッドレンザーのヘッドライトを要チェック!

アクセサリーも豊富で使いやすい

ヘッドライトのバンドが取り外せたり、フラッシュライトのアタッチメントが装着できたりと、アクセサリー類が豊富です。バッグや衣類に取り付けて使えるので、「今ここを明るくしたい」という使用者のニーズに応えられます。

保証期間が長い

レッドレンザーのヘッドライトは、一部を除き通常5年保証が付いています。それに加え、オンライン製品登録をすると保証期間が7年に延長されるといった手厚いサービスを提供!機能が優れているだけでなく、アフターサービスもしっかりしているのも人気のひとつです。買い替えを考えている人は、レッドレンザーも選択肢に入れてみましょう!

\Ledlenserのヘッドライトをまとめてチェック/

キャンプや釣りにおすすめ!MHシリーズ

登山におすすめ!Coreシリーズ

トレイルランニングにおすすめ!NEOシリーズ

耐久性抜群!Workシリーズ

最高の性能・豊富な機能を搭載!Signatureシリーズ

安心と楽しさを両立したキッズモデル!KIDLEDシリーズ

レッドレンザーのヘッドライトを使ってアウトドアを安全に楽しもう!

高い機能性やタフネスに定評のあるレッドレンザーのヘッドライトについて紹介しました。アウトドア向けモデルなら防水防塵機能に優れていて屋外の活動でも安心です。ニーズに合わせて使い分けできますので、使い勝手に合わせてお好みのライトを選んでみましょう。

\Ledlenserのヘッドライトをまとめてチェック/



あわせて読みたい記事