都心からのアクセス抜群!奥多摩でグランピングを楽しめる施設4選!

 キャンプ場

出典:DSCN6185(Jin Kemoole)/flickr

テントや食事の用意を考えずに、気軽にアウトドアを楽しんでみたい!そんなあなたにおすすめが、都心からのアクセスがいい奥多摩でのグランピングです。この記事では、アウトドア初心者でも心底楽しめると評判の奥多摩のグランピング施設をご紹介します。


 目次


奥多摩でのグランピングが人気なのはなぜ?

グランピング 奥多摩    

出典: Mr. Wutthichai Phaboonma / ゲッティーイメージズ

東京都西部の奥多摩は、都心から2時間ほど。週末に電車で気軽に出かけて大自然を満喫できるのが、奥多摩でのグランピング人気の理由です。アウトドアレジャーも充実していて、アクティビティも豊富。近場には4つの源泉もあり、温泉も楽しめます。

冬季限定スタートアッププランで冬のグランピングを楽しもう!

奥多摩 グランピング    

出典: Bondariev / ゲッティーイメージズ

奥多摩では冬のグランピングも楽しめます。春先まで冬季限定のスタートアッププランがあり、森の中、冬の澄んだ空気を味わいながら特別な1日を過ごすことが可能です。冬のグランピングでは、コタツが設置されているリビングテントや温室のダイニングルームで快適に奥多摩を堪能できます。また、奥多摩産の食材を使った鍋や薪ストーブで焼き上げた焼きリンゴも堪能可能です。

都心からアクセス抜群!奥多摩でのグランピング4選!

奥多摩グランピング リバーテラス

   

出典:奥多摩グランピング リバーテラス

奥多摩グランピング リバーテラスは、東京都心から電車で1時間40分ほど。奥多摩グランピング リバーテラスなら、奥多摩の森と川に包まれつつ、秘密の滝を見つける「冒険の旅」ができる……そんな口コミが広がっています。

寝具などがない日帰り専用施設ですが、BBQに必要な食器やカップ、クーラーボックスなどの設備はすべて備え付けなため、手ぶらで出かけてみましょう。奥多摩クラフトビールで乾杯し、奥多摩で獲られた野生の鹿肉などを味わうのは、ここならではの楽しみ方です。

ドリンクの持ち込みも可能で、好きなお酒を持ち込んでみてもいいかもしれません。澄み切った空気を満喫できる冬場は、コタツやストーブつきのテントでゆったりのんびり過ごせるのもうれしいですね。1日3組限定(冬場は1日1組)のプライベート空間は、多摩川の渓谷を眼下に並べる絶景ポイントです。

誕生日ケーキなどを用意してもらうこともでき、カップルでのご利用はもちろん、お誕生日会などとしてもおすすめ。最大10名まで利用可能ですが、1日の対応数が限定されているため、必ず予約してから出かけましょう。

【チェックポイント】
駅からのアクセス:〇
機材のレンタル :〇
食材の現地購入 :〇
花火の使用   :×
ペットの同伴  :×
ロケーション  :〇
買い出しスポット:×
総合評価 4/7

【基本情報】
住所:西多摩郡多摩町棚澤16-1
電話:090-3518-2516
料金:9,600円~ / 人
チェックイン/アウト:10:00 / 15:30
予約はこちら:奥多摩グランピング リバーテラス

Circus Outdoor TOKYO (サーカス アウトドア トーキョー)

Circus Outdoorが満を持して初めてつくった常設フィールドが、このCircus Outdoor TOKYO。2018年3月にオープンして以来、まるで映画の世界に迷い込んだようなコンセプチャルな空間がおおいに話題になっています。

奥多摩の自然に広がるのは、「サーカスクルーの控え室」や「衣装チームが使っていた部屋」「サーカスを視察に来た重要人物の迎賓用」など、サーカスをイメージした5つのテント。その中で楽しむのは、「何もしないこと」。ここなら、日常から切り離された中でゆったり何もせずに過ごすのが最高のぜいたくだと実感できるはず。選び抜かれたインテリアの数々が、身心をリラックスさせる空間づくりにも役立っています。

専属のシェフがふるまう上質な料理も、楽しみのひとつ。宿泊プランすべてにディナー・ブレックファーストがついているため、食事の支度は一切必要ありません。

Circus Outdoorには、携帯電話を預かってくれるサービスも。携帯電話を手放し、奥多摩の大自然にひたるひとときは、身心のデトックスタイムにもなります。携帯電話を預けた場合は、滞在中のひとコマを撮影してくれるサービスがありますよ。

【チェックポイント】
駅からのアクセス:×
機材のレンタル :○
食材の現地購入 :○
花火の使用   :〇
ペットの同伴  :〇(「Jumpin’ Jackalope」のみ)
ロケーション  :○
買い出しスポット:×
総合評価 5/7

【基本情報】
住所:西多摩郡奥多摩町川野290-1
電話:非公開
    問い合わせはメールで受付
    総合案内 info@circusoutdoor.com
    予約 reservation@circusoutdoor.com
料金:35,000円~ / 人(宿泊)
チェックイン / アウト: 15:00 / 10:00
予約はこちら:Circus Outdoor Tokyo

ふれあい広場

秋川近くに位置するふれあい広場は、各テントにプライベートなテラスが備わったグランピング施設。プライベート感満載の、ゆったり落ち着いて過ごせる空間でありながら、比較的手ごろな価格なのも人気の理由です。

ふれあい広場の周辺には、いくつもの温泉や鍾乳洞、ハイキングコースなどがあり、ご家族づれでアウトドアを楽しめます。自然の中で日ごろの疲れを癒しつつ、小さなお子さまも存分に遊べる環境は、ふれあい広場ならでは。

ウェーバープランという食事セットには、ステーキやピザの材料がたっぷり。エビや魚介のパエリアなど、追加できるメニューもあり、食べ盛りのお子さまがいても大丈夫です。食材の持ち込みもできるため、お好きなものを好きなだけ持ち込んでみるのもいいですね。大自然の中でのBBQを思う存分楽しみましょう。

【チェックポイント】
駅からのアクセス:○
機材のレンタル :○
食材の現地購入 :○
花火の使用   :〇
ペットの同伴  :×
ロケーション  :○
買い出しスポット:×
総合評価 5/7

【基本情報】
住所:あきる野市乙津789
電話:042-550-0147
料金: 22,000円~ / 人(宿泊)
チェックイン / アウト: 14:00~18:00 / ~11:00
公式はこちら:ふれあい広場

WOODLAND BOTHY(ウッドランドボシー)

   

出典:WOODLAND BOTHY

「森の中にある小屋」を意味する「WOODLAND BOTHY」という名のグランピングオーベルジュ。オーベルジュとある通り、専属シェフが腕を振るう特別な料理がこの施設の大きなポイント。ランチもディナーも、おまかせコースのみ。ディナーは全部で6品のコース料理で、季節によって食材が変わりますが、いずれも特別感を味わえると大評判です。

地元のお野菜はもちろん、メインの和牛「秋川牛」などをお楽しみに。WOODLAND BOTHYに到着するまでには、奥多摩の山道を30分ほど登山することになりますが、それだけに日常からかけ離れた時間を過ごせます。

WOODLAND BOTHYを利用できるのは、1日1組限定。大型テント内にはリビングスペースがあり、キングサイズのベッドで疲れを癒せます。別棟に用意された貸し切り風呂で過ごすひとときは、贅沢な体験が味わえます。

宿泊でなければ、貸切パーティーやプライベートフェスとしても利用できます。10~50人の範囲で相談に乗ってくれ、野外音響・ターンテーブルなども完備しているため、さまざまな楽しみ方ができるはず。

【チェックポイント】
駅からのアクセス:×
機材のレンタル :○
食材の現地購入 :○
花火の使用   :〇
ペットの同伴  :×
ロケーション  :○
買い出しスポット:×
総合評価 4/7

【基本情報】
住所:東京都あきる野市養沢684
電話:042-596-6645
料金: 35,000円 / 人(宿泊)
チェックイン / アウト: 15:00~ / ~10:00
公式はこちら:WOODLAND BOTHY

まとめ

ここでは、無理なく手ごろにアウトドアを楽しみたいという皆さまに向けて、奥多摩でおすすめのグランピング施設4選をご紹介しました。いずれの施設でも、こだわりのあるテントで、優雅なひとときを過ごせます。何もせず、大自然の音や空気を思い切り味わう……そんなぜいたくな時間を過ごしてみましょう。


あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪