奥飛騨の名所「平湯キャンプ場」の魅力を解説!おすすめサイトも!

 キャンプ場

キャンプ場の木製コテージ

出典: Aigars Reinholds / ゲッティーイメージズ

平湯キャンプ場は東海地方でおすすめのキャンプ場です!広大な敷地での林間キャンプを楽しめ、周辺に温泉やスーパーもあり、とても過ごしやすい環境。上高地などの名所にもアクセスしやすく、バイクでのツーリングにもピッタリです。標高が高い場所にあり人気も高いため、天気や混雑状況などにも注意が必要です。


 目次


標高1,300mで夏でも涼しい!「平湯キャンプ場」

紅葉した秋の山の中でテントを張ってキャンプをしている写真    

出典:平湯温泉観光協会

東海地方にあるキャンプ場の中でもおすすめなのがここ、岐阜県の高山市にある「平湯キャンプ場」です。自然林を活かした広大なオートキャンプサイトが特徴で、標高1,300mの位置にあるため、夏場でも涼しく過ごせます。こちらは11月中旬〜4月中旬の冬季は営業していないので、HPで営業を確認してから出かけましょう!

飛騨高山や白川郷、上高地や乗鞍高原など、周辺に全国有数のレジャー・アウトドアスポットがあり、観光の拠点としてもピッタリです。さらに、キャンプ場から歩いて10分の所には、森の中の露天風呂を楽しめる「ひらゆの森」という温泉も。この他にも周辺にも温泉が沢山あり、旅行や行楽の疲れを取れます。これらを巡る拠点として、旅のプランを立てるのも楽しいですね♪

気になるポイント①おすすめキャンプサイトは?

区画された場所から好きなサイトをチョイスできる!

山の中でテントを張っている写真    

出典:平湯温泉観光協会

ここ平湯キャンプ場は、基本的にフリーサイト。しかし、どこでもテントを張っていいわけではなく、区画分けされた中から設営場所を選ぶ形になります。場所選びはチェックイン順となりますので、早めにチェックインして、お気に入りの場所を確保しましょう。25,000㎡の広大な敷地の中から、気に入った場所で思い思いの時間を楽しめます。

自然林を生かしたフリーサイトは、約200台を収容可能!車を近くに停められるので設営も楽に出来ます。また自然の木々が所々にあるので、スラックラインやハンモックといった設営も簡単です◎

周りには四季折々の草花が咲き、季節の移り変わりを楽しめます。高山市内の桜は4月中旬頃から咲き始め、有名な「臥龍桜」や「西光寺の枝垂れ桜」、「荘川桜」は4月下旬〜5月上旬が見頃です。

その他に、ミズバショウ、スズラン、古い街並みでは藤が見られます。新緑の綺麗な夏は、ササユリやそばの花、シシウドなど可愛い草花に出会えます。紅葉や食で賑わう秋には、オニユリやマツムシソウ、木の実も沢山♪キャンプ場周辺には散策路もあるので、天気の良い日は森林浴もおすすめですよ。

初心者には常設テントサイトがおすすめ

平湯キャンプ場の常設テント    

出典:平湯キャンプ場

キャンプはしてみたいけれど道具を持っていない!車が無いため、基本的に公共機関しか利用が出来ないし道具が限られる!そんな方におすすめなのがこちらの常設テントサイト。椅子一体式のテーブル付きで、その他に必要なシュラフやランタンのレンタルもあります。調理道具と食材があれば立派なキャンプの完成です。

悩んだら川沿いのサイトがおすすめ

「広大な敷地の中で、どこにテントを設営していいかわからない……」。そんな風に悩んでしまうこともあるかもしれません。おすすめはズバリ、「川沿いのサイト」。せせらぎを聞きながら、ゆったりとした時間を過ごせます。

【注意】車によっては入りにくい場所も...。

平湯キャンプ場    

出典:平湯キャンプ場

自由にキャンプサイトを選べるのが魅力な平湯キャンプ場。でも、注意が必要なことがあります。それは、車によっては入りにくい場所があること。特に、舗装されていない道がほとんどですので、場所と車種によっては登れないような坂道も。ご注意くださいね!

サイトに関するブログの口コミをチェック!

平湯キャンプ場    

出典:平湯キャンプ場

平湯キャンプ場に関するブログの口コミもチェックしてみましょう!

場内は舗装されていないのでかなり凸凹道です。普通車では奥の方で一部登れない箇所もありますから注意が必要です。

えんじょいキャンプ

車の性能やオフロードでの運転技術に自信がない方は、奥に行きすぎないように注意しましょう!

真夏の平湯、夜は15度近くまで下がりました。スタッフの方の話では、今年はいつになく涼しいそうです。

にしちゃんママのファミリーキャンプブログ

このブログ以外にも、「思いのほか寒かった」とおっしゃる方がちらほら。標高の高いキャンプ場ですので、真夏といえど防寒対策はしっかりしましょう。

ソロにも嬉しい良心的なサイト料金。大好きなワイルド系。高規格の芝サイトとか電源付きとかは...家族には良いですよね。一人なら断然ワイルド系。ここは標高が1250m。朝晩は一桁です。5、6月は迷わず冬用シュラフを。

ほぼ、庭キャンプ。

平湯キャンプ場ではワイルドなソロキャンにもピッタリ!直火で焚き火ができます。こちらのブロガーの方は、焚き火やブッシュクラフトなどをして楽しんでいたようです。

気になるポイント②バンガローサイトもおすすめ

平湯キャンプ場のバンガロー    

出典:平湯キャンプ場

アウトドアや観光も楽しみたいけど、テントやタープなどの道具はそれほど持っていきたくない……。自然の中で泊まりたいけれどテント泊に抵抗がある。小さな子供が居て、なかなかキャンプに行けない!そんな方はこちらのバンガローがおすすめです。

こちらは椅子一体式のテーブル、炊事場、ベランダ、暖房機具付きです。タイプは2パターンで、定員8名(トイレ無し)と定員6名(トイレ有り)があります。こちらも寝具、調理器具や食器類はないので忘れずに持参しましょう!いつもと違うログハウスに大人も子供もテンションも上がりますよね。

バンガローに関するブログの口コミをチェック!

平湯キャンプ場    

出典:平湯キャンプ場

トイレ無しタイプでしたが、トイレも近くて不自由なしです。

目指せ47都道府県の旅

Aタイプの場合、バンガロー内にトイレがありません。しかし、近くに共同トイレがあるので、それほど不便ではないようです。

バンガローは初めて泊まりました。 テントの設営 & 撤収が無いと時間にゆとりが生まれてイイですね。

日々喜怒哀楽

特に遠くからキャンプ場を目指す場合や、観光に多く時間をとりたい場合は、設営や撤収時間をできるだけ短かくしたいですよね。そんなときにもバンガローはおすすめです。

トイレは共同タイプの小さなログハウス風のバンガローに泊まりました。内部はロフト付の畳部屋です。ここも利用料が良心的ですし、管理人の方も親切ですし、バンガローも共同トイレも大変清潔です。

アップル豊橋佐藤店のスタッフブログ

共同トイレが清潔なのは嬉しいですよね!

気になるポイント③混雑状況は?

山頂に雪が積もった山の写真    

出典:平湯キャンプ場

大人気キャンプ場ゆえの混雑

この平湯キャンプ場は、東海地区を代表する人気キャンプ場の1つのため、混雑には注意が必要。収容200台や広大なフリーサイトとは言え、GWやお盆に限らずシーズン中はやはり少々混雑します。標高が高く涼しく過ごせるとあって特に夏場は多くのキャンパーが訪れ、朝8時受付前に順番待ちの椅子が並ぶ事もしばしば。下調べや予約なしに行くと、遠路はるばる訪れたのにキャンプ場に入れない、なんてことにもなりかねません。

フリーサイトは先着順に場所取りができるので、お好きな場所にテントを張るには早めのチェックインが良いでしょう◎春先や秋終わりは混雑もなく過ごしやすいですが、その代わり積雪が考えられるので防寒準備を忘れずに!

ゴールデンウィークなど大型連休は特に早めに予約を!

特に、ゴールデンウィークなどの連休は非常に混みます!平湯キャンプ場も毎年の混雑を受けて、夏休み期間に加え、ゴールデンウィーク、9月・10月の3連休を予約制としています。2019年の予約開始は2月25日(月)午前9:00からとなっております。大型連休や夏休みに平湯キャンプ場でのキャンプをご検討の方は、お早めに予約することをおすすめします!

混雑状況に関するブログの口コミをチェック!

GWのキャンプ場、さぞかし夜中まで騒がしくなるやろと思っていましたが、満員のわりにはめちゃ静かなキャンプ場でした。

釣り好き日記

場内の広さもあって、混雑時でもキャンプは静かに楽しむことができるようです。しかしもちろん、深夜の騒ぎ過ぎは禁物ですよ!

雨が止み一泊でもキャンプしようという感じで三連休最終日はほぼ満員状態に。本当は山奥なんだけど、開発された山奥っていう感じですね。様々なサイトにベテランの色々なテントが張ってあって、キャンパーの聖地と言われるのがわかりました。混んでいないときにゆっくり温泉につかるには最適なキャンプ場だと思います。

山奥快適キャンプ日記

ワイルド系のキャンプ場だからか、キャンプ歴の長いベテランさんが多くいらっしゃるようです。混雑時でも助け合いながら、キャンプを楽しめると良いですね!

満杯の状態なので、撤収作業をしてるサイトを見つけては声をかけたり、様子を見て探します。撤収作業中の横にはすでに車を止め、”予約”体制で待っていたり、空きそうなところでも我が家のテントはちょっと無理そうだったり。声をかけてみれば、もう、”予約”が入っていたりします・・・

oto

混雑時には場内に入れたからといって、安心はまだ早いようです。他のキャンパーさん達の様子も伺いながら場所を探しましょう。

気になるポイント④バイクツーリングにもおすすめ

勇気に当たっているバイクの写真    

出典: jacoblund/ゲッティイメージズ

平湯キャンプ場は、バイクツーリングにもおすすめ!周辺には飛騨高山や白川郷など、バイクで訪れたい観光スポットがたくさんあるので、ツーリング拠点として最適なんです。平湯キャンプ場を拠点に各地へツーリングし、一日の終わりは平湯温泉で疲れを癒やし、夜は焚き火を楽しむ……。そんなライダーにとって夢のような日々を送ることだってできちゃいます。

バイク乗り入れの基本情報

イチョウ並木をバイクに乗っている写真    

出典:StudioRoma-biz/ゲッティイメージズ

【基本情報】
料金:
[入場料] バイク1台300円
(ゴールデンウィーク、夏季、9月・10月の3連休はバイクのオートサイトへの乗り入れは禁止です)
公式はこちら:平湯キャンプ場 (通常予約は不要)

バイクツーリングに関するブログの口コミをチェック!

歩いて、5分の場所にある日帰り温泉 平湯の森で、疲れを取ります。キャンプ場で割引券を貰ったので、なんと400円で利用できましたぁー (^○^)

CB1300SBのページ

バイクでの移動は思いのほか疲れますし、寒い日は風を受けて全身凍えることもありますよね。平湯キャンプ場なら、歩いていける近くの温泉「平湯の森」で、旅の疲れを流せますよ!

この平湯キャンブ場 温泉がすぐそこにある!安い! 広い!ロケーション抜群!焚き火可!(場所による)すごくいいキャンプ場だった~結局ここに5連泊した。また 来たいな。

五十路女のバイクとキャンプと

各地を転々とするツーリングもいいですが、一箇所で連泊するような、キャンプメインのツーリングもいいですよね。

ルートは以前から決めていた郡上八幡経してせせらぎ街道を走行。(これが一番の楽しみ。)高山市内で飛騨牛ひつまぶしを食し平湯温泉近郊のオートキャンプ場へ 2日目は考えてませんが上高地散策に行きたいなぁ。帰りのルートは未定ですが 高山-下呂-中津川-瀬戸のルートで帰ろうかなぁ。

なごやか けったましーん  blog

ライダーには季節折々の自然が楽しめる「せせらぎ街道」が人気のようです。

周辺に観光地がたくさんあるので、とりあえず平湯キャンプ場に拠点を張り、あとは天気や気分次第で行き先を決める、そんな気ままな旅もおすすめですよ!

気になるポイント⑤周辺スポット情報

さて、ここで気になる周辺スポット情報をお届けします!

キャンプ場から徒歩10分の温泉「ひらゆ森」

ひらゆ森の温泉    

出典:ひらゆ森

キャンプと言えど、一日中汗をかく夏場や、肌寒い夜はお風呂に入ってホッとしたいですよね!平湯キャンプ場は、徒歩10分のところに、良質なかけ流し温泉施設「ひらゆの森」があります。施設自体も広く、湯上がり処や食事所もあるので、動くのに少し疲れた…なんて時もここでリフレッシュできます。

「ひらゆの森」には、男女合わせて16もの露天風呂があり、それぞれ温度や質が違います。食事所に休憩所など館内は広々!日帰り入浴ももちろん、料金もリーズナブルです。しかもキャンプ場ではこちらの割引チケットが購入できます!チェックインと同時にお買い求めください。

【ひらゆの森】
住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯763−1
電話:0578-89-3338
営業時間:10:00〜21:00(最終受付20:30)
料金:600円/人
アクセス:平湯キャンプ場より歩いて約10分
公式はこちら:ひらゆの森

平湯民俗館/ 平湯の湯    

出典:平湯民俗館/ 平湯の湯

また、お食事処もあり寸志での入浴もできる穴場的温泉「平湯の湯」、ハイキング帰りやキャンプ帰りの利用に便利なバスターミナル内「アルプス街道平湯」などなど、その他にも少し足を伸ばせば日帰り温泉が沢山あります。ぜひ、お好みの温泉を探してみてくださいね。

【平湯民俗館/ 平湯の湯】
住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯24
電話:0578-89-3339
営業時間:
[夏季]6:00〜21:00
[冬季]8:00〜19:00
料金:寸志200円~300円
アクセス:平湯キャンプ場より歩いて約20分
公式はこちら:平湯民俗館/平湯の湯
※こちらには洗い場がありません

【平湯バスターミナル露天風呂・アルプス街道平湯】
住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯628
電話:0578-89-2611
営業時間:
[夏季]8:30〜17:00(最終受付17:00)
[冬季]9:00〜16:30(最終受付16:00)
料金:600円/人
アクセス:平湯キャンプ場より歩いて約15分
公式はこちら:レスト&スパ アルプス街道平湯

飛騨の郷土グルメも満喫!

ひらゆ森の料理    

出典:ひらゆ森

「ひらゆの森」館内にあるレストラン「食事処もみの木」や、「ひらゆの森」から徒歩10分のところにある「あんき屋」では、飛騨牛を使った朴葉味噌を始め、醤油や味噌に漬け込んだ鶏肉を野菜と一緒に炒める「けいちゃん」などが味わえます!その他にも飛騨高山には有名なお酒や郷土料理が多数あります。地物を食べれる楽しみもキャンプの醍醐味です◎

「日本のスイス」上高地の見所がたくさん!

林に囲まれた湖の写真    

出典:photo AC

上高地は、長野県松本市にある景勝地です。その美しさから「日本のスイス」とも呼ばれ、穂高連峰や河童橋、明神池など、見どころもたくさん。そんな上高地は環境保護のため通年でマイカー規制が行われています。自家用車やオートバイで上高地に訪れることができないのです。

ですが、ご安心ください。平湯キャンプ場から徒歩10分ほどでいける「平湯バスターミナル」から、上高地へアクセスできるんです。毎年4月下旬から11/15まで、上高地行きのバスが運行しています。バスの乗車時間は25分ほどです。

詳細はこちら:アルプス街道平湯

ブログの口コミをチェック!

朝の6時半前・・・平湯キャンプ場から歩いて10分。そこに平湯温泉バスターミナルがあります。そちらから上高地行きのバスが出ているのですね。運賃は往復で1000円ちょっと。マイカーが乗り入れることが出来ないので、とても便利な使い方だと思います。そして7時前には上高地・大正池に到着しました。

コース料理の裏メニュー

事前に想像するより気軽に、上高地へ行くことができます。バスの時間が合わなければ、タクシーで移動する手段も。家族や友人と乗り合わせれば、それほど高くなく上高地へ行けますよ!

近くのスーパーならここ!

炊事場の写真    

出典:平湯キャンプ場

施設内にも売店はありますが、品揃えはそれほど良くありません。車で15分ほど行ったところにあるスーパーに行きましょう。

Aコープ奥ひだ
【基本情報】
住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷村上25
電話:0578-89-2071
営業時間:9:00~18:00(月曜定休)
公式はこちら:Aコープ奥ひだ

フレッシュフーズ カシキ
【基本情報】
住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷栃尾322-1
電話:0578-89-2660
営業時間:9:00~18:00(日曜定休)
公式はこちら:フレッシュフーズ カシキ

ブログの口コミをチェック!

奥飛騨温泉郷の 『Aコープ奥ひだ』 で食材を 通り道の 『原田酒店』 で地ビール&地酒を買いました^^

どんぐりころころ

スーパーだけではなく、ローカルなお店で地元の食材やお酒を探すのも楽しいですよね。

フレッシュフーズ カシキ で買ってきたベーコンやソーセージ、そして、賞味期限近くの缶詰類を温めていただきます。

コンパスと徒然

キャンプ場からのお客さんも多いようで、キャンプやバーベキューに向いた食材の品揃えは良さそうです。

予約前のチェック事項

平湯キャンプ場のイメージ写真    

出典:平湯キャンプ場

平湯キャンプ場の基本情報

住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯768-36
電話:0578-89-2610
営業期間:4月中旬から11月15日まで
チェックイン/ チェックアウト:
[オートキャンプ場] 8:00/12:00
[バンガロー] 14:00/10:00
[設営テント] 14:00/10:00
料金:
[入場料] 大人700円/小人500円(3才〜小学生)
[車駐車料] (通常期)1,000円/(繁忙期※)1,500円/バイク1台300円
[バンガロー] 5,800円〜7,800円
[常設テント] 2,500円
レンタル:
毛布200円/ランタン700円/シュラフ500円
公式はこちら:平湯キャンプ場 (予約は電話のみ受付。繁忙期※は予約必須)
※繁忙期:ゴールデンウィーク、7月第3土曜~8月31日、9月・10月の3連休

ペットと一緒にキャンプができる!

ここ平湯キャンプ場では、犬や猫などのペットも連れてきてOK! ペットと一緒にキャンプできるのは嬉しいですよね。ただし、他のキャンパーに迷惑がかからないように、放し飼いやフンの後始末などはしっかりしましょう。

天気も要チェック!

緑の林の写真    

出典:平湯キャンプ場

平湯キャンプ場は、標高1,300mの位置にあります。天気も変わりやすく、気温も低くなりがちなので、必ず毎日の天気はチェックするようにしましょう。

詳細はこちらから:平湯キャンプ場周辺の天気

奥飛騨の平湯キャンプ場でキャンプを楽しもう!

リーズナブルなお値段で充実した滞在ができ、観光地やスーパー、温泉など周辺施設も充実した平湯キャンプ場。直火もできる場所があるので、ワイルドなキャンプにはピッタリです。大人気のキャンプ場ですので、早めのご予約をおすすめします!


あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

キャンプ場 フリーサイト

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪