hinata

>

ノウハウ

>

タープ

>

スクリーンタープ

>

テントinシェルターの「カンガルースタイル」で秋冬キャンプに挑戦しよう!

テントinシェルターの「カンガルースタイル」で秋冬キャンプに挑戦しよう!

 ノウハウ

出典:Instagram(@tmizuuu)

秋と冬のキャンプでは、いかに暖かく快適に過ごすかがポイントとなってきますよね!ストーブで暖をとるのはもちろん、テントとシェルターのレイアウトを変えるだけでも暖かさは変わってきます。そこで今回は、秋冬キャンプでおすすめしたい「カンガルースタイル」をご紹介します!


 目次


「カンガルースタイル」って何?

   

出典:Instagram(@shizuka_camp)

カンガルースタイルは、お腹の袋に子どもを入れて育てているカンガルーのように、シェルターやタープの中にインナーテントを入れたスタイルのことをいいます。カンガルースタイルにすることでたくさんの良いことが!シェルターやタープにインナーテントをインすることで得られるメリットを、詳しく見ていきましょう!

カンガルースタイルにすると何が良いの?

外気が入りにくく暖かい!

   

出典:Diy13 / ゲッティイメージズ

フライシートには外気と室内の温度差を小さくし、結露を防ぐという役割があります。ただし、カンガルースタイルの場合は、シェルターがフライシートの役目を果たすので、テントのフライシートは使わず、インナーテントだけで設営すればOK。さらに、シェルター内で暖房器具を使うことで、リビングスペースと寝室を同時に温めることもできます。ただし、石油ストーブ等で暖を取る際は、一酸化炭素中毒に注意し、定期的に換気してください!

サイトレイアウトの自由度が高い!

   

出典:Instagram(@tmizuuu)

テントとシェルターが一体化している2ルームテントでは、テントを設営する位置が決まっています。しかし、カンガルースタイルはテントとシェルターが別々なため、インナーテントをお好みの位置に置くことができます。シェルターの壁に沿ってテントを設営すると、リビングスペースを効率良く利用することができますよ♪

設営と撤収がらくらく!

   

出典:Annimei / ゲッティイメージズ

カンガルースタイルでは、中のテントが雨風の影響をうけないため、インナーテントのペグ打ちは必要ありません!さらに、インナーテントにポップアップテントを使用すれば、より簡単に設営することができます。

また、フライシートを利用すると結露するため、撤収時に乾かす必要があります。フライシートを広げて乾かすのは、時間や手間がかかりますよね。カンガルースタイルでは、シェルターを開放しておくだけで空気が入り乾燥するため、撤収もスムーズに行うことができます。

秋冬のキャンプで注意するポイント

インナーテント、シェルターはフルクローズするものを!

秋冬の寒い時季は、フルクローズするインナーテントやシェルターを使いましょう。またシェルターはスカート付きのものを使うようにし、外気を室内に入れないよう徹底してください。

あまり大きなテントにしないように!

大きなテントにすると、リビングスペースが小さくなり、レイアウトの自由度も低くなってしまいます。そのためカンガルースタイルをする際は、2~3人用の小さなテントをインナーテントとして利用するのがおすすめ!2~3人用のテントは体積が小さく、熱がこもるため、暖かく快適に過ごすことができます。

他にも寒さ対策は欠かさずに!

カンガルースタイルにしたからといって、寒さが感じられなくなるわけではありません。地面からの冷気を防ぐために、テントに銀マットやブランケットを敷いたり、ホットカーペットを使用したりと、寒さ対策は欠かさないようにしてください!

カンガルースタイルにおすすめのインナーテント

DOD カンガルーテント

   

出典:DOD

DODにはカンガルースタイル専用のテントがあります。結露を抑えるため、生地にはコットンが100%使用されています。コットンテントは透湿性が高く雨に弱いといった特徴がありますが、カンガルースタイルの場合インナーテントには雨風の影響がないことから、その点の心配はいりません!カンガルースタイルの良い点が活かされたテントです。

MSR エリクサー

   

出典:Instagram(@u_legame)

MSRのエリクサーシリーズは、カンガルースタイルで使われることが多いテントです。MSRのテントは見た目が美しく、設営が簡単な点が特徴です。エリクサーは3シーズン用のテントなため、メッシュが多用されています。極寒の冬では寒く感じる場合もあるので、冬に使用する際は寒さ対策を万全にしてくださいね!

スノーピーク アメニティドームS

   

出典:Instagram(@hiyoshun2)

こちらもMSR同様、カンガルースタイルでよく使われているインナーテントです。スノーピークのアメニティドームは、フライシートが付属しており、設営方法も分かりやすいよう工夫されています。スカートがないため冬場は寒いですが、インナーテントとして使用する分は全く問題ありません。

おすすめインナーテントをもっと知りたい方はこちらをご覧ください♪

カンガルースタイルにおすすめのシェルター

tent-Mark DESIGNS サーカスTC

   

出典:Instagram(@aniki0568)

テンマクデザインのサーカスTCはシェルターではなくテントですが、カンガルースタイルのフライシートとして多くのキャンパーに使われています!サーカスTCは防火性に優れたポリコットンのテントなので、近くで焚き火を楽しむことができます。テントの近くで焚き火をすると、室内に暖かい空気が流れるため、秋冬キャンプのカンガルースタイルに最適です!

ogawa ツインピルツフォークT/C

   

出典:Instagram(@yukichi_eita)

こちらもサーカスTC同様、ポリコットンのシェルターです。左右にあるスペースのどちらかにテントを設営すると、リビングスペースを広々と使うことができます。さらに、スカート部分にループが付いているため、そのループにペグダウンをすると冷気の侵入を最小限に抑えることができます。

Whole Earth アースデルタネストシェルター

   

インナーテントが付いているシェルターです。これ一つでカンガルースタイルが完成します!付属のキャノピーポールや、持っているポールを合わせて使うことでカンガルースタイルだけでなく、さまざまな設営バリエーションに挑戦することができます。

おすすめツーポールシェルターをもっと知りたい方はこちらをご覧ください♪

まとめ

シェルターにテントをinするカンガルースタイルをご紹介しました。秋冬キャンプの敵である「寒さ」を少しでも和らげたいと考えている方は、ぜひカンガルースタイルに挑戦してみてくださいね♪


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

  • hinata trunk banner
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪