キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

テントinシェルター「カンガルースタイル」で秋冬キャンプに挑戦しよう!

カンガルースタイルのサイト

秋と冬のキャンプでは、いかに暖かく快適に過ごすかがポイントとなってきますよね!ストーブで暖をとるのはもちろん、テントとシェルターのレイアウトを変えるだけでも暖かさは変わってきます。そこで今回は、秋冬キャンプでおすすめしたい「カンガルースタイル」をご紹介します!

カンガルースタイルとは?

キャンプではテントとタープを組み合わせて設営する場合が多いですが、最近は「カンガルースタイル」と呼ばれるキャンプレイアウトが人気!カンガルースタイルとは、大型のテントやシェルターに中に、小型テントを設置するキャンプスタイルです。 最近ではInstagramでカンガルースタイルと検索すれば、さまざまな組み合わせのキャンプサイトをみれます。どれも個性的でおしゃれなものが多く、見ているだけでも楽しいです。大きなメリットとしては、大型テントやシェルター内に小型テントを設置すると、雨風を凌ぎやすく、居住空間を広く活用できること!手本のレイアウトにとらわず、個性的なものを作りたい方におすすめです。

カンガルースタイルのメリット

カンガルースタイルのメリットを紹介します。一般的に用いられるキャンプスタイルと違い、どのような点が多くのキャンパーから人気を集めているのか…。機能面やデザイン性などの観点から、カンガルースタイル独自の魅力をわかりやすく説明します。

外気が入りにくく暖かい!

テント内の様子

出典:Diy13 / ゲッティイメージズ

フライシートには外気と室内の温度差を小さくし、結露を防ぐという役割があります。ただし、カンガルースタイルの場合は、シェルターがフライシートの役目を果たすので、テントのフライシートは使わず、インナーテントだけで設営すればOK。 さらに、シェルター内で暖房器具を使うことで、リビングスペースと寝室を同時に温られます。ただし、石油ストーブ等で暖を取る際は、一酸化炭素中毒に注意し、定期的に換気してください!

サイトレイアウトの自由度が高い!

テントとシェルターが一体化している2ルームテントでは、テントを設営する位置が決まってしまいます。しかし、カンガルースタイルはテントとシェルターが別々なため、インナーテントをお好みの位置に置けるというメリットが…!シェルターの壁に沿ってテントを設営すると、リビングスペースを効率良く利用することができます!

設営と撤収がらくらく!

地面にペグを打つ様子

出典:Annimei / ゲッティイメージズ

カンガルースタイルでは、中のテントが雨風の影響をうけないため、インナーテントのペグ打ちは必要ありません!また、フライシートを利用すると結露するため、撤収時に乾かす必要があります。カンガルースタイルでは、シェルターを開放しておくだけで空気が入り乾燥するため、撤収もスムーズに行うことができます。

カンガルースタイルにおすすめのインナーテント

カンガルースタイルにおすすめのインナーテントを紹介します。実際にそのインナーテントを使用したカンガルースタイルの写真も載せていますので、参考にしてみましょう!レイアウトの幅が広がり、自分好みのキャンプサイトになること間違いなしです!
商品名[DOD] カンガルーテントS[MSR] エリクサー3[スノーピーク] アメニティドームS[コールマン] ツーリングドームST[FIELDOOR] カンガルーテント[テンマクデザイン] モノポールインナーテントLOGOS ロゴス 2ドアルームテントハイランダー 自立式インナーテント
画像
重量4.3kg2.7kg5kg4.4kg1.6kg1.28kg3.85kg3.2kg
人数2人2人3〜5人2人2人2人4人3人

カンガルースタイル専用の代表的テント

広々とした居住空間で快適!

機能性が豊富ながらリーズナブルな価格

自然に馴染みやすい落ち着いたデザイン

片手で手軽に持ち運べるほどコンパクト収納

 FIELDOOR カンガルーテント

出典:楽天

寝るだけに特化したシンプルなデザイン

 テンマクデザイン モノポールインナーテント

出典:Amazon

▼おすすめインナーテントをもっと知りたい方はこちらをご覧ください!

カンガルースタイルにおすすめのシェルター

カンガルースタイルにおすすめのシェルターを紹介します。実際にそのシェルターを使用したカンガルースタイルの写真も載せていますので、参考にしてみましょう!レイアウトの幅が広がり、自分好みのキャンプサイトになること間違いなしです!
商品名[テンマクデザイン] サーカスTC[スノーピーク] メッシュシェルター[ogawa] ツインピルツフォークT/C[Whole Earth] アースデルタネストシェルター[ogawa] ドームシェルターラナ[コールマン] シェードタフスクリーンタープ400
画像
サイズ442×420×280cm430×400×210cm630×355×210cm735×360×220cm310×370×165cm400×360×210cm
重量10.88kg11.7kg8.4kg20.5kg10.7kg13kg

夏は涼しく冬は暖気を逃がさないコットン使用

テント内に虫が入りにくいメッシュスタイル

スノーピークのメッシュシェルター

出典:楽天

出入りしやすく開放的な居住空間が魅力

ポール2本で広々とした空間に!

ホールアースのシェルターでカンガルースタイルキャンプ

Whole Earth アースデルタネストシェルター

インナーテントが付いているシェルターです。これ一つでカンガルースタイルが完成します!付属のキャノピーポールや、持っているポールを合わせて使うことでカンガルースタイルだけでなく、さまざまな設営バリエーションに挑戦することができます。 【hinataのおすすめポイント】
  • インナーテント付きなので気軽にキャンプを始められる
【基本情報】
  • 本体サイズ:735×360×220cm
  • 収納サイズ:28×28×88cm
  • 重量:20.5kg
  • 耐水圧:3,000mm
公式サイトで見る

通気性抜群で結露対策のシート付き

一人でも設営できる大型シェルター

▼おすすめツーポールシェルターをもっと知りたい方はこちらをご覧ください!

秋冬キャンプの注意点

秋冬キャンプ特有の注意点を紹介します。本格的に寒くなり、ストーブや焚き火などで暖を取るのが欠かせない季節です。寒さ対策を心がけて、安全にキャンプ楽しめるように準備しておきましょう!特にカンガルースタイルは、秋冬キャンプにはぴったりです!

インナーテント&シェルターはフルクローズタイプを!

フルクローズするテント

出典:photo AC

秋冬の寒い時季は、フルクローズするインナーテントやシェルターを使いましょう。またシェルターはスカート付きのものを使うようにし、外気を室内に入れないよう徹底するとあたたかく過ごせます。

インナーテントのサイズを確認!

インナーテントを大きなテントにすると、リビングスペースが小さくなり、レイアウトの自由度も低くなってしまいます。そのためカンガルースタイルをする際は、使用人数ギリギリの小さなテントをインナーテントとして利用するのがおすすめ!体積が小さく、熱がこもるテントのほうがあたたかく快適に過ごすことができますよ。

他にも寒さ対策は欠かさずに!

出典:Amazon

カンガルースタイルにしたからといって、寒さが感じられなくなるわけではありません。地面からの冷気を防ぐために、テントに銀マットやブランケットを敷いたり、ホットカーペットを使用したりと、寒さ対策は欠かさないようにしてください!

カンガルースタイルでおしゃれに快適キャンプ!

シェルターにテントをinするカンガルースタイルをご紹介しました。秋冬キャンプの敵である「寒さ」を少しでも和らげたいと考えている方は、ぜひカンガルースタイルに挑戦してみてくださいね♪ ▼こちらの記事も読まれています。

今回紹介したアイテム

商品画像DOD カンガルーテントSMSR エリクサー3スノーピーク アメニティドームSコールマン ツーリングドームSTFIELDOOR カンガルーテントテンマクデザイン モノポールインナーテントLOGOS 2ドアルームテントHilander(ハイランダー) 自立式インナーテントテンマクデザイン サーカスTCスノーピーク メッシュシェルターogawa ツインピルツフォークT/Cogawa ドームシェルターラナコールマン シェードタフスクリーンタープ400
商品名DOD カンガルーテントSMSR エリクサー3スノーピーク アメニティドームSコールマン ツーリングドームSTFIELDOOR カンガルーテントテンマクデザイン モノポールインナーテントLOGOS 2ドアルームテントHilander(ハイランダー) 自立式インナーテントテンマクデザイン サーカスTCスノーピーク メッシュシェルターogawa ツインピルツフォークT/Cogawa ドームシェルターラナコールマン シェードタフスクリーンタープ400
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事