キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

北海道の大自然を満喫!旭川付近でおすすめのキャンプ場11選

北海道の魅力が詰まった旭川のキャンプ場。おしゃれなバンガローや温泉を併設した施設が多く、ペット連れで利用できるスポットも揃っています。北海道の大自然を体中で満喫するにはキャンプが一番!人気の無料キャンプ場も紹介します。

北海道旭川のキャンプ場ってどんなところ?

旭川のキャンプ場は、なんといっても豊かで広大な敷地が特徴!山の裾野や湖畔に広がる森の中など、国内屈指の敷地面積を誇るキャンプ場がたくさん。北海道ならではの美しい景色を、喧騒から離れた静寂の中で独り占めできます。 さらに、温泉を併設している施設が多いのもうれしいところ。バンガローやコテージを備えているスポットが多いため、テント泊が心配な方でも安心です。野生動物との出会いやめずらしい植物を目にすることができるのも、旭川のキャンプ場ならでは。

旭川のおすすめ人気キャンプ場5選

キトウシ森林公園家族旅行村

キトウシの森林公園家族旅行村_テントサイト
標高457mのキトウシ山一帯に広がる、東京ドーム25個分ほどの敷地を誇るキトウシ森林公園。公園内にはキャンプ場のほか、ゴーカートやジャブジャブ池など子どもが喜ぶ遊び場も多数あります。ぜひ利用する際は散策路をハイキングしてみてください!エゾリスやテンなどの野生動物も見つけられます。 フリーサイトの利用料はとてもリーズナブルで、テント・テーブル・イス・マットなどをレンタルすることも可能。おしゃれなケビンは8名まで利用でき、のんびりと豊かな自然を味わえます。同敷地内の「キトウシ高原ホテル」の温泉を利用して、ゆったりくつろぐのもおすすめです。 【基本情報】
住所北海道上川郡東川町西5号北44
マップコード389 530 224*24
電話0166-82-2632
料金[宿泊] 300円 / 人 ※乳幼児は無料 [カーサイト] 1,500円 / 区画、2,000円 / 区画 [ケビン] 18,900円〜 / 棟
温泉あり ※キトウシ高原ホテル内
ペット不可
チェックイン / チェックアウト13:00〜 / 〜11:00
公式キトウシ森林公園家族旅行村

ひがしかぐら森林公園

人気の旭山動物園や富良野へアクセス抜群のひがしかぐら森林公園は、雄大な旭岳や大雪山に囲まれたアウトドアリゾート。テニスやサイクリングなどのスポーツ施設もあるので、思い切り汗をかけます。 炊事場やトイレは手入れが行き届いており、とても清潔です。ペット同伴で利用可能なサイトもあります!少人数向けのバンガローは個性的で可愛らしい外観をしており、6人用のキャビンも木のぬくもりを感じられるデザイン。レンタル用品も豊富なため、ビギナーにもおすすめです。同敷地内にある温泉リゾート施設の「森のゆ・ホテル花神楽」ではさまざまなタイプのお風呂を楽しめて、なかでも大雪山連峰を望む展望露天風呂は最高。お試しください。 【基本情報】
住所北海道上川郡東神楽町25号40
null389 320 188*48
電話0166-83-3727
料金[使用料] 300円 / 人 [テント・タープ 持ち込み料] 400円 / 張 [バンガロー] 1,600円~ / 棟 [キャビン] 6,500円 / 棟 [ペット] 500円 / 頭
温泉あり
ペット
チェックイン / チェックアウト[フリーサイト] 8:30 / 11:00 [キャビン] 13:00 / 11:00 [バンガロー] 13:00 / 11:00
予約はこちらひがしかぐら森林公園

神楽岡公園少年キャンプ村

旭川駅から3kmの好立地にある神楽岡公園少年キャンプ村は、春には約500本のエゾヤマザクラが咲き誇る神楽岡公園内にあります。神楽岡公園は自然生態観察公園区域を有し、都市の近くにありながらさまざまな野鳥や小動物を観察できます。夜にはキタキツネが出没することも!?ミズバショウやザゼンソウといった湿生植物やエゾエンゴサク、エゾクガイソウなど北海道ならではの植物も観察でき、まさに都会のオアシスです。 園内の少年キャンプ村の利用料は、なんと無料!屋根付きの炊事棟を備えており、デイキャンプにもおすすめです。レンタル品等はありませんが、街の中にある公園のため、スーパーやコンビニ、コインランドリーや入浴施設など、近隣のお店が充実しており便利です。 【基本情報】
住所北海道旭川市神楽岡公園
マップコード79 284 635*00
電話0166-65-5553
料金無料
温泉なし
ペット不可
チェックイン / チェックアウトフリー
公式神楽岡公園少年キャンプ村

アサヒの丘キャンプ場

旭川市中心部から、車で20分ほどの場所にあるアサヒの丘キャンプ場。ネイチャーガイドをしているオーナーによる、配慮が行き届いた施設と、リーズナブルな利用料がとても魅力的です。市街地からだけでなく、旭岳温泉・天人峡温泉・東神楽温泉など、温泉地へのアクセスも非常によく、日帰りで湯めぐりができます。キャンプ場の近くには、スーパーや道の駅もあり、買い出しやお土産探しにも便利です。 キャンプ場内は、全てのサイトで焚き火OK。満天の星を眺めながら、焚き火を囲むなんてロマンチックな過ごし方もできます。カーサイトが広く設けられているため、バイクや車でキャンプを楽しむ方にもおすすめ。ペットと一緒に自然を満喫できます。レンタル品のほか、薪や炭、調味料などの販売も行っているため、手ぶらキャンプも可能です! 【基本情報】
住所北海道上川郡東川町東9北3
マップコード389 293 627*08
電話080-8297-9393
料金[入場料(宿泊)] 600円 / 大人、 400円 / 子ども (3歳以下は無料) ※冬季期間プラス300円 [フリーサイト] 宿泊 1,000円 / 張 ※追加の場合は500円(ツールームテントの場合は1,700円) [カーサイト] 宿泊 2,700円 / 張 ※冬季期間はカーサイトのみのご案内 (2021年4月料金改定予定)
温泉なし
ペット
チェックイン / チェックアウト13:00 / 10:00
公式アサヒの丘キャンプ場

朱鞠内湖畔キャンプ場

日本とは思えないような美しい景観を持つ朱鞠内湖。入江のように切り込んだ地形と島々が点在する湖には、幻の魚も棲むと言われています。静かな水面に森と空がくっきりと映る姿はとても幻想的。一度は訪れたいキャンプ場のひとつです。 第1~3まであるキャンプサイトは、まさに美しい自然そのまま。釣りだけでなく、カヌーやバードウォッチングを楽しめます。さらに、第1サイトを除き、林間や湖畔際など好きな場所へ車を乗り入れることが可能。ログキャビンには調理器具などが一式揃い、キャンプ場のコインランドリーやシャワーも清潔です。 同敷地内にある宿泊施設「レークハウスしゅまりない」での日帰り入浴も可能で、車で25分ほどのところの道の駅には、温泉もあります。 【基本情報】
住所北海道雨竜郡幌加内町朱鞠内
マップコード740 502 361*32
電話0165-38-2101
料金[キャンプサイト] 600円 / 大人、300円 / 子ども [ログキャビン] 7,500円~ / 棟
温泉なし 
ペット可 ※ログキャビン内は不可
チェックイン / チェックアウト[フリーサイト] 8:00 / 17:00 [ログキャビン] 15:00 / 10:00
公式朱鞠内湖畔キャンプ場

バンガロー・コテージがある旭川のおすすめのキャンプ場3選

旭川市21世紀の森

大雪山の麓で多くの自然体験をすることができる森や水辺、展望台や学習展示館を備えた旭川市21世紀の森。研修用の大きなログハウスだけでなく、キャンパー向けのバンガローも充実しています。 キャンプサイトの利用は無料。屋根付きの炊事場のほか、バーベキューハウスもあり、多少の雨でも安心です。パークゴルフやサッカーを楽しめるスペースもあり、なかでも、無料で利用できる温泉施設がある点は非常にうれしいです! 【基本情報】
住所北海道旭川市東旭川町瑞穂937番地
マップコード914 155 655*82
電話0166-76-2454
料金[バンガロー] 3,150円 / 棟(宿泊)、210円 / 時間(日帰り)
温泉あり
ペット
チェックイン / チェックアウト16:00 / 10:00
公式旭川市21世紀の森

とうまスポーツランド キャンプ場

当麻駅よりタクシー・バス共に5分程度、旭川からも50分程度でアクセス可能な当麻山にある、とうまスポーツランドのキャンプ場。同敷地内にはテニスコートや野球場があり、自然を生かした多彩なフィールドアスレチックは子どもに大人気。幼児向けのアスレチックもあるため、家族みんなで体を動かせます。 キャンプ場には、ログハウスやコテージが立ち並び、大きめのバーベキューハウスも完備。団体でのデイキャンプも楽しめます。テントの設営場所は木立の中の緩やかな斜面と、広場の芝生部分。かまどや炊事場は無料で利用することができます。キャンプ場の向かいには入浴施設である「ヘルシーシャトー」があり、長万部二股温泉ラジウム鉱石の効能で体をゆったりと休められます。 【基本情報】
住所北海道上川郡当麻町市街6区
マップコード389 889 784*36
電話0166-84-3163
料金[コテージ] 12,000円 / 棟、[ログハウス] 3,500円 / 棟
温泉なし
ペット不可
チェックイン / チェックアウト15:00 / 12:00
公式とうまスポーツランド キャンプ場

森林公園びふかアイランドキャンプ場

士別剣淵ICより車で約1時間。旭川からとなると1時間半ほどかかりますが、北海道自然環境保全地域に指定されている松山湿原雨霧の滝女神の滝などの豪快で美しい滝が点在し、函岳にも好アクセスの場所にある、びふかアイランド。総面積76haの広大な森林公園の中には川も湖もあり、天然温泉にカヌーにパークゴルフと、素敵なスポットが充実しています。 木のぬくもりを感じられるログコテージは三日月湖に面しており、ロケーションも抜群。同じく、湖畔にある開放的なテントサイトおよびオートサイトも、非常に気持ちの良い景色を堪能できます。オートサイトにはバイクの乗り入れもOK。なお、キャンプ場問い合わせする際は「森林公園びふかアイランド管理棟」へ、ログコテージについては「びふか温泉」へ連絡するようにしましょう。 【基本情報】
住所北海道中川郡美深町字紋穂内
マップコード651 489 668*41
電話[森林公園びふかアイランド管理棟]01656-2-3688 [びふか温泉]01656-2-2900
料金[キャンプ場使用料]300円 / 大人、150円 / 子ども [オートキャンプ場使用料] 2,500円 / 泊(台)
温泉あり
ペット不可
チェックイン / チェックアウト[キャンプ場] 8:30 / 15:00
公式びふか温泉

旭川の無料のキャンプ場3選

春光台公園グリーンスポーツ施設キャンプ場

旭川市の中心部から北約5kmの場所に位置し、なだらかな丘陵地から優れた眺望が見渡せる春光台公園。園内には20基ものアスレチックや木製遊具が揃い、パークゴルフ場も整備されています。さらに、ミズバショウが群落しており、観察デッキが整備されています。春には満開の桜が咲き誇るなど、旭川市民に愛されている公園のひとつです。 キャンプ場には大きな炊事場のほか、焼き肉コーナーもあり、デイキャンプでバーベキューを楽しむ人も多いです。事前に届け出を行えば、キャンプファイヤーを行うことも可能!公園から徒歩圏内には3カ所ほど銭湯があるため、テント泊する際も気持ちよく利用できます。 【基本情報】
住所北海道旭川市字近文6線3
マップコード79 492 485*10
電話0166-52-0694
料金無料
温泉なし
ペット不可
チェックイン / チェックアウトフリー
公式春光台公園グリーンスポーツ施設キャンプ場

カムイの杜公園キャンプ場

大型木製遊具や屋内遊戯場のわくわくエッグなど、子どもたちがのびのびと体を動かし、自然と親しめるカムイの杜公園。バスなどの公共交通機関を利用できませんが、旭川の市街地からは車で15分程度でアクセスできます。わくわくエッグの館内には授乳室やおむつ替えスペースも充実しており、小さな子どもとのキャンプでも安心です。 キャンプ場には気持ちの良い芝生が広がっており、思いっきり遊べます。大きな屋根の炊事場もきれいに管理されており、無料のキャンプ場としては申し分ありません。なお、公園から車やバイクで5分程度のところには、「旭川パークホテル」があります。ほかにも、朝10時から翌朝9時まで営業しているスーパー銭湯「旭川高砂台 万葉の湯」も。キャンプと併せて温泉が楽しめます。 【基本情報】
住所北海道旭川市神居町富沢
マップコード79 278 199*44
電話0166-63-4045
料金無料
温泉なし
ペット不可
チェックイン / チェックアウトフリー
公式カムイの杜公園キャンプ場

西神楽公園キャンプ場

ホタル祭で有名な西神楽公園。園内にはキャンプ場のほか、ホタルのためのせせらぎが2ヶ所整備され、「ホタルの里」づくりが進められています。キャンプ場のお手洗いや炊事場は整備されており、木漏れ日の中に広がるキャンプサイトも静かでおすすめです。なお、ほかの旭川市内の公園とは異なり、西神楽公園でのキャンプファイヤーは禁止されているのでご注意ください。 公園から国道237号線を10分ほど車で進むと、「御料乃湯」という入浴施設があります。お風呂やサウナの種類が多く、長い時間利用しても飽きません。自然を満喫したキャンプの後は、さっぱりしたいもの。ぜひ、大人も子どももくつろげる多彩なお風呂に立ち寄ってみてください。 【基本情報】
住所北海道旭川市西神楽南1-1
マップコード79 047 718*05
電話0166-75-3669
料金無料
温泉なし
ペット不可
チェックイン / チェックアウトフリー
公式西神楽公園キャンプ場

旭川は魅力的なキャンプ場の宝庫!

旭川には北海道ならではの、大きな敷地面積を活かした個性的なキャンプ場がいっぱい!温泉も充実しており、スポーツや自然の中のアクティビティを思いっきり楽しんだ後、一日の汗と疲れを癒せます。ファミリーもバイカーも、満足できるキャンプ場揃い。キャンパー憧れの地である北海道を、ぜひ、満喫してください!
 最終更新日:

あわせて読みたい記事