キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

満天の星を楽しめるフォレスト・イン洞川の魅力を徹底解説!ブログ評価も抜群に良い!

    焚き火とアスガルド

    フォレスト・イン洞川は、奈良県天川村にある星空が美しいキャンプ場で、テントサイトの他にバンガローにも宿泊可能。近くには温泉街や鍾乳洞、スキー場があり、キャンプと一緒に観光も満喫できます!もちろん、ソロキャンプにもおすすめ。今回は、そんなフォレスト・イン洞川の魅力を、ブログもチェックしながら紹介します!

    フォレスト・イン洞川の3つのテーマとは

    フォレスト・イン洞川は、キャンプ場の特色を表すテーマとして「グランピング」「星空と遊ぼう」「不便を楽しもう」という3つを持っています。それぞれのテーマに沿って、フォレスト・イン洞川の魅力に迫っていきましょう!

    快適に過ごす!「グランピング」

    そもそもグランピングって?

    「グランピングという名前は知っているけれども、実際には何のことだか、よくわからない...。」という人も多いのではないでしょうか?簡単に言えば「自然の中で豪華で快適なキャンプをする」ということです。 広いテントの中で明かりを灯し、座り心地の良い椅子に座ってくつろぐ...。リゾート気分で、おしゃれなキャンプを満喫するスタイルが「グランピング」と言われています。

    フォレスト・イン洞川のグランピングは、自分で設営する!

    フォレスト・イン洞川で体験できるグランピングの特徴は、グランピングに必要な道具をレンタルし、自分で設営することにあります。自分で設営する必要がない、通常のグランピングに比べると、少し面倒に感じるかもしれません。しかしその分、自分の好きな場所にテントサイトを構えられる、というメリットもあります。 満天の星を眺めながらグランピングをすれば、必ず素敵な夜を過ごせるでしょう。フォレスト・イン洞川なら、手ぶらで、自分好み特別な体験ができます。

    【注意】事前予約が必要!

    フォレスト・イン洞川でグランピングをするには、予約が必須です!グランピングは大人気で、予約もすぐに埋まってしまうので、日程が決まったらすぐ予約をしましょう。 さらに、予約を受け付けている期間は1月~6月、9月~12月の間だけです。5月のGW期間や7月、8月といった、繁忙期には予約を受け付けていないため、ご注意ください!

    キャンプの醍醐味!?「不便を楽しむ」

    グランピングとは打って変わって、フォレスト・イン洞川には「不便を楽しむ」というテーマも。楽しめる、いい意味での「不便」とはどのような所にあるのでしょうか。

    「不便を楽しむ」が隠れたバンガロー

    ウッディで落ち着いた雰囲気のある、6~7人用のバンガロー。天候に左右されることなく、快適に過ごせます。
    電源や共用のシャワーやトイレがついていますが、家電は「あえて」一つも置いていません。日常にない不便を楽しむこともアウトドアの醍醐味ということで、普段、家で何気なく使っている道具をあえて排除しています。 このバンガローに宿泊すれば、一緒に泊まる家族や友人との会話に熱中できます。その理由は、テレビのような暇つぶしができてしまう家電が一切ないので、いつも以上に人間同士のコミュニケーションが増えるから。「不便」が家族や友人の大切さに気付く良いきっかけになります。

    バンガロー大もおすすめ!

    団体やイベントで宿泊する場合には、こちらがおすすめ!大人が20人ほども泊まれる大きなバンガロー。みんなでワイワイと楽しむにはうってつけです。

    夜、空を見上げれば満点の星!「星空と遊ぼう」

    「グランピング」「不便を楽しもう」に続く、フォレスト・イン洞川の3つ目のテーマは「星空と遊ぼう」です。 都市部に住んでいると、なかなか観ることができない満点の星は、「非日常」なキャンプを、さらに盛り立ててくれること間違いなしです。

    グランピング以外の宿泊方法も!

    フォレスト・イン洞川には、グランピングやコテージ以外にも、さまざまな宿泊方法があります。それぞれに個性があり、用途もいろいろ!自分にあったスタイルの宿泊方法を見つけましょう!

    オートサイト

    車を横付けできる、オートキャンプのサイトです。道具を持ち込んで、あなた好みのキャンプをしましょう!管理棟には薪や木炭などが販売されているので、焚き火を楽しめますl。 1サイトはだいたい長辺8~10m、短辺4~5mで、区画されています。

    テントサイト

    屋根付きの施設の中にテントを張って、宿泊できます。雨の日でも、天気を気にせずにキャンプが楽しめるのがうれしい点。テントサイトには3m×3m、高さ185cm以内のテントであれば、設営が可能です。

    フリーサイト

    オートキャンプ場のように、車で乗り入れることはできません。しかし他のサイトとは異なり、区画がないため、自由にテントやタープを設営できます。皆さんの個性を全開にして、思い思いのキャンプを楽しんでください。

    フォレスト・イン洞川を楽しみ尽くせ!

    バーベキューハウスでバーベキュー

    道具の持ち込みも可能ですが、バーベキュー用品やコンロ、イスなど、バーベキューを楽しむための道具はすべてキャンプ場でレンタルできます。食材さえ用意すれば、手ぶらでバーベキューできるので初心者でも安心です。

    ひんやりとした川で川遊びをしよう!

    山から流れてくる川の水は、冷たくてとってもきれい。川遊びをすれば、暑い夏でも快適で楽しいキャンプを過ごせます。

    ブログや口コミで見るフォレスト・イン洞川の評判は?

    さすがに村営と名乗るだけあって設備も整っていて、なかなかいいキャンプ場です。

    キャンプ場の設備が整っていると、キャンプはより快適なものになります。

    案内されたオートサイトは少し狭いので、隣のさらに狭いサイトを駐車スペースにして良いという事で、2区画を使うことになりました。係の方の配慮が嬉しかったです。

    管理している方が気さくだと、気軽に質問ができてうれしいもの。アドバイスをもらうことができるので、初心者の方も安心です!

    フォレスト・イン洞川の周辺情報

    近くには「鍾乳洞」

    「面不動鍾乳洞」は、関西最大クラスの規模を誇る鍾乳洞です。鍾乳石が天井や地面から伸びている、内部の景色はまるで異世界。自然が生み出す、奇跡の絶景です。

    歴史ある温泉街を満喫しよう!

    洞川温泉街には、今ではほとんど見られない、古き良き景色が残っています。夜はさらに風情があります。旅館の縁側につるされた提灯には一斉に灯りがつき、幻想的な風景が広がっています。

    冬にはスキーも!

    近くには洞川スキー場があり、冬にはスキーが楽しめます!紀伊半島では稀有なスキー場で、規模こそあまり大きくないものの、家族連れでそり遊びに訪れる方も多数。

    アクセス情報や施設情報など、フォレスト・イン洞川の気になるポイントをチェック!

    出典:Pixabay

    出発前に天気を調べよう!

    キャンプの場所は天気によって、必要な持ち物は違います。。その日の天気や気温に合った服装、持ち物でキャンプに臨めば、更に快適にキャンプが可能。 天気・気温情報はこちら

    買い出しは到着前に済ませよう!

    キャンプ場周辺にはスーパーなど、買い出しできる場所がありません。最も近いスーパーは30kmも離れています。そのため、キャンプ場に到着する前に、前もって食材や飲み物を買っておきましょう。

    ペット連れもOK!

    ペットは、飼っている人にとって、欠くことができない家族の一員。フォレスト・イン洞川は敷地内全域でペットOKです!ペットも含めた家族全員で、大自然を思う存分に楽しんでください。

    トイレ、シャワーがとてもきれい!

    トイレやシャワーはよく整備されており、とてもきれい。キャンプ場の水回りがきれいだと、キャンプを快適に楽しめるのでうれしいです。

    基本情報はこちら

    【基本情報】 住所:奈良県吉野郡天川村洞川934-15 電話: 0747-64-0757 営業期間:通年 料金: [入村料]400円 [バンガロー] 6,000円~ [オートサイト] 3,500円~ [テントサイト] 3,000円~ [フリーサイト] 1,500円~ チェックイン / チェックアウト:11:00 / 10:30 予約はこちら:フォレスト・イン洞川

    フォレスト・イン洞川の周辺には他にもおすすめのキャンプ場が!

    近隣には他のキャンプ場もあります。ぜひチェックしてみてください。

    白の平オートキャンプ場

    山間に位置するオートキャンプ場です。キャンプ場のそばに流れる山上川では、釣りが楽しめます。春には川沿いの桜が満開に。お花見もできるキャンプ場です。 公式はこちら:白の平オートキャンプ場

    松林・山上川オートキャンプ場

    松林と山上川の2つの場所にあるオートキャンプ場。周辺環境が異なる2か所から、好きな方を選べるのがうれしいポイント。 公式はこちら:松林・山上川オートキャンプ場

    最後に

    ここまでフォレスト・イン洞川について紹介してきました。皆さんもフォレスト・イン洞川でおしゃれにグランピングをしながら、きれいな星空を眺めて、都市部では味わえない非日常な体験を楽しんでみてください!
     最終更新日:

    あわせて読みたい記事