キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

息をのむほど美しい!「雲海」を満喫できるキャンプ場

朝焼けの美しい雲海と山の景色

出典:Pixabay

どこまでも雲が平らに広がる美しい雲海。そんな幻想的な景色に出会えるキャンプ場があります!自然現象なので確実に見れるわけではありませんが、見えた時の感動は何ものにも変えがたいもの。友達と、家族と、恋人と、感動体験してみませんか?

最近注目の絶景、雲海って?

雄大な雲海を見下ろす男性

出典:Pixabay

思わず息をのむほど美しいと、最近注目を集めている「雲海」。これは、雲が海のように平らに広がっている景色のことで、雲に沈む山々がまるで海に浮かぶ島のように頭を出している様子から、このように呼ばれるようになりました。 雲海は特に寒い早朝に発生することが多いので、早起きして車に乗って見に行くのがお決まりですが、なんと雲海の見られるキャンプ場があります!起き抜けに外へ出てみれば、目の前に広がる美しい雲海…そんな感動を体験してみませんか?

目からうろこの絶景!雲海が見られるキャンプ場7選

1. 三城いこいの広場 (長野県)

三城いこいの広場では、第三駐車場の入り口で雲海を見れます。美しい景色を眺められることはもちろん、運が良ければ雲が流れてきて、体がすっぽり包まれることも!雲に包まれるのはいったいどんな気分なのか、ぜひこの貴重な体験をしてみてください。 さらに、ここに来たら寄ってほしいのが、近くにある3カ所の温泉です。特に天然温泉の「美ヶ原温泉 白糸の湯」は6時から22時までと営業時間も長く、松本の町中にあるため買い出しもできるのでおすすめ。 【プラン例】 宿泊:オートキャンプ 内容:1泊1サイト(2160円/サイト)※通常営業日の土日祝の料金 ※1サイト5名まで 人数:大人2名子供2名 料金:2160円 【基本情報】 住所:長野県松本市大字入山辺8961 TEL:0263-31-2229 営業時間:チェックイン712:00-/チェックアウト10:00 アクセス:長野自動車道 松本ICから車で約50分 公式HPはこちら:三城いこいの広場

2. PICA秩父 (埼玉県)

PICA秩父のミューズパーク展望台から見る雲海

出典:PICA秩父

サウナ付きのお風呂や広いテニスコートなど、施設が充実したPICA秩父キャンプ場。宿泊施設はコテージで、望遠鏡が使えたりペット連れで泊まれたりと、わくわくするようなコンセプトを持ったコテージがたくさんあります。宿泊プランもさまざまなものが用意されているので、自分に合ったものを選びましょう! 雲海が見られるのはミューズパーク展望台という場所です。キャンプ場の駐車場から車で5分ほどとキャンプサイトからは少し離れてしまいますが、秩父の名山「武甲山」と一緒に見る雲海は壮大なスケールと美しさで、ここでしか味わえない感動が味わえます! 【プラン例】 星ぞら炭火BBQプラン 宿泊:コテージ 内容:1泊1室、BBQ食材(朝・夕)、調理器具、紙皿 人数:大人2名 料金:11900円 【基本情報】 住所:埼玉県秩父市久那637-2 秩父ミューズパーク 内 TEL:0494-22-8111 営業時間:チェックイン7:00-10:00/チェックアウト15:00-19:00(予約はオンラインのみ) アクセス:関越自動車道・花園ICから国道140号線で37km(約40分) 公式HPはこちら:PICA秩父

3. 西山高原キャンプ場 (岡山県)

標高450メートルに位置する西山高原キャンプ場では、触れそうなほど近くで雲海がみられます!もし運悪く雲海が見えなくても、備中湖の大パノラマが望めます。このキャンプ場はペット連れOKなだけでなく、キャンプ場にも3匹のマスコット犬がいてお出迎えしてくれるので、犬好きキャンパーさんにはぜひ訪れてほしいキャンプ場です。 さらに、車中泊専用の場所があるのもポイント。キャンプ道具を持っていなくても雲海を見に来られます。 【プラン例】 宿泊:オートキャンプ 内容:1泊1サイト(1000円/サイト) 人数:大人2人(600円/人)子供2人(300円/人) 料金:2800円 【基本情報】 住所:岡山県高梁市備中町西山1314-1 TEL:0866-45-3633 営業時間:8:00-18:00(年中無休) アクセス:JR野馳駅より車で約24分 公式HPはこちら:西山高原キャンプ場

4. ゆとりすとパークおおとよ (高知県)

ゆとりすとパークおおとよは、シャワー、コインランドリーなどの便利な設備や、アスレチック、フラワーガーデンなどの遊べる施設が園内にぎゅっとまとまっています!あちこちに足をのばす必要がないので、移動が大変な大人数でのキャンプや小さい子どものいるファミリーキャンプにおすすめです。 雲海はキャンプ場をぐるりと取り囲んで出現するので、まるで天空に来たかと錯覚してしまうような幻想的な気分に浸れます。たくさんの仲間や家族と一緒にこの感動を体験しましょう! 【プラン例】 宿泊:テントサイト 内容:1泊1サイト(2000円/サイト) 人数:大人2人(500円/人)小学生2人(250円/人) 料金:3500円 【基本情報】 住所:高知県長岡郡大豊町中村大王4037-25 TEL:0887-72-0700 営業時間:10:00-17:00(火曜定休) 料金: 2000円~ アクセス:JR土讃線大杉駅より車で約20分 公式HPはこちら:ゆとりすとパークおおとよ

5. 鷲巣キャンプ場 (栃木県)

こちらの鷲巣キャンプ場は、山里と民家が点在する農村の中にあるので、普段都会で暮らしていると見られないような野鳥や昆虫を観察できたり、山菜採りを体験できたりする楽しいキャンプスポットです。雲海も歩いてすぐの場所から見られます!鳥の声や木が風にそよぐ音に耳を傾けながら、自然に囲まれてゆったりと眺める雲海は格別の美しさです。忙しい都会での疲れを自然のパワーで癒したい人におすすめ。 【プラン例】 宿泊:オートキャンプ場 内容:1泊1サイト(5000円/サイト)、AC電源 人数:大人2人子供2人 料金:5000円 【基本情報】 住所:栃木県芳賀郡茂木町大字後郷1322 TEL:0285-63-3092 営業時間:7:00-21:00 アクセス:茂木駅から車で約9分 公式HPはこちら:鷲巣キャンプ場

6. 大芦高原キャンプ場 (岡山県)

DIYをコンセプトにしたこのキャンプ場は、運営の方々と一緒に森林整備やマップ作りができるのが面白いところ。自分自身で作ることで、もっとキャンプの奥深さを学べます!五右衛門風呂やピザ釜などの設備も充実。さまざまな経験ができます。 名前の通り高原にあるキャンプ場なので雲海がよく見えるスポットとしても有名です。なんと、一時期は予約がなかなか取れなかったほど!「仙人が住んでいそう」という口コミにもある通り、高山で雲海を眺めてちょっと浮世離れした気分を味わえます。 【プラン例】 宿泊:オートキャンプ場 内容:1泊1張、AC電源(500円/ユニット) 人数:大人2人(1500円/人)子供2人(1000円/人) 料金:5500円 【基本情報】 住所:岡山県美作市上山2350-1 TEL:080-1646-1647 営業時間:チェックイン11:00/チェックアウト10:00 アクセス:中国自動車道 美作インターから車で約30分 公式HPはこちら:大芦高原キャンプ場

7. 吉滝キャンプ場・コテージ村 (兵庫県)

立雲峡から見る雲に浮かぶ竹田城趾

出典:竹田城跡

「日本で最も美しい村」連盟に所属する吉滝キャンプ場・コテージ村では、テントを出て目の前に雲海が出現します。寝起きに絶景を見れますが、近くにある有名な観光スポット「竹田城趾」に訪れるのもおすすめ。雲海に浮かぶ竹田城趾はとても幻想的で、『日本のマチュピチュ』『ラピュタ』などと讃えられています。竹田城趾の向かいにある、立雲峡という山に行けば、写真のように、雲に浮かぶ竹田城趾を見られます。
ほかにも「裏見の滝」と呼ばれる裏側から水が流れる様子を見られる珍しい滝や、この地で育てられた和牛、但馬牛の絶品BBQセットなど、魅力的なポイントがたくさんあります。 【プラン例】 宿泊:テントクラス 内容:1泊1張(2000円/張)※1張5名以内 人数:大人2人、子ども2人 料金:2000円 【基本情報】 住所:兵庫県美方郡香美町小代区貫田後山 TEL:090-9616-4321 営業時間:チェックイン 14:00-17:30/チェックアウト10:00 アクセス:JR浜坂駅より車で約47分 公式HPはこちら:吉滝キャンプ場・コテージ村

「絶対に雲海が見られる日」はない!心に留めておきたい注意点

雲海ができる仕組みは?

雲海の写真

出典: nattya3714 / ゲッティーイメージズ

風がないと山間部や盆地のような場所では、空気がたまりやすくなります。この状況で地面の温度がグッと下がると、たまっている空気も一緒に冷やされて、上空の空気よりも冷たくなることも。冷えた空気に含まれる水蒸気は水滴へと姿を変えるため、低地に雲が発生し、雲海が出現します。

「見れたらラッキー!」の精神で

雲海は、自然現象なので行けば絶対に見られるというものではありません。絶景スポットに来たからには見なきゃ帰れない!と期待しすぎないように。いつもどおりキャンプを楽しみながら「雲海も見れたらラッキー!」という心構えで行きましょう。

見えやすい時期や時間帯を狙ってみよう

雲海のできる仕組みが分かると、自ずと出現しやすい時期や時間帯がある程度決まってきます。ポイントを押さえて少しでも雲海が見られる確率をアップさせましょう!季節の中でも特に春や秋に出現する確率が高く、時間は夜明け前~早朝ですが、夕方に見られる地域もあるようです。特に晴れていて風がなく、湿度の高い早朝によく見られます。 出現時期はその場所の地理的要因によって若干異なるので、キャンプ場の公式サイトなどをよくチェックしましょう。さらに、時期は合ってるし今週末見に行けるけど雲海は出るの?という疑問に答えてくれるのが、「雲海出現NAVI」。スポットを検索すると、週末に雲海が出現する確率を教えてくれる優れモノです! 詳しくはこちら:雲海出現NAVI

持ち物はこれがあると安心♪

リュックと登山靴と帽子

出典:pixabay

【懐中電灯】 雲海はまだ薄暗い早朝の時間帯に見られることが多いので、その場合は足元や行く先を照らす懐中電灯をもっておくと安心です。 【防寒具】 雲海の出現条件が揃っている日はかなり冷え込みます。見に行く際は必ず防寒具を身に着けてください! 【レインコート】 雲は水蒸気でできているので包まれると濡れてしまいます。体を冷やさないためにも着ていくことをおすすめします。 【カメラ】 雲海はなかなか見られないレアな景色です。頭にも写真にもしっかり思い出を記録しましょう。

雲海の見れるキャンプ場で絶景を見ながらぜいたくなアウトドアを!

遠出したり、山を登ったりして雲海を見に行くのもいいですが、キャンプ場で絶景を目の前に朝のコーヒーをいただいたくというぜいたくな体験をしてみるのはいかがでしょうか?いつもとは違う特別なキャンプの思い出作りに、ぜひ行ってみてください。
 最終更新日:

あわせて読みたい記事