hinata

>

ノウハウ

>

スタイル

>

女子キャンプ

>

キャンプためらい女子必見!みんなが嫌がる4つの悩みを解決☆

キャンプためらい女子必見!みんなが嫌がる4つの悩みを解決☆

 ノウハウ

寝そべって写真をとる女性たち

出典: Sarasa Suzuki / ゲッティイメージズ

「キャンプって虫多いし、服とか髪とかに臭いつくしなぁ」そんなキャンプためらい女子のためらうポイントとその解決方法をご紹介します☆キャンプためらい彼女を持つ男性の方も必見です!これを読んで目指せ、脱・キャンプためらい女子!流行りの女子キャンプを楽しんじゃいましょう!!


 目次


流行りの「女子キャンプ」って?

おしゃれでカラフルなキャンプの様子    

「女子キャンプ」は女子だけでキャンプを楽しむスタイルのことです。テントをおしゃれに飾ったり、写真映えするごはんを食べたりと女子だけだからこそのキャンプを楽しめるという魅力があり、今注目が集まっています。女子キャンプの詳しい情報を知りたい方はこちらも併せてご覧ください♪

【気になるポイント①】お風呂はどうするの?

【対策法】温泉やシャワーつきのキャンプ場を利用する

岩場に置かれた温泉桶    

出典:paylessimage / ゲッティイメージズ

現在、全国には温泉やお風呂がついているキャンプ場や、周辺に温泉施設があるキャンプ場が増えています。「キャンプ場の温泉なんてしょぼそう...」というイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません!キャンプ場だからこその自然に囲まれたロケーションは最高♡温泉も源泉かけ流しと他の温泉施設に引けを取りません!温泉やお風呂がなくてもコインシャワーが利用できるキャンプ場もあるので、キャンプ場を選ぶときチェックしてみてください。温泉がついているキャンプ場、周辺に温泉施設があるキャンプ場を知りたい方はこちらをご覧くださいね♪

温泉もシャワーもないキャンプ場の時はどうすればいい?

キャンプ場がすでに決まっていて、しかもそのキャンプ場には温泉もお風呂もシャワーもない!そんな時は汗拭きシートや洗い流さないシャンプーを使うのがおすすめ。この2つはドラッグストアやホームセンターで入手できます。また、女性が気になるのはお化粧ですよね。おすすめはメイク落としシートや、ふき取り化粧水を使うことです。

【気になるポイント②】服と髪につく臭いがヤダ!

【対策法】料理の時はバーナーを使う

ツーバーナー    

出典:Toshimasa Ishibashi / flickr

女子キャンプを楽しむならおしゃれな服を着たいところですが、BBQなどで薪や炭を燃やすとどうしても服や髪に臭いがうつります。そんな時はバーナーを使った調理がおすすめ!臭いがついてしまうことはなく、バーナーを使用すれば家での調理とあまり変わらないので、初めてのキャンプでもあまり手間取ることなく調理をすることができます。

バーナーは主に「シングルバーナー」と「ツーバーナー」があります。「シングルバーナー」は一口コンロ、「ツーバーナー」は二口コンロのことです。大人数でおしゃれなご飯を楽しむ女子キャンプでは「ツーバーナー」がおすすめ☆もし一緒に行く人が持っていたら、ぜひ持ってきてもらいましょう!

服についてしまった臭いはどうする?

BBQしたい、焚き火で暖まりたい、という人もいますよね。BBQや焚き火をする時は汚れてもいい服を着ましょう。臭くなってしまった服は、アウトドアショップなどで売っている自然に優しい洗剤を使ってキャンプ場で手洗いしたり、消臭スプレーを使うのがおすすめ!コインランドリーがあるキャンプ場ならそれを活用するのも◎キャンプ場で洗濯をする場合は、天気予報もしっかりチェックして晴れの日にしてくださいね!

髪についてしまった臭いはどうする?

髪を結んだり帽子をかぶってBBQや焚き火をすると、臭いを少し抑えることができますが、いぶされた髪をすぐにウェットティッシュや濡れたタオルで拭くことで、より臭いを抑えることができます。ヘアフレグランスを使うのも有効ですが、オイルタイプはかえって臭いが付きやすくなってしまうので注意が必要です。

【気になるポイント③】暗くて汚い、虫が多い、安全面は?

【対策法】コテージやロッジを利用する

N.A.O.明野高原キャンプ場のコテージ外観    

出典:N.A.O.明野高原キャンプ場

コテージやロッジは電気が通っているため、明かりをつけることができます。そして、家具や家電も整っているのでキャンプ初心者にもぴったり!トイレも中にあるので、夜暗くなってから外に出なくていいのも嬉しいところ。普通の家と変わらない作りのコテージは、テントよりも室内に入ってくる虫を防ぐことができます。また、鍵付きのドアがあるので貴重品も安心して管理できます。女性だけのキャンプで気になる安全面もしっかりとカバーできるコテージやロッジは、女子キャンプにおすすめの宿泊施設♪コテージがあるキャンプ場を知りたい方はこちら↓

テント泊の時はどうすればいい?

フェアーハンド ハリケーンランタン    

出典:@dai_chan610

キャンプ場の夜は灯りがないと真っ暗になるので、どうしてもランタンをつけなければなりませんが、ランタンをつけると虫が寄ってきてしまいます。そんな時におすすめなのがSOTO(ソト) の「虫の寄りにくいランタン」です。こちらは名前の通り虫が寄りにくいのですが、それだけでなくとても明るいと評判のランタンです。ただ全く寄ってこないわけではないので、メッシュの壁で囲まれている「スクリーンタープ」と合わせて使用すると良いでしょう!

また、ドアの施錠ができないテントで寝るとなると、どうしても心配になるのが貴重品をどうするかですよね。テントで寝るときのおすすめ貴重品管理法は、「寝袋に入れる」ことです!テントに侵入するとなるとガサゴソと音が鳴るので、泥棒がテントへ侵入する可能性は低いですが、万一侵入してきたとしても、人が寝ている寝袋へ手をかけるのはリスクが大きいのです。それでも心配であれば、管理人さんがいるキャンプ場を選んだり、車に貴重品を入れておくのも良い方法ですよ☆

【気になるポイント④】女子だけでテント張り大丈夫?

【対策法①】設営簡単なテントを使う

テントを設営する男女    

出典:bokan76 / ゲッティイメージズ

「女子だけでテントを張るのは大変そう」「女子だけではテントを張れなかった」という声を耳にしたことがありますが、設営簡単なテントを使えば女子だけでも簡単にテントを張ることができます。おすすめなのは「ワンタッチテント」です!

【対策法②】流行りのグランピングはいかが?

MIFUNE VILLAGEのウッドデッキ    

出典:MIFUNE VILLAGE

テントを設営するのも、自分で火を起こすのも気がひける・・・というあなたにはグランピングがおすすめ!フォトジェニックなおしゃれキャンプが楽しめると、今大流行しているんです。グランピングで使われるオシャレなテントは、すでに施設側が設営してくれているので、あとは必要な荷物を持ち込むだけ!グランピングでなくても、すでにテントが設営されているキャンプ場に行けばテントを用意しなくてよいので楽ですよ♪おすすめのグランピングスポットはこちらの記事をご覧ください!

まとめ

行く人みんながキャンプ初心者なら、まずはコテージ泊やグランピングがおすすめです。もし読んでいて「キャンプ行けるかも!」と少しでも思った方、小学校、中学校の野外活動のキャンプが最後の方はぜひキャンプに挑戦してみてください!キャンプへの印象がきっと変わりますよ♡


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • LINE@ 友だち追加! 新商品や役立ちワザ、最新のアウトドアスポットまで毎日hinataから厳選した情報をお届けします。
  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner

 人気の
アウトドアスポット

森と星空のキャンプヴィレッジ

 キャンプ場,栃木県

森と星空のキャンプヴィレッジは、栃木県の東端に位置するキャンプ場です...

1

北軽井沢スウィートグラス

 キャンプ場,群馬県

「北軽井沢スウィートグラス」は、アメリカの国立公園をモチーフに作られ...

2

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

 キャンプ場,群馬県

「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」は群馬県吾妻郡嬬恋村にあります...

3

森のまきばオートキャンプ場

 キャンプ場,千葉県

「森のまきばオートキャンプ場」は、都心からわずか60分で行くことので...

4

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base)

 キャンプ場,神奈川県

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base...

5
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪