hinata

>

キャンプ用品

>

アウトドアブランド

>

ドッペルギャンガー

>

【新製品情報】パップ風って何?DODの新テントはこう使いたい!

【新製品情報】パップ風って何?DODの新テントはこう使いたい!

 キャンプ用品

ベージュのパップフーテントの近影

出典:ドッペルギャンガーアウトドア

ユニークなテントやキャンプギアを数多く展開しているドッペルギャンガーアウトドア(DOD)。そんなDODからまたもユニークなネーミングのテントが新発売されました。ソロキャンプにおすすめしたい、昔ながらでいて全く新しい「パップフーテント」を紹介します!


 目次


DODから新テントが登場!

ベージュのパップフーテントの全体像    

出典:ドッペルギャンガーアウトドア

2017年12月にドッペルギャンガーアウトドアから新しいテントが発売されました。その名も「パップフーテント」!名前の由来はパップテントに似ているから「パップ風」テントとのこと。ドッペルギャンガーアウトドアらしいユニークなネーミングです。ベージュとブラックの2カラーで販売されるこのテント。面白い名前ですが、なんでもソロキャンプにはもってこいの実力を持っているんだとか!

そもそもパップテントって?

ホワイトのパップテント    

出典:Decent-Exposure-Photography / ゲッティイメージズ

新型テントのベースとなったパップテント。もともとは各国の軍隊で使用されていたものなんです。兵士の遠征時に持ち運ばれていた軽量テントで、1人の兵士が1枚の布を持ち、それを2人で組み合わせて使用します。2枚を繋いでを2つ支柱で設営するパップテントは、超コンパクトでシンプルなシェルターをして使用されていました。

ブラックのパップフーテント    

出典:ドッペルギャンガーアウトドア

そんな軍用のコンパクトテントをモチーフに作られたパップフーテント。見た目は確かにパップテントによく似ています。「パップ風」というからには似ている外見だけにはとどまらない、何か違いがあるはず!

DODのパップフーテントはここが違う!

二段階まで跳ね上げが可能

パップフーテントの片側の布で屋根を跳ね上げる様子    

出典:ドッペルギャンガーアウトドア

パップフーテントは片側の布が広がり、屋根として跳ね上げることが可能。元祖パップテントは2枚のテントをくっつけているので基本的に跳ね上げはできません。跳ね上げができるように改造をしている方もいますが、DODのパップフーテントなら簡単に大きな屋根を作り出すことができるんです。このテントさえあればタープ要らずで荷物をコンパクトにできますよ。

前後メッシュ仕様!

パップフーテントの出入り口のメッシュ部分    

出典:ドッペルギャンガーアウトドア

元祖パップテントにはありえない、メッシュを前後に搭載しました。出入り口にもなる前側には全面メッシュパネルを、後ろ側には空気の通り道になるベンチレーションを配置。就寝時に虫が入ってくる心配はなく、涼しく過ごすことができます。

特殊フロアレス構造

パップフーテントのフロア部分    

出典:ドッペルギャンガーアウトドア

パップテントはフロアがないシェルタータイプのテントですが、パップフーテントはちょっと違います。テントの端となる部分に布を取り付けた、特殊フロアレス仕様です!ただのシェルターだと地面との隙間が生まれてしまい、虫や隙間風が侵入してきますが、パップフーテントなら大丈夫!夏は虫をシャットアウト、寒い季節はメッシュを閉じれば風の侵入を防いで暖かく過ごすことができます。

パップフーテントはこう使いたい!

昔ながらのテントに見えて、実はすごい性能を秘めていたパップフーテント。実際に使用する際におすすめの使い方を紹介します!

ポリコットン素材を活かして焚き火!

パップフーテントの側でたき火をする男性    

出典:ドッペルギャンガーアウトドア

ポリエステルとコットンを混紡したポリコットン素材を使用しているパップフーテント。コットンが混ざっていることで、火の粉が飛んでも燃えにくいという利点があります。ポリエステルやナイロンといった化繊素材のテントの近くで焚き火をすると穴が空いてしまうということがありますが、パップフーテントなら大丈夫!テントの近くでも安心して焚き火を楽しむことができますよ!

フロアレスを利用したコットスタイル

パップフーテント内のコットで横になる男性    

出典:ドッペルギャンガーアウトドア

パップフーテントはフロアレスなので、シュラフのままでは寝れません。マットを敷くという手段もありますが、マットは汚れてしまうし、地面の凹凸が気になってしまい、気持ちよくねれないことも。そこでおすすめしたいのがコットスタイルです!地面の凹凸を気にしないで快適に寝ることができますし、パップフーテントに囲まれたコットは、ちょっと豪華なベッドにも見えてきます。

まとめ

新発売のパップフーテントの魅力は伝わりましたでしょうか。ソロキャンプを快適に、そしてさらにワクワクさせてくれそうなテントですよね!人気出ること間違いなしですので、気になった方は早めに販売ショップをチェック!

パップフーテント
サイズ:310×150×130(h)cm
収納サイズ:直径19×長さ56cm
重量:5.0kg
対応人数:2名まで
耐水圧:1500mm
公式サイトはこちら:パップフーテント タン / パップフーテント ブラック


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • LINE@ 友だち追加! 新商品や役立ちワザ、最新のアウトドアスポットまで毎日hinataから厳選した情報をお届けします。
  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner

 人気の
アウトドアスポット

森と星空のキャンプヴィレッジ

 キャンプ場,栃木県

森と星空のキャンプヴィレッジは、栃木県の東端に位置するキャンプ場です...

1

北軽井沢スウィートグラス

 キャンプ場,群馬県

「北軽井沢スウィートグラス」は、アメリカの国立公園をモチーフに作られ...

2

森のまきばオートキャンプ場

 キャンプ場,千葉県

「森のまきばオートキャンプ場」は、都心からわずか60分で行くことので...

3

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

 キャンプ場,群馬県

「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」は群馬県吾妻郡嬬恋村にあります...

4

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base)

 キャンプ場,神奈川県

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base...

5
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪