hinata

>

キャンプ用品

>

ショップ

>

L-Breath(エルブレス)

>

年越しキャンプはこれで決まり!エルブレスのおすすめアイテムで2018年を迎えよう!

年越しキャンプはこれで決まり!エルブレスのおすすめアイテムで2018年を迎えよう!

 キャンプ用品

エルブレス池袋西口店のスタッフ

年越しをキャンプ場で過ごそうと思っている方必見!寒い年末をキャンプ場で快適に過ごす方法をご存知ですか?エルブレス池袋西口店でそのポイントをばっちり取材してきました!


 目次


2018年はキャンプ場で迎えると決めた方へ!

今年も残すところあとわずか。アウトドア好きが高じ、今年はキャンプ場で年越しをしようと考えている方もいるのではないでしょうか。

しかし、年末年始のキャンプ場の冷え込みは厳しく、春夏用のキャンプギアで過ごすのは厳しいものがあります。「じゃあどんなキャンプギアを準備すればいいの?」と疑問を持つあなたのために、年越しキャンプを暖かく過ごすためのアイテムたちを調査すべく、エルブレス池袋西口店へ向かいました!

今回は6Fキャンプ用品フロアの前原さんにお話を伺います。

6Fキャンプ用品フロアの前原さん    

ーこんにちは!今日はよろしくお願いします。年越しキャンプを楽しく快適に過ごすためのおすすめキャンプギアを教えてください!

前原さん:こちらこそよろしくお願いします。冬に楽しむキャンプと言うだけあって、しっかりとした寒さ対策のできるギアたちを紹介できればと思います!

寒い年末も快適に眠るために!おすすめのシュラフたち

おすすめのシュラフ3点    

前原さん:年越しキャンプを楽しむために最も重要と言っても過言ではないのがシュラフ選びです。地域にもよりますが、年末年始のキャンプ場は夜の気温が氷点下にまで下がることもあります。

ー氷点下ですか!?しっかり防寒対策をしないと風邪をひいてしまいますね。寒さを乗り切るためには、どういったシュラフを選べばいいのでしょうか?

前原さん:シュラフ選びのポイントは2つ。「ダウンの量」と「耐水性」です。

まずダウンの量についてですが、春夏など比較的暖かい時期のキャンプでは300〜400gのシュラフであれば十分ですが、年越しの寒い時期には最低でも500〜600gのシュラフが必要になります。雪中キャンプを楽しみたい方は700g以上のものを選ぶと良いでしょう。

2点目の「耐水性」ですが、冬にキャンプをする場合、夜中から朝方にかけてシュラフは結露してしまいます。ダウンは水に弱いので、結露を防ぐためにシュラフカバーが必須になるのですが、これが結構荷物になるのです。防水性や撥水性に優れたシュラフであれば、シュラフカバーがなくても結露を防ぐことができますし、荷物を減らすという意味でもおすすめですよ。

ーなるほど、「ダウンの量」と「耐水性」ですね!それを踏まえておすすめのシュラフはありますか?

前原さん:まずナンガの「オーロラライト600DX」(画像左)はおすすめですね!名前の通り、600gの高性能ダウンを使用しており、とても暖かいです。防水性もあるので、野宿もこれ一つで大丈夫なほどタフです。

ナンガのオーロラライト600DX    

前原さん:また一般的なシュラフでは、ファスナーが生地を噛んでしまい、表面を傷めてしまうことがあります。ナンガのオーロラライトはファスナーが生地を噛まないように設計されているため、開け閉めのストレスがないんです!

ーシュラフの定番、ナンガですね!噛みづらいファスナーなのはとてもうれしいポイントです!僕もキャンプでいざ寝ようとした時に寝袋のファスナーが噛んでなかなか閉められなかった経験があります…。

前原さん:寝袋を知り尽くしたナンガだからこそできる工夫ですよね!

イスカのエア700SL    

前原さん:続いて紹介したいのはイスカの「エア700SL」(画像中央)です!こちらは700gある上に撥水性もあるので、雪中キャンプにも対応できます!

エア700SL内側の様子    

前原さん:見てくださいこの中身!内側のダウン量がすごく多いんです!また首の周りが風の侵入を防ぐ構造になっていて、寒さ知らずのシュラフです!

ー内側も外側もすごい分厚いですね!これなら年末のキャンプでも安心して眠れそうです!

購入はこちら:ナンガ オーロラライト600DX(L-Breathオンラインショップ)
  
前原さん:また、家族で年越しキャンプをするならホールアースのLargo(画像右)がおすすめです。この形は「封筒型シュラフ」と呼ばれるもので、ファスナーで複数枚を連結させることができます。小さなお子さんと一緒であれば、こちらを2枚繋げて利用することでゆとりを持って眠ることができます。

ー連結ができるんですね!でも封筒型シュラフで冬キャンプは少し心もとない気がしますが…。

前原さん:封筒型シュラフを利用する場合、防寒対策はしっかりする必要があります。シュラフの中に湯たんぽを入れたり、シュラフマットを敷くようにしましょう。マットは少なくとも3cm以上のものを選ぶと、冷気も伝わらないので安心ですよ。

購入はこちら:ホールアース Largo(L-Breathオンラインショップ)

年末はみんなで食卓を囲もう☆

おすすめギアを紹介する前原さん    

ー家族や友達と食卓を囲むのも年越しの醍醐味だと思います。ぜひキャンプ場でも楽しみたいのですが、何かおすすめのギアはありますか?

前原さん:もちろんです!年越しに大人数で楽しめること間違いなしのおすすめギアを厳選して紹介しますよ!

スノーピークのギアは連結が自由自在☆

スノーピークの自由自在の連結 テーブルとストーブの組み合わせ    

前原さん:まずは人気のキャンプギア「スノーピーク」です。スノーピークの魅力は別々のギアを自由自在に組み合わせることができる点にあります。こちらはテーブルの「IGTスリム」と「タクードストーブ」の組み合わせです。

取り外しが可能な天板    

前原さん:IGTスリムの天板は取り外しが可能で、テーブルの淵にタクードストーブのフックを引っ掛けることができます。

上に鍋の置けるタクードストーブ    

前原さん:タクードストーブの上には鍋も置けるので、簡単な料理もできます!暖を取りながら料理もできて、作った料理をそのままテーブルで食べられるんです。

ーすごい画期的なギアですね!この組み合わせはそのまま真似したいです…!

購入はこちら:
スノーピーク IGTスリム(L-Breathオンラインショップ)
スノーピーク タクードストーブ(L-Breathオンラインショップ)

ジカロ テーブルとテーブルブリッジとプレートバーナーの組み合わせ    

前原さん:続いては「ジカロテーブル」「ジカロテーブル ブリッジ」「ギガパワープレートバーナー」の組み合わせをご紹介します。

「ジカロテーブル」は、それ単体でも実に優秀なんです。テーブルの中心部に穴が空いているので、炭火やストーブをテーブルの中心に配置すれば、みんなで火を囲みながら食事をすることができます。

―囲炉裏型のテーブルですね!他のブランドにも同じ形のテーブルがありますが、違いはどのような点になるのでしょうか?

囲炉裏型のジカロテーブル    

前原さん:それは、オプションの組み合わせ次第で用途が広がることです!このジカロテーブルにぴったりはまる「ジカロテーブルブリッジ」をセットすれば、鉄板や網を載せることができるようになり、バーベキューや焼きそばもできるようになります。

ジカロテーブルにテーブルブリッジを組み合わせた様子    

前原さん:さらに、火力がしっかりした「ギガパワープレートバーナー」をセットすれば、火にかけたまま鍋料理を楽しむこともできますよ♪

ー家族や友達とワイワイしながら鍋をつつく年末…。最高ですね!

前原さん:さらにテーブルの中央には先程紹介した「タクード ストーブ」を置くこともできますし、「ジカロテーブル ブリッジ」+「ギガパワープレートバーナー」の組み合わせは「IGTスリム」にもジョイントできます。組み合わせはより取り見取りです!

購入はこちら:
スノーピーク ジカロテーブル(L-Breathオンラインショップ)
スノーピーク ジカロテーブル1ユニットブリッジ(L-Breathオンラインショップ)
スノーピーク ギガパワープレートバーナーLI(L-Breathオンラインショップ)

ユニフレームのユニセラは年越しに持ってこいのアイテム!

ユニフレームのユニセラTG-3ロング    

前原さん:そして僕の一推しギアがこちら!ユニフレームの「ユニセラTG-3ロング」です!通常は焼き網のみの付属ですが、別売りオプションの「ユニセラ 熱燗あぶり台ロング」を使用することで、鉄板焼き、網焼き、熱燗を楽しむことができるようになるんです!

付属品の紹介をする前原さん    

前原さん:真ん中で熱燗を温めて、網でおつまみの餅やスルメを焼ける優れものですよ!

ーまさにお正月にはもってこいのキャンプギアですね!ところで気になる性能の面はどうなのでしょうか?

前原さん:炭部屋にはセラミック加工がされているので、炭持ちがとても良いですよ!一回の炭の投入で3~4時間は持ちますね。

ーおまけにコンパクトだから幅も取らないですね!これは欲しいです…!

購入はこちら:
ユニフレーム ユニセラTG-3ロング(L-Breathオンラインショップ)
ユニセラ 熱燗あぶり台ロング(L-Breathオンラインショップ)

スノーピークのレインボーストーブで寒さ対策はバッチリ☆

スノーピークのレインボーストーブ    

前原さん:冬の時期にキャンプをするとなると、暖房器具が必要になってきます。そんな時に、スイッチ一つで簡単にサイトを暖めてくれるのが石油ストーブ。テントの前室やタープの下で使うとすぐに暖かくなりますよ。中でも今季おすすめなのがスノーピークの「レインボーストーブ」です。

レインボーストーブのガラス部分    

前原さん:ガラス部分なんですが、虹色に光っているのが見えますか?スイッチを入れると灯りが虹色に反射するんです。温まるだけでなく、おしゃれな雰囲気を醸し出してくれるんですよ!

ー暖も取れて、おしゃれなサイトも作れる、一石二鳥のキャンプギアですね!

前原さん:そうなんです!ただし、石油ストーブをテント内で使用する際は一酸化炭素中毒になる恐れもあるので、換気を十分に行うようにしましょう。また、寒いからと言って先程紹介した「タクードストーブ」との併用も控えましょう。

ーキャンプを楽しいものにするためには、使い方も十分に気を付けたいですね。

購入はこちら:スノーピーク レインボーストーブ(L-Breathオンラインショップ)

フリーズドライ食品で温まろう

様々なインスタント食品    

前原さん:最後に紹介するのはインスタント食品です。年越しに関わらず、キャンプにはぜひとも持っていきたいですね。

ーこんなに種類があるんですね!

フリーズドライ製法で作られた商品    

前原さん:エルブレス池袋西口店ではかなり豊富な種類を取り揃えています。中でもおすすめなのが、こちらのフリーズドライ製法で作られた食品です。お湯一つで本格的な料理を楽しむことができますよ!寒い冬もこれで温まりましょう!

まとめ

インスタント食品を紹介する前原さん    

ー本日はありがとうございました!キャンプギアの選び方のポイントからおすすめ商品まで知ることができ、大変勉強になりました!これで安心して年越しキャンプを楽しめそうです。

前原さん:こちらこそありがとうございました。そう言ってもらえて何よりです!友達や家族と年末をキャンプで過ごすのはとても楽しいですし、素敵な事だと思います。また困ったことがあったらお気軽に相談にいらしてください。

いかがでしたか?この年末をキャンプ場で過ごそうと思っている方は必見の情報ばかりでしたね。他のキャンプギアについても専門スタッフが丁寧にアドバイスをくれるので、年越しキャンプについて疑問なことがありましたら、エルブレス池袋西口店へ!

年越しキャンプのことならエルブレスにお任せ!

お近くのエルブレスショップを探す →

【店舗情報】
住所:〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-29-1
TEL:03-5985-0831
営業時間:11:00-20:30
駐車場:マルイシティ駐車場を利用 
※¥5,000以上のお買い物で1時間無料、¥10,000以上のお買い物で2時間無料
前原さんも書いている店舗ブログはこちら:エルブレス池袋西口店
L-Breath池袋西口店のFacebookページではお買い得情報・お役立ち情報・おすすめ情報を紹介しています。


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • LINE@ 友だち追加! 新商品や役立ちワザ、最新のアウトドアスポットまで毎日hinataから厳選した情報をお届けします。
  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪