キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

キャンプで五徳を使いこなして焚き火の楽しみを倍増!イーグル・プロダクツの五徳を使ってみた

薪と五徳

キャンプで焚き火をする目的はいろいろありますね。揺れる炎を眺める。冷えた体を温める。そして焚き火での料理も大きな楽しみの一つです。この時に必要になるのが五徳です。アウトドアアイテムの中では地味な存在ですが、五徳があるのと無いのとでは焚き火の楽しみ方にも大きな違いが出てきます。そこで今回は五徳の種類や上手な使い方とともに、軽量コンパクトな優れものの五徳を、実際使った感想を交えて紹介します。

五徳の役割

五徳の上でフライパンを使って料理をしている様子
五徳は炎や炭から調理器具などを適当な距離に保ち、熱を効果的に伝えるための道具です。この距離があるおかげで、調理器具を移動せずに火力の調節ができ、器具自体を安定させておくことができます。 五徳が無ければ器具は直接炭などの上に置くことになり、こうすると場所によって温度の違う炭の影響で加熱される場所にムラができます。比較的器具の厚みが薄いキャンプ用調理器具では、この熱のムラによって料理が上手く仕上がらないことが多いのです。

五徳の種類

五徳はストーブやバーナーなどの器具に付いているものと、焚き火などの際に単体で使う物があります。単体で使う物には、焼き網などのように熱源からの距離を取るために、何らかの支持を必要とする置き式と、脚を装備した自立式があります。

置き式

置き式の説明の様子
置き式は焼き網やグリルなどに代表されるように、軽量であることがメリットです。置き式は脚が無いので、焚き火の場合は火元の左右又は前後に石などのような支持に適したものを置き、それに渡すように設置することになります。レンガやブロックなど寸法の定まったもので支持できれば安定しやすいですが、自然石などを利用する場合は水平が取り難く不安定になりやすいので、かまどを作る際にあらかじめしっかりと位置決めをしておきましょう。

自立式

自立式は脚を装備していますので、焚き火に点火してからでも位置決めがしやすく、比較的安定させやすいというメリットがあります。また自立式にするために比較的剛性が高く、しっかりした作りのものが多く、耐荷重も大きいのでダッチオーブンなど重量のあるものも乗せることができます。その反面自立式のための脚や高い剛性から比較的重く、収納サイズも大きい傾向にあります。
▼Eagle products balfyrのプレビュー動画はこちら

イーグルプロダクツ / Balfyr (ボールファール)五徳

イーグルプロダクツの五徳
イーグルプロダクツはノルウェーのアウトドア用品メーカーで、バックパックやシュラフのほかクッカーやケトルなども製作しています。このイーグルプロダクツから丈夫なステンレス製でありながら、軽量かつコンパクトに収納できるとても優れた五徳が発売されています。名前のBalfyrはスカンジナビアの言葉で、ボールファールと読むそう。(スウェーデン人から教えていただきました)。作者は今回この五徳を入手しさっそく使用してみましたので、その結果と感想を紹介します。

サイズ感

薪と五徳
まずパッケージとそこから出てきた製品のサイズに驚かされました!縦横それぞれ3cm、長さ25cmというコンパクトさで、重量は170gという軽さ。これはサイズ重量共に細身のナイフ1本分程度です。
25㎝のナイフとほぼ同じ大きさの五徳を比較している様子
このサイズならバックパックのどこへでも収納でき、外ポケットでも収まりますし、マウンテンパーカーなどの大きめのポケットにも入ります。デイパックのような小型のザックにも入りますから、デイキャンプやデイハイキングにも持って行けますね。

デザインと構造

イーグルプロダクツのロゴ
ボールファールはステンレス製の折り畳み式で、3本の脚とV字の架台で構成されています。脚の接合部は片側が丸くトリミングされ、もう片方が直角ですから、開脚時にこの部分がストッパーになり安定して立たせることができます。
五徳の脚の接合部の様子
V字の架台は自由に角度が調整でき、上に乗せる物によって五徳のサイズを変えることができます。3本の脚というのは物を安定させる最もシンプルかつ理想的な形で、どこへ置いても確実に安定します。ナイロン製のケースは裏側にウレタンコーティングが施され、丈夫な作りになっています。

使い方

五徳の広げ方の説明をしている様子
使い方はとても簡単です。3本の脚と架台をそれぞれ広げて焚き火の中に置くだけです。前述の通り3点での支持は確実に安定しますので、架台がおよそ水平になっているかどうか確認します。傾きが激しいようであれば置く場所を少し移動して、なるべく水平になるような位置を探しましょう。 使用後は熱を持っていますので、確実に冷めてから各部を畳んで収納します。今回は約1時間連続使用した後、確実に冷めきるまでにおよそ10分程度時間を要しました。

使用して気付いた点

五徳を組み立てて木の上においている様子
ボールファールの使用中はクッカーなどがとても良く安定していて、プレート状の架台が熱を遮ることもなく、調理が楽しくできました。加熱による五徳の歪みや曲がりもなく、コンパクトながら役目をしっかり果たしてくれました。そのうえでいくつか以下の点について気が付いたことをご報告します。

乗せる物の位置取り

五徳の上に置く一の説明をしている様子
この五徳は1方がオープンになっているV字型なため、クッカーなどを乗せる時には位置取りに注意が必要です。V字を広げればそれだけ広い底面の調理器具が乗りますが、クッカーやシェラカップなどを同時に乗せることはできないでしょう。また幅を狭めて小型のクッカーを乗せた場合は、V字の支点側は狭くなるのでこの時もクッカーの2個乗せは難しくなります。そのためこの五徳は調理器具1個での使用と考えましょう。 器具の横にハンドルの付いたクッカーなどは、ハンドルをV字の開いている方とは別方向(横方向かV字の支点側)に向けるようにします。V字の開いている方向にハンドルがあると、クッカーが落下しやすくなりますので注意が必要です。

潤滑油の塗布

五徳に潤滑油を塗布している様子
この五徳を約1時間使用して焚き火の熾き(おき)の中に放置した結果、全体に青黒い焼き色が着きました。その後自然冷却してから収納のため畳もうとしたところ、脚と架台の各可動部が渋くなり動き難くなっていました。これは高熱による金属の膨張と収縮によることと、煤(すす)や油煙の付着によるものと思われます。 これを解消するために潤滑油(市販の機械油)を塗布しました。これにより動きが戻り元の収納サイズが回復しました。潤滑油は比較的高温でも機能を果たしますが、使用後にも再度なるべく早く潤滑油を注した方が良いでしょう。

ボールファールの最大の利点

ボルファールをリュックと比較している様子
ボールファールの特徴は何と言ってもそのコンパクトさです。お弁当の箸箱を少し大きくした程度のサイズだから、バックパックのどこにでも滑り込ませられます。重量も170gでステンレス製五徳としてはとても軽量です。これまで比較的軽量とされていた置き型五徳はパッキングサイズが大きく、コンパクトな自立式は強度を得るために丈夫に作られているため重量がありました。ボールファールはその置き型と自立式の利点を最大限生かした製品と言ってよいでしょう。

ボールファールの似合うシーン

ボルファールを置いている様子
軽量コンパクトなボールファールが威力を発揮するのは、荷物はできるだけ減らしたいが焚き火ができるのであれば焚き火で料理もしたいという、ミニマリストやソロキャンパー、またバイクキャンパーやスルーハイカーなどでしょう。高さの調節は多少必要になりますが、ボールファールはアルコールストーブ用として使用するにも最適。

ボールファールの総評

山を歩いている人々

出典:Pixabay

今回使用した感想は、焚き火の熾きとの距離感が絶妙で、熾きの熱がとても効果的に調理器具に伝えられているということ。また3点支持が確実に安定した焚き火架台を作りあげ、ガタつきが全く無く安心感があること。そして何より収納がコンパクトでまるで焚き火用の準備などしていないかのような身軽さが実現することです。 コンパクトさを追求する反面、V字という独特な形状のため、調理器具の置き方に気を使う必要があることと、可動部に油を注す必要があることといった注意点もあります。 ソロキャンプが多い筆者は今後このボールファールが手放せそうにありません。

五徳を使えば焚き火はさらに面白く!

五徳を使って焼いている様子

出典:Pixabay

比較的地味で控えめな存在ですが、五徳は焚き火の活用法の幅を広げ、特に調理では必要不可欠な重要な役割を持っています。これまではバーベキューの焼き網程度にしか認めてもらえなかった五徳も、豊富な種類から最適なものを選べば、ファミリーキャンプからソロキャンパーまで幅広い方々が焚き火を楽しむことができます。皆さんもご自分のアウトドアアクティビティースタイルに合った五徳を準備して、焚き火を思う存分楽しんでみてはいかがでしょうか。

今回紹介したアイテム

商品画像ブッシュクラフト たき火ゴトクSキャプテンスタッグ 五徳ベルモント ワイド五徳イーグルプロダクツ ライトスタンドST502
商品名ブッシュクラフト たき火ゴトクSキャプテンスタッグ 五徳ベルモント ワイド五徳イーグルプロダクツ ライトスタンドST502
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事