hinata

>

キャンプ場

>

フリーサイト

>

【体験レポ】我が家のお気に入りキャンプ場!「青野原オートキャンプ場」で川遊びキャンプ!

【体験レポ】我が家のお気に入りキャンプ場!「青野原オートキャンプ場」で川遊びキャンプ!

 キャンプ場

青野原オートキャンプ場の山々に囲まれた道志川

キャンパーの聖地と呼ばれる道志へ通じる道志みちの入口、相模原市に位置する青野原オートキャンプ場。回りは山に囲まれ、サイトの横にきれいな川が流れており、気軽に川遊びを楽しめるすてきなキャンプ場です。今回は実際に宿泊した時のキャンプレポを通して、青野原オートキャンプ場の魅力をお伝えします!


 目次


「青野原オートキャンプ場」ってどんなところ?

青野原オートキャンプ場のキャンプサイト    

青野原オートキャンプ場は、道志の入口、相模原市にあるキャンプ場です。圏央道相模原ICから13キロと比較的近いですが、豊かな自然に囲まれています。くねくねとした山道を走らなくていいので車酔いせずに到着できます。ただ、標高は道志エリアの中では低いので夏はかなり暑さを感じるかもしれません。

青野原オートキャンプ場のマップ    

出典:青野原オートキャンプ場

区画サイトではなく、車が直接乗り入れできるフリーサイトです。マップの通り、川に沿って長いサイトになっています。Aサイトはデイキャンプ用で、宿泊できるのはB~Fサイトになります。受付の方におすすめサイトを尋ねるとCとEが人気とのことでした。今回はCサイトにテントを設営しました。大きな木がちょうど日射しを遮ってくれるので、夏場はCサイトがおすすめです♪

【基本情報】
住所:神奈川県相模原市緑区青野原918-1
TEL:042-787-0477
料金:【大人】500円 /人、【小人】200円/人、テント1張り500円
営業時間:【チェックイン】8:00〜【チェックアウト】〜17時(夏場は18時まで)
アクセス:圏央道相模原ICより、車で30分
公式HP:青野原オートキャンプ場

青野原オートキャンプ場の魅力って?

きれいな道志川で川遊びや釣りができる♪

青野原オートキャンプ場の道志川    

このキャンプ場の魅力は何と言ってもきれいな道志川がすぐそばを流れていること。道志川は横浜市の水源だけあってとても澄んでいます。流れはそれなりにありますので、子供にはフローティングベストを着せた方が安心です。川の端は流れが穏やかで、小さな子でもおたまじゃくしを探したりのんびり遊べる場所もあります。

道志川にあった木の橋    

手作りのかわいい木の橋がありました。橋の真ん中で足だけ水に入れると、冷たくて本当に気持ちがいいです!緑豊かな山を眺めてリフレッシュできます。また、このあたりは毎年シーズンになると、アユ釣りが楽しめ、釣りを楽しむ方たちで賑わいます。ただ、キャンプ場では釣り道具の貸し出しを行っていないので、釣りも楽しみたい方は自分で持っていくようにしましょう!

予約なしでOK!チェックアウトも遅いからのんびりできる♪

河原沿いでのバーベキューの様子    

青野原オートキャンプ場の魅力は、滞在時間が長く取れることです。チェックインは朝の8時から、チェックアウトは夕方17時まで滞在できます。1泊2日でもゆったりと過ごせますね。2日目の朝でも、片づけを気にせず焚火を楽しめました。朝から焚火ができるほどの時間を確保できるんです☆

さらに、このキャンプ場は予約不要!朝から混雑することも予想されますので、川辺など、人気スポットを確保したい方は早めに行かれることをおすすめします!

日帰り温泉でさっぱり☆

緑の休暇村いやしの湯の入り口の様子    

キャンプの後は、青野原オートキャンプ場から車で15~20分の場所にある日帰り温泉へ。緑の休暇村いやしの湯です。こちらは大人3時間700円で入浴できます。子供(小学生)は400円、未就学児は無料です。内湯は源泉のぬる湯がありゆったり浸かれ、露天風呂も広いです。食事処もありますので、チェックアウト後に温泉とお食事で立ち寄るのもいいかもしれません。

住所:神奈川県相模原市緑区青根844
TEL:042-787-2288
営業時間:10:00〜21:00(3月〜12月)、10:00〜20:00(1月〜2月)
休館日:毎週火曜

キレイに清掃された設備♪

さらに、青野盛オートキャンプ場は設備がキレイに整備されており、女性やお子さんがいても安心して利用することができます☆

青野原オートキャンプ場の水道    

こちらのコンクリートの流しはAサイト近くの炊事場です。Cサイト近くの流しはステンレス性です。どちらも汚れなどもなく、清潔に保たれていました。

青野原オートキャンプ場のトイレの中    

女性トイレです。個室が8つあり、半分ずつ和式と洋式に分かれていました。ウォッシュレットも付いていて利用しやすいです!多少の古さは感じますが、きちんと清掃されていました。

直火OK!

燃える焚き火    

出典:Pixabay

多くのキャンプ場では焚き火を楽しむ際、地面に直接火を起こすのが禁止されていますが、青野原オートキャンプ場は直火OK!焚き火台を持っていく必要がなく、荷物が減るのは嬉しいですね。

しかし、直火OKだからと言って、焚き火をして灰や炭の後始末をせずにそのまま放置したり、自然への影響を考えずに樹木や草木を燃やすのはやめましょう。焚き火を楽しむ上で、最低限のマナーは守ってくださいね。

青野原オートキャンプ場は1年を通して楽しめるキャンプ場だった!

青野原オートキャンプ場のもう一つの魅力!それは四季折々で全く違った顔を楽しむことができること!毎シーズン行きたくなっちゃうこと間違いなし♪それでは季節ごとの青野原オートキャンプ場をご紹介します!

【春】満開の桜でお花見ができる!鯉祭りも♪

桜の花弁の画像    

出典:bryan... / flickr

まずは春。キャンプ場内には桜並木があり、お花見バーベキューや夜桜を楽しことができます!桜の種類も河津桜と染井吉野の2種類が植えられています。色味も異なるので、桜の種類を見分けるのも楽しいですね♪青空に映える桜は本当にきれいです!

鯉のぼりの画像    

出典:Satoshi KAYA / flickr

また、5月には青空にいっぱいの鯉のぼりが舞います!お子さんと行くキャンプならぜひ5月に来てみてくださいね☆

【夏】マスのつかみ取り大会に挑戦!

夏と言えば、キャンプで川遊びや釣りを楽しむ方も多いのではないでしょうか?渓流ではアユ釣りを楽しむことができますが、施設内ではマスのつかみ取りを楽しむことができるんです!こちらは手ぶらで楽しめますし、浅い池に放流されますので、小さなお子さんでも安心して楽しむことができますよ♪つかみ取りしたマスはもちろん焼いて食べることができます♪

期間:4月下旬〜11月上旬まで
料金:1匹300円(3匹以上でつかみ取り体験に参加可能)

【秋】360度鮮やかな紅葉に包まれる!11月が見ごろ♪

紅葉したもみじ    

出典:Takayuki Miki / flickr

深い山々に囲まれたキャンプ場は、秋になると赤や黄色に色づきます!キャンプ場からちょっと足をのばせば、本格的な紅葉狩りだって楽しむことができちゃいますよ♪木々が鮮やかに色づくのは毎年11月ごろ。朝晩は冷え込むので防寒対策もしっかりしていきましょう!

【冬】12月には広大な敷地に雪が降り積もる!

雪と女性    

出典:pixabay.com

神奈川県の中でも山間部に位置する青野原キャンプ場では、冬の時期になると雪が降り、雪中キャンプも楽しめるんです!キャンプサイトは広々としているので、雪だるまづくりや雪合戦、かまくら作りだってできちゃうんです!

四季折々で全く違った楽しみ方ができるので、ぜひ各シーズンで行ってみてくださいね♪

利用する上でのチェックポイント!

ネコにご注意を

バーベキューでの串焼き    

さて、ここからは青野原オートキャンプ場を利用する上で事前に知っておきたい情報をご紹介したいと思います!夕食には炭火焼のバーベキューを楽しみました。そのおいしそうな匂いに誘われて顔を出したのが、たくさんの子猫!

草むらの中の猫たち    

母猫合わせて4匹もやって来てしまいました。友人がキャンプに来た時もいたという話を聞きましたので、どうやら住み着いているようです。寝る時は、食材やごみ類はテント内か車に置いておかないと荒らされて大変なことになりそうです。ご注意を!

電話で混雑状況をチェックしよう!

予約不要な上に、チェックイン・チェックアウト時間の幅が広く、利用しやすい青野原オートキャンプ場。人気キャンプ場になるのも無理はありません。「行ってみたら利用できなかった。」なんてことも起こりうるかもと懸念されるかもしれませんが、ご安心ください!キャンプ場の混雑状況は、キャンプ場へ直接電話をすれば、教えてくれます!さらにおすすめの時間帯やサイトも教えてくれるので、お出かけ前にぜひ利用してみましょう!

キャンプ場の天気は?お出かけ前にチェックしよう☆

晴れた日の青野原オートキャンプ場は空気が澄んで、道志の壮大な景観に思わず息をのんでしまいます!キャンプ場に行くのなら絶対晴れの日をおすすめします!

青野原オートキャンプ場周辺の天気はこちら:エキサイト天気

また、キャンプの途中で雨が降ってきてしまうこともあるかと思います。その時はこちらをチェックして、雨の日のキャンプの楽しみ方も知っておきましょう!

ブログで口コミもチェックしよう!

青野原オートキャンプ場はキャンプ場入口近くの管理棟のほか、場内に何か所かトイレがありますが、今回ウォシュレット化されたのは管理棟の男子トイレ。

個室4個中、3つにウォシュレットが設置されました。

2016年の秋に導入されたそうです。

いやぁ~これはウレシイ。

青野原オートキャンプ場はサニタリー設備の貧弱さが大きな弱点だっただけに、これでキャンプ初心者をはじめ誰にもオススメできるキャンプ場となった気がします。

キャンプ場とキャンプ道具を狭く深く語るブログ(略して「セマフカ」)

トイレの使い勝手は、キャンプ場を利用する上でとっても大切です!青野原オートキャンプ場では、建物を改装した際にウォシュレット付きのトイレになりました。嬉しいポイントですね。

このキャンプ場は料金システムが少し変わっていて、普通は1泊〇〇円だと思いますが、ここは1日〇〇円となっているので、1泊してもチェックアウト夕方までOKなのです!

普通のキャンプ場はデイキャンプの料金を払って夕方までいることも可能ですが、ここは1泊して夕方までいても数人で行けば1人2000円ほどです。

RYUCAMP

料金体系が特徴的なのもこの青野原オートキャンプ場の特徴です。チェックアウトの時間は〜17時(夏場は18時)なので、朝ゆっくり過ごしてもOK!ちょっと得した気分になりますよね♪

まとめ

青野原オートキャンプ場の道志川    

道志の緑豊かな山や澄んだ川を楽しめて、しかも相模原ICからも近くてアクセスのいい青野原オートキャンプ場をご紹介しました。ぜひ童心に返って冷たい川に足を浸してみてください。


この記事で紹介したスポット


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

関連するキーワード

フリーサイト

おすすめのキーワード

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • LINE@ 友だち追加! 新商品や役立ちワザ、最新のアウトドアスポットまで毎日hinataから厳選した情報をお届けします。
  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪